• HOME
  • エンタメ
  • 「目からウロコ」の語源は『聖書』 その言葉どおりの生態を持つ生物もいた!
トリビア

「目からウロコ」の語源は『聖書』 その言葉どおりの生態を持つ生物もいた!

「目からウロコ」の語源は『聖書』 その言葉どおりの生態を持つ生物もいた!

普段、何気なく使うこともある「目からウロコが落ちる」という慣用句。実は、あのキリスト教の聖書に出てくる言葉が語源なんだそう!取引先や上司との会話に困ったときや、飲み会の席で役立つような、明日使えるちょっとした “目”に関するこぼれ話をご紹介します。

見えなかったものが見えるようになった男の話が由来

『目からウロコが落ちる』――これは、「あることをきっかけに、いままでわからなかった物事の実態(真相や本質)が急に理解できるようになること」のたとえとして使われる慣用句です。
この語源となったのは、新約聖書の『使徒言行録9章18節』の「The scales fall from one’s eyes」という言葉。
サウロ(のちのパウロ)はキリスト教徒を目の敵にし、厳しく迫害していました。そんな彼がダマスコという町に向かっていたところ、「サウロ、サウロ、なぜ、わたしを迫害するのか」と、天からの光とともにイエス・キリストの声が聞こえ、目が見えなくなってしまいました。
しかし、キリストに遣わされたアナニヤという人が彼に祈りをささげると、サウロの目からウロコのようなものが落ちてきて、たちまち目が元どおりに見えるようになったのだそう。
そしてその後、彼は洗礼を受け、聖人のひとりとなり大活躍をしたと伝えられています。
キリスト教に出会ったことで、これまでの生き方を改め、新しい道を選んだということから、「誤りを悟り、迷いから覚める」という意味であったものが、現在のような使われ方になったのですね。

じつは、目からウロコが落ちる生物は実在した!?

meuroko_02
Photo by Andy Morffew

ところで、実際に目からウロコが落ちる生物は、地球上にいるのでしょうか?
調べてみると、いました、いました!それは・・・、『ヘビ」。
ヘビの目には人間のようなまぶたがない代わりに、目の表面は大きな透明のウロコで覆われています。そして、それは脱皮のときに一緒にとれてしまうんだそう。
ちなみにヘビは頭の先から尾まで、全身の皮がつながった状態でスルリときれいに脱皮します。そのとき、脱皮殻にはコンタクトレンズのような透明なウロコがちゃーんと残されているんですって。

meuroko_03
出典:ジャパンスネークセンター‐へび百科‐眼の異常

▲まるでコンタクトレンズ、そっくり!

ちなみに、ほかにも聖書が由来している日本のことわざや慣用句としては、「豚に真珠」や「砂上の楼閣」、「笛吹けども踊らず」などがあるそうです。こうして調べてみると、おもしろいものですね。どうです?目からウロコが落ちましたか??

【参考】
六本木ルーテル教会‐実は聖書に由来している日本の諺 http://luther-rose.com/?p=558
ジャパンスネークセンター‐へび百科 http://snake-center.com/library/medical/07.php
アイトークタウン‐第13回“目から鱗(うろこ)が落ちる”って本当にあるの? http://www.menicon.co.jp/eyetalktown/trivia/vol13.html

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ