• HOME
  • エンタメ
  • 「めばちこ」「めいぼ」「おひめさま」……全国でこんなに違う!「ものもらいの」呼び方
読み物

「めばちこ」「めいぼ」「おひめさま」……全国でこんなに違う!「ものもらいの」呼び方

「めばちこ」「めいぼ」「おひめさま」……全国でこんなに違う!「ものもらいの」呼び方

なんとなく目が痒い、なんとなく目がゴロゴロする……。
なんとなくから気づけばまぶたが腫れ、ときには手術を要する事態ともなる“ものもらい”。
しかし“ものもらい”とは関東地方の方言。地方によってさまざまな方言があり、学術的な名称が、また別にあることをご存じでしたか?

学術的な名称は症状によって数種類!

“「ものもらい」「めいぼ」「めばちこ」は正式な医学用語ではないので、人によって指すものが違う可能性があります。”

出典:All About『ものもらいの種類・正式名称

“ものもらい”とは、言わば通称。
試しにスマホやブラウザからWikipediaを開き、このフレーズで検索してみてください。一発では、解説ページにたどり着けません。
医学的には、まぶたが菌に感染し、膿がたまる「麦粒腫(ばくりゅうしゅ)」、まぶたに脂肪がたまる「霰粒腫(さんりゅうしゅ)」や、その脂肪が化膿を起こしている「化膿性霰粒腫(かのうせいさんりゅうしゅ)」などに分類され、その総称を一般的に“ものもらい”と呼んでいるに過ぎないのです。

関東では“ものもらい”、関西では“めばちこ”

東日本では一般的に“ものもらい”と呼ばれる症状。「感染する、うつる」といったイメージから、「ものをもらう」が転じたものかと思いきや、福島県東白河郡には「三軒の家から米をもらって食べるとなおる」という伝承があり、「ひとからもらう」ではなく、「ひとにもらうと治る」という俗説が語源だとか。
一方、“ものもらい”に次いで一般的な呼び方は“めばちこ”や“めいぼ”。どちらも近畿地方でよく使われる表現で、語源は「目がパチパチするから“めばちこ”」という説、「目にイボができるから“めいぼ”」という説があるというから、“ものもらい”の語源よりもしっくり来ます。

宮城県では“ばか”という呼び方も!

“特徴的だったのは、宮城県での呼び名の「ばか」と、熊本県の「おひめさん」だ。”

出典:日本経済新聞:ことばオンライン『ものもらいを「ばか」と呼んだら宮城県出身

宮城では“ばか”、熊本では“おひめさん”で、どちらも「自分からは遠ざけたい存在」と気持ちを、目の病に引っかけているようです。
おばかさんを遠ざけたいのは容易に理解できますが、“おひめさん”は「わがまま放題のお姫様には、近づいてほしくありません」ということでしょうか。
ともあれ、いつも瞳を健康に、目の病を寄せ付けない生活が大切。
コンタクトレンズの連日使用を避けたり、女性の場合はまぶたのキワへのアイメイクを控えたりと目を清潔に保つのはもちろん、バスタイムにはしっかり湯船に浸かり、まぶたまでしっかり温めることも“ものもらい”の予防につながります。

▼麦粒腫について、もっと詳しく知りたい方はコチラ
目のトラブルについて~麦粒腫(ものもらい)~(ロート製薬 商品情報サイト)

【参考】
All About『ものもらいの種類・正式名称』
http://allabout.co.jp/gm/gc/301731/
日本経済新聞:ことばオンライン『ものもらいを「ばか」と呼んだら宮城県出身』
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDB1600A_W4A110C1000000/
ROHTO『ものもらいMap』
http://www.rclub2.rohto.co.jp/clinic/mono/index.htm
スマイル眼科クリニック
『ものもらいのタイプそして予防と対策について』http://www.smile-eye.com/faq/3_1.htm

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

読み物

皆既月食や流星群が見られるかも!夏の天文ショーを楽しもう

皆既月食や流星群が見られるかも!夏の天文ショーを楽しもう

みなさんは、天文ショーを見たことはありますか? 2018年は皆既月食やスーパームーンなど、すでにいくつかの天文ショーが観測されています。運よく見ることができ、写真に収めた、SNSにアップした、という方もいるかもしれません。

7月から8月にかけても、流星群や今年2度目の皆既月食などを観測できるようです。ここでは、これから起きる天文ショーや観測のポイントをご紹介します。

2018年夏、この天文ショーが見逃せない!

●月が木星、土星、火星に接近

7月20日に上弦を迎えた月は、約8日間かけて少しずつ満ちていきます。実は、この間に木星と土星、火星のそばを移動します。3つの惑星の近くで輝く月の姿を楽しんでみてください。

●2018年2回目の皆既月食

1月31日に観測された皆既月食。2018年は、7月28日にも再び見られます。月が欠けはじめるのは明け方の3時24分頃で、4時30分には完全に見えなくなります。

●15年ぶり!火星が地球に大接近

7月31日、火星が地球に大接近します。火星が地球にこれほど近づくのは約15年ぶりであり、当日の火星はやぎ座の近くに位置します。東京では真夜中、南の空に見ることができます。

●ペルセウス流星群に願いをかけて

8月13日から14日にかけて、ペルセウス流星群が観測されます。特に、13日の夜明け前には1時間につき40~50個の流れ星が飛ぶとのことです。叶えたい願いがある方は、流星が消えないうちに、早口で3回願いを唱えることを忘れずに!

皆既月食をより楽しむためのポイント

皆既月食とは、月が地球の影に入り込むことで見えなくなる天体現象です。ただし、月が完全に見えなくなるわけではなく、赤黒い「赤銅色(しゃくどういろ)」に変わります。

今回の皆既月食は、日本では明け方に起こるため、東北や関東など完全な状態で見ることができない地方もありますが、部分食だけでも十分楽しめます。

望遠鏡や双眼鏡を活用すれば、地球の影が月面を移動している様子や月の明るさの変化をしっかりと観察できますよ。持っている方はこの機会にぜひ使ってみてくださいね。

天文ショーを夏の思い出に

天文ショーを楽しみたいと思っても、残念ながら自宅から見ることが難しいという方は、星空が見える場所へ出かけてみてはいかがでしょうか。

日本には一般公開されている公開天文台がたくさんあります。設備が充実した場所で、専門家の話を聞きながら天文ショーを楽しむのもおすすめです。

見ているだけでワクワクした気持ちになれる天文ショー。タイミングが合わなければ見られないものでもありますから、お子さんの夏休みの自由研究テーマに、大切な人との思い出に、貴重な天文ショーを満喫してみてください。

▼天体観測をもっと楽しみたい方はこちらの記事もチェック!
天体観測で春の季節を体感しよう!天体観測にピッタリな、春の星座5選!
秋は天体観測の季節!?秋に観測できる星座や流星群、おすすめスポットまでをご紹介!
冬は思わず空を見上げたくなる季節!寒い夜に星がキレイなのはなぜ?

▼たまには夜空を眺めて目を休ませてあげませんか?
目のトラブルについて~眼精疲労/疲れ目~(ロート製薬 商品情報サイト)

〈参考〉
富山市科学博物館|2018年7月の星空
http://www.tsm.toyama.toyama.jp/tao/aroom/seiza/seiza201807.htm
三菱電機|2018年、日本で楽しめる天体ショー!
http://www.mitsubishielectric.co.jp/club-me/column/039.html
国立天文台|月食の観察のしかた
https://www.nao.ac.jp/astro/basic/lunar-eclipse-obs.html
国立天文台|皆既月食(2018年7月28日)
https://www.nao.ac.jp/astro/feature/lunar-eclipse20180728/
国立天文台|月が木星、土星、火星に接近(2018年7月)
https://www.nao.ac.jp/astro/sky/2018/07-topics01.html
tenki.jp|2018年の星空展望!注目の星空情報をピックアップ!
https://tenki.jp/suppl/m_yamamoto/2018/01/02/27753.html

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ