• HOME
  • エンタメ
  • 差のつくギフトならこれ! お疲れのあの人へ贈りたいアイピロー4選
読み物

差のつくギフトならこれ! お疲れのあの人へ贈りたいアイピロー4選

差のつくギフトならこれ! お疲れのあの人へ贈りたいアイピロー4選

出典:Crafting a Green World‐How-to: Sew a Soothing Scented Buckwheat Eye Pillow

睡眠や休息時に目にかぶせて使う、目の専用枕「アイピロー」は、安眠や疲労回復を促してくれる優れもの。パソコンやスマホ、タブレットなどで目を酷使しているビジネスマンにはおすすめアイテムです。日頃お世話になっているあの人にもプレゼントしてみませんか?

▼プレゼント…ではないけれど、日頃がんばっている自分へのご褒美にピッタリな癒しグッズはこちら
職場に常備しておきたい!働く目のための休息グッズ

温める?冷やす?選びたいのはこんなアイピロー

eyep_02
出典:Joy Gower‐Thinking about the past or the future

市販されているアイピローには、さまざまな特徴を持つものがあります。どのような効果が得られるのかを知って、目的に合ったものを選んでみましょう!

【目を温める効果】

ドライアイなど、凝視が原因で凝り固まった目の周りの筋肉や、疲労物質がたまって血行が悪くなっている眼精疲労に効果的なのは『温熱療法」。目の周りの皮膚を温めることで、血行を促進します。

【目を冷やす効果】

目を冷やすことでも、結果的に血行の促進を促すことができます。目の周りの皮膚を冷やすことで一時的に血管を収縮させ、そのリバウンドで血行をよくするという仕組みです。
目を労わるためには、長時間使用するのではなく、短時間使用を繰り返すのが効果。また冷やすことでアレルギーなどのかゆみも抑えてくれます。

アイピローは重さのチェックも忘れずに

また、ポイントとなるのはその重さ。重さの好みは人それぞれですが、ぐっすりと安眠したいときはやや重みのあるものがおすすめです。適度な重みが安心感を生み、リフレッシュできます。ちなみに、オフィスや飛行機での移動中など短時間でリフレッシュしたいときは、重さよりも温熱や冷却など機能を重視するといいでしょう。携帯用の軽いものでも、まぶたを閉じることで疲労を回復することができます。

高機能でスタイリッシュ!おすすめアイピロー4選

【1】『サーモクル アイピロー』

eyep_03
出典:楽天

NASAで宇宙服に応用されている技術を採用したアイピロー。マイクロカプセルの中にPCM(Phase Change Material=相変換物質)を充填したものを練り込んだ樹脂が、31度を境に固体から液体へと変化。肌に触れることにより体温を感じ、ゆっくりと固体から液体に変ることで、 吸熱し冷却。半永久的に冷却作用を繰り返すエコ素材!

【2】『土佐龍 ひのきアロマアイピロー』

eyep4
出典:有限会社 グランパティオ/slow slow slow

四万十ひのきを使ったアイピロー。ひのきの香りと適度な重みでリラックス効果抜群。パソコンで疲れたときには、目薬をさして、このアイピローを使うと目の奥まで癒やされます。就寝時にもおすすめ。

【3】『リラックスアイピロー』

eyep_05
出典:株式会社アスカム/kinokoto

表裏の2種類の生地によって、温熱効果と冷却効果のあるお得なアイピロー。電子レンジや冷蔵庫を使わなくていいのでエコロジー。内包された、ひのきの香りが癒やし効果抜群です。

【4】『マンドゥカ アイピロー』

eyep_06
出典:株式会社プラヴィダ/Puravida!

本体に使用されているのは目のリフレッシュ効果があるバンブーファブリック。内側には、リラクゼーション効果のあるラベンダーオイルなどのアロマが詰まった袋が入っています。

【参考】
眼底検査.com‐【冷やすor温める】どちらが効果が高い?
http://www.gantei-kensa.com/medical/eyes-tiredness-warms-or-cools/

1分間ですっきり!疲れ目解消のツボ

目頭と鼻の間の『睛明(せいめい)』、眉頭の『攅竹(さんちく)』、眉尻と目尻の間から親指1本分うしろのへこんだところ、こめかみのあたりには『太陽(たいよう)』の3つは目の疲れを軽減してくれるツボです。
「目が疲れたな」と感じたら、指の腹でこれらのツボをゆっくりと、5秒ずつ押してみてください!

tetrachromacy2_02
疲れ目解消のツボについて、詳しくはこちら!

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

読み物

皆既月食や流星群が見られるかも!夏の天文ショーを楽しもう

皆既月食や流星群が見られるかも!夏の天文ショーを楽しもう

みなさんは、天文ショーを見たことはありますか? 2018年は皆既月食やスーパームーンなど、すでにいくつかの天文ショーが観測されています。運よく見ることができ、写真に収めた、SNSにアップした、という方もいるかもしれません。

7月から8月にかけても、流星群や今年2度目の皆既月食などを観測できるようです。ここでは、これから起きる天文ショーや観測のポイントをご紹介します。

2018年夏、この天文ショーが見逃せない!

●月が木星、土星、火星に接近

7月20日に上弦を迎えた月は、約8日間かけて少しずつ満ちていきます。実は、この間に木星と土星、火星のそばを移動します。3つの惑星の近くで輝く月の姿を楽しんでみてください。

●2018年2回目の皆既月食

1月31日に観測された皆既月食。2018年は、7月28日にも再び見られます。月が欠けはじめるのは明け方の3時24分頃で、4時30分には完全に見えなくなります。

●15年ぶり!火星が地球に大接近

7月31日、火星が地球に大接近します。火星が地球にこれほど近づくのは約15年ぶりであり、当日の火星はやぎ座の近くに位置します。東京では真夜中、南の空に見ることができます。

●ペルセウス流星群に願いをかけて

8月13日から14日にかけて、ペルセウス流星群が観測されます。特に、13日の夜明け前には1時間につき40~50個の流れ星が飛ぶとのことです。叶えたい願いがある方は、流星が消えないうちに、早口で3回願いを唱えることを忘れずに!

皆既月食をより楽しむためのポイント

皆既月食とは、月が地球の影に入り込むことで見えなくなる天体現象です。ただし、月が完全に見えなくなるわけではなく、赤黒い「赤銅色(しゃくどういろ)」に変わります。

今回の皆既月食は、日本では明け方に起こるため、東北や関東など完全な状態で見ることができない地方もありますが、部分食だけでも十分楽しめます。

望遠鏡や双眼鏡を活用すれば、地球の影が月面を移動している様子や月の明るさの変化をしっかりと観察できますよ。持っている方はこの機会にぜひ使ってみてくださいね。

天文ショーを夏の思い出に

天文ショーを楽しみたいと思っても、残念ながら自宅から見ることが難しいという方は、星空が見える場所へ出かけてみてはいかがでしょうか。

日本には一般公開されている公開天文台がたくさんあります。設備が充実した場所で、専門家の話を聞きながら天文ショーを楽しむのもおすすめです。

見ているだけでワクワクした気持ちになれる天文ショー。タイミングが合わなければ見られないものでもありますから、お子さんの夏休みの自由研究テーマに、大切な人との思い出に、貴重な天文ショーを満喫してみてください。

▼天体観測をもっと楽しみたい方はこちらの記事もチェック!
天体観測で春の季節を体感しよう!天体観測にピッタリな、春の星座5選!
秋は天体観測の季節!?秋に観測できる星座や流星群、おすすめスポットまでをご紹介!
冬は思わず空を見上げたくなる季節!寒い夜に星がキレイなのはなぜ?

▼たまには夜空を眺めて目を休ませてあげませんか?
目のトラブルについて~眼精疲労/疲れ目~(ロート製薬 商品情報サイト)

〈参考〉
富山市科学博物館|2018年7月の星空
http://www.tsm.toyama.toyama.jp/tao/aroom/seiza/seiza201807.htm
三菱電機|2018年、日本で楽しめる天体ショー!
http://www.mitsubishielectric.co.jp/club-me/column/039.html
国立天文台|月食の観察のしかた
https://www.nao.ac.jp/astro/basic/lunar-eclipse-obs.html
国立天文台|皆既月食(2018年7月28日)
https://www.nao.ac.jp/astro/feature/lunar-eclipse20180728/
国立天文台|月が木星、土星、火星に接近(2018年7月)
https://www.nao.ac.jp/astro/sky/2018/07-topics01.html
tenki.jp|2018年の星空展望!注目の星空情報をピックアップ!
https://tenki.jp/suppl/m_yamamoto/2018/01/02/27753.html

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ