• HOME
  • エンタメ
  • 無限を描いた錯視画家 “視覚の魔術師”エッシャーの『騙し絵』まとめ
読み物

無限を描いた錯視画家 “視覚の魔術師”エッシャーの『騙し絵』まとめ

無限を描いた錯視画家 “視覚の魔術師”エッシャーの『騙し絵』まとめ

出典:WikiArt – M.C. Escher

“視覚の魔術師”とも称されるマウリッツ・コルネリス・エッシャーは、『トロンプ・ルイユ(騙し絵)』の画家としては世界一の知名度を持つアーティストです。
建築をモチーフとした幾何学的な騙し絵や、無限回廊などの不思議な騙し絵を、誰もがきっと見たことがあるはず。
今回は、見れば見るほど不思議なエッシャーの“騙し絵”をご紹介します。

■San Gimignano(1922年)

Escher_02

出典:WikiArt – M.C. Escher

エッシャーが24歳のときに描いたイタリアの都市『サン・ジミニャーノ』の光景です。この当時のエッシャーは、絵画と木版画の勉強を終えて間もない頃。木版画による人物像などを多く残しており、レトリックな図案はほとんど見られません。
しかし、この絵には後の“騙し絵”につながる不可思議なテイストが感じられます。

■Eight Heads(1922年)

Escher_03

出典:WikiArt – M.C. Escher

図案化された4人の男性と4人の女性が、パズルのピースのように配置されています。後のエッシャーが得意とした『平面の正則分割』シリーズに通じる作品です。

■Hand with Reflecting Sphere(1935年)

Escher_04

出典:WikiArt – M.C. Escher

『写像球体を持つ手』としても知られる、有名な作品。幾何学的なトリックを多く用いたエッシャーですが、この特殊な自画像にはシュルレアリスムの片鱗もうかがえます。

■Hell, copy after Hiernonymus Bosch(1935年)

Escher_05

出典:WikiArt – M.C. Escher

エッシャー37歳頃の作品。ルネサンス期の画家ヒエロニムス・ボスによる三連祭壇画(さんれんさいだんが)、『快楽の園』の右側パネルを模写したリトグラフです。

■Sky and Water II(1938年)

Escher_06

出典:WikiArt – M.C. Escher

魚が鳥に変化するトリックが楽しい作品。
この頃にはエッシャーはベルギーに拠点を移し、グラナダの『アルハンブラ宮殿』で強い感銘を受けたという、モザイク模様の研究を始めています。

■Mosaic I(1951年)

Escher_07

出典:WikiArt – M.C. Escher

モザイク模様の研究に熱中したエッシャーは、ジグソーパズルのように平面を同じ図形で埋め尽くす『平面の正則分割』と呼ばれる作品群を数多く残しました。

■House of Stairs(1951年)

Escher_08

出典:WikiArt – M.C. Escher

多元的な視点が複雑に交錯する『階段の家』は、まさにエッシャー世界を象徴する“新しい遠近法”を代表する作品。この作品に登場する奇妙な虫のような生物は、彼のほかの作品にも登場しています。

■Spirals(1953年)

Escher_09

出典:WikiArt – M.C. Escher

『スパイラルス』という作品は、タイトルの通り、複数の螺旋構造が無限に続くかのような環を作り出しています。無限や永遠というキーワードは、エッシャーの絵を読み解く上での重要な構成要素と言えるでしょう。

■Convex and Concave(1955年)

Escher_10

出典:WikiArt – M.C. Escher

『凹面と凸面』として知られる、有名な作品。1950年代から60年代初頭にかけてのエッシャーは、自らの代表作とされる作品を数多く残しています。

■Bond of Union(1956年)

Escher_11

出典:WikiArt – M.C. Escher

『婚姻の絆』というタイトルでも知られる作品。螺旋構造で形作られた男性と女性の肖像が、絡み合いながらつながり合っています。

■Belvedere(1958年)

Escher_12

出典:WikiArt – M.C. Escher

『物見の塔』として知られる有名な作品は、“ネッカーの立方体”という立方体錯視を応用して描かれています。エッシャー的透視法で描かれた、彼の代表作の1つです。

■Ascending & Descending(1960年)

Escher_13

出典:WikiArt – M.C. Escher

こちらもエッシャーの代表作の1つ、『上昇と下降』は“ペンローズの階段”と呼ばれる不可能図形をもとに描かれています。右回りに移動する人々は階段を上り、左回りに移動する人々は階段を下り続けています。
永遠に終わらない上昇と下降、いつまで見ていても飽きない絵ですね。

■Moebius Strip II(1964年)

Escher_14

出典:WikiArt – M.C. Escher

メビウスの輪の上を歩き続けるアリたち。天地を失い、永遠に歩み続けるしかないアリたちの姿は『上昇と下降』にも通じるかもしれません。

■Snakes(1969年)

Escher_15

出典:WikiArt – M.C. Escher

エッシャーの遺作となった、『蛇』という作品です。平面の正則分割で埋め尽くされたカゴ状のサークルを縁取るように、複数のヘビが絡み合っています。
一説には、遺作にヘビを描くことをあらかじめ決めていたというエッシャー。晩年はガンに蝕まれていたという彼は“永遠の象徴”であるヘビに、何を託そうとしたのでしょうか。

■Waterfall(1961年)

Escher_16

出典:WikiArt – M.C. Escher

最後に、1961年に制作された『滝』という作品をご紹介します。
エッシャーの騙し絵を象徴する作品として、もっとも知られた作品ですが、“永久機関”を思わせるこの不可解な絵のトリックには何人もの人がチャレンジをくり返してきました。
下にある動画のトリックが、あなたには見抜けるでしょうか?

いかがでしたか?
生涯にわたって、ユニークな“トロンプ・ルイユ(騙し絵)”を模索し続けたエッシャー。緻密でオリジナリティあふれる作品は、彼が追い求めた「永遠」や「無限」というテーマに通じる普遍性を持っています。
もし機会があれば、より多くのエッシャー作品に触れてみてはいかがでしょうか。

▼絵を見つめすぎて目が疲れたら…
みんな知ってる?目のストレッチ(ロート製薬 商品情報サイト)

▼「目の錯覚」なら、こちらもオススメ!
鉛筆だけで描いた絵が飛び出す!? 永井秀幸の3Dトリックアートがすごい!
驚きの錯視や騙し絵を利用した世界の『トリック広告』まとめ【前編】
驚きの錯視や騙し絵を利用した世界の『トリック広告』まとめ【後編】
きっとあなたも騙される!? 秀逸なトリックアートCM+広告まとめ 【前編】
きっとあなたも騙される!? 秀逸なトリックアートCM+広告まとめ【後編】

【参考】
WikiArt – M.C. Escher
http://www.wikiart.org/en/m-c-escher

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ