• HOME
  • エンタメ
  • もうカラコンは不要?!目の色を自由自在に変えられる人工虹彩手術とは
読み物

もうカラコンは不要?!目の色を自由自在に変えられる人工虹彩手術とは

もうカラコンは不要?!目の色を自由自在に変えられる人工虹彩手術とは

カラコンを入れて、もともとの目の色を変えるオシャレを楽しむ方は多くいらっしゃいますが、いちいち装用しなければならず面倒に感じている方も多いのではないでしょうか。

もし、その手間がかからなくなったら…ずっと目の色を変えたままの状態でいられるとしたら…手術を受けてみたいと思いますか?

今回は、目の色を変えられる人工虹彩手術についてご紹介します。

人工虹彩手術とは?

人工虹彩手術とは、目の虹彩と呼ばれる部分に別の色に見えるようカバーをつける手術のことです。虹彩は瞳孔の広がりを調整する部位であると同時に、見た目の目の色を左右する部位でもあります。

たとえば、日本人の虹彩は茶褐色であることが多いため、瞳の色も茶色っぽく見えることが多いのです。

もともとはアルビノ向けの手術だった

人工虹彩_02

もともと、アルビノの方向けに、見た目の印象を変えるための手術として取り入れられていたのが人工虹彩手術でした。

しかし、カラコンなどで目の色を変えるファッションが流行している現在、美容外科でその手技を行うようになり、オシャレの一環として誰でも人工虹彩手術を受けられるようになってきています。

どうやって目に色を入れるの?

人工虹彩_03

人工虹彩手術ではまず、眼科用シリコンという、目の中に入れるレンズの素材に色をつけ、人工虹彩膜を作ります。その人工虹彩膜を、角膜を切り開いて目の中に入れ、虹彩の上に広げて置く方法で目に色を入れます。

片目約15分で完了し、入れたシリコンは取り除くことも可能です。

手術によるリスクはないの?

人工虹彩_04

人工虹彩手術は、片目15分ほどで終わる気軽な手術のように感じられます。しかし、リスクも高く危険な手術だとして、米国眼科学会からも警告されています。

なぜなら、人工虹彩手術に使われる眼科用シリコンが米国食品医薬品局(FDA)の承認を受けておらず、手術も臨床試験などによる安全性が確認されていないため、失明の恐れもあるからです。

人工虹彩手術は、カラコンが不要になりそうな画期的な手術のように感じられますが、失明のリスクもある危険な手術です。目に色を入れてオシャレを楽しみたいと思っている方は、目への負担もよく考えるようにしてくださいね。

▼カラコンで目の色を変えたいときに読みたい記事はこちら!
知らないと怖い!カラーコンタクトレンズとの正しい付き合い方(ロート製薬 商品情報サイト)
かわいい?それとも逆に怖い?日本のカラコン文化まとめ
自分に合うのはどんな色?カラーコンタクトでイメージチェンジ

参考
眼の色を変える 人工虹彩手術 Brasil – 美容形成外科医Dr 牧野のblog
http://taromakino.blog.jp/archives/1026908771.html
「虹彩移植受けるな」学会警告 【米国眼科学会】|米国学会短信|医療情報サイト m3.com
https://www.m3.com/open/clinical/news/article/270986/

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ