• HOME
  • エンタメ
  • エッシャーだけじゃない!見て楽しめるだまし絵と錯視絵画の巨匠たち
読み物

エッシャーだけじゃない!見て楽しめるだまし絵と錯視絵画の巨匠たち

エッシャーだけじゃない!見て楽しめるだまし絵と錯視絵画の巨匠たち

出典:BBC – Modern Masters – Virtual Exhibition : Dali

思わず「ん?」「え?」と声をあげてしまうだまし絵。だまし絵の巨匠といえばエッシャーが有名ですが、他にもたくさんのだまし絵や錯視絵画の巨匠たちが存在していることはご存じですか?

今回は、何度でも見て楽しみたいだまし絵と錯視絵画の巨匠をご紹介します!

果物を集めただまし絵といえば「ジュゼッペ・アルチンボルド」

錯視絵画の巨匠たち_02
出典:Arcimboldo’s Feast for the Eyes | Arts & Culture | Smithsonian

フルーツや野菜、魚などで描かれた人物画で知られているのが「ジュゼッペ・アルチンボルド」です。イタリア出身のアルチンボルドは身近なものを使って肖像画を描いています。

細かく見るとさまざまなアイテムが使用されているので、じっくりチェックしてみるのも楽しそうです。

ナニコレどうなっているの? 「ダリ」の絵画

錯視絵画の巨匠たち_03
画像:Salvador Dalí – Wikipedia

スペイン生まれのサルバドール・ダリは、20世紀を代表するアーティストの1人にも挙げられる巨匠です。ピンと尖ったヒゲの顔写真も有名ですが、数々の作品を生み出し、映画やファッションなどとのコラボレーションも話題となりました。

そんなダリの作品を堪能できるダリ展が2016年9月14日〜12月12日まで国立新美術館の企画展示室にて開催中ですので、「ナニコレ?」を堪能しにお出かけしてみるのもいいかもしれませんね。

不思議な世界観の「ルネ・マグリット」

錯視絵画の巨匠たち_04
画像:The Son of Man, 1946 by Rene Magritte

独特の世界観で描かれる作品を多く生み出している「ルネ・マグリット」はベルギー生まれ。「目に見える思考」を表現したという絵画はどれも立ち止まってあれこれ考えを巡らせてしまうものばかりです。

不思議な世界観をもったルネの魅力に引き込まれてしまいそうな作品は一見の価値ありです。

だまし絵といえばやっぱり「エッシャー」

錯視絵画の巨匠たち_05
画像:Mieke Rozing | Escher

グルグルと歩き回ることができそうなのにどこか変……という「エッシャー」の作品は有名ですよね。だまし絵の巨匠中の巨匠といえば「エッシャー」。視覚の魔術師とも呼ばれるだけのことはあり、どの作品もずっと見ていられそうです。

▼エッシャーについてはコチラの記事で詳しくご紹介しています。
無限を描いた錯視画家 “視覚の魔術師”エッシャーの『騙し絵』まとめ

「絵画はあまり興味がない」という方でも、だまし絵や錯視絵画なら楽しめそうです。絵のなかに引き込まれそうな、巨匠たちの絵画で芸術に触れてみませんか?

▼目の錯覚を利用したものはまだまだあります!
旅の思い出にピッタリ!目の錯覚を利用した『トリック写真』はいかが?
なぜ人は「視線」を感じるのか? 脳がおよぼす奇妙な錯覚
モノクロ写真がカラーに見える!? 残像を利用した『色錯覚』動画がおもしろい!
目が離せない!何度も騙されてしまう、目の錯覚だらけのMV
気が付かないうちに太って見られていたかも!? 目の錯覚を利用して痩せて見せる方法とは?【前編】

▼見え方に変化があったら要注意!
加齢黄斑変性とは?(ロート製薬 商品情報サイト)

【参考】
Arcimboldo’s Feast for the Eyes | Arts & Culture | Smithsonian
http://www.smithsonianmag.com/arts-culture/arcimboldos-feast-for-the-eyes-74732989/?no-ist
ダリ展|企画展|展示会|国立新美術館 THE NATIONAL ART CENTER, TOKYO
http://www.nact.jp/exhibition_special/2016/salvador-dali/
Rene Magritte – paintings, biography, quotes of Rene Magritte
http://www.renemagritte.org

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ