• HOME
  • エンタメ
  • 気になるけどちょっと怖い⁉ 不思議なオブジェ“新宿の目”の謎に迫った!
トリビア

気になるけどちょっと怖い⁉ 不思議なオブジェ“新宿の目”の謎に迫った!

気になるけどちょっと怖い⁉ 不思議なオブジェ“新宿の目”の謎に迫った!

新宿駅の西口地下広場にある有名なオブジェといえば、スバルビルの“新宿の目”。1969年の製作以来、待ち合わせ場所としても、映画やドラマのロケ地などにも利用されてきました。
しかし、ちょっと不気味なこのオブジェ、子どもの頃はここの前を通るのがなんだか怖かった、なんて記憶がある方も多いのではないでしょうか。今回は、そんな“新宿の目”のあれこれに迫ってみました。

“新宿の目”が、実は光って動くって知ってた?

瞳の高さは3.4メートル、横幅は実に10mにも及ぶという巨大なアクリル製の“新宿の目”は、中央の瞳部分と目頭の内部に照明が埋め込まれており、ゆっくりと回転しながら万華鏡のように輝きます。ちょうど前を歩いた時にこちらを見ているかのように錯覚してしまい、思わずギョッとしてしまった歩行者の姿が見受けられることも……!
そんなこちらの“新宿の目”ですが、2011年3月の震災以降の約4年間は、節電のため消灯・停止していたので、光って動くことを知らないという方も多いようです。
それが、2015年の2月9日に再び光が灯ることとなり、清掃や点検整備がしっかりと実施され、内部照明は消費電力を抑えるためにLEDに替わり、進化を遂げたのだそうです。

“新宿の目”のコンセプトとは?

こちらの作品の作者、彫刻家の宮下芳子さんは“新宿の目”について、下記のように述べています。

“時の流れ、思想の動き、現代のあらゆるものを見つめる“目” 二十一世紀に伝える歴史の“目”… もしかすると遠く宇宙を見つめる“目”かも知れない。このような多次元の“目”こそ新都心のかなめ「スバルビル」には最適、と思った。”

宮下芳子HPより一部抜粋 

新宿の街を行き交う人々を、40年以上も見守ってきたという“新宿の目”。元々こちらは、スバル興産が管理していましたが、親会社でもある富士重工業の移転に伴い、スバルビルの名はそのままに、“新宿の目”の管理業務は小田急電鉄に委ねられたそうです。

点灯時間は毎日10時~22時。その迫力ある巨大な目は何を見つめているのでしょうか。1度はその“目”を見つめる価値ありですよ!

【参考】
新宿経済新聞‐「新宿の目」再び動く-時代を反映しLEDの光に
http://shinjuku.keizai.biz/headline/2114/
ねとらぼ‐新宿西口の「新宿の目」はなぜいつから再点灯したのか? 小田急電鉄に聞いてみた
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1502/17/news092.html

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ