• HOME
  • 岡野 敬先生

スマイル眼科クリニック(青葉台) 院長岡野 敬先生

《医師監修》子どものドライアイが急増中!保護者ができるチェック&対策とは
子ども

《医師監修》子どものドライアイが急増中!保護者ができるチェック&対策とは

現代の暮らしには、そこかしこに電子機器が存在します。そしてそれは、大人に限った話ではありません。小さな子どもたちも、毎日テレビを見たりゲームで遊んだりしていますし、中にはパソコンやスマートフォンを使いこなしてしまう子ども...

詳細を見る
《医師監修》目の充血はリウマチのサイン?強膜炎と関節リウマチの意外なつながりとは
充血

《医師監修》目の充血はリウマチのサイン?強膜炎と関節リウマチの意外なつながりとは

30~50代の女性に多く発症する病気、関節リウマチ。手のしびれや関節の痛みなどが主な症状ですが、実は強膜炎(白目の充血)など、目のトラブルも引き起こします。眼科医の岡野先生によると、目の異常から関節リウマチに気づくケース...

詳細を見る
《医師監修》【4ヵ月連続花粉症特集4】夏も花粉症があるって知ってる?間違えられがちな『紫外線アレルギー』との違いも解説
花粉

《医師監修》【4ヵ月連続花粉症特集4】夏も花粉症があるって知ってる?間違えられがちな『紫外線アレルギー』との違いも解説

スギとヒノキの花粉シーズンが終わり、ようやくいつもの生活が戻ってくると思ったら、目のかゆみもくしゃみも治まらない……そんな悩みを抱えている方はいらっしゃいませんか?もしかすると、それは「夏の花粉症」かもしれません。実は、...

詳細を見る
《医師監修》【4ヵ月連続花粉症特集3】スギ花粉症の人はトマトアレルギーになる?花粉症と果物アレルギーの意外な関係とは
花粉

《医師監修》【4ヵ月連続花粉症特集3】スギ花粉症の人はトマトアレルギーになる?花粉症と果物アレルギーの意外な関係とは

耐えられないほどの目のかゆみに、1日中止まらないくしゃみ……そんなつらい症状に悩まされる花粉症は、とてもやっかいなアレルギーです。しかも最近の研究では、花粉症の恐ろしさはそれだけにとどまらないことがわかってきました。なん...

詳細を見る
《医師監修》白目の小さなシミ「結膜母斑」発生の原因や治療の必要性など、気になるあれこれを眼科医が解説!
目の病気

《医師監修》白目の小さなシミ「結膜母斑」発生の原因や治療の必要性など、気になるあれこれを眼科医が解説!

「白目にシミのようなものがあって、目立つ気がする……」と悩んでいる方はいらっしゃいませんか?周りから見れば気にならない程度の小さなシミでも、本人にとってコンプレックスになることはあるもの。また、見た目には気にならないけれ...

詳細を見る
《医師監修》【4ヵ月連続花粉症特集2】花粉対策だけでは不十分!?症状を悪化させないためにシャットアウトしたい大気汚染物質
花粉

《医師監修》【4ヵ月連続花粉症特集2】花粉対策だけでは不十分!?症状を悪化させないためにシャットアウトしたい大気汚染物質

今や国民病といっても過言ではない、花粉症。スギ花粉症だけで考えても、国民の4人に1人が患っているといわれています。そのため、春になると天気予報では花粉の飛散量が報じられ、花粉症患者の方はその内容に一喜一憂することでしょう...

詳細を見る
《医師監修》20代も要注意!夕方になるとピントが合わなくなる「夕方老眼」の原因と改善・予防策
老眼

《医師監修》20代も要注意!夕方になるとピントが合わなくなる「夕方老眼」の原因と改善・予防策

仕事帰りの電車の中で本を読もうと思ったら、文字がかすんで読めない。夕飯に使う食材の賞味期限を確認しようとしたら、ぼやけて見えない……みなさんは、そんな経験をしたことはありませんか? 近年、夕方になると目のピント調節機能...

詳細を見る
《医師監修》【4ヵ月連続花粉症特集1】知っておきたい花粉症の恐ろしさと有効な対策方法
花粉

《医師監修》【4ヵ月連続花粉症特集1】知っておきたい花粉症の恐ろしさと有効な対策方法

国民病ともいわれるほど、多くの方々が悩まされている花粉症。「桜の開花やウグイスの鳴き声よりも、目のかゆみや鼻づまりで春の訪れを感じる」という方は少なくないことでしょう。 そこで、『目ディア』では4カ月連続で花粉症に関し...

詳細を見る
《医師監修》中高生男子は特に注意!春に増加する目の病気「春季カタル」ってどんなもの?
目の病気

《医師監修》中高生男子は特に注意!春に増加する目の病気「春季カタル」ってどんなもの?

ぽかぽかの暖かい陽気が気持ちいい季節、春。たくさんの新しい出会いがあったり、桜の下でお花見を楽しめたりといったイベントが多く、多くの方々がいいイメージを抱く季節といえるでしょう。 しかしその一方で、春はある目の病気が起...

詳細を見る
《医師監修》眼球破裂は意外と身近な目のケガだった!知っておきたい日常に潜む目のケガの原因とは
アイケア

《医師監修》眼球破裂は意外と身近な目のケガだった!知っておきたい日常に潜む目のケガの原因とは

人気アーティストのライブで、キャノン砲から飛び出したテープが女性スタッフの目を直撃し、その女性は眼球破裂の重傷を負ってしまった……そんなショッキングなニュースが報じられたのは、記憶に新しいですよね。運営体制や機器に問題が...

詳細を見る
  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ