• HOME
  • エンタメ
  • 体の大きさよりも走る速度に由来!? 哺乳類の“目のサイズ”の秘密
読み物

体の大きさよりも走る速度に由来!?
哺乳類の“目のサイズ”の秘密

体の大きさよりも走る速度に由来!?<br> 哺乳類の“目のサイズ”の秘密

動物の目の大きさは、体の割に大きかったり小さかったりと実にさまざまです。最近の研究では、この目の大きさは、体の大きさに比例するものではなく“走る速度”に由来することがわかってきているそうです。実に興味深い話ですよね。

活動時間が影響すると思われていた哺乳類の目の大きさ

これまでの学説で考えられてきたのは、頭蓋骨の大きさに対して目が大きい動物は夜行性であり、これは夜間の薄明かりを網膜に十分に取り入れるためのもの。また、これ以外に動物の目の位置については、猫や猿は顔の前面に目がついていて、これは両眼視、立体視によって距離や奥行きを把握するため。反対に牛や馬などの被捕食動物は、横位置に目がついていて、これは身の安全を守るために視野を広げる目的があるというものでした。

実際に影響を与えていたのは“走る速度”

しかし、最近のテキサス大学による研究では、哺乳類の目のサイズは、体の大きさより走る速度によって決まっていることがわかってきたそうです。50種類以上の哺乳類を研究した結果、動物の活動時間によって目の形状の差異は生まれても、大きさとの相関性は見られず、目の大きさに影響しているのはその動物の“移動の最高速度”であるというのです。

eyesize_02

高速で移動する哺乳類の目が大きい理由とは?

研究者によると、チーターや馬のように高速で移動する動物の目が大きいのは、「移動時に障害物をいち早く察知し、衝突を避けるため」なのだそうです。
例えば、今回調査された哺乳類の中で一番大きなものは象でしたが、チーターの走る速度が最高時速110km/hなのに対して、象は最高時速40km/hと大きな差があります。

この2体の目のサイズを比較すると、体の大きな象よりも、移動速度の速いチーターの方が体に対して目の割合が大きいことがわかります。

この研究家結果から、動物の体の大きさと移動速度から、目の大きさをほぼ割り出すことができるのだそうです。

哺乳類の目の大きさの秘密、いかがでしたか?まさか移動速度に由来するとは意外なようではありますが、実利面を考えると実に納得できる話ですよね。

【参考】
Daily Mailonline- Paws for thought! Eye size determined by maximum running speed in mammals
http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-2139849/Paws-thought-Eye-size-determined-maximum-running-speed-mammals.html

 » 体の大きさよりも走る速度に由来!? 哺乳類の“目のサイズ”の秘密

ライター矢野 はな

編集者を経て、結婚出産。現在は小学生から幼稚園までの三児を育てながらフリーランスとして在宅ワーク。執筆の得意分野はファミリー、子育て、夫婦、衣食住、文化、芸術など。好きな飲み物はビール。趣味は映画鑑賞。

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ