• HOME
  • エンタメ
  • 知っていますか?『涙』の正体!『涙』にまつわる4つのトリビア
トリビア

知っていますか?『涙』の正体!
『涙』にまつわる4つのトリビア

知っていますか?『涙』の正体!<br>『涙』にまつわる4つのトリビア

うれしいことや悲しいことがあったとき、あくびをしたとき……、さまざまな理由で流れてくる『涙』。そもそも、どんな成分でできているのでしょう?知っているようで知らない、涙のトリビアをご紹介します!

『涙』は血液でできている!?

namida_02

まず初めに、『涙』の正体についてお話します。涙とは…、

“涙腺内の毛細血管から得た血液から血球を除き、液体成分のみをとりだしたもの”

出典:Wikipedia−涙

つまり、血液とほぼ同じ成分でできているんです!血球は赤い色を持つ成分なので、もしこれが取り除かれなければ、血液と同じ色の液体が目からあふれ出るということに!ちょっと怖いですね。

『涙』がしょっぱい理由とは?

また、涙は口にはいるとしょっぱい味がしますが、これは涙に含まれているナトリウムの味です。食塩は塩化ナトリウムという成分からできているということからわかるように、涙のしょっぱい味はこの成分が要因となっています。

一年間の『涙』の量はビール缶1本分ほど

感情を伴って流す涙ではなく、純粋に分泌されている涙の量は、一年間に多くてビール缶1本分程度なのだそうです。意識しなくとも起きている間、涙は常に少量ずつ分泌されていて、目頭にある穴=涙点に吸い込まれ、鼻涙管(びるいかん)というパイプを通り鼻の方へと流れています。
常時分泌されている涙の量は大人で0.5~1ml、子どもで約1.5mlなのだそうです。しかし、当然のことながら感情を伴って分泌される涙はこれよりずっと多くなります。鼻へ流すだけでは追いつかなくなって、目から溢れ出てしまうのです。

泣いたときに目にハンカチを当てるのは日本人の特徴!?

日本人と欧米人では泣き方が違うのをご存知ですか?
涙が出るとき、日本人は目にハンカチを当てます。これは、日本人は目と鼻をつなぐ鼻涙管が細いために、鼻に流しきれない涙が目からあふれるためです。
しかし欧米人は、鼻にハンカチを当てる人が多いようです。欧米人は日本人に比べて鼻涙管が太く、大量の涙が鼻へ流れ出るため、泣くときには鼻にハンカチを当てる、ということになるのです。

いかがでしたか?仕組みを聞けば納得『涙』のトリビア。知ってみるとおもしろいことが多いですよね!

【参考】
Wikipedia‐涙
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B6%99
ROTHO-なみだの正体
http://www.rclub2.rohto.co.jp/clinic/dryeye/namida.htm

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

トリビア

音で見る?見え方は人間並み?イルカの目の不思議

音で見る?見え方は人間並み?イルカの目の不思議

水族館のショーで大活躍するイルカは、愛らしい姿でたくさんの人を魅了していますよね。飼育員さんと息の合ったコンビネーションで見せてくれる数々の芸に、感動したことがある方も多いでしょう。

イルカは発達した聴覚を持ちますが、視力は低いといわれています。目が見えづらいにもかかわらず、ショーではバッチリ芸を決められるなんて、不思議ですよね。

実は近年の研究で、イルカのものの見え方は人間とほぼ変わらないことがわかってきました。一体、イルカはどのような仕組みでものを見ているのでしょうか?イルカの目の不思議に迫ります!

【不思議その1】イルカは音でものの形を知る?

イルカは、『エコロケーション』という能力を持っています。エコロケーションは反響定位ともいい、動物が音、もしくは超音波を発し、その反響具合によって、ものとの距離やものの位置・方向、大きさを知る能力のことです。

イルカは、頭部にある“メロン”と呼ばれる組織を使って超音波を発し、エコロケーションを行います。水中でイルカにマイクを向けると「カリカリ」「ギリギリ」という音が聞こえることがありますが、これもエコロケーションの音だといわれています。

【不思議その2】イルカとチンパンジー、ものの見方は変わらない!?

イルカはエコロケーションを使って周囲の状況を知ることから、視覚よりも聴覚のほうが発達しているとされています。

実際、イルカは独自の音声コミュニケーションシステムを持っており、水中のような複雑な環境の中でも正確に状況を把握することができます。

人間より聴覚が優れている分、イルカの視覚は劣っていると考えられてきました。しかし、京都大学で行われた実験で、ある事実が判明しました。

その実験とは、ハンドウイルカとチンパンジーを対象とした見合わせ実験です。一度見せた図形と同じものを選んでもらうテストをした結果、ハンドウイルカは84%、チンパンジーは92%と、正答率に大きな差が出なかったのです。

このことから、イルカと、チンパンジーやヒトなどの陸上にすむ霊長類とのものの見方は、大きく変わらないと考えられるのです。

【不思議その3】イルカの視覚と聴覚は同じ神経でつながっている!

もともと、イルカは視覚と聴覚を素早く切り替えることができることはわかっていましたが、その詳しい仕組みは不明なままでした。

しかし、近年イギリスでイルカの脳をスキャンしたところ、聴覚と視覚を司る部分が聴神経でつながっていることが判明したのです。視覚と聴覚の切り替えの早さの秘密は、ココにありそうですよね?

脳のスキャンによる科学的な研究が進めば、イルカについてもっとたくさんのことがわかるかもしれません。

【不思議その4】音波を可視化!?“音”でものを見ることができる

音の周波数を水滴の中で画像として再現できる、『サイマスコープ』という機械があります。

イルカは、エコロケーションにより超音波でものの形や大きさを把握していますが、サイマスコープを使えば、イルカのものの見え方を可視化することができます。

画像を分析した研究者によると、イルカが人間の姿を捉えていることが確認できたとのことです。

イルカが発した超音波を可視化した結果人間が映し出されたということは、イルカは超音波でものの形を立体的に把握している、つまり、“音でものを見ている”と考えることができるでしょう。

人間は、目で見る「視覚」と耳で聞く「聴覚」は別物だと考えていますよね。しかし、イルカにとっては、視覚と聴覚は強く結びついているのだといえます。まだまだイルカには謎が多くありますが、今後の研究でさらなる解明を期待しましょう。

▼生き物の目の不思議について知りたい方はこちらの記事へ!
暗いところでも目がよく見える「タペタム」をもつ生き物特集!
あの動物はどんな目を持ってるの? 生き物たちの目の種類を調べてみた

▼最近目の見えづらさが気になる方…というはこちら
年齢とともに起こる目の機能低下とは?(ロート製薬 商品情報サイト)

〈参考〉
第2回 イルカにはどのように物が見えているのか|ナショナル ジオグラフィック
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/web/15/050700006/051100002/?P=4
【行動】イルカも視覚に依存して世界を認識している|natureasia
https://www.natureasia.com/ja-jp/research/highlight/9029
イルカの脳をスキャンしてみました。耳と目がつながってました。|GIZMODO
https://www.gizmodo.jp/2015/07/post_17619.html
イルカの音波の可視化に成功→イルカから見た人間の姿は宇宙人だった!|TOCANA
http://tocana.jp/2015/12/post_8191_entry_2.html
イルカの視知覚はこれまで思われていた以上に霊長類と似ている – 京大など|マイナビニュース
https://news.mynavi.jp/article/20140117-a352/
イルカの目から見た人間の姿はこんな感じだった・・|TABI LABO
https://tabi-labo.com/221123/dolphinseye
イルカのエコーロケーション|イルカの気持ち
http://www.irukashow.com/fun/eco.html

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ