• HOME
  • エンタメ
  • 体の大きさよりも走る速度に由来!? 哺乳類の“目のサイズ”の秘密
読み物

体の大きさよりも走る速度に由来!?
哺乳類の“目のサイズ”の秘密

体の大きさよりも走る速度に由来!?<br> 哺乳類の“目のサイズ”の秘密

動物の目の大きさは、体の割に大きかったり小さかったりと実にさまざまです。最近の研究では、この目の大きさは、体の大きさに比例するものではなく“走る速度”に由来することがわかってきているそうです。実に興味深い話ですよね。

活動時間が影響すると思われていた哺乳類の目の大きさ

これまでの学説で考えられてきたのは、頭蓋骨の大きさに対して目が大きい動物は夜行性であり、これは夜間の薄明かりを網膜に十分に取り入れるためのもの。また、これ以外に動物の目の位置については、猫や猿は顔の前面に目がついていて、これは両眼視、立体視によって距離や奥行きを把握するため。反対に牛や馬などの被捕食動物は、横位置に目がついていて、これは身の安全を守るために視野を広げる目的があるというものでした。

実際に影響を与えていたのは“走る速度”

しかし、最近のテキサス大学による研究では、哺乳類の目のサイズは、体の大きさより走る速度によって決まっていることがわかってきたそうです。50種類以上の哺乳類を研究した結果、動物の活動時間によって目の形状の差異は生まれても、大きさとの相関性は見られず、目の大きさに影響しているのはその動物の“移動の最高速度”であるというのです。

eyesize_02

高速で移動する哺乳類の目が大きい理由とは?

研究者によると、チーターや馬のように高速で移動する動物の目が大きいのは、「移動時に障害物をいち早く察知し、衝突を避けるため」なのだそうです。
例えば、今回調査された哺乳類の中で一番大きなものは象でしたが、チーターの走る速度が最高時速110km/hなのに対して、象は最高時速40km/hと大きな差があります。

この2体の目のサイズを比較すると、体の大きな象よりも、移動速度の速いチーターの方が体に対して目の割合が大きいことがわかります。

この研究家結果から、動物の体の大きさと移動速度から、目の大きさをほぼ割り出すことができるのだそうです。

哺乳類の目の大きさの秘密、いかがでしたか?まさか移動速度に由来するとは意外なようではありますが、実利面を考えると実に納得できる話ですよね。

【参考】
Daily Mailonline- Paws for thought! Eye size determined by maximum running speed in mammals
http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-2139849/Paws-thought-Eye-size-determined-maximum-running-speed-mammals.html

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

読み物

皆既月食や流星群が見られるかも!夏の天文ショーを楽しもう

皆既月食や流星群が見られるかも!夏の天文ショーを楽しもう

みなさんは、天文ショーを見たことはありますか? 2018年は皆既月食やスーパームーンなど、すでにいくつかの天文ショーが観測されています。運よく見ることができ、写真に収めた、SNSにアップした、という方もいるかもしれません。

7月から8月にかけても、流星群や今年2度目の皆既月食などを観測できるようです。ここでは、これから起きる天文ショーや観測のポイントをご紹介します。

2018年夏、この天文ショーが見逃せない!

●月が木星、土星、火星に接近

7月20日に上弦を迎えた月は、約8日間かけて少しずつ満ちていきます。実は、この間に木星と土星、火星のそばを移動します。3つの惑星の近くで輝く月の姿を楽しんでみてください。

●2018年2回目の皆既月食

1月31日に観測された皆既月食。2018年は、7月28日にも再び見られます。月が欠けはじめるのは明け方の3時24分頃で、4時30分には完全に見えなくなります。

●15年ぶり!火星が地球に大接近

7月31日、火星が地球に大接近します。火星が地球にこれほど近づくのは約15年ぶりであり、当日の火星はやぎ座の近くに位置します。東京では真夜中、南の空に見ることができます。

●ペルセウス流星群に願いをかけて

8月13日から14日にかけて、ペルセウス流星群が観測されます。特に、13日の夜明け前には1時間につき40~50個の流れ星が飛ぶとのことです。叶えたい願いがある方は、流星が消えないうちに、早口で3回願いを唱えることを忘れずに!

皆既月食をより楽しむためのポイント

皆既月食とは、月が地球の影に入り込むことで見えなくなる天体現象です。ただし、月が完全に見えなくなるわけではなく、赤黒い「赤銅色(しゃくどういろ)」に変わります。

今回の皆既月食は、日本では明け方に起こるため、東北や関東など完全な状態で見ることができない地方もありますが、部分食だけでも十分楽しめます。

望遠鏡や双眼鏡を活用すれば、地球の影が月面を移動している様子や月の明るさの変化をしっかりと観察できますよ。持っている方はこの機会にぜひ使ってみてくださいね。

天文ショーを夏の思い出に

天文ショーを楽しみたいと思っても、残念ながら自宅から見ることが難しいという方は、星空が見える場所へ出かけてみてはいかがでしょうか。

日本には一般公開されている公開天文台がたくさんあります。設備が充実した場所で、専門家の話を聞きながら天文ショーを楽しむのもおすすめです。

見ているだけでワクワクした気持ちになれる天文ショー。タイミングが合わなければ見られないものでもありますから、お子さんの夏休みの自由研究テーマに、大切な人との思い出に、貴重な天文ショーを満喫してみてください。

▼天体観測をもっと楽しみたい方はこちらの記事もチェック!
天体観測で春の季節を体感しよう!天体観測にピッタリな、春の星座5選!
秋は天体観測の季節!?秋に観測できる星座や流星群、おすすめスポットまでをご紹介!
冬は思わず空を見上げたくなる季節!寒い夜に星がキレイなのはなぜ?

▼たまには夜空を眺めて目を休ませてあげませんか?
目のトラブルについて~眼精疲労/疲れ目~(ロート製薬 商品情報サイト)

〈参考〉
富山市科学博物館|2018年7月の星空
http://www.tsm.toyama.toyama.jp/tao/aroom/seiza/seiza201807.htm
三菱電機|2018年、日本で楽しめる天体ショー!
http://www.mitsubishielectric.co.jp/club-me/column/039.html
国立天文台|月食の観察のしかた
https://www.nao.ac.jp/astro/basic/lunar-eclipse-obs.html
国立天文台|皆既月食(2018年7月28日)
https://www.nao.ac.jp/astro/feature/lunar-eclipse20180728/
国立天文台|月が木星、土星、火星に接近(2018年7月)
https://www.nao.ac.jp/astro/sky/2018/07-topics01.html
tenki.jp|2018年の星空展望!注目の星空情報をピックアップ!
https://tenki.jp/suppl/m_yamamoto/2018/01/02/27753.html

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ