• HOME
  • 目のケア
  • 老眼になる前に知っておきたい!遠近両用コンタクトレンズ
老眼

老眼になる前に知っておきたい!遠近両用コンタクトレンズ

老眼になる前に知っておきたい!遠近両用コンタクトレンズ

手元が見えづらくなったら、いよいよ老眼のサイン。
とはいえ、老眼鏡はちょっと……という方におすすめしたい、『遠近両用コンタクトレンズ』について詳しくご紹介します。

老眼を我慢するのは逆効果!老眼の進行を早める危険性も

40歳をすぎたあたりから、近くのものが見えづらくなることを『老眼』といいます。これは白髪が増えたり、顔にしわができたりするのと同じように、誰にでも訪れる老化現象のひとつです。
老眼の自覚症状はあっても、「見えづらさを我慢すれば、老眼鏡は必要ない」という方は多いと思います。しかし、見えづらさが生活に及ぼす影響ははかりしれません。仕事の作業効率は著しく下がり、新聞や本が読みづらいことで知識欲が減退し、脳の老化まで早める恐れがあります。
見たいものを見ることができない、というストレスが目を余計に疲れさせ、いずれは眼精疲労を引き起こします。これは老眼の進行を余計に早めることにもつながるのです。

遠近両用コンタクト_2

それでも多くの方が老眼鏡をためらうのは、「周囲から『老いている』というイメージを抱かれたくない」という理由に尽きるのではないでしょうか?
手元の見えづらさを我慢するのか。見た目の老いを我慢するのか。悩む方も多いと思いますが、実はその両方をクリアできるアイテムが、『遠近両用コンタクトレンズ』なのです。

老眼鏡と遠近両用コンタクトの違い、メリットとデメリットについて

『遠近両用コンタクトレンズ』はその名の通り、遠くの視力と近くの視力を一緒に矯正することができるコンタクトレンズです。まずは老眼鏡との違いについてご紹介します。

老眼鏡(遠近両用眼鏡)

■構造
レンズのたて方向に対して、上から遠方用、中距離用、近方用の度数に配置されている。

■ピントの合わせ方
遠くを見るときはまっすぐ前を、近くを見るときは目だけを下に向けるなど、目線を切り替える必要がある。

遠近両用コンタクトレンズ

■構造
レンズの中心部を遠方用に、周辺部が近方用の度数に、同心円状に配置されている。
※メーカーによっては逆の配置になるなど、レンズデザインが異なる。

■ピントの合わせ方
目線を切り替えることなく、遠くも近くも同じ目線で見ることができる

続いて、遠近両用レンズのメリットとデメリットをご紹介します。

【メリット1 老眼鏡に比べて視界が広い】

フレームで視界を制限される老眼鏡とは違い、コンタクトレンズは目に直接装用するために視界が広く感じられます

【メリット2 老眼鏡のようにかけ外すわずらわしさがない】

かけ外しの手間がなくなるだけでなく、寒暖差でレンズがくもるなどのわずらわしさからも解放されます。

【メリット3 老眼鏡よりも見え方が自然で違和感が少ない】

眼球の動きに合わせてコンタクトレンズが一緒に動くため、老眼鏡に比べて見え方にゆがみが生じにくく、自然です。

【デメリット 一般的な単焦点コンタクトレンズよりも見え方が劣る】

1枚のレンズで遠近の両方をカバーするため、ひとつの度数に合わせて作られた単焦点のコンタクトレンズに比べて見え方は劣ります。劇的に見えるのではなく、『遠くも近くも安全な範囲で見える』というイメージです。
目安としては、若いころの7割程度の見え方だと覚えておきましょう。

種類は?お手入れ方法は?あなたの疑問に答えます!

遠近両用コンタクトレンズを試したい方のために、よくある疑問を集めました。

Q.1 遠近両用コンタクトレンズの種類は?

A.ソフトレンズとハードレンズの2種類があります。初期の老眼、スポーツをする方にはソフトレンズがおすすめです。強度の乱視、進行した老眼、細かい文字までしっかり見たい場合はハードレンズが向いています。

Q.2 何か特別なお手入れが必要?

A.レンズの洗い方、保管方法、一日の装用時間など、一般的なコンタクトレンズと一緒です。

Q.3 遠近両方コンタクトレンズの対象年齢は?

A.40歳から60代前半が推奨年齢です。もともと遠視の強い方は40歳前から、手元の見えやすさを重視しなければ70歳を超えても使えるそうです。

遠近両用コンタクト_4

Q.4 老眼が進むたびにレンズを交換するの?

A.近視と比べて老眼の進行はゆるやかなため、長期間の使用が可能です。正しいケアをおこなえば、ソフトレンズで約2年、ハードレンズなら約3年使用できるそうです。
※個人差があります。1日使い捨てタイプや2週間交換タイプはのぞく。

「老眼になってもコンタクトレンズを使いたい」というニーズから誕生した、遠近両用コンタクトレンズ。上手に取り入れて、快適な見える生活を手に入れてください。

▼コンタクトレンズにまつわる記事はコチラ
豊富な種類から何を頼りに選べばいいの?眼科医が教えるソフトコンタクトレンズの選び方

コンタクトレンズが外れない…! これで解決!困ったときのレスキューテク

発明したのは誰?意外と知らない 『コンタクトレンズ』の歴史

【参考】
遠近両用コンタクトレンズの仕組み
http://iida.sakura.ne.jp/ganka/bifocal/bifocal.htm
よくあるご質問:老眼・遠近レンズの仕組み|コンタクトレンズのアイシティ
http://www.eyecity.jp/support/faq/bifocal/
プラザアイ:46歳から60歳までの遠近両用コンタクトレンズ
http://www.plaza-eye-contact.co.jp/contact-lens/QA.html

文/深山由佳理
みんなに質問!目のこと教えて☆
Q1 / 6

(年齢とともに) 最近、目が疲れやすくなったり、本や新聞を読みにくいなど目のかすみを感じることはありますか?

Loading ... Loading ...
Q2 / 6

年齢による目の変化を感じるのはどのような時ですか?(複数回答可)

Loading ... Loading ...
Q3 / 6

年齢とともに、細胞活性力が衰え、涙の分泌量が低下したり、ピント調節筋が凝り固まって機能しなくなることをご存知でしたか?

Loading ... Loading ...
Q4 / 6

年齢による目の機能の衰えからくる疲れやかすみ(目やにの多い時など)には、目の代謝をアップすることが大切なのをご存知でしたか?

Loading ... Loading ...
Q5 / 6

「Vアクティブ」は目(角膜)の代謝を促進し、年齢で衰える瞳の回復力を高めることをご存知でしたか?

Loading ... Loading ...
Q6 / 6

老眼が始まっていると感じていますか?

Loading ... Loading ...
結果
Q1

(年齢とともに) 最近、目が疲れやすくなったり、本や新聞を読みにくいなど目のかすみを感じることはありますか?

  • はい
    88%
  • いいえ
    12%
Loading ... Loading ...
Q2

年齢による目の変化を感じるのはどのような時ですか?(複数回答可)

  • 本や新聞などの文字が読みにくくなった
    68%
  • 景色がぼやけるようになった
    33%
  • 目がすぐ疲れたり、常に疲れていて、なかなか回復しない
    52%
  • 夕方になると、目が乾いてしょぼしょぼする
    47%
  • PCやスマホの文字が読みづらい
    57%
  • 色が微妙に違って見えたり、鮮やかに見えない
    10%
Loading ... Loading ...
Q3

年齢とともに、細胞活性力が衰え、涙の分泌量が低下したり、ピント調節筋が凝り固まって機能しなくなることをご存知でしたか?

  • はい
    60%
  • いいえ
    40%
Loading ... Loading ...
Q4

年齢による目の機能の衰えからくる疲れやかすみ(目やにの多い時など)には、目の代謝をアップすることが大切なのをご存知でしたか?

  • はい
    27%
  • いいえ
    73%
Loading ... Loading ...
Q5

「Vアクティブ」は目(角膜)の代謝を促進し、年齢で衰える瞳の回復力を高めることをご存知でしたか?

  • はい
    8%
  • いいえ
    92%
Loading ... Loading ...
Q6

老眼が始まっていると感じていますか?

  • はい
    62%
  • いいえ
    38%
Loading ... Loading ...

ものが見えづらいのは年齢のせい?加齢による目の疲れが気になったら!

\年齢などによる疲れ目におすすめの目薬/
年齢などによる疲れ目、かすみ目なら『ロートVアクティブ』にお任せ!
年齢などによる疲れ目、かすみ目なら『ロートVアクティブ』にお任せ!
目がかすむ、ものが見えづらい…など加齢等による目の悩みには『ロートVアクティブ』が効果的!ピント調節機能や角膜の代謝促進を高める成分配合で、老後も元気に楽しみたいアクティブシニア世代におすすめの目薬です。

※質問や結果がうまく表示されない場合は、ページを更新してください。

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

診断

これって老眼のサイン? 自分でできる老眼チェック法

これって老眼のサイン? 自分でできる老眼チェック法

最近、近くのものが見えにくい…と感じていても、なかなか老眼とは認めたくないものです。今回は、自分ひとりで簡単に老眼チェックができる方法をご紹介します。

目にまつわる行動チェックリストで自分が老眼かどうかわかる!

あなたの普段の生活を思い出しながら、当てはまるものにチェックを入れましょう。

【目にまつわる行動チェックリスト】
□ 1  夕方になると、昼間のように物が見えなくなる
□ 2  小さな文字が見えにくい
□ 3  近くのものを見ると疲れる
□ 4  メールを打つときに数字を打ち間違えてしまう
□ 5  本や新聞を見るとき、少し遠ざけるとよく見える
□ 6  子どもの顔がぼやける
□ 7  本を読むより、テレビを見る時間が多い
□ 8  薬のラベルを読むのがつらい
□ 9  肩こりや頭痛に悩まされている
□ 10 長時間、目を酷使すると、吐き気を感じることがある

rougancheck_03

40歳以上の男性なら、どの項目も「あるある!」と感じたのではないでしょうか。10項目のうち、2つ以上当てはまるものがあると、すでに老眼の可能性があります。多ければ多いほど、老眼が進行している可能性大!です。

人さし指1本でできる!超簡単な老眼チェック法

私たちの目にはカメラと同じようにピントを合わせる力があり、ピントが合う最も近い距離を『近点』といいます。

実は、近点を知ることで老眼かどうかを調べることができるのです。
ここでは指先ひとつで近点がわかるチェック方法をご紹介します。

近点チェック方法

①:人さし指を目の前にかざす
 ※指紋がぼやけて見える距離でOK

rougancheck_04

②:人さし指をゆっくりと、少しずつと遠ざけていく

rougancheck_05

③:指紋がはっきり見えたところでストップ

rougancheck_06

人さし指と顔の間の距離を測ってみましょう。この距離が30センチを超えていると、手元の見えづらさを実感するようになります。これこそが老眼の症状です。

あなたの近点距離は何センチでしたか?

老眼かな…と思ったらアクセス!オンラインで老眼チェック

これからご紹介するのは、手軽に老眼チェックができると話題のwebサイトとアプリです。老眼かな…と感じたら、すぐにお試しください。

rougancheck_07

メガネスーパー‐『オンライン老眼チェック』

徹底分析!老眼治療ガイド‐『すぐに出来る老眼チェック方法』

『老眼度数確認表』
→紙にプリントアウトした表を見るだけで、おおよその老眼度数を確認することができます。

『老眼チェック~いつでも手軽に視力チェック&目の体操~』
→老眼チェックができるスマホアプリです!(※Android専用)

自分でできる老眼チェック法、いかがでしたか?
今回ご紹介した方法はあくまで簡易的な検査です。老眼だと思って放置しておいたら白内障だった…というケースもありますから、気になる症状があるときは必ず眼科医にご相談ください。

老眼かも!?と感じたら…すぐできる老眼対策

今回のチェックで老眼かも…と感じた方は以下の対策を試してみるのもおすすめです。

ガムを噛む

眼精疲労解消や老眼防止には『ガム』が有効と言われています。
▼詳しくはこちら
眼精疲労解消や老眼防止には『ガム』が有効!? 噛むことと目の関係とは?

パソコン環境を見直す

老眼対策には「目を疲れさせないこと」が鉄則です。
▼詳しくはこちら
目の老化は誰にでもやって来る! 今やるべき老眼対策ライフハック

『眼筋』を鍛える

目の周りの筋肉が弱まるとピントの「調節異常」が起こり、老眼の原因となります。
▼詳しくはこちら
見るだけ簡単!眼筋トレーニング動画で目ヂカラUP↑ 老眼対策にも!

どれもすぐに試せる対策方法です。
老眼の進行を遅らせるためにも普段から目の見え方について考えたいものですね。

▼老眼が気になったら、こちらもチェック!
目の老化について(ロート製薬 商品情報サイト)

【参考】
ai’z‐40歳になったら知っておきたい目とメガネのお話 http://www.aiz-glass.sakura.ne.jp/showcase/?page_id=19
paper glass‐超簡単!近点チェックで老眼チェック! http://www.paperglass.jp/news/19

文/深山由佳理
目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ