サラリーマンあるある目のトリセツ

第158回口呼吸をやめるには「あいうべ体操」!

口呼吸をやめるには「あいうべ体操」!
2018.06.11 | 今井ヨージ

口呼吸をやめて鼻呼吸に変えよう!といわれても、意識するだけではなかなか変えられないのが呼吸法です。口呼吸の最大の原因は、舌が垂れ下がってしまうこと。
そこで、以下の「あいうべ体操」を行えば、舌を鍛えて引き上げることで口をきちんと閉じ、鼻呼吸を習慣化することができます。

【あいうべ体操のやり方】
1.「あー」と口を大きく開く(普段会話するときなどよりも大きめに)
2.「いー」と口を横に広げる(首に筋ができるほどしっかりと力を入れて)
3.「うー」と口を突き出す(しっかりと強く前に)
4.「べー」と舌を下に向けて突き出す(あご先に舌が触れるような意識で)

以上4つの動作を順に繰り返します。声は出しても出さなくてもOK。
1セットあたり5秒以上、1日30セットが目安です。

▼口呼吸をやめて鼻呼吸を意識すると、こんなうれしいメリットが!
インフルエンザや花粉症の予防にも!今話題の『あいうべ体操』とは?
唾液には体の健康を維持する大切な役割がある!睡眠中の“よだれ”からわかる意外な事実とは?

▼免疫力を高めるには、ほかにもいろいろな方法があります!
《専門家監修》花粉症対策にも!『免疫力』を高めるには【後編~実践編~】

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ