• HOME
  • エンタメ
  • 写真や絵が動く?!驚きの光投影技術『変幻灯』について調べてみた
読み物

写真や絵が動く?!驚きの光投影技術『変幻灯』について調べてみた

写真や絵が動く?!驚きの光投影技術『変幻灯』について調べてみた

『変幻灯』は、NTTが開発した光投影技術です。コンピュータに登録した光のパターンを静止画に投影することで、写真や絵に実際に動いているかのような効果を与えることができます。

今回は、人の目の錯覚を利用して印刷物や写真にリアルな表情を与え、今までにない視覚体験ができる変幻灯の仕組みや活用方法などをご紹介します!

肖像画が笑う?!変幻灯ってどんな技術?

変幻灯_02

子どもの頃、「音楽室の肖像画が笑う」という七不思議や怪談のような話で盛り上がったことはありませんか?もちろん、それはあくまでもうわさ話。実際に肖像画が笑うことはなかったでしょう。

しかし、変幻灯を活用すれば、「肖像画の人物がしゃべり出す」「風景画の花が風にそよぐ」といった、非現実的な状況を実際に生み出すことができるのです。

下記の動画からその様子をご覧ください。

静止画が動いているように見える仕組みとは

変幻灯_03

まずは、どのように変幻灯を使うと静止画が動いているように見えるのか、その手順を見ていきましょう。

1. 写真や絵画、ポスターなど、対象となる静止画をカメラで撮影します。
2. 炎のゆらめきや人の笑っている表情など、絵に合った動きの映像データを、専用のソフトを使いモノクロで作成します。
3. 作成したモノクロの映像データを、プロジェクターで静止画に投影します。
4. 錯覚により、静止画そのものが動いているように見えます。

私たちの脳は、色・形・動きのそれぞれを別々に処理し、それらの情報を後からうまく統合することで見たものを認識しています。

変幻灯を見るときは、色と形を静止画から、動きをモノクロの映像データから取得するので、本来ならば止まっている色・形と映像データによる動きの間には、空間的な“ズレ”が生じるはずです。

しかし、私たちの脳は、色・形・動きの情報をひとつに統合するときに、このズレを修正してしまいます。そのため、私たちは空間的なズレに気づくことなく、あたかもカラー動画を見ているかのように、静止画そのものが動いているように知覚するのです。

これが、変幻灯を活用すると写真や絵が動いているように見える仕組みです。

変幻灯の活用の幅は無限大!

変幻灯_04

変幻灯の技術を使うと、ポスターや模型などの止まっているものにも動きを加えられます。使い方によっては、静止画のキャラクターに動きをつけるような演出も可能です。

このような活用方法から、アイキャッチ効果を高めることができると、エンターテイメントや商品プロモーション、広告などの分野で大きな注目を集めています。

また、変幻灯はインテリアにも応用できます。床や壁の模様に変幻灯の技術で動きを加えることで、水が流れている、雪が降っている、湯気が立ち上っている、などの視覚効果を見る人に与えることができるのです。

現在、幅広く認知されるようになったプロジェクションマッピングは、新たな映像を投影対象に映し出し、別のものに変化したように見せる技術です。一方、変幻灯では、投影対象そのものを活かした映像演出が可能になります。

今後、デジタルサイネージへの活用や、プロジェクションマッピングとの融合なども検討されている変幻灯。多分野での活躍が期待されます。

▼視覚効果を利用した最新技術はまだまだある!
その迫力と衝撃で面白さ倍増 映画のVFX技術がスゴイ!
透明人間はもうSFの話じゃない!“透明マント”に“透明自動車”……透明化する最新技術がすごい

▼いつも画面ばかり見ている…という方は要注意ですよ!
あなたも注意!デジアイ症候群!(ロート製薬 商品情報サイト)

〈参考〉
世界で初めて、写真や絵に動きを与える不思議な照明『変幻灯』を開発|NTT
http://www.ntt.co.jp/news2015/1502/150217a.html
写真や絵に動きを与える光投影技術|大日本印刷
http://www.dnp.co.jp/infosol/solution/detail/10134985_18793.html

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ