• HOME
  • エンタメ
  • 眼圧を下げるインプラント。緑内障の最新治療『チューブシャント手術』ってどんなもの?
目の病気

眼圧を下げるインプラント。緑内障の最新治療
『チューブシャント手術』ってどんなもの?

眼圧を下げるインプラント。緑内障の最新治療<br>『チューブシャント手術』ってどんなもの?

日本人の失明原因第1位は何か、みなさんはご存じでしょうか?
答えは『緑内障』です。放置すれば視野が徐々に欠けていき、進行すれば失明という最悪の事態になりかねない緑内障は、もはや国民病の1つと言っても過言ではありません。
そんな緑内障に、あまり知られていない最新の治療法があるようです。『チューブシャント手術』と呼ばれるその手術は、どのようにしておこなわれるのでしょうか?

『緑内障』って、こんなに怖い

緑内障は、眼球内部の眼圧が高まることで視神経の集まる“神経節乳頭”が圧迫され、視野に欠損部分が広がることで引き起こされる病です。視神経はとても繊細な器官で、一度傷ついた視神経は回復することができません。気がついた時には視神経の障害が進行し、末期状態に陥っているなんてことも……。

しかも近年の疫学調査では、眼圧が正常の範囲で進行する『正常眼圧緑内障』の割合が、日本人に最も多いことが指摘されています。実に40歳以上の20人に1人が緑内障と言われており、その内の9割の人が、緑内障である自覚を持っていないのだとか。
さらに、10代や20代でも発症例のある『若年性緑内障』も年々増加しています。

tube-shunt_02

出典:The Eye Clinic Surgicenter – Glaucoma Treatment

では、眼球内部の眼圧は、なにを原因として高まっていくのでしょうか?
私たちの眼球の内部は、“房水”と呼ばれる液体で満たされています。この房水による眼球内の圧力が何らかの原因で高まり、押しつぶされた視神経が傷つけられるのです。
眼圧が高まる原因はいくつかありますが、多くは、房水を排出する“シュレム管”の周囲に異常が起こり、房水の正常な排出が阻害されるために引き起こされると考えられています。

▼『緑内障』については、こちらもオススメ!
それって『緑内障』かも!うっかりミスが伝える危険のシグナル

緑内障治療と『チューブシャント手術』の利点

眼圧の低下に薬物治療が効果的な段階であれば、点眼薬や内服薬による治療がおこなわれます。しかし薬物治療に効果が現れなければ、レーザー治療や手術による治療を考えなければなりません。
緑内障における従来の手術では、強膜に流出路をつくることで房水を排出する『濾過手術』や、“線維柱帯”という網目状の組織を切開することで流出路を確保する『線維柱帯切開術』などがおこなわれてきました。

いずれもシュレム管に代わる房水の排出口を作るための手術であり、低下した眼圧が維持された例がある一方で、時間の経過とともに穴が塞がり、気付かないうちに眼圧が元に戻っていたという例も少なくありません。
そこで考えられたのが、インプラントにより房水の経路を維持しようとする『チューブシャント手術』です。

tube-shunt_03

出典:JIREHDESIGN.com – Tube shunt for glaucoma

チューブシャント手術では、シリコン製の「バルベルト」と、ステンレス製の「エクスプレス」というインプラントのいずれかが用いられます。
バルベルト(※上画像)はプレートの付いた形状の細長いチューブで、シリコン製のチューブを角膜の後ろにある“前房”と呼ばれる部分に挿入して、固定します。房水は前房を通じてシュレム管より排出されるため、バルベルトがシュレム管の代わりとなって、房水の排出をサポートしてくれるというわけです。

tube-shunt_04

出典:Ophthalmology Management – Pros and cons of shunts for IOP control

一方のエクスプレス(※上画像)は、ステンレス製の短いチューブを結膜の下に差し込み、結膜と眼内をつなぐという手術です。従来の濾過手術をインプラントに置き換えたと言える手術で、比較的簡便な手術であるようです。

▼『インプラント』について、こちらもチェック!
目の中に入れるコンタクト!? レーシックに代わる選択肢『ICL』手術とは?
これでドライアイとさよなら!?涙腺刺激で涙をうながす画期的なインプラント

『チューブシャント手術』欧米と日本の違い

インプラント手術と言うと新しい技術のように思えますが、海外でのバルベルト手術は30年以上の使用実績があり、エクスプレスについても10年以上の実績を持っています。
また、欧米で2009年におこなわれた大規模な調査の中で、チューブシャント手術は従来の濾過手術よりも眼圧の下がる効果が高く、合併症を引き起こす確率も少ないという報告がなされています。

このように海外での臨床報告では良好な結果が示されているチューブシャント手術ですが、日本での保険適用は2012年と新しく、欧米と比べて使用実績も高いとは言えません。
もちろん、緑内障治療の選択肢として、新たな手術法が示されたことは好ましいことです。しかし実際の手術のときには、専門医の指導はもちろんのこと、セカンドオピニオンを利用するなど、慎重な判断の上でおこないましょう。
いずれにしろ、緑内障は早期発見が治療のカギとなります。失われた視神経は回復することができないのですから、定期的な検査を受けるなど、将来のために備えましょう!


【参考】
オムロン ヘルスケア – 健康・医療トピックス / 緑内障の最新治療「チューブシャント手術」
http://www.healthcare.omron.co.jp/resource/column/topics/136.html
apital – 緑内障にインプラント 保険適用で新たな選択肢
http://apital.asahi.com/article/iryou/2014020400007.html
yomiDR. – 緑内障のインプラント手術…眼圧下げる効果持続
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=80390

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ