• HOME
  • エンタメ
  • 運動は視力がいいほうが有利!スポーツに必要な視力とトレーニングで鍛える方法
アイケア

運動は視力がいいほうが有利!スポーツに必要な視力とトレーニングで鍛える方法

運動は視力がいいほうが有利!スポーツに必要な視力とトレーニングで鍛える方法

私たちは外部からの情報の8割を視覚から得ているといわれており、スポーツにおいて迅速かつ正確に身体反応を行うのにも、視力が欠かせないことがわかります。

そこで今回は、スポーツに必要な視力(=視覚能力)と、それらを鍛えるトレーニングの方法を解説します。

視線をすばやく動かす『眼球運動』を鍛えるには

眼球運動は、球技などにおいて特に重要になる視覚能力です。視線をさまざまな方向にすばやく動かし、ボールの動き、相手の動き、同じチームメンバーの動きなど、それぞれの目標を瞬時に把握して、その中での自分のベストな動きを正しく判断します。

このように、視線を動かしながら複数の目標を把握し、見極めるためには、眼球運動をよりすばやく正確に行うことが必要です。そのためには、眼球運動を支える目の筋肉を鍛えることがポイントになります。

<眼球運動トレーニングの一例>

1.目の高さにこぶしがくるように、腕(どちらでも可)を伸ばします。
2.親指を上に突き出し、親指の爪に目の焦点を合わせます(両目で)。
3.腕は伸ばしたままで、上下左右、斜め、丸を描くようになど、さまざまな方向にゆっくりと手を動かし、親指の爪を目で追います。このとき、顔は動かさずに目だけで追うようにし、焦点がしっかりと合っていることを意識します。これを、1日2分程度を目安に行います。

視野を広げる『周辺視力』を鍛えるには

自分と周囲との位置関係を正しく把握するために、できるだけ広い範囲に視野を広げることも、さまざまなスポーツにおいて欠かせない能力のひとつです。網膜の中心ではない部分を利用し、広い範囲のものを目で捉えようとする視覚能力を周辺視力といいます。

たとえば、小さな字を集中して見るようなパソコン作業など、1点を集中して見続けているときは、どうしても視野が狭くなってしまいます。

狭くなった視野を広げるには、普段からいろいろな方向に目を動かすことが大切です。目を意識的に動かすことで網膜の細胞がまんべんなく活性化され、広い範囲の視覚情報が得られやすくなります。

<周辺視力トレーニングの一例>

1. トランプ程度の大きさの紙に、1~12まで(数はもっと大きくてもOK)の数字を書いたカードを準備します。
2. カードを机の上などにランダムに並べ、1から順番に目で追っていきます。部屋のあちこちに貼って、それを順番に目で追っていくのでも効果的です。

距離感や立体感を把握する『深視力』を鍛えるには

自分と対象との距離感を正しく把握する視覚能力、また、ものを立体として認識することによる判断・対処能力のことを深視力といいます。特にテニスやサッカー、フットサルなどの球技においては、深視力の高さがプレー内容の決め手となります。

<深視力トレーニングの一例>

日常生活でものを見るときに、いつでも「距離感」を意識するようにします。たとえば、「ここから電柱まではだいたい○○m」「電灯の後ろに木が立っていて、さらにその後ろに赤い屋根の家がある」などです。

複数の視覚情報を同時にすばやく処理する『瞬間視』を鍛えるには

ほんの一瞬のうちに動きのある複数の対象物を同時に捉え、正確に把握し、適切に処理する能力を瞬間視といいます。たとえば、バレーボールでスパイクを打ち込むとき、バスケットボールやサッカーで味方にパスを出すときなどに発揮されるものです。

瞬間的に多くのものを認識している=脳の情報処理能力が早いといえるため、瞬間視を鍛えるためには、脳のトレーニングがカギとなります。

<瞬間視トレーニングの一例>

1. 新聞、雑誌などをランダムに開き、そのページをチラッと見て内容を記憶します。
2. どんな写真があったか、どんなタイトルだったか、記事の内容はどうだったか、ページを閉じた状態でできるだけ詳細に思い出します。
3. 見たページを開いて、記憶と内容が合っているかを確認します。これをくり返していると、瞬間的に読み取れる情報が増え、だんだんとより細部まで正確に記憶できるようになります。

トッププレイヤーといわれるスポーツ選手は、高い視覚能力を持っているもの。逆にいえば、さまざまな視覚能力の低下が、運動能力をセーブしてしまうことも十分考えられます。

今回ご紹介した視力アップのためのトレーニングを続けて、よりいっそうスポーツを楽しみましょう!

▼視力のことをもっと知りたい!あなたにオススメの記事はこちら
オルソケラトロジーが未成年解禁に!子どもの視力矯正も選択肢が広がる
高い?安い?コスパがいいのはどれ?徹底比較!視力矯正費用まとめ
【今日から実践!】見え方に不安を感じたらはじめたい!視力回復につながる5つの新習慣
【永久保存版】きっと見つかる!あなたに合う視力回復の方法まとめ

▼その「見えづらさ」、実はこの病気のせいかも…?
目のトラブルについて~白内障~(ロート製薬 商品情報サイト)

〈参考〉
スポーツと目の深い関係 | 快適視生活応援団
http://www.kaiteki-eye.jp/mame/38/
スポーツビジョンは勝利のキーワード|一般社団法人 日本スポーツビジョン協会
http://www.sports-vision.jp/keyword.htm
動体視力などの視覚トレーニング方法|視力ケアセンター
https://www.shiryoku15.jp/sportsvision#visiontraining07
知ってて損がない眼科医が教える視力回復法14選 | 眼科医が教える視力回復ブログ
https://eye-station.com/siryokukaihuku14/
視野が狭いと悩んでいる人に必ず知っておいてほしいこと | 眼科医が教える視力回復ブログ
https://eye-station.com/shiya/

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ