• HOME
  • 目のケア
  • アイバンクや自分の「歯」を使う方法も! 知っておきたい「目の移植」について
読み物

アイバンクや自分の「歯」を使う方法も! 知っておきたい「目の移植」について

アイバンクや自分の「歯」を使う方法も! 知っておきたい「目の移植」について

心臓や肝臓などの移植や臓器提供については、ご存知の方も多いでしょう。最近だと、保険証のウラ面に臓器提供の意思表示をする欄があったりもしますよね。

同じように、目も移植や提供ができるのはご存知でしょうか? 今回は、「もしも」のときのために知っておきたい「目の移植」についてご紹介します!

移植するのは目のどの部分?

アイバンク_03
出典:Commonwealth Eye Care Associates

「目の移植」といっても、いま日本で一般的におこなわれているのは、目の中でも「角膜」と呼ばれる部分の移植手術です。

角膜は、目のいちばん前にある透明な膜。目に入った光のピント合わせの大部分をこの角膜でおこなっているため、ほんのわずかな変形や混濁(にごり)でも視力に大きく影響してしまうのです。

角膜移植には大きく分けて2種類ある

角膜が外傷や感染症、遺伝的疾患などによって透明性を失ったり、変形により像を結ぶことができなくなったりした場合、角膜の移植手術をおこないます。

その方法は大きく分けて2つ。

1つは「表層角膜移植手術」といって、変形や混濁の部分が浅い場合に、角膜の表層を交換する手術です。もう1つは「全層角膜移植手術」。角膜全体が濁ったり変形をおこしたりしている場合に、全体を入れ替える手術です。

眼球を提供できる「アイバンク」とは?

アイバンク_02
PHOTO BY Andrey Dvoryanskiy

もし角膜移植が必要になったら、どうしたらいいのでしょうか?

そんなときのために、日本には「アイバンク」という公的機関があります。アイバンクは、心停止もしくは脳死が確認された人から眼球を提供してもらい、角膜移植を待つ患者にあっせんしています。

アイバンクへの献眼は年齢制限がなく、誰にでもできます。近眼や老眼の人、網膜などに疾患があって目の不自由な人でも、角膜は移植に使えます。

ただし感染症がある場合には、検査の結果によって移植に使えないこともあります。また、眼内の癌や白血病などの場合も使えません。

献眼登録は、各都道府県にあるアイバンクでできます。登録証をもらったらいつも携帯し、家族や親類に献眼を決意したことを話しておくことが重要です。そうすれば、もしものときに移植を待っている人へ確実に角膜を提供できるでしょう。

自分の「歯」を目に移植して、失明から視力を回復したケースも!

アイバンク_04
出典:Blind Woman Sees Again With Her Eye Tooth|Documenting Reality

ご紹介した2種類の角膜移植の手術は、患者の目に拒絶反応があるとできないこともあります。しかし、拒絶反応をおこした患者が、自分の「歯」を目に移植することで失明から光を取り戻したという、おどろきのケースがアメリカで報告されています。

ミシシッピー州在住のシャロン・ソーントンさんは、約9年前にスティーブンス・ジョンソン症候群にかかり、失明しました。角膜移植や一般的な人工角膜は拒絶反応があり、手術できなかったそうです。

そこでマイアミ大学バスコム・パルマー眼研究所の医師たちは、イタリアで開発された「歯」を用いた移植手術を世界で初めて実施することにしました。患者本人の歯を使用するため、角膜移植への拒絶反応がある人でも大丈夫な手術です。

具体的には、ソーントンさんの犬歯を周囲の骨ごと取り出し、形を整え、穴を開けてそこに光学レンズをはめ込みました。この方法では、レンズをはめた歯を患者の頬または肩の皮下に移植し、歯とレンズがしっかり結合するまで2か月間放置します。そしてできあがった人工角膜に細かい処置をしてから、目の中心に移植したのです。

ソーントンさんは、手術の2週間後には新聞も読めるまでに視力を回復したそうです!

いかがでしたか? 自分の歯から角膜が作れるなんて、医療の進歩にはおどろくばかりですよね!

とはいえ、このような手術はまだまだ一般的ではありません。いまも移植を待っている多くの人たちのため、この機会にアイバンクへの登録を、ご家族や親しい人と話しあってみるのもいいかもしれません。

▼他にも目の病気や最先端の治療についてはコチラ
目のトラブルについて~飛蚊症~(ロート製薬 商品情報サイト)
白内障手術の新たな選択肢 『多焦点眼内レンズ』ってどんなもの?
目の中に入れるコンタクト!? レーシックに代わる選択肢『ICL』手術とは?
眼圧を下げるインプラント。緑内障の最新治療『チューブシャント手術』ってどんなもの?
涙の流出を栓でふさぐ!? ドライアイの治療法『涙点プラグ』って何?
iPS細胞で目の治療!? 『加齢黄斑変性』に希望を与える再生医療とは?

【参考】
角膜移植とアイバンク|公益財団法人日本アイバンク協会
http://www.j-eyebank.or.jp/trans.htm
自分の歯を目に移植、失明から視力回復 米女性|AFP BB NEWS
http://www.afpbb.com/articles/-/2642790?pid=
Blind Woman Sees Again With Her Eye Tooth|Documenting Reality
http://www.documentingreality.com/forum/f149/blind-woman-sees-again-her-eye-tooth-116126/

文/本間佳苗
目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

目の病気

30代で発症したら要注意!? 黒目の輪郭が白く濁る『老人環』

30代で発症したら要注意!? 黒目の輪郭が白く濁る『老人環』

中高年と呼ばれる年代にさしかかると、老眼をはじめとしたさまざまな目のトラブルが起こりやすくなります。今回は、黒目の輪郭が白く濁る『老人環』についてご紹介します。

加齢によって急増する目のトラブル。その代表的な症状が『老人環』

職場ではPCを、プライベートではスマホを使うのが当たり前となった現代社会では、目の果たす役割は大きくなる一方です。
そのため、目の疲れやトラブルは困りもの。「見えにくさ」は「暮らしにくさ」に直結します。長い人生を充実して送るためには、目の健康維持がとても重要です。

しかしながら、目の機能は年齢とともにどうしても衰えてしまいます。多くの方が40歳ごろから老眼を実感するようになり、50歳をすぎるころから目のさまざまな部分にトラブルが生じるようになります。

老人環_02

そして、そのトラブルは角膜に生じることもあります。その1つが、今回ご紹介する『老人環(ろうじんかん)』です。

黒目が白く濁る原因は、長い年月で蓄積したコレステロール

「久しぶりに鏡を見たら、黒目の輪郭が白く濁っていてビックリした」、「黒目の周りが白くなって、どんどん広がってきた」などの自覚症状はありませんか?これは、老人環の代表的な症状です。

本来ならば黒いはずの黒目の周りがリング状に白く濁ることから、慌てて眼科を受診する中高年の方が多いそうです。実はこの老人環、歳をとれば誰にでも起こる老化現象なのです。

老人環_03

通常、角膜と呼ばれる黒目の膜は視界をさえぎることがないように無色透明です。それが加齢によって血流に変化が起こり、血管から漏れ出した“リポタンパク質”“コレステロール”などの脂質が、透明なはずの角膜内に貯留することで白く濁って見えるのです。

老人環の初期症状は、角膜の下の部分に少しずつ白い濁りが現れることから始まります。その後ゆっくりと上に広がっていき、最終的には輪の形に繋がります。

幸いなことに角膜の中心部にまで広がることはないため、視力や見え方に影響することはありません

「以前のようなきれいな黒目に戻してほしい」という理由で眼科を受診する方もいるそうですが、残念なことに老人環にはこれといった治療法がありません。
今の医学では黒目を元に戻すことはできないのです。

30代の若さで老人環を発症した場合、他の病気が潜んでいる可能性も!

実はこの老人環、女性よりも圧倒的に男性の方が発症しやすい、という研究データがあります。

男性を年代別にみると、
40歳から60歳の約60%、
70歳から80歳の約90%に、老人環が見られたそうです。

前項でもお伝えした通り、老人環の原因は、長い年月をかけて角膜組織に貯留したコレステロールなどの脂質です。どんなに食事に気をつかっていても、脂質をまったく含まない食生活を送ることは困難ですから、老人環に見舞われるのは、ある意味自然なことでもあります。

老人環_04

ただし、40歳より前に発症したら注意が必要です。この場合は老人環ではなく、『若年環(じゃくねんかん)』と呼びます。
20代や30代で発症すると、高脂血症心血管異常などが隠れている可能性が高いそうです。すぐに内科を受診して、精密検査を受けることを強くおすすめします。

目に現れる症状の裏には、さまざまな病気が潜んでいる可能性があります。日常生活で目の変化に気づいたら、すぐに眼科を受診して原因をつきとめてください。それこそが、目の健康を維持する秘訣です。

▼中高年が気になる目の症状についてはコチラ
いま、中高年に増えている黄斑疾患 『黄斑円孔』の症状と正しい治療法って?

中高年になると増える目の病気『加齢黄班変性症』セルフチェック

「目やに」は加齢と炎症のサイン!目やにの種類別に見る原因と対策

【参考】
兵庫県西宮市ふじもと眼科-目の疾患・治療|「黒目の周辺が白く濁っているのですが」
http://www.fujimotoganka.com/shikan_chicyo/roujinkan.html
老人環は年齢と共に現れる治療のいらない老眼現象
http://presbyopia.jp.net/koneta/eye-arcus-senilis/

文/深山由佳理
目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ