• HOME
  • エンタメ
  • 長すぎても意味はない!? まつ毛の最適な長さが最新の研究で明らかに!
トリビア

長すぎても意味はない!? まつ毛の最適な長さが最新の研究で明らかに!

長すぎても意味はない!? まつ毛の最適な長さが最新の研究で明らかに!

著作者:Kr. B. 

まつ毛の本来の役割は、目を保護することですが、近年は目力アップのためにまつ毛は長さ至上主義傾向にありますよね。しかし、最新の研究によると、“まつ毛の最適な長さ”というのが存在することがわかったのです。その黄金比とはいったい……?

まつ毛の長さには、ある法則があった!

「まつ毛の最適な長さとはいったい、どのくらいなのだろうか?」この疑問を持ったのは、ジョージア工科大学の生物学者、デビッド・フー氏です。彼は、自分の娘の美しいまつ毛を眺めているうちに、まつ毛に大きな関心を持つようになり、これに関する研究を始めました。

まず、同氏は学生をニューヨークのアメリカ自然史博物館へ送り、そこで動物の毛皮についているまつ毛の長さを測定させました。すると、興味深いある法則が明らかとなったのです。

それは、アムールハリネズミから巨大なキリンに至るまで、まつ毛のある22種の哺乳類において、『まつ毛の長さは目の幅のおよそ3分の1である』、ということ! 実はヒトの目にもこの法則が当てはまるというのです。

適切なまつ毛の長さが、目の水分蒸発を防ぎ、細菌や病原菌から目を守る

まつ毛の黄金比がなぜ3分の1であるかということを突き詰めるため、研究チームは目から蒸発する水の量と、目の表面に付着する微粒子の数を細かく測定しました。その結果、まつ毛の長さが目の幅の3分の1のときに、それらがもっとも少なくなるということが分かったのです。

また、目とまつ毛の模型で人工的に空気の流れを作る装置を使って実験したところ、まつ毛が目の幅の3分の1より短いと、風を遮る機能が不十分で、逆に3分の1より長いと目の角膜側に風を送ってしまうことがわかったのです。

これにより、適切な長さのまつ毛は、目からの水分蒸発量を最大で50%カットすることができ、まつ毛は空中に浮遊する細かい粉塵の量を半減させ、その細菌やその他の病原菌が眼球の表面に付着するのを防ぐ、といった役割があるということがはっきりしました。

つまり、目の保護のためにまつ毛は長ければ長いと良いわけではなく、目の幅の3分の1より長くても短くてもいけない、ということなのです。

長いまつ毛は魅力的な目を演出してくれますが、目を保護するという本来の機能に『長さ』は関係ないと言えます。
人工的なつけまつ毛などで長さばかりを求めていると、逆に目が乾燥してしまう恐れもあるのです。自分の目の大きさに合ったまつ毛の長さこそが、一番自然で目にとっても良い、ということなのですね!

▼まつ毛に関するあれこれを知りたいならこちら!
緑内障の治療薬の副作用で、まつげがフサフサになるって本当!?

まつげは切ると伸びる? 「まつげ」の“都市伝説”ウソ・ホント

【参考】
NATIONAL GEOGRAPHIC日本版-まつ毛の役割と最適な長さが最新の研究で明らかに
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/nng/article/20150226/437184/

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ