• HOME
  • エンタメ
  • 視野は360°だけど口元は死角!?ウサギの目に関する知識まとめ
トリビア

視野は360°だけど口元は死角!?ウサギの目に関する知識まとめ

視野は360°だけど口元は死角!?ウサギの目に関する知識まとめ

ペットとして広く飼われるようになったウサギ。長い耳が特徴的で、大きくくりっとした目もかわいらしいですよね。でも、目が大きく見開いている割にあまりよく見えていないのか、エサをあげようと口元に持っていっても気づいてくれないことがあります。

ウサギの目は実際のところ、どのくらい見えているのでしょうか?今回はウサギの視力や視野など、ウサギの目についての情報をまとめてみました。

視野は360°なのに、口元は死角で視力も悪い?!

ウサギ_02

今やすっかりペットとしてなじみ深いウサギですが、もともとは野生の動物でした。天敵から身を守るために広く周りを見渡せるような目を持っており、視野は片目で180°前後、両目ではほぼ360°になるといわれています。

このように広範囲を見渡せるウサギの目ですが、自分の口元のあたりはちょうど死角になっているそう。そして、垂直方向に動くものの動きを感じ取るのも難しいため、エサに気づいてもらおうと上下に振っても反応しないことがあります。

また、目もよく見えておらず、ウサギの視力は0.05~0.1ほどと非常に近眼なのです。

光の感度は抜群!でも、色はよくわからない

ウサギ_04

野生のウサギが活動する時間帯は主に、明け方や夕暮れどき。このような薄暗い時間帯は、天敵に見つかりにくいという利点があるからです。薄暗い環境でも見えやすいように、ウサギの目の光に対する感度は、人の約8倍ともいわれています。

一方で、色をはっきりと識別することはできず、青色と緑色はしっかりと感じ取れますが、赤色は感じ取れません。ウサギにはにんじんが好きなイメージがありますが、赤色がわからないせいか、葉物のほうを好む個体も多いようです。

このように、視力や色の判断力は劣っているウサギですが、非常に優れた鋭敏な嗅覚と聴覚を持っています。

ペットとして飼うときには、あまり見えない目にエサを見せてあげるよりも、音の刺激とエサのタイミングを組み合わせてエサの時間を覚え込ませたり、エサのにおいをかがせてその場で食べさせたりする方法をとるとよいでしょう。

いかがでしたか?ウサギの目には弱点もあるものの、特徴を活かして生き延びているのですね。ウサギを飼いたいという方はぜひ、彼らの目の特徴も意識しながら、上手にお付き合いしてあげてくださいね!

▼動物と目にまつわる話題はコチラ
まさかアノ動物が!?意外と知らない目が特徴的な動物5選
「目」を見れば、肉食か草食かわかる? 実はこんなに違う“動物の瞳”
ペットにはどう見えている!?人間と動物の見え方の違いを探ってみた!

▼ウサギ並みの近視になることも!?子どもの視力低下に注意です!
子ども達の視力低下が増えています!(ロート製薬 商品情報サイト)

〈参考〉
うさぎ|けい動物医療センター
http://kei-animal.com/animal_info/rabbit.html
うさぎの視力について | うさぎの飼い方Q&A | うさぎのしっぽ
https://www.rabbittail.com/qa/detail/27974?id=27974
ウサギの目の特徴-「視野が360度」「視力0.05程度」 | マイナビニュース
http://news.mynavi.jp/news/2013/08/14/046/
ウサギの五感!視力、聴力などの感覚はどのくらい? | 初心者のウサギ〜飼育法〜
http://usagi.siiku.info/a/010gokan.html
岡野祐士監修『はじめてのうさぎ飼い方・育て方』学研パブリッシング

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ