• HOME
  • エンタメ
  • ただの“おしゃれ”や“かっこつけ”では なかった!? 欧米人の『サングラス事情』
UVケア

ただの“おしゃれ”や“かっこつけ”では なかった!?
欧米人の『サングラス事情』

ただの“おしゃれ”や“かっこつけ”では なかった!? <br>欧米人の『サングラス事情』

欧米人は、日差しがそれほど強くない日でもサングラスをかけているイメージがありませんか?日本人の場合は、ファッションの一部としてサングラスを愛用している人も多いようですが、欧米人がサングラスをかけているのには、ファッション以上に深い理由があるのです。

“青い瞳”は目の中にたくさんの光を取り込んでしまう

欧米人のサングラス姿は様になっていて、かっこよく見えるものですが、実は彼らにはサングラスをかけなければいけない切実な理由があります。その理由となっているのは“瞳の色”。

瞳=虹彩には、目の中に入ってくる光の量を調整する役割があります。欧米では青い色の虹彩を持つ人が多くみられますが、黒や茶の虹彩に比べて、青など色の薄い虹彩は、目の中に入ってくる光の量が多くなります。
つまり、同じ明るさの場所にいても、日本人より欧米人の方がより明るさ、まぶしさを感じるのです。こういった理由から照明の好みにも違いがあり、日本人は蛍光灯のような白く明るい光を好むのに対し、欧米人はオレンジ色など落ち着いた色味の明かりを好む傾向があります。

例えば欧米では、住宅はもちろん、ホテルやオフィスの照明も、明るさは200〜500ルクス程度に設定されているのに対し、日本のオフィスでは750ルクスが基準。コンビニエンスストアでは1000ルクスを超え、1300ルクス以上になるところもあるのだとか。
この昼間と変わらぬ夜間の明るさも、欧米人にとってはまぶしすぎるものなのです。

サングラスは紫外線から目を守るための必須アイテム

目の中に入る光の量が多くなると、問題となるのはまぶしさだけではありません。目は太陽の光から過剰に紫外線を浴び続けると、水晶体などの組織が傷つきます。ひどい場合には白内障や、失明につながるなどの可能性もあるのです。

紫外線量の多いオーストラリアでは、国がサングラスの着用を呼びかけており、中には子どものサングラス着用を義務づけている学校もあるそうです。欧米人にとって、サングラスは目の健康を守るための必須アイテムということなのですね。

sunglass_02

日本人もサングラスで目の健康を守りましょう!

さて、このサングラスですが、実は昨今の環境を考えると、濃い色の虹彩を持つ私たち日本人も着用を習慣化したいものなのです。オゾン層の破壊などにより、年々強くなる日差しから目を守るためにも、屋外にいるときには、ぜひサングラスを!

【参考】
日本経済新聞‐だてじゃありません、サングラス 青い瞳に秘密 外国人の不思議(3)
http://www.nikkei.com/article/DGXZZO67110830Q4A220C1000000/

NATIONAL GEOGRAPHIC 日本版−Webナショジオ−研究室に行ってみた。国立精神・神経医療研究センター 睡眠学 三島和夫−第2回 体内時計25時間はウソだった!
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/nng/article/20121203/332679/?P=1

だれもが参加できる環境NGO 環境市民−活動・実績のご案内−いいね!省明スポット全国マップ★ちょうどいい明るさの省明写真募集
http://www.kankyoshimin.org/modules/activity/index.php?content_id=167

LED Next Stage−日経の紙面から−まぶしい日本、震災で見直し、「減光」工夫し上手に――欧米流、取り入れ(生活)
https://messe.nikkei.co.jp/ld/news/81092.html

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

UVケア

天気の悪い日でも目が焼けるって本当!?梅雨でも油断大敵な紫外線対策ポイント

天気の悪い日でも目が焼けるって本当!?梅雨でも油断大敵な紫外線対策ポイント

曇りや雨の日が続く梅雨の時期は紫外線ケアをおろそかにしがち。でも、天気の悪い日でも紫外線はたくさん降り注いでいるのです!

今回は、梅雨時や悪天候時の紫外線量や目へのダメージの解説と、天気が悪い日の目への紫外線対策法などをまとめました。

曇りでも、晴れの日以上に紫外線が多い日もある!?

曇りの日は、晴れの日よりも紫外線が多いときがあるといわれていますが、実際のところどうなのでしょうか?気象庁によると、快晴の日の紫外線量を100%とした、天気ごとの紫外線量は以下のとおりです(※)。

・ うす曇りの日:約80~90%
・ 曇りの日:約60%
・ 雨が降っている日:約30%

実際に数値を確認してみると、晴れの日のほうが紫外線量は多い結果となっていますね。ただ、雲と雲のすき間から太陽がのぞいているような日は要注意です。

時々太陽が顔を出す曇りの日には、雲の中を通ることで太陽の光が四方に散らばりながら地上に降り注ぐ、“散乱光”が加わります。そのため、雲のない快晴の日よりも紫外線量が多くなることがあるそうです。

曇りの日でも特に、雲のすき間から太陽がのぞくような日は、紫外線対策をしっかりしておきましょう。

気象庁|紫外線に関する質問

おろそかになりがちな目の紫外線ダメージに要注意!

「曇りや雨の日にも、日焼け止めはしっかり塗る」という方でも、目のケアや対策はおろそかになりやすいところです。目への紫外線対策といえば、帽子サングラスでの紫外線カット。でも、曇りや雨の日には帽子やサングラスは着用しにくいですよね。

しかし、快晴の日よりも少ないことが多いとはいえ、曇りの日であっても紫外線は降り注いでいるので、何も対策をしないと目から日焼けしてしまう可能性もあります。

また、目に受ける紫外線ダメージは、『紫外線角膜炎(雪目)』『翼状片(よくじょうへん)』『目やけ』といった目の疾患を引き起こす原因になることも……。曇りの日や雨の日にもしっかり目の紫外線対策はしておきたいところです。

▼紫外線の目への影響についてはこちらの記事で詳しくご紹介しています
目から入った紫外線がシミの原因に!紫外線対策の新常識まとめ
油断大敵!目も日焼けします!UVカットコンタクトレンズで紫外線対策

天気が悪い日の目の紫外線ケアには“目薬”が使える!


画像:ロート製薬

サングラスや帽子といった紫外線対策アイテムを活用しにくい天気の悪い日でも、目の紫外線ケアに役立つのが「硫酸亜鉛水和物」が配合された目薬『UVキュア』です。

硫酸亜鉛水和物とは、紫外線ダメージを抑制してくれることが日本薬学会でも発表されている成分。紫外線によって起こる目の炎症に効果を発揮してくれます。

さらに『UVキュア』には、目やけなどによる目の充血を取り除く「ナファゾリン塩酸塩」や疲れ目ケアに効く「L-アスパラギン酸カリウム」「アミノエチルスルホン酸」「ビタミンB6」のほか、目のピント調節機能の改善に効果のある「ネオスチグミンメチル硫酸塩」も配合。紫外線による目の炎症や充血対策におすすめのアイテムです。

<商品名>ロートUVキュア
<分類>第2類医薬品
<効果・効能>紫外線による目の炎症・充血

▼詳しい商品情報はこちら
ロート製薬『ロートUVキュア』(ロート製薬 商品情報サイト)

▼商品のご購入はこちら
『ロートUVキュア』(第2類医薬品)

天気が悪いとなんとなく「今日は紫外線を気にしなくても大丈夫」という気持ちになってしまいがち。曇りや雨の日でも紫外線が降り注いでいることを忘れないでくださいね。

【参考URL】
気象庁|紫外線に関する質問
http://www.data.jma.go.jp/gmd/env/uvhp/uv_a03.html
気象庁|紫外線の性質
http://www.data.jma.go.jp/gmd/env/uvhp/3-75uvindex_mini.html
環境省|紫外線による健康影響
https://www.env.go.jp/chemi/uv/uv_pdf/02.pdf
目から入った紫外線がシミの原因に!紫外線対策の新常識まとめ
https://eye-media.jp/eyecare/紫外線対策の新常識まとめ/
油断大敵!目も日焼けします!UVカットコンタクトレンズで紫外線対策
https://eye-media.jp/eyecare/uvカットコンタクトで紫外線対策/
ロート製薬『ロートUVキュア』公式サイト
http://jp.rohto.com/uvcua/
日焼けならぬ「目やけ」から瞳を守る!夏の紫外線には目薬で“瞳のUVケア”
https://eye-media.jp/eyecare/uvcare/

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ