• HOME
  • エンタメ
  • 夏休みの工作にぴったり!「万華鏡」で見える視界の謎と、その作り方
読み物

夏休みの工作にぴったり!「万華鏡」で見える視界の謎と、その作り方

夏休みの工作にぴったり!「万華鏡」で見える視界の謎と、その作り方

万華鏡の小さな穴から見える、幻想的な世界。幼い頃に時間が経つのも忘れてしまうほど見入ってしまった、なんて経験がある方もいるのではないでしょうか?

今回は、そんな不思議な万華鏡の仕組みと、夏休みの親子工作にもぴったりなつくり方をご紹介します。

万華鏡は日本生まれではなかった!

万華鏡の誕生は、じつは偶然の産物でした。1816年にスコットランドの物理学者、デビット・ブリュースターが灯台の光をより遠くへ届かせるための研究中に、鏡の組み合わせを工夫していた時に発明されたそうです。以来、子どものおもちゃとしてだけではなく、芸術品としても世界中にコレクターがいます。

この万華鏡は英語で「カレイドスコープ」と呼ばれますが、こちらの語源はギリシャ語です。カレイドスコープの由来は、“美”をあらわす「カロス」と“形”をあらわす「エイドス」、そして“見る”の「スコープ」からきています。日本では1819年に輸入され、明治時代には百色眼鏡(ひゃくいろめがね)とも呼ばれて長い間親しまれてきました。

万華鏡の仕組みは「鏡」の反射

万華鏡の仕組みは、鏡の反射を利用したものです。もっともポピュラーなのは3枚の鏡を60度ずつ筒の中で組み合わせたもの。これによってお互いの両隣の鏡を映し合うため、中に入ったものの模様が繰り返し何度も映されるという構造になっています。

この仕組みを利用して、家にあるものでも簡単に万華鏡をつくることもできるんですよ!

親子でできる!万華鏡のつくり方

それではここで、夏休みの工作にぴったりのカンタンな「万華鏡のつくり方」をご紹介しましょう。

■牛乳パックを利用したもの

雪印メグミルク‐「牛乳パックで作ろう」の「楽しい工作」

準備するものは牛乳パック(1000ml) をはじめ、透明のアクリル製硬質カードケース(A4サイズ)や黒い紙、ビーズ、色紙(いろがみ)など、100円ショップで手に入る材料ばかりのため、気軽に工作できる手順が紹介されています。

■トイレットペーパーの芯とレンジシートで作る

【工作】☆万華鏡☆トイレットペーパーの芯とレンジシートを組み合わせて

中に入れるものをビーズや色紙、スパンコールなどと工夫したり、鏡の組み合わせを変えたりすることで、また違った見え方ができるようです。お子さんの夏休みの工作に、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

▼夏は紫外線に注意!
肌だけで大丈夫?!子どもの瞳の紫外線ケアでトラブル予防(ロート製薬 商品情報サイト)

▼幻想的な世界はこちらでものぞけます!
疲れた心と目の保養に! 幻想的で美しい『オーロラ』写真館
まるで『グリム童話』の世界。 色覚障害を持つカメラマンが写しだす風景が幻想的
人間の脳力ってスゴイ! 努力の画家『エスレフ・アーマガン』
『4色型色覚』を持つアーティストが描く絵が美しすぎる!
視力0.1の人にはこう見える!? 近視の人が見た世界を再現する絵画が幻想的

【参考】
キヤノン‐キッズアイランド 光のふしぎ 万華鏡のひみつ
http://www.nikon.co.jp/channel/kids/wonder/kaleidoscope/index.htm
日本万華鏡博物館
http://nihonmangekyouhakubutsukan.jimdo.com/渋谷の日本万華鏡博物館から川口の日本万華鏡博物館へ/

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ