• HOME
  • エンタメ
  • 日常生活で意識したい!視点を1つに定めることで集中力が高まる『ドリシュティ』とは?
読み物

日常生活で意識したい!視点を1つに定めることで集中力が高まる『ドリシュティ』とは?

日常生活で意識したい!視点を1つに定めることで集中力が高まる『ドリシュティ』とは?

ドリシュティとは、ヨガでポーズをとるときに意識する視点のこと。心を落ち着かせ、“今、このときの自分”に集中する方法として、ヨガではとても大切にされています。

このドリシュティ、ヨガで使われているテクニックのひとつではありますが、日常生活にもとり入れることが可能です。心を平穏に保ちたい、ここぞというときに力を発揮したい…そんな人はぜひ、こちらの記事を読んで、ドリシュティをマスターしてみてはいかがでしょうか?

ドリシュティとはヨガでポーズをとるときの“視点”のこと

ドリシュティ_02

ヨガのクラスでは、ポーズをとるときに「つま先を見て」「おへそを見て」などといわれることがあります。このように、ポーズをとるときに見るべき方向や向けるべき目線のことを『ドリシュティ』といいます。

教える人によって考え方は異なるそうですが、ドリシュティには上方、右方、左方、眉間、鼻先、おへそ、手、親指、つま先の9つの視点があり、どのポーズをとるかによって、見るべき視点も異なります。

ドリシュティを意識すれば、心が安定し集中できる!

ドリシュティ_03

ヨガでは、視点がある1点に定まることによって気が散ることなく集中でき、心が安定すると考えられています。

たとえば、ヨガの基本ポーズに『ダウンドッグ』と呼ばれるものがありますが、ダウンドックのドリシュティはおへそか、初心者の場合は足の親指です。

ヨガの初心者は特に、呼吸法や筋肉の動きだけに意識を向けがちですが、ドリシュティを意識することもとても大切。視点が定まれば心の雑念が払われてポーズをとることに集中できるので、ドリシュティを意識しないときに比べると、体も動きやすくなるそうです。

ドリシュティの効果を日常生活に応用してみよう!

ドリシュティ_04

物事に集中できていないとき、人の視線は1点に定まらずさまよっているものです。仕事をしているとき、勉強をしているとき、スポーツをしているとき、集中力が欠けているなと感じたら、ヨガのドリシュティの考え方をとり入れて、視点を1つに定めることを意識してみましょう。

視界から自分以外の物事をシャットアウトできれば、人と比べることで生まれる焦燥感や劣等感から心が解放され、だんだんと自分が今すべきことに集中できるようになります。

いかがでしたか?今回ご紹介したヨガのドリシュティは、普段ヨガをやっていない方でもいろいろな場面で応用できそうですね。何かに集中したいとき、雑念を払いたいときなどにはぜひ、「ドリシュティ=視点」を意識してみてください!

▼人の視線に関する記事ならこちらもオススメ!
視線を急に移しても景色がブレないのはなぜ?ヒミツは脳の「サッカード抑制」にあった!
なぜ人は「視線」を感じるのか? 脳がおよぼす奇妙な錯覚
男と女はこんなに違うの? 視線の動きでわかる脈ありサイン

▼画面につい集中し過ぎちゃう…という人は疲れ目に注意!
目のトラブルについて~眼精疲労/疲れ目~(ロート製薬 商品情報サイト)

〈参考〉
ドリシュティってなに?あなたもこれでドリシュティマスター!!|ヨガのり!
http://www.yoga-shijima.com/drishti/
Joy Yoga
http://blog.goo.ne.jp/joy-yoga/e/6c4250de7ff18f181f90607c7dd03ff4
「今、この瞬間」に全力を発揮する! ポーズをする時の3点セット|YOLO
http://yolo.style/fs_yg17020103/
集中力を高める視線のコントロール
http://www.biwa.ne.jp/~maeda/buinnote/syujyuri.htm

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ