• HOME
  • 目のケア
  • 少しでも違和感があったら即実践!40代から始めるべき「見る力」のケア4つ
加齢

少しでも違和感があったら即実践!40代から始めるべき「見る力」のケア4つ

少しでも違和感があったら即実践!40代から始めるべき「見る力」のケア4つ

「見る力」の衰えは、一般的に40代から始まると言われています。近年、パソコンやスマートフォンの普及によって目を酷使している現代人においては、30代から目の不調を感じ始める人も多いようです。
近くのものが見づらく感じたり、特に夕方になると目の疲れを感じたり……。思い当たる節があったら、即実践!体力を維持するためのランニングや、お肌をきれいに保つためのスキンケア同様、長く「見る力」を維持するために、すぐに始められて長く実践できる、お手軽な4つのケアをご紹介します。

ケアの開始は早いに越したことはない!不調を感じたら即実践!!

角膜や網膜、水晶体に毛様体筋、さらに黄斑部に視神経etc…と、目は、さまざまな組織によって支えられています。
しかし毎日の酷使や加齢によって、その機能が徐々に低下していくのは、ほかの体の部位と一緒。
下記のような症状を感じたら放っておかず、日頃のケアを心がけることが、目の機能低下の防止につながります。

□ 近くのものが見えづらい
□ 夕方になると目が疲れる、ぼやける
□ 涙がしみることがある
□ 頭痛や肩こりを感じることが増えた

それって機能低下のサインかも!?目が不調を感じるワケとは

ひと口に「目の不調」と言っても、上記の症状を感じることが増えたら、目の機能が低下し始めているサインかもしれません。
対象物をはっきりと見るため、ピント調節をおこなうのが「毛様体筋(別名・ピント調節筋)」と呼ばれる筋肉ですが、この機能が低下すると、ピント調節のための伸縮運動に時間がかかるようになり、ふと近くのものが見づらいと感じるようになります。

V5-2_02

出典:ROHTO商品情報サイト−『目のアンチエイジング 年齢とともに起こる目の機能低下とは?』

また、目の疲れやかすみ、涙がしみるといった症状を引き起こしているのは、目を乾燥から守る『涙』が、十二分に働ききっていないから。
涙は単にサラサラとした液体ではなく、「マイボーム腺」と呼ばれる組織から分泌される脂分と混ざることで、蒸発せず、目の表面にとどまります。しかし、この機能が低下すれば涙がすぐに乾いてしまい、ドライアイの症状に陥りやすくなるのです。
さらに涙は、目の最も表面にある『角膜』に均一な層をつくり、モノをきれいに見せる働きも担っていますが、加齢によって涙の分泌量が少なくなると、この層が凸凹になり目に入る光が乱反射することから、疲れや、かすみを引き起こす原因になるのです。

気軽に続けられてこそ!「見る力」にアプローチするケア4選

悲しいかな、これらの機能低下の原因は、加齢である可能性が大……。
しかし、加齢とともに落ちていく体力を維持するために運動したり、お肌をきれいに保つためにスキンケアをするように、「見る力」を長く維持するためのちょっとしたケアが、ものを言います。

1.タオルやアイマスクで目を温め、“良質な涙”を促す

V5-2_03

出典:WebMD『Sleep Disorders Slideshows』

加齢による目の疲れの一因は、「マイボーム腺」から分泌される脂分が減少しているから。
温めたタオルやアイマスクを装着することで、「マイボーム腺」の詰まりが改善されやすくなり、に脂分を含んだ、良質な涙が期待できます。

2.デスクにいながらOK!「毛様体筋」のトレーニング

トレーニングと言っても、非常に簡単!デスクでも、電車に乗りながらだって可能です。
その方法は、楽にピントを合わせられるくらい遠めの距離にあるモノを、ぼんやりと眺めるだけ。ただし気が付いたときに、こまめにおこなうのが理想的!
また、近くのモノに2〜3秒ピントを合わせたのち、今度は遠くのモノを2〜3秒見るという動きも効果的です。
いずれもピント調節に使用する「毛様体筋」のストレッチにつながることから、機能低下にアプローチすることができます。

3.野外では極力、紫外線カットのサングラスを装着!

V5-2_04

以前、『目ディア』の記事<天然のサングラス!? 有害な光から目を守る注目成分『ルテイン』不足はサプリで解消>でも紹介したように、目の内部には「ルテイン」と呼ばれる黄色い天然色素が備わっています。
この「ルテイン」が担っているのが、『白内障』や『黄斑変性』といった病の原因となる、紫外線やブルーライトから網膜を守る役目。
しかし「ルテイン」は、体内で新しく生成することができないため、加齢とともに減少する一方なのです。
となれば、目にとって有害な紫外線やブルーライトを直接、目に浴びせないことが先決。
そのために野外ではサングラスを、さらにオフィスでは、「ブルーライトをカット!」と話題のパソコン用メガネを装着することもオススメです。

4.緑黄野菜やサプリメントなどで「ルテイン」を摂取!

サングラスの項目でお話しした通り、紫外線やブルーライトから目を守る「ルテイン」は、もともと目の内部に備わってはいるものの、自ら生成することはできません。
しかし目の内部だけでなく、自然界にも存在している成分なので、外から摂取することはできます。
「ルテイン」はほうれん草やブロッコリーなど、緑黄野菜に多く含まれています。
毎日のバランスのとれた食生活が大切ですが、不足する分はサプリメントで補うのがおすすめです。

「ルテイン」摂取におすすめのサプリメント『ロートV5粒』

V5-2_05
出典:ROHTO 商品情報−『ロートV5粒』

ロート製薬から発売されている機能性表示食品『ロートV5粒』は「ルテイン」だけでなく、「ルテイン」と一緒になって網膜に働きかける「ゼアキサンチン」といった目の健康を守る成分をバランス良く配合。
目の機能低下など、いつまでも目の健康が気になる方におすすめです。

▼詳しい商品情報はこちら
RHOTOブランド情報『ロートV5粒』

▼ご購入はこちら
『ロートV5粒 30粒』


【参考】
日経トレンディ『今日から始める「老眼ケア&最新治療」――40代は老眼の進行期?!』
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/pickup/20130520/1049398/
ROHTO商品情報サイト−『目のアンチエイジング 年齢とともに起こる目の機能低下とは?』
http://jp.rohto.com/learn-more/eyecare/column01/

『ロートV5粒』でクリアな視界を手に入れよう!

V5粒
「見る力」は年齢と共に低下します。網膜に働きかけ、目の機能維持に必要なルテインやゼアキサンチンを摂取するにはサプリメントが効果的です。『ロートV5粒』なら1日1粒飲むだけなので、忙しい人でも継続して目のケアが出来ますね。

詳しくはこちら

みんなに質問!目のこと教えて☆
Q1 / 5

見る力は年齢とともに衰えていくことをご存知ですか?

Loading ... Loading ...
Q2 / 5

見る力の衰えから来る一つの病気として、加齢性黄斑変性という病名をご存知ですか?

Loading ... Loading ...
Q3 / 5

加齢性黄斑変性の予防として、ルテイン、ゼアキサンチンも有効であることをご存知ですか? ※ルテイン、ゼアキサンチンは、網膜に内側から働きかけ、見る力をサポートすると言われています。

Loading ... Loading ...
Q4 / 5

ルテイン、ゼアキサンチンをサプリメントとして補える商品として、「ロートV5粒」があることをご存じでしたか?

Loading ... Loading ...
Q5 / 5

以下、「ロートV5粒」を購入いただいた方から送られてきたメッセージです。「ロートV5粒」について魅力的に感じたものを教えてください。(複数回答可)

Loading ... Loading ...
結果
Q1

見る力は年齢とともに衰えていくことをご存知ですか?

  • はい
    94%
  • いいえ
    6%
Loading ... Loading ...
Q2

見る力の衰えから来る一つの病気として、加齢性黄斑変性という病名をご存知ですか?

  • はい
    45%
  • いいえ
    55%
Loading ... Loading ...
Q3

加齢性黄斑変性の予防として、ルテイン、ゼアキサンチンも有効であることをご存知ですか? ※ルテイン、ゼアキサンチンは、網膜に内側から働きかけ、見る力をサポートすると言われています。

  • はい
    30%
  • いいえ
    70%
Loading ... Loading ...
Q4

ルテイン、ゼアキサンチンをサプリメントとして補える商品として、「ロートV5粒」があることをご存じでしたか?

  • はい
    11%
  • いいえ
    89%
Loading ... Loading ...
Q5

以下、「ロートV5粒」を購入いただいた方から送られてきたメッセージです。「ロートV5粒」について魅力的に感じたものを教えてください。(複数回答可)

  • ロートV5粒を飲み始めて、視界がくっきりと感じて、たとえば新聞を読む時にあまり苦労なく読めた気がしました。また、スマートフォンの画面がくっきり見やすかったです(60代男性)
    23%
  • ロートV5粒を飲んでいると、見る力の衰えを感じることが少なかったです。気持ちが軽くなりました。小さなカプセルで喉にひっかかることもなく、飲むタイミングも自由なので気軽に続けてみたいと思います。(50代女性)
    11%
  • 1日1粒で、水でさっと飲みほせて良いと思います。パソコンの画面から細かい書類に目を移したり、新聞に目をやったりする時に視界がクリアに感じました。気持ち的にも前向きになりました。(40代男性)
    20%
  • ロートV5粒を飲み始めて視界がくっきりして見えました。見る力の低下を感じなかった気がしました。(50代男性)
    12%
  • 飲み始めて、小さな文字や携帯電話のメール、お琴の譜面などがくっきり見え、負担に感じなくなりました。うんざりしなくなって、気分的に楽しいです。(50代女性)
    13%
  • 飲んでいて、針に糸を通すのに、よく失敗していたのが、1回で通すことができたので驚きました。テレビを見てもぼやけが少し減ってきた気がします。クリアというか、焦点が合っている。くっきりシャープな感じに見え、確かに違うと感じました。(60代女性)
    21%
Loading ... Loading ...

「見る力」をサポートしてくれるサプリメントがあるの☆

\目の健康が気になる方におすすめ/
『ロートV5粒』でクリアな視界を手に入れよう!
『ロートV5粒』でクリアな視界を手に入れよう!
「見る力」は年齢とともに低下します。網膜に働きかけ、目の機能維持に必要なルテインやゼアキサンチンを摂取するにはサプリメントが効果的です。『ロートV5粒』なら1日1粒飲むだけなので、忙しい人でも継続して目のケアができますね。

※質問や結果がうまく表示されない場合は、ページを更新してください。

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

加齢

老け顔ストップ!お疲れ顔リセット!「目の下のたるみ」解消法まとめ

老け顔ストップ!お疲れ顔リセット!「目の下のたるみ」解消法まとめ

老け顔のシンボルともいえる「目の下のたるみ」にお悩みのみなさん。「歳だから仕方ない……」とあきらめてはいませんか?実は、目元の筋肉を効果的に鍛えれば、目の下のたるみは解消できます。

ここでは、数あるメソッドの中から、特に評判の高い3つのエクササイズをご紹介します。

目の下の靭帯をダイレクトに引き上げる「眼窩下リガメントほぐし」

目の下のたるみといえば中高年の象徴でしたが、スマホの長時間使用や夜型生活による睡眠不足などの影響から、最近では20代でも目の下のたるみに悩むケースが増えているそうです。

でも、ご安心ください。体の筋肉を鍛えればボディラインが引き締まるように、目元の筋肉を鍛えれば目の下のたるみは解消できます。

まずは、今話題の「眼窩下(がんかか)リガメントほぐし」からご紹介していきましょう。聞きなれない言葉である「リガメント」とは、「靭帯」のことです。つまり「眼窩下リガメント」は、目のすぐ下のエリアに存在する靭帯のことを指しています。

リガメントはコラーゲンやエラスチンといった肌のハリを維持する成分と同じ成分組織でできているため、硬く凝り固まってしまうと、肌のハリが失われてたるみに直結します。逆にしっかりとほぐしてあげることで、ハリ感がアップして目の下のたるみを解消できるというわけです。

早速、やり方をご紹介しましょう。

【眼窩下リガメントほぐしのやり方】

●STEP1 リガメントを押す

目のすぐ下にある骨のふちに人さし指と中指を当て、痛気持ちいいくらいの強さで垂直に1秒押します。骨のふちに沿って指を少しずつ移動させ、3回くり返します。※左右とも行います。

●STEP2 リガメントをつまむ

目のすぐ下にある骨のあたりを親指と人さし指の側面でつまみ、パッと離します。これを6回くり返します。※左右とも行います。

眼窩下リガメントほぐしのおすすめの時間帯は、顔の血流がよくなっている入浴後です。また、肌が乾いた状態で行うと肌への負担になりますから、乳液やオイルなどで肌を保湿した後に行いましょう。

毎日続けるうちに目の下にハリが生まれると同時に、目元のくすみやクマの解消にも効果を発揮します。

ストロー1本で目の下のたるみを解消する「ストロビクス」

時間もお金もかけずに目の下のたるみを解消したい!という方におすすめしたいのが、ストローを使った眼輪筋(目の周りを囲むようにある筋肉)のエクササイズ、「ストロビクス」です。

【ストロビクスのやり方】

用意するもの
・ストロー1本

※ハサミで3等分にカットしたものを使います。

●STEP1

ストローを軽く前歯ではさみ、口を閉じます。ストローからゆっくりと息を吸いながら視線だけを上向きにします。目の下の筋肉が伸びるようなイメージで行いましょう。

●STEP2

息を吸いきったところで、今度はストローからゆっくりと息を吐きながらまぶたを閉じます。以上の流れを1分間くり返します。

目の下のたるみがあることで、実年齢よりも老けて見られるだけでなく、「覇気がない疲れた人」といった印象になりがちです。

1日中パソコンに向かっている方は眼輪筋を動かすことが少ないため、どうしても目の下がたるみやすくなってしまいます。目元がピクピクと震えるくらい視線を上向きにしてやってみてください。最初のうちは疲れるかもしれませんが、それが“効いている”証です。

眼輪筋を鍛えて目の下をリフトアップする「顔ヨガ」

眼輪筋はいわば目の土台です。この土台が衰えてしまうと、その上を覆っている皮膚を支えきれなくなり、目の下のたるみの原因になります。最後に、眼輪筋トレーニングの総仕上げ、「顔ヨガ」をご紹介します。

【顔ヨガ『ムンクのまばたき』のやり方】

●STEP1

唇を「お」の形にして、顔を上下に伸ばします。目の下と鼻の下を長く伸ばすイメージで行いましょう。

●STEP2

1の状態のまま、目線だけを上に上げます。今度は、アゴと目で顔を上下に引っ張るイメージで行いましょう。

●STEP3

2の状態のまま、まぶしいものを見るように下まぶたを持ち上げて目を細めます。以上の流れを5回くり返して終了です。

顔を縦にビヨーンと伸ばしながら目線を上げることで、眼輪筋がストレッチされて血流がよくなり、目の下のたるみやむくみを解消する効果が期待できます。

きちんと行えば即効性もありますから、飲みすぎた日の翌朝など、むくんだ目元をスッキリさせたいときにも効果的なエクササイズです。

顔の筋肉は意識して動かすほどに鍛えられ、しなやかに引き締まるという性質を持っています。今回ご紹介したエクササイズをひとつでもいいのでぜひ、毎日の習慣に取り入れてみてください。

▼まだまだあります!目のたるみ解消法はコチラ
たるみ・くすみはこれで解決!かっさマッサージで目元美人
目元スッキリ!目力アップ!『ウィンクエクササイズ』
真実が知りたい!涙袋の整形がもたらすメリットとデメリット

▼見え方の変化はもしかしてこれが原因かも
目の老化について(ロート製薬 商品情報サイト)

〈参考〉
目のたるみには、眼窩下リガメント(靭帯)ケア [T-SITE]
http://top.tsite.jp/news/beauty/o/39842465/
【医師監修】目の下のたるみ解消エクササイズの解説|表情筋トレーニング・ツボ押し スキンケア大学
http://www.skincare-univ.com/article/008692/
美容外科医が教える!目の下のたるみ2つの原因と3つの解消法
https://kireisea.com/undereye-cause
【専門医監修】目の下のたるみは意外に目立つ。どう防いで、どう対処する? イデリア スキンクリニック代官山
http://www.iderea.jp/skinlab/tarumi/case02/undereyes.html
変顔エクサ「顔ヨガ」で目尻のしわ、目の下のたるみを解消!ダイエット、フィットネス、ヘルスケアのことならFYTTE-フィッテ
https://fytte.jp/fitness/1792/
目のたるみには、眼窩下リガメント(靭帯)ケア
https://ourage.jp/column/otona_beauty/136662/
『ストロー1本で顔が10歳若返る! ストロビクス (講談社の実用BOOK) 』 服部彩香著/講談社
『「顔ヨガ」で驚かれるほど小顔になれる本』間々田佳子著/三笠書房

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ