• HOME
  • エンタメ
  • 一度見ただけで瞬時に覚えられる! 不思議な能力「カメラアイ」とは
読み物

一度見ただけで瞬時に覚えられる! 不思議な能力「カメラアイ」とは

一度見ただけで瞬時に覚えられる! 不思議な能力「カメラアイ」とは

世の中には、1度しか見ていないものを、まるでカメラのようにしっかりと画像として記憶に残すことができるという不思議な能力、「カメラアイ」を持つ人々がいるのをご存知ですか?今回は、そんな右脳の天才とも呼ばれる彼らの驚くべき脳力についてご紹介します。

あの有名な映画の主人公や天才と呼ばれる偉人たちもそうだった!

映画「レインマン」の主人公のモデルとなったキム・ピークは、歩く百科事典と呼ばれるほどその記憶力に長けていました。
7,600冊以上(一説には9,000冊も!)の本を丸暗記し、米国の都市や幹線道路を空で言え、都市の市外局番や郵便番号もすべて頭の中にインプット済み。短時間で膨大な情報量を完全に記憶し、誰かが生年月日を言えばその曜日を答えることもお手の物だったそうです。

この「カメラアイ」のような特殊能力を持つ人の多くを、医学的にはフランス語で“賢人”という意味をもつ「サヴァン症候群」と呼びます。
「サヴァン症候群」とは、自閉症などのさまざまな発達障害をもっているにもかかわらず、ある特定な分野においては驚異的な能力や才能を発揮すること。自閉症患者のうちの10人に1人、脳損傷患者あるいは知的障害者の2,000人に1人の割合でみられるそうです。

またほかにもこのサヴァン症候群であるといわれている著名人には、エジソンモーツァルトレオナルド・ダ・ヴィンチなどが挙げられ、日本を代表する画家の山下清も「カメラアイ」をもつ1人である可能性が高いといわれています。

特殊な能力を持つ反面、大きな悩みも……

1度見ただけで瞬時に情報を記憶できてしまうなんて、試験勉強に悪戦苦闘している方や、取引先の人の名刺や顔を覚えるのが苦手な方にとっては、とってもうらやましい能力ですよね。しかしその反面、イヤな風景や出来事を忘れることなく鮮明に記憶として残り続けてしまうというデメリットもあるのだそうです。
忘れたい過去を消し去ることができず、いつまでも悩まされてしまうというのは、これまたとてもツライ話かもしれませんね。

記憶だけで素晴らしい絵を描く超人が日本にいた!


出典:https://twitter.com/hazuki_cheke/status/672369647442759680

まるで写真のように見えるこちらの絵がいま、SNSなどで話題になっています。描いたのは自閉症をもつ福島尚さん。彼の描く鉄道作品はとにかく“リアル”!!被写体の細部や立体感、色味などがとにかく正確に丹念に描かれていることが特徴です。
そしてなにより驚きなのは、彼は資料などを用いずに、実際に自分が見て記憶した風景を下書きもせずに描いているということ!
もしかしたら彼は「カメラアイ」の持ち主なのかもしれませんね。

▼特殊な目をもつ世界の人々の記事はこちら!
人より多く色を見分けられる!? 『4色型色覚』とは?

まるで『グリム童話』の世界。 色覚障害を持つカメラマンが写しだす風景が幻想的

『4色型色覚』を持つアーティストが描く絵が美しすぎる!

【参考】
TBS 日曜劇場ATARU-サヴァン症候群に関して~医事監修 西脇俊二さんインタビュー~
http://www.tbs.co.jp/ATARU/special/savant/
日経サイエンス 2002年9月号 右脳の天才 サヴァン症候群の謎
http://www.nikkei-science.com/page/magazine/0209/savan.html
withnews-まるで写真!自閉症の画家が描いた表紙が話題に 作者の父に思い聞く
http://withnews.jp/article/f0151205000qq000000000000000W00o0401qq000012810A

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ