• HOME
  • エンタメ
  • 水の中を見ながら釣りがしたい!!その夢が叶うグッズ3選
読み物

水の中を見ながら釣りがしたい!!その夢が叶うグッズ3選

水の中を見ながら釣りがしたい!!その夢が叶うグッズ3選

もうすぐ秋の到来。これから、寒くなる冬に向かっていくとはいっても、まだまだアウトドアの季節は続きます。

アウトドアの定番といえば釣りもその1つですが、釣りをしたことがある人の多くが、水の中を覗いて「魚がいるかどうかを見たい」「食いついているのかを知りたい」などと思ったことがあるのではないでしょうか?

実は、その夢は叶うのです!今回は、普段見ることのできない水中の世界を見られるグッズを3つご紹介します。

リールにつけるカメラ

水中で釣り_02

リールにカメラをつけて手元の画面で水中が確認できれば、魚の様子がよく見えて「エサだけ持っていかれてしまった!」という失敗もなくなります。また、魚がいないのに同じ場所に投げ続けてしまうロスもなくなるため、釣りがもっともっと楽しくなること間違いなしの1品です。

リールにつけられるカメラは、さまざまな商品が出ているため、用途や長さ、専用リールでないといけないなど条件を考慮しながら選ぶようにしましょう。

カメラが内蔵された“浮き”

出典:Fishing FanCam | Indiegogo | Indiegogo(※英語)

リールにつけるカメラの場合、“投げる”ことができないことが多いですが、“浮き”にカメラが内蔵されているタイプであれば、“投げる”ことも可能になります。

浮きの真下の映像のみとなるため、水の流れや魚の動きによっては、エサを食べたその瞬間を見られないこともありますが、魚がいるかいないかはチェックすることができるため、魚が釣れる確率が上がるはずです。

ただし、残念ながら、こちらはまだ商品化はされていません。

クラウドファンディングでオファーを待っていたのですが、2016年3月にクローズとなってしまっています。

実際に販売されたら人気が出そうですが、実現化には少し時間がかかるかもしれませんね。

漁船についているような水中探査機

水中で釣り_03

漁船についている探査機は、超音波などで魚群を探知するものが一般的です。

今、超音波に加え、さらに水中カメラも備えた水中探査機が注目を浴びています。超音波によって魚群を探知しても、「実際に魚の姿を見るまでは、本当にいるかどうか不安」という人にもピッタリのグッズです。

本格的なグッズなので、漁船を借りたり、みずから船を出したりするほどの釣り好きの方におすすめです。

水中で釣り_04

水中が見えるグッズは、新しいものがどんどん発売されています。

自分の好みや予算に合わせて購入して、魚の姿を見ながら効率的に釣りを楽しみましょう!

▼アウトドアシーズン、まだまだ強い紫外線による目のトラブルに注意!
目のトラブルについて~充血~(ロート製薬 商品情報サイト)

▼アウトドアといえばこちらの記事もおすすめ!
【PR】夏到来!アウトドアの準備はOK?レジャーのおともに便利なアイテム6選
紫外線から目を守れ!今春のトレンドアイテム『サングラス』の選び方
ドライブに活用してる?サンバイザーのカスタム方法と超ハイテクなサンバイザーのご紹介!
晴れた夜に夜空を見上げることからはじめよう!夏の天体観測のススメ
初詣はどこにいく? 変わり種!?“目にご利益のある神社”

【参考】
【やじうまWatch】また新たなハイテク釣りグッズが登場、カメラ内蔵で水中が見られる“浮き” – INTERNET Watch Watch
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/yajiuma/719553.html
Fishing FanCam | Indiegogo | Indiegogo
https://www.indiegogo.com/projects/fishing-fancam#/
サンコー、釣竿の液晶モニターに魚見ゆ! 「赤外線水中魚っちカメラ2」 | マイナビニュース
http://news.mynavi.jp/news/2014/05/01/457/
水中探査機・業務用水中カメラ・水中照明 – コアーテック(株)
http://www.p-coretech.com/marine/uwd.html

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ