• HOME
  • 目のケア
  • 少しでも違和感があったら即実践!40代から始めるべき「見る力」のケア4つ
加齢

少しでも違和感があったら即実践!40代から始めるべき「見る力」のケア4つ

少しでも違和感があったら即実践!40代から始めるべき「見る力」のケア4つ

「見る力」の衰えは、一般的に40代から始まると言われています。近年、パソコンやスマートフォンの普及によって目を酷使している現代人においては、30代から目の不調を感じ始める人も多いようです。
近くのものが見づらく感じたり、特に夕方になると目の疲れを感じたり……。思い当たる節があったら、即実践!体力を維持するためのランニングや、お肌をきれいに保つためのスキンケア同様、長く「見る力」を維持するために、すぐに始められて長く実践できる、お手軽な4つのケアをご紹介します。

ケアの開始は早いに越したことはない!不調を感じたら即実践!!

角膜や網膜、水晶体に毛様体筋、さらに黄斑部に視神経etc…と、目は、さまざまな組織によって支えられています。
しかし毎日の酷使や加齢によって、その機能が徐々に低下していくのは、ほかの体の部位と一緒。
下記のような症状を感じたら放っておかず、日頃のケアを心がけることが、目の機能低下の防止につながります。

□ 近くのものが見えづらい
□ 夕方になると目が疲れる、ぼやける
□ 涙がしみることがある
□ 頭痛や肩こりを感じることが増えた

それって機能低下のサインかも!?目が不調を感じるワケとは

ひと口に「目の不調」と言っても、上記の症状を感じることが増えたら、目の機能が低下し始めているサインかもしれません。
対象物をはっきりと見るため、ピント調節をおこなうのが「毛様体筋(別名・ピント調節筋)」と呼ばれる筋肉ですが、この機能が低下すると、ピント調節のための伸縮運動に時間がかかるようになり、ふと近くのものが見づらいと感じるようになります。

V5-2_02

出典:ROHTO商品情報サイト−『目のアンチエイジング 年齢とともに起こる目の機能低下とは?』

また、目の疲れやかすみ、涙がしみるといった症状を引き起こしているのは、目を乾燥から守る『涙』が、十二分に働ききっていないから。
涙は単にサラサラとした液体ではなく、「マイボーム腺」と呼ばれる組織から分泌される脂分と混ざることで、蒸発せず、目の表面にとどまります。しかし、この機能が低下すれば涙がすぐに乾いてしまい、ドライアイの症状に陥りやすくなるのです。
さらに涙は、目の最も表面にある『角膜』に均一な層をつくり、モノをきれいに見せる働きも担っていますが、加齢によって涙の分泌量が少なくなると、この層が凸凹になり目に入る光が乱反射することから、疲れや、かすみを引き起こす原因になるのです。

気軽に続けられてこそ!「見る力」にアプローチするケア4選

悲しいかな、これらの機能低下の原因は、加齢である可能性が大……。
しかし、加齢とともに落ちていく体力を維持するために運動したり、お肌をきれいに保つためにスキンケアをするように、「見る力」を長く維持するためのちょっとしたケアが、ものを言います。

1.タオルやアイマスクで目を温め、“良質な涙”を促す

V5-2_03

出典:WebMD『Sleep Disorders Slideshows』

加齢による目の疲れの一因は、「マイボーム腺」から分泌される脂分が減少しているから。
温めたタオルやアイマスクを装着することで、「マイボーム腺」の詰まりが改善されやすくなり、に脂分を含んだ、良質な涙が期待できます。

2.デスクにいながらOK!「毛様体筋」のトレーニング

トレーニングと言っても、非常に簡単!デスクでも、電車に乗りながらだって可能です。
その方法は、楽にピントを合わせられるくらい遠めの距離にあるモノを、ぼんやりと眺めるだけ。ただし気が付いたときに、こまめにおこなうのが理想的!
また、近くのモノに2〜3秒ピントを合わせたのち、今度は遠くのモノを2〜3秒見るという動きも効果的です。
いずれもピント調節に使用する「毛様体筋」のストレッチにつながることから、機能低下にアプローチすることができます。

3.野外では極力、紫外線カットのサングラスを装着!

V5-2_04

以前、『目ディア』の記事<天然のサングラス!? 有害な光から目を守る注目成分『ルテイン』不足はサプリで解消>でも紹介したように、目の内部には「ルテイン」と呼ばれる黄色い天然色素が備わっています。
この「ルテイン」が担っているのが、『白内障』や『黄斑変性』といった病の原因となる、紫外線やブルーライトから網膜を守る役目。
しかし「ルテイン」は、体内で新しく生成することができないため、加齢とともに減少する一方なのです。
となれば、目にとって有害な紫外線やブルーライトを直接、目に浴びせないことが先決。
そのために野外ではサングラスを、さらにオフィスでは、「ブルーライトをカット!」と話題のパソコン用メガネを装着することもオススメです。

4.緑黄野菜やサプリメントなどで「ルテイン」を摂取!

サングラスの項目でお話しした通り、紫外線やブルーライトから目を守る「ルテイン」は、もともと目の内部に備わってはいるものの、自ら生成することはできません。
しかし目の内部だけでなく、自然界にも存在している成分なので、外から摂取することはできます。
「ルテイン」はほうれん草やブロッコリーなど、緑黄野菜に多く含まれています。
毎日のバランスのとれた食生活が大切ですが、不足する分はサプリメントで補うのがおすすめです。

「ルテイン」摂取におすすめのサプリメント『ロートV5粒』

V5-2_05
出典:ROHTO 商品情報−『ロートV5粒』

ロート製薬から発売されている機能性表示食品『ロートV5粒』は「ルテイン」だけでなく、「ルテイン」と一緒になって網膜に働きかける「ゼアキサンチン」といった目の健康を守る成分をバランス良く配合。
目の機能低下など、いつまでも目の健康が気になる方におすすめです。

▼詳しい商品情報はこちら
RHOTOブランド情報『ロートV5粒』

▼ご購入はこちら
『ロートV5粒 30粒』


【参考】
日経トレンディ『今日から始める「老眼ケア&最新治療」――40代は老眼の進行期?!』
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/pickup/20130520/1049398/
ROHTO商品情報サイト−『目のアンチエイジング 年齢とともに起こる目の機能低下とは?』
http://jp.rohto.com/learn-more/eyecare/column01/

『ロートV5粒』でクリアな視界を手に入れよう!

V5粒
「見る力」は年齢と共に低下します。網膜に働きかけ、目の機能維持に必要なルテインやゼアキサンチンを摂取するにはサプリメントが効果的です。『ロートV5粒』なら1日1粒飲むだけなので、忙しい人でも継続して目のケアが出来ますね。

詳しくはこちら

みんなに質問!目のこと教えて☆
Q1 / 5

見る力は年齢とともに衰えていくことをご存知ですか?

Loading ... Loading ...
Q2 / 5

見る力の衰えから来る一つの病気として、加齢性黄斑変性という病名をご存知ですか?

Loading ... Loading ...
Q3 / 5

加齢性黄斑変性の予防として、ルテイン、ゼアキサンチンも有効であることをご存知ですか? ※ルテイン、ゼアキサンチンは、網膜に内側から働きかけ、見る力をサポートすると言われています。

Loading ... Loading ...
Q4 / 5

ルテイン、ゼアキサンチンをサプリメントとして補える商品として、「ロートV5粒」があることをご存じでしたか?

Loading ... Loading ...
Q5 / 5

以下、「ロートV5粒」を購入いただいた方から送られてきたメッセージです。「ロートV5粒」について魅力的に感じたものを教えてください。(複数回答可)

Loading ... Loading ...
結果
Q1

見る力は年齢とともに衰えていくことをご存知ですか?

  • はい
    94%
  • いいえ
    6%
Loading ... Loading ...
Q2

見る力の衰えから来る一つの病気として、加齢性黄斑変性という病名をご存知ですか?

  • はい
    46%
  • いいえ
    54%
Loading ... Loading ...
Q3

加齢性黄斑変性の予防として、ルテイン、ゼアキサンチンも有効であることをご存知ですか? ※ルテイン、ゼアキサンチンは、網膜に内側から働きかけ、見る力をサポートすると言われています。

  • はい
    29%
  • いいえ
    71%
Loading ... Loading ...
Q4

ルテイン、ゼアキサンチンをサプリメントとして補える商品として、「ロートV5粒」があることをご存じでしたか?

  • はい
    12%
  • いいえ
    88%
Loading ... Loading ...
Q5

以下、「ロートV5粒」を購入いただいた方から送られてきたメッセージです。「ロートV5粒」について魅力的に感じたものを教えてください。(複数回答可)

  • ロートV5粒を飲み始めて、視界がくっきりと感じて、たとえば新聞を読む時にあまり苦労なく読めた気がしました。また、スマートフォンの画面がくっきり見やすかったです(60代男性)
    47%
  • ロートV5粒を飲んでいると、見る力の衰えを感じることが少なかったです。気持ちが軽くなりました。小さなカプセルで喉にひっかかることもなく、飲むタイミングも自由なので気軽に続けてみたいと思います。(50代女性)
    21%
  • 1日1粒で、水でさっと飲みほせて良いと思います。パソコンの画面から細かい書類に目を移したり、新聞に目をやったりする時に視界がクリアに感じました。気持ち的にも前向きになりました。(40代男性)
    41%
  • ロートV5粒を飲み始めて視界がくっきりして見えました。見る力の低下を感じなかった気がしました。(50代男性)
    21%
  • 飲み始めて、小さな文字や携帯電話のメール、お琴の譜面などがくっきり見え、負担に感じなくなりました。うんざりしなくなって、気分的に楽しいです。(50代女性)
    26%
  • 飲んでいて、針に糸を通すのに、よく失敗していたのが、1回で通すことができたので驚きました。テレビを見てもぼやけが少し減ってきた気がします。クリアというか、焦点が合っている。くっきりシャープな感じに見え、確かに違うと感じました。(60代女性)
    40%
Loading ... Loading ...

「見る力」をサポートしてくれるサプリメントがあるの☆

\目の健康が気になる方におすすめ/
『ロートV5粒』でクリアな視界を手に入れよう!
『ロートV5粒』でクリアな視界を手に入れよう!
「見る力」は年齢とともに低下します。網膜に働きかけ、目の機能維持に必要なルテインやゼアキサンチンを摂取するにはサプリメントが効果的です。『ロートV5粒』なら1日1粒飲むだけなので、忙しい人でも継続して目のケアができますね。

※質問や結果がうまく表示されない場合は、ページを更新してください。

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

加齢

若さの秘訣はバランス能力!目を閉じたまま「片足立ち」できますか?

若さの秘訣はバランス能力!目を閉じたまま「片足立ち」できますか?

みなさんの周りに実年齢よりも若く見える方はいませんか?その秘訣はずばり、体のバランス能力の高さにあります。20歳をピークに衰えていくといわれるバランス能力、あなたはどれくらい保てていますか?

今回は、バランス能力を簡単にチェックできる「閉眼片足立ちテスト」をご紹介します。

体のバランス能力低下は初期ほど自覚症状がない!

閉眼片足_02

「目を開けたまま片足で立つ」というのは、日常生活の中で多くの方が無意識に行っている動作です。ズボンや靴下をはく、片足を浮かせて高い場所の物を取る、といった動作はまさにそうです。その一方で、「目を閉じたまま片足で立つ」という動作は、意識的に行わない限りはまずやりません。

目を閉じたまま片足で立つ動作には体のバランス能力が不可欠であり、バランス能力が衰えている方ほど大きくふらつくのが特徴です。みなさんは最近、ふらついたり、つまずいたりすることはありませんか?「運動不足だからしかたない」とのんきにかまえてはいませんか?

バランス能力の低下は生活習慣病と同じで、初期ほど自覚症状がないものです。気になった方はこれからご紹介する「閉眼片足立ちテスト」で、自分のバランス能力の年齢を調べてみましょう。

30代の平均は55秒!目を閉じたまま1分以上、片足立ちできますか?

さっそく、「閉眼片足立ちテスト」のやり方をご紹介します。

【閉眼片足立ちテスト】

閉眼片足_03

(※画像はポーズのイメージです)

1.姿勢を正して直立し、両目を閉じます。
2.片足のひざを曲げて床から離します。
3.軸足が少しでも元の位置からズレたり、上げた足が床についたりした時点で終了。足を上げてからそこまでのタイムを測定します。

《注意点》
・両手は下にまっすぐ下ろしておきます
・左右どちらの足で行ってもOKです
・上げた足が軸足に触れないようにしましょう
・足を上げる高さは5センチ以上が目安です
・転倒の恐れがある方は壁の近くで行いましょう

以上が閉眼片足立ちテストの流れと注意点です。

実際に試したみなさん、いかがでしたか?目を閉じたまま何秒、片足を上げていられましたか?閉眼片足立ちテストにおける年代別の基準値はこちらです。

【閉眼片足立ちテストの基準値】

▼年齢 ▼平均
20代  70秒
30代  55秒
40代  40秒
50代  30秒
60代  20秒
70代  10秒

30代の方であれば、55秒が平均値です。開始早々にふらついて、数秒で足がついてしまった……という方は要注意。高齢者レベルのバランス能力ですから、日ごろから転倒事故などに気をつけていかなければなりません。

ちなみに、このテストの最大タイムは180秒(3分間)です。ふらつくことなく180秒持ちこたえることができた方は、文句なしのバランス能力。日ごろから定期的に運動を行っているのではないでしょうか?今のままの生活を維持していくように心がけましょう!

高齢者に転倒事故が多い理由は、バランス能力の衰えと視力の低下!

閉眼片足立ちテストは一見簡単そうに見えて、実はできない人が続出するテストだといわれています。

日々の歩行は、片足ずつ体重を支えることのくり返しです。そのため、体のバランス能力が衰えると、それにともない歩行能力が衰えます。歩幅を広げることや速く歩くことも、困難になってしまうのです。

そもそも私たち人間は、情報の80%以上を視覚から得ています。その情報が正しく脳に伝わり、脳が正しく判断するからこそ、適切な行動が取れるのです。

加齢とともに視力が衰え、老眼がはじまると、目から得られる情報量は一気に減少します。情報量が減ることで適切な状況判断ができず、つまずく、転ぶといったトラブルが増えてしまうわけです。

つまり、高齢者に転倒事故が多いのは、体のバランス能力の衰えに加え、目から得られる正しい情報が少なくなるためだといえます。

閉眼片足_04

こうしたさまざまなリスクを回避するために、「閉眼片足立ち」を日常的なトレーニングに組み込むことをおすすめします。日々のすき間時間を狙って1日1回、継続的に行ってください。体のバランス能力を高めるだけでなく、目から脳、脳から筋肉に正しい指令を伝える神経機能も一緒に鍛えることができますよ!

閉眼片足立ちが苦手な方でも、くり返しトレーニングするうちに数秒だったタイムが30秒、1分、と伸びていくはずです。バランス能力が若返れば、見た目の若さも同時に手に入れられます!

▼目元の若返りに着目したアンチエイジング記事はコチラ
食べるアンチエイジング!目元の“老い”に効く食べ物ルール
手遅れになる前に実践! 40歳からの目のアンチエイジング
おでこに刻まれたそのシワ!固い頭皮とまぶたのたるみが原因です

▼目の老化も見過ごせません
年齢とともに起こる目の機能低下とは?(ロート製薬 商品情報サイト)

〈参考〉
13.閉眼片足立ちによる体力年齢チェック|運動|生活習慣病の予防のため、みやはら医院はアンチエイジングや健康長寿への対策を患者様にご提案しております。大府市にある内科、循環器科です。
http://www.miyahara-clinic.com/choju/?id=1350605607-198561
日本健康運動研究所-[平衡性]チェック
http://www.jhei.net/exercise/exercise_f/exercise_f4.html
バランスチェック 大阪市北区天満の整体なら骨盤・姿勢矯正バランス整体扇町へ
http://www.balanceseitai.jp/check/
健康情報|充実ネクストライフサポート事業|大和ハウス工業
https://www.daiwahouse.co.jp/jujitsu/kenkou/detail01.html
片足立ちで体力年齢診断!-10歳美脚を目指そう! [エクササ
https://allabout.co.jp/gm/gc/471067/
あなたの体力年齢診断は何歳? 年齢別エクササイズにトライ! 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)
https://dot.asahi.com/wa/2017072800037.html

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ