• HOME
  • エンタメ
  • 目を引く広告は配色にカギあり!人の目に留まる“広告にいい配色”とは?
読み物

目を引く広告は配色にカギあり!人の目に留まる“広告にいい配色”とは?

目を引く広告は配色にカギあり!人の目に留まる“広告にいい配色”とは?

街を歩けば、さまざまな看板が目に入ります。電車やバスの中にも広告があふれ、テレビでもCMになれば、いくつもの企業のマークやロゴを目にします。

目に飛び込んでくる情報があふれる現代の中でも、目を引く広告は記憶に残り、「これ、見たことある」と、安心感から商品を手に取ってもらいやすくなります。

そんな目に留まりやすい広告は、配色がカギとなっているそうです。そこで今回は、有名企業のロゴや商品がどうして目を引くのか、配色の原理に当てはめて解説します!

配色の基礎は3つ

広告_02

配色は、基本的に「メイン」「ベース」「アクセント」の3つのカラーに分けられます。それぞれ重要な役割を果たしており、どれも欠かせないカラーです。

まず、メインカラーは広告やロゴの中心となる色で、使用される面積ももっとも大きくなることが多いものです。ベースカラーとは、背景色のことを指しています。白が使われることも多いですが、メインカラーが目立ちやすい色を選択するのが一般的です。

アクセントカラーは、狭い範囲にしか使用されないケースが多いものですが、広告やロゴを引き締め、グッと目に留まりやすくする要素として使われます。メインカラーと対比する色味が選ばれることが多く、ワンポイントでありながらもっとも目立つ色になっていることもよく見られるカラーです。

広告と“色”の関係は色彩心理によって結ばれている

広告_03

広告と“色”には、配色の基礎以外に、色彩心理が大きく関係しています。色彩心理とは、色から受けるイメージのこと。熱い思いが感じられる「赤」や爽快な雰囲気を持つ「青」など、色にはそれぞれ強くイメージされるものがあり、それが心理に影響するといわれています。

この色彩心理を使って、「企業イメージを◯◯にしたいから、ロゴには××の色を使いたい」とカラーを決めていくことも可能です。実際、有名な企業のロゴや広告を見てみると、コンセプトと合致した納得のカラーが使われていることも多くあります。

あの広告・ロゴはどうして目に留まる?

広告_04

目を引き、記憶に残りやすい広告やロゴは、色彩心理からチェックしてみると、「どうしてそのカラーを選んでいるのか」が見えてきます。今回は色彩心理上の考え方から、さまざまなロゴをチェックしてみました!

●安らぎや健康がイメージされる「緑」

広告_05

緑は自然に多くある色で、見る人に安らぎを与えるといわれています。また、“森林浴”という言葉があるように、緑は心身をリラックスさせるような健康がイメージされるカラーです。

緑をロゴに使用している健康に関わる企業といえば、『ライオン株式会社』が挙げられます。落ち着いた緑色はやさしい印象も受けますよね。

●爽快さや清涼感がある「青」

広告_06

精神を落ち着かせる効果もあるという「青」。集中力を高めてくれるカラーとして知られていますが、水や空の「青」の印象から、爽快さ清涼感があるカラーでもあります。

そんな「青」がロゴのメインカラーとして使われているのが『ロート製薬株式会社』です。ベースカラーは「白」、アクセントカラーは「赤」と配色の基礎の3つも効果的に使われています。

●好奇心をかきたてられる「オレンジ」

広告_07

気持ちを盛り上げてくれる色として使われることが多いのが「オレンジ」です。喜び好奇心をイメージするカラーで、Webサイトの購入ボタンやリンクなど、思わずポチッとクリックしたくなる場所に使用されているのをよく見かけます。

目を引きつつ、行動を起こさせるのにピッタリなカラーだといえるでしょう。

広告やロゴに使われる色にはさまざまな意味が込められています。また、目を引くものには配色にカギが隠されていることも多いものです。周りの景色にある「配色の妙」を楽しみながら過ごしてみるのもおもしろそうですね。

▼色に関する記事はこちらも要チェック!
星に色があるのはなぜ?目が色を感じるメカニズムと星の光の秘密
子どもの色彩感覚を伸ばす秘密は身の回りの環境にある?
目に良い色と悪い色があるってホント?色彩効果をうまく利用して快眠に導く方法とは

▼オシャレアイテムのひとつ、カラコン。正しく使えていますか?
知らないと怖い!カラーコンタクトレンズとの正しい付き合い方(ロート製薬 商品情報サイト)

参考サイト
広告効果に“色”も関係していた!?6つの色が持つ異なる特性 | 株式会社エムズコーポレーション
https://www.e-ms.co.jp/column/column-652/
【前編】「色彩の芸術家」に近づくための配色理論(基礎知識&色彩心理) | WebNAUT
https://webnaut.jp/design/640.html
【成果を上げる色の選び方】色彩心理学から学ぶ サイトカラーの「正解」
http://liskul.com/wm_cpsychology-4111

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ