• HOME
  • エンタメ
  • 怒っている時はしょっぱい涙?喜怒哀楽の感情で“涙の味”が変わる!?
トリビア

怒っている時はしょっぱい涙?
喜怒哀楽の感情で“涙の味”が変わる!?

怒っている時はしょっぱい涙?<br>喜怒哀楽の感情で“涙の味”が変わる!?

うれしい時や悲しい時、思わず涙がこぼれることがありますよね?実はこの涙、喜怒哀楽の感情によって味が変わるのだそうです!そういえば、子どもの時に流していた涙はいつもしょっぱい味だったような気がします……。最近流した涙は、どんな味のものでしたか?

しょっぱい味の正体は「ナトリウム」

涙の成分は98%水分でできています。この中にナトリウムやカリウムなどの電解質が含まれ、残りの2%はタンパク質や抗菌作用を持つ成分です。まばたきをするたびに分泌されているのは『基礎分泌」、異物による刺激で流れるのは『反射性分泌」、喜怒哀楽などの感情によって流れるのは『情動性分泌」という種類の涙。この『情動性分泌』は感情によって味が異なり、悔しい時や怒っている時に流す涙はしょっぱい味がするそうです。

この味の正体は「ナトリウム」。食塩の主成分が塩化ナトリウムというように、しょっぱさの成分なのです。怒っている時などに出る涙には、このナトリウムが多く含まれるのだそうです。反対に悲しい時やうれしい時に流す涙は、薄味でさらさらとしていて、分泌量も多くなります。

なぜ涙は流れるのか?秘密は自立神経にアリ

『情動性分泌』と呼ばれる、感情の動きによって流れる涙は自律神経と深い関係があります。

“自律神経は、心臓を動かす、呼吸をする、汗をかいて体温を調節するなど、自分自身の意思ではコントロールできない身体の器官の働きを調節しています。この自律神経が人の感情の動きによって刺激を受け興奮状態に陥ったときにでるのが、いわゆる感情による涙なのです”

出典:HAB 健康の館‐第二の部屋「健康ラウンジ」‐〜涙のメカニズム〜

涙を流すことにはリラックス効果があります。つまり、自立神経のバランスを保つために、刺激によって生まれた心理的なストレスを解消するために涙が流れるのです。

涙を流してリラックス&リフレッシュ!

namida_02

前述したとおり、涙にはリラックス効果がありストレスを発散してくれます。その効果は、ひと晩眠るのと同じくらいとも言われています。涙を流し、抑圧した感情を解放することで、絶大なリフレッシュ効果を得られるそうです。また、反対に泣くのを我慢するとストレスをためることになります。男性の中には、「人前で泣くのはちょっと…」という方もいるかもしれませんね。そんな時は、ひとりになれる部屋で思い切り泣いてみましょう!休日の前など時間のあるときに、感動できる映画を見るのもオススメです。

“涙の味”で知る自分の感情。怒っている涙も、うれしい涙も、ストレスを解消するには大きな役割があるようですね。

【参考】
ROHTO−ドライアイ−『なみだの正体』
http://www.rclub2.rohto.co.jp/clinic/dryeye/namida.htm

ROHTO−太陽の笑顔fufufu..net−『泣いた後には、笑顔になれる。人だけが持つ「涙」の力。』
http://fufufu.rohto.co.jp/feature/339/

HAB 健康の館−3月放送 第二の部屋「健康ラウンジ」−~涙のメカニズム~
https://www.hab.co.jp/yakata/200703/200703-2.html

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ