• HOME
  • エンタメ
  • 視覚障がい者に大人気のスポーツ ブラインドサッカーはこんなにおもしろい!
読み物

視覚障がい者に大人気のスポーツ ブラインドサッカーはこんなにおもしろい!

視覚障がい者に大人気のスポーツ ブラインドサッカーはこんなにおもしろい!

視覚障がいのある方も楽しめるスポーツの中でも、とても人気があるのが「ブラインドサッカー」です。こちらは通称“ブラサカ”とも呼ばれ、障がいを持つ選手だけでなく、健常者とともに同じピッチで戦うことのできるスポーツです。今回はそんなブラインドサッカーの魅力に迫ります。

ブラインドサッカーってどんな競技?

ブラインドサッカーは1980年のはじめに誕生し、ヨーロッパや南米を中心に親しまれ、日本では2001年頃から広まりました。国内での歴史はまだ浅いものの、視覚障がい者と晴眼者(視覚健常者)が力を合わせてプレーができるという魅力がある、フットサルのルールを基本とした5人制のミニサッカー競技です。

大切なのは、“声”によるコミュニケーション!

チームは4人のフィールドプレーヤーとゴールキーパー、監督、コーラーの7人で編成されます。そのうちゴールキーパーや監督、コーラーは晴眼者がつとめ、 “声”を使って選手たちをサポートしていきます。

とくに特徴的なのは、このコーラー(ガイド)の存在! 敵陣ゴールの裏に立ち、攻撃の場面では選手に「5m、45度、シュート!」というように、ゴールの位置と距離、角度、シュートのタイミングなどを的確に伝えていきます。
監督はサイドフェンスの向こうに立ち、選手の交代といった監督業のほかに、ピッチ中盤にいるフィールド選手への指示をこちらも声で伝えます。同様にゴールキーパーもゴールを守るだけでなく、試合の状況などをつねにフィールド選手にガイドする役割も兼任しています。
選手たちのサッカー技術はもちろんですが、選手間のコミュニケーションが勝敗を分けると言っても過言ではないくらい、“声”が重要なツールだということがわかりますね!

ブラインドサッカーの基本ルールとは?

視覚の見え方には個人差があるため、フィールド選手は全員目の上にアイパッチをはり、アイマスクを着用します。
ただし、国際大会では全盲と判断された人しか出場できません。国内大会では競技の普及という面もあり、アイマスクを着用することで全員が同じ条件になるようにしているのです。

使用するコート、ボールのサイズはフットサルと同じです。ボールは転がると音が出るようになっているため、選手たちはその音で位置や転がりを判断します。また、ボールを持った相手に向かっていくときは、必ず「ボイ!」(スペイン語で「行く」の意味)と声をかけ、選手の存在や危険を知らせなければいけません。このかけ声を発しないと、ファールをとられてしまいます。

ブラインドサッカーを応援しよう!

実際にブラインドサッカーを体験したり観戦した人たちの声を聞いてみましょう。

プロサッカー選手もコメント!

ブラインドサッカーは、“声”や“音”が手掛かりとなるスポーツのため、プレー中は静かに観戦するのがマナー。でも、得点が入ったときは大声で声援を送ったり、拍手などで選手を称えたりして、楽しむことができます。ぜひ、ブラインドサッカーの世界を、一度のぞいてみてください!

【参考】
JBFA日本ブラインドサッカー協会公式サイト
http://www.b-soccer.jp/

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ