• HOME
  • 目のケア
  • VRは子どもの目には危険?!斜視になるリスクとは?
子ども

VRは子どもの目には危険?!斜視になるリスクとは?

VRは子どもの目には危険?!斜視になるリスクとは?

ゲームや映像が見られることで話題のVR(バーチャル・リアリティ)ですが、大人にとっては新しく楽しい技術である一方、子どもの目には危険なリスクを伴うものであることもわかってきています。特に6歳未満の子どもの場合、斜視になる可能性も高く、なかには13歳未満の使用を禁止しているVR機器もあるほどです。

今回は今後広がりを見せそうなVRについて、子どもの目への危険度やリスクについてご紹介します。

13歳未満の使用を禁止する例も……

VRの子どもの目への影響_02
出典:Oculus Rift | Oculus

VR機器のなかでも注目を集めているOculus Riftを製造販売しているOculus社では、ガイドラインに13歳未満の子どもの使用を禁止する文言を記載しています。これは、VRが子どもの目に悪影響を与えるとされていることが背景にあり、Oculus RifだけでなくVR機器全般にいえることなのだそうです。

日本でも4歳の子どもが3D映画を見たあとから斜視になってしまい数ヶ月経っても治らず手術をした症例もあります(Yahoo!ニュースより※)。子どもに大人気のゲームニンテンドー3DSも、6歳以下の子どもが使用する際は2Dに切り替えるよう注意書きが書かれており、子どもの目にVR技術が危険であることがうかがい知れます。

VRによる斜視リスクに“企業はどう対策しているのか”を聞いた(土橋克寿) – 個人 – Yahoo!ニュース

そもそも斜視とは?

VRの子どもの目への影響_03
出典:Strabismus (Cross-Eyes)

VRによって子どもの目に起こる症状のひとつが「斜視」だといわれています。斜視とは、眼球が何かしらの原因によって動かなくなり、目の位置がズレることです。

通常、人は両眼を使う「両眼視」という働きによってものを見ています。「両眼視」は、6歳頃に完成するといわれ、それまでに何かしらの問題が起こったり、先天的な問題を抱えていたりする場合に斜視になってしまいます。

VRの子どもの目への影響_04
出典:Virtual Reality (VR) Classes for Kids | DiscoveryTech

斜視は、小児眼科の一般的な症例で約2%の子どもに見られる症状です。しかし、VRによって立体的なものを不自然な状態で見ることによって、本来であればしっかり両眼視ができる子どもも斜視になってしまう可能性があるとして、その危険性がさまざまなところで叫ばれています。

子どもの目を守るために大人ができること

VRの子どもの目への影響_05

今はさまざまな場所で子どもがカンタンにVR技術に触れられるようになっています。テーマパークや映画館などだけでなく、日常生活のなかでもゲーム機などで、3D映像を見る機会が多くあり、注意が必要です。

ガイドラインや説明書に書かれた注意書きをしっかりと読み、大人が管理しているなかで子どもに使わせることが大切となります。なかには、3Dと2Dを切り替えて立体映像ではない状態で見えるようにできるものもあるため、すべてを禁止するのではなく、その都度大人が確認をして体験させてあげるようにしましょう。

新しい技術が次々に出てくる現代では、子どもの安全を守る義務は大人にあるといえます。目のトラブルが起こる可能性のあるVRなどの技術に子どもが触れるときには、しっかりとガイドラインや説明を受けたうえで、年齢に応じた対応をしてあげ、みんなで楽しめるようにしていきたいですね。

▼子どもの目を守るさまざまな方法をご紹介しています。
子どもがモニターを見る時間は毎日3時間以上!(ロート製薬 商品情報サイト)
ゲームにスマホ…疲れている子どもの目は『妖怪ストレッチ動画』でケア
発達のヒントは遊びにあり? 子どもの目の成長をサポートする遊び
視力低下の原因は目の疲れ!子どもの目を守るために親ができる対策
子どもの装用に医師が警鐘!コンタクトは何歳から使用してもいいの?
子どもが『不同視』と診断されたら?進行抑制のための基礎知識

【参考】
なぜ13歳未満の子供は、Oculus Riftを使用してはいけないのか?医学的な見地からの警鐘 | Mogura VR – 国内外のVR最新情報
http://www.moguravr.com/13yearsold-limitation/
6.斜視の原因 | 子どもの弱視・斜視 | 目についての健康情報 | 公益社団法人日本眼科医会
http://www.gankaikai.or.jp/health/betsu-003/06.html

みんなに質問!目のこと教えて☆
Q1 / 5

お子さまの目が疲れているのではないかと感じることはありますか?

Loading ... Loading ...
Q2 / 5

目の疲れの蓄積は、視力低下の原因になりかねないことをご存知でしたか?

Loading ... Loading ...
Q3 / 5

お子さまの疲れ目に対して、どのような対処をしていますか?(複数回答可)

Loading ... Loading ...
Q4 / 5

お子さまが視力検査でひっかかったことがありますか?

Loading ... Loading ...
Q5 / 5

勉強やスポーツなど「目の疲れの蓄積が視力低下の原因の1つ」ということに着目して開発した、“視る力を回復サポート”するこども専用疲れ目対策目薬として「Vロートジュニア」があることをご存知でしたか?

Loading ... Loading ...
結果
Q1

お子さまの目が疲れているのではないかと感じることはありますか?

  • はい
    88%
  • いいえ
    12%
Loading ... Loading ...
Q2

目の疲れの蓄積は、視力低下の原因になりかねないことをご存知でしたか?

  • はい
    81%
  • いいえ
    19%
Loading ... Loading ...
Q3

お子さまの疲れ目に対して、どのような対処をしていますか?(複数回答可)

  • 姿勢をよくする
    44%
  • 明るいところで見るようにする
    80%
  • 目薬をさす
    24%
  • TV・ゲーム・スマホ・PC・読書などを長時間させない
    64%
  • サプリメントをとる
    4%
  • 病院に行く
    8%
Loading ... Loading ...
Q4

お子さまが視力検査でひっかかったことがありますか?

  • はい
    45%
  • いいえ
    55%
Loading ... Loading ...
Q5

勉強やスポーツなど「目の疲れの蓄積が視力低下の原因の1つ」ということに着目して開発した、“視る力を回復サポート”するこども専用疲れ目対策目薬として「Vロートジュニア」があることをご存知でしたか?

  • はい
    6%
  • いいえ
    94%
Loading ... Loading ...

放っておくと実は怖い、子どもの疲れ目!

\子どもの疲れ目におすすめの目薬/
勉強やテレビ、ゲームで疲れたお子さまの目に『Vロートジュニア』
勉強やテレビ、ゲームで疲れたお子さまの目に『Vロートジュニア』
ゲームやテレビ、電子教材など、現代は子どもの目にも大きな負担がかかる環境。子どもの疲れ目は対処せずに放っておくと、視力低下の一因になると考えられています。視る力を回復サポートする子ども専用目薬で、しっかりケアしてあげましょう!

※質問や結果がうまく表示されない場合は、ページを更新してください。

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

子ども

TV画面のフラッシュに注意! 『光過敏性発作』の原因と対策

TV画面のフラッシュに注意! 『光過敏性発作』の原因と対策

みなさんは、今から20年ほど前に、テレビでアニメを観ていた子どもたちが何人も倒れる、という事件があったことを覚えていらっしゃるでしょうか? 原因となったのは、『光過敏性発作』です。聞きなれない名称ですがどういった症状なのでしょうか?

テレビアニメを観ていた子どもたちが次々に倒れる!?

1997年12月に起こった通称“ポケモンショック”と呼ばれるこの事件は、テレビで冒頭からアニメを観ていた子どもたちが、番組の終わりころから、けいれん、ひきつけ、失神(意識混濁)、めまい、吐き気、不快感、頭痛などの症状を訴え、次々と倒れるというものでした。救急車で病院に運ばれる子どももいたため、その波及力の大きさから社会問題となり、このテレビアニメは4ヶ月間放送を自粛することとなりました。

画像2

原因となったのは、アニメならではの光の変化の激しい映像によって、通常では起こらない眼球運動が生じ、『視性眼振抑制』という船酔いのような症状が引き起こされたこと。そしてもうひとつは、閃光のように、網膜の周辺と中心部の異なる部位を交互に刺激する特殊な光を放つ場面が数秒間続き、『光過敏性発作』という症状が引き起こされたことが挙げられます。

この『光過敏性発作』が引き起こされると、光や映像のちらつきにより、脳内が強く刺激され、脳全体が興奮状態となります。興奮状態になると、脳が正常に動かなくなり、めまいなどの症状が現れます。

子どもたちがアニメを観ることに集中し、こうした刺激からほとんど目をそらすことがなったことも、大きな原因となったといわれています。

『光過敏性発作』防止への対策が義務化 日ごろの注意も大切!

この事件をうけて、現在では『光過敏性発作」の権威であるハーディング教授の作った基準をもとに、防止対策が義務づけられています。その項目は「赤いフラッシュが1秒間に3発以上点滅する」、「画面の大部分を、際立った一定の空間パターン(縞模様や渦巻き模様など)が占めている」、「光フラッシュがある」といったものです。それらの項目に当てはまらないよう、現在のアニメなどの映像はつくられています。

画像3

テレビでも、記者会見など多くのフラッシュがたかれる映像には、注意喚起するテロップが流れることが多くなっているのも、この影響です。ただし、対策がなされているとはいえ、ゲームやビデオではその範疇から外れているものあるため、いずれにせよ観る側の注意も大切です。いくら面白くても、あまり画面に集中し過ぎることのないように、日ごろから注意することが必要だといえそうですね。

▼目にフラッシュが与える影響に興味がある方には、コチラもオススメ

カメラのフラッシュで失明ってありえるの!? 撮影時の閃光が目に与えるホントの影響とは

【参考】
人体への影響
http://mcm-www.jwu.ac.jp/~physm/buturi06/sikaku/st5.html
ウィキペディア・ポケモンショック
http://bit.ly/1LW8LDH

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ