• HOME
  • エンタメ
  • 真実が知りたい!涙袋の整形がもたらすメリットとデメリット
読み物

真実が知りたい!涙袋の整形がもたらすメリットとデメリット

真実が知りたい!涙袋の整形がもたらすメリットとデメリット

ふっくらとした涙袋が手に入る美容整形、それが涙袋へのヒアルロン酸注入です。切らずに注射1本で済む手軽さから人気を得ていますが、巷では「目の下の皮膚がたるむらしい」という噂がまことしやかにささやかれています。

今回はその真実を探るべく、涙袋整形におけるメリットとデメリットをご紹介します。

ヒアルロン酸を注入するだけ!涙袋は手軽に作れる時代へ

涙袋_02

涙袋とは、下まつ毛の生え際にあるふくらみの名称で、目の周りをドーナツ状におおっている筋肉、眼輪筋によって形成されています。この涙袋があることで、「かわいらしい」「やさしい」「若々しい」といった顔の印象になるため、涙袋を強調するコスメやメイクが若い世代で人気を集めています。

そうはいってもメイクですから、洗ってしまえばもとの涙袋に戻ってしまいます。「24時間、ふっくらした涙袋でいたい!」という女性の願いから誕生したのが、これからご紹介する涙袋へのヒアルロン酸注入です。

美容外科で行われるこちらの施術は、入院の必要もなく、局部麻酔のあとに皮下や眼輪筋内に注射器でヒアルロン酸を少しずつ注入します。施術時間はわずか10分ともいわれ、平日の仕事帰りにジムに行くような感覚でクリニックを訪れる女性も少なくないそうです。

目が大きく!目元が華やかに!涙袋整形のメリット

涙袋_03

涙袋整形の流れがわかったところで、涙袋にヒアルロン酸を注入することで得られるメリットについてご紹介しましょう。

~涙袋整形のメリット~

○華やかな目元になる
○若々しい目元になる
○目が大きく見える
○つり目の印象がやわらぎ、やさしい目元になる

以上の4つが代表的なメリットです。数々の涙袋整形を手がける高須クリニックの高須医師も、涙袋が目のアクセサリーの役割を果たし、視覚効果によって目が大きく見えると述べています。

(参考:http://www.takasu.co.jp/topics/column/face/312.html

そのほかには、次のようなメリットも挙げられます。

○アレルギー反応が起こりにくい

涙袋に注入するヒアルロン酸は天然の多糖類で、もともと人間の体内に存在する成分のため、アレルギー反応を引き起こす可能性が低いといわれています。その高い安全性から、涙袋以外にも鼻やあご、唇のプチ整形、シワ対策といったあらゆる美容整形に使用されています。

○メスを使わないため、ダウンタイム(回復までの時間)がほとんどない

涙袋_04

二重まぶたの形成手術(切開法)を例に挙げると、まぶたにメスを入れるために多くの方は術後の数日間まぶたがひどく腫れます。その後も2~3週間は腫れや内出血が続くといわれており、長期休暇を利用しなければ現実的に難しい手術といえるでしょう。

一方で、涙袋へのヒアルロン酸注入は腫れも少なく、ダウンタイムはほとんどないといわれています。金曜の晩にヒアルロン酸を注入して土日をはさめば、月曜から普段通りに出勤できるそうです(個人差はあります)。

試す前に知っておきたい!涙袋整形がもたらすデメリット

涙袋_05

ここまでメリットを中心にご紹介しましたが、涙袋の整形はまぎれもない医療行為であり、リスクはつきものです。最後は涙袋整形のデメリットをご紹介します。

~涙袋整形のデメリット~

○内出血が起こる可能性がある
○しこりや皮膚の引きつれが起こる可能性がある
○形やふくらみに左右差が生じる可能性がある

ヒアルロン酸を注入する際、注射針の刺激で涙袋周辺に内出血を引き起こす場合があります。また、目の下は顔の中でも特に皮膚が薄い場所なので、ヒアルロン酸注入によるしこりの発生、皮膚の引きつれ、左右差が生じる場合もあります。

とはいえ、涙袋のヒアルロン酸は短くて数ヵ月~半年、長くても1年ほどで体内に吸収されていくため、少しずつ自然に治っていくそうです。早急に改善したい場合は、ヒアルロン酸を溶解する薬剤を注入する方法もあります。

また、冒頭でお伝えした噂のひとつ、「涙袋にヒアルロン酸注入を行うと、目の下の皮膚がたるむのか?」については、前出の高須医師によると、必要量に対して多すぎるヒアルロン酸を注入しない限り、皮膚がたるむことはまずないとのこと。

ただし、大きな涙袋にしたいからと無理な量のヒアルロン酸を注入すると、皮膚が大きく伸びてしまうので、ヒアルロン酸が体内に吸収されたあとにしぼんだ皮膚がたるむ可能性もあるそうです。

(参考:http://www.takasu.co.jp/topics/column/skin/20.html

涙袋整形も、“過ぎたるはなお及ばざるがごとし”というわけですね。

ヒアルロン酸注入は保険適用外ですから、相場はあってないようなものです。価格だけで選ぶのではなく、クリニックごとの実績を比較したうえで、まずはカウンセリングを受けることをおすすめします。

▼目元のオシャレについてはこちらもチェック!
可愛く盛るために何してる?“目もとオシャレ”トーク(ロート製薬 商品情報サイト)

▼女性なら誰もが気になる目元の美容整形や涙袋メイクはコチラ
こんなに種類があるなんて! 目元の美容整形まとめ
手軽にプチ整形!『まぶたの脂肪吸引』のメリット・デメリットについて
カワイイはつくれる!目を大きく見せる涙袋の作り方

〈参考〉
涙袋はヒアルロン酸で作れる!やる前に知るべきリスクや相場
http://kirei-kyokasho.com/tear-bag-hyaluronic-acid-213
【医師監修】涙袋のヒアルロン酸注入のメリット・デメリット スキンケア大学
http://www.skincare-univ.com/article/012992/
【医師監修】涙袋がたるみにつながる!? スキンケア大学
http://www.skincare-univ.com/article/000597/
【医師監修】リスクを理解してから受けよう!ヒアルロン酸注射の副作用 スキンケア大学
http://www.skincare-univ.com/article/012994/
ヒアルロン酸注射で涙袋を作ると、目は大きくなるのか?小さくなるのか?目が細くなることはあるのか? : Dr.高須幹弥の美容整形講座 : 美容整形の高須クリニック
http://www.takasu.co.jp/topics/column/face/312.html

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ