• HOME
  • 目のケア
  • 自分の視界がいつもと違って黄色く見える?『黄視症』とは
目の病気

自分の視界がいつもと違って黄色く見える?『黄視症』とは

自分の視界がいつもと違って黄色く見える?『黄視症』とは

まるで透明な黄色のフィルターを通して、景色やものを見ているように見える症状を『黄視症』といいます。今回はなぜこのような症状が起こるのか、また、その対処法についてお伝えします。

黄視症は『色視症』の一種

英語名を「xanthopsia」という黄視症は、色視症の一種です。色視症とは、後天性の色覚異常に分類され、本来ならば色のないものに色がついて見えたり、本来の色とは違った色に見えたりする症状を指します。

黄視症の場合は、全体が黄色みがかって見え、青色は緑色のように見えます。

あの有名な画家も黄視症だった!?

黄視症_02

19世紀のオランダの画家であるフィンセント・ファン・ゴッホは、『ひまわり』に代表されるように黄色の使い方が印象的な作品を多く残しました。一説によると、彼には黄視症の症状があったとされています。

ゴッホは当時、神経疾患で使われていたジギタリスという薬を服用していました。この薬には副作用として、黄視症が表れることが指摘されています。

黄視症の原因や改善する方法は?

黄視症_03

黄視症の原因はいくつかあり、黄視症のもとになっている根本的な原因を取り除けば症状は改善されます。

【原因1】ジギタリスやサントニンのような薬の服用によるもの

心不全などの治療に使用される薬『ジギタリス』や、寄生虫の一種である回虫を駆除するための薬『サントニン』を服用すると、その副作用として黄視症が起こることがあります。薬の使用が原因の黄視症は一時的なものなので、使用をやめれば症状は治まります。

【原因2】検査に用いる薬によるもの

眼科の検査では、血管の造影剤として『フルオレセイン』という色素が用いられることがあり、この影響で視界が黄色く見えるようになることがあります。造影剤の影響による黄視症も一時的なものですから、時間が経てば症状は治まります。

【原因3】白内障によるもの

さまざまな原因で水晶体が濁る目の病気『白内障』では、水晶体が黄色く濁っている場合に黄視症を引き起こすことがあります。濁ってしまったもとの水晶体を摘出し、黄色みの薄い人工の眼内レンズと取り替えれば、症状を改善することが可能です。

【原因4】さまざまな病気の一症状として

中心性漿液性脈絡網膜症(ちゅうしんせいしょうえきせいみゃくらくもうまくしょう)などの目の病気、アルコール中毒、解離性(転換性)障害などの心の病気、といったさまざまな病気の症状のひとつとして、黄視症が見られることもあります。

病気が原因の場合は、眼科や精神科、心療内科など、それぞれの病気の専門家に診てもらい、症状に応じて適切な治療を施してもらう必要があります。

いかがでしたか?これまで見てきたように、黄視症は薬の副作用や目以外の病気が原因で発症することもあります。少しでも以前の見え方とは違うと感じたら早めに眼科を受診し、服用中の薬や自分の心身の状態なども医師に伝えるようにしましょう。

▼目の症状から疑われるそのほかの病気についてはこちらの記事もチェック!
目のトラブルについて~飛蚊症~(ロート製薬 商品情報サイト)
物がゆがんで見えたらご注意を!見逃しやすい目の病気『黄班上膜』
光がまぶしい!と感じる原因って?知っておきたい目の病気まとめ
目から鉄の匂いがする!?涙があふれて止まらない目の病気『涙嚢炎』とは

(参考)
清澤眼科医院通信|2664 黄視症(色視症のひとつ)とは
http://blog.livedoor.jp/kiyosawaganka/archives/52988655.html
レジデントノート|第39回 ゴッホの絵が黄色っぽい理由
https://www.yodosha.co.jp/rnote/trivia/trivia_9784758115964.html
日本眼科学会|白内障
http://www.nichigan.or.jp/public/disease/suisho_hakunai.jsp
日本眼科学会|中心性漿液性脈絡網膜症
http://www.nichigan.or.jp/public/disease/momaku_tyushin.jsp
色視症(シキシショウ)とは-コトバンク
https://kotobank.jp/word/色視症-517690
解離性(転換性)障害|杉浦こころのクリニック
http://sugiura-kokoro.com/treat/syoujyou17.html

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

目の病気

白内障や緑内障も?!遺伝が原因のひとつとして考えられる目の病気まとめ

白内障や緑内障も?!遺伝が原因のひとつとして考えられる目の病気まとめ

親から子どもへと受け継がれていく遺伝情報。顔や姿かたちが似ているなど遺伝は見た目にも関係してきますが、病気などのマイナスの情報も受け継いでしまう可能性があります。

遺伝が原因として考えられる病気はさまざまですが、目の病気にも遺伝が関係していると思われるものがあります。たとえば、よく耳にする白内障や緑内障といった病気も、遺伝が原因となっているケースがあるようです。

今回は、遺伝が原因のひとつとして考えられる目の病気をまとめました!

遺伝が関係する病気について

遺伝_02

がんやアルツハイマー病など、遺伝が関係するとされる病気はいろいろとありますが、親などの近親者にそれらの病気を発症した人がいるからといって、必ずその病気にかかってしまうわけではありません。

あくまで、発症の可能が高い素因を持っているというだけですので、怖がりすぎず、健康に気をつけながら過ごすようにしましょう。

遺伝も原因のひとつとして考えられる目の病気

遺伝_03

目の病気にも遺伝が原因のひとつとして考えられるものがあります。ここでは代表的な7つの疾患をご紹介します。

1.先天性白内障

先天性と後天性がある白内障ですが、先天性のものは常染色体優性遺伝のケースが多いため、遺伝が関係している可能性が高い病気です。後天性のものも、20~30%は遺伝が原因と考えられています。

▼白内障について詳しくはこちら
幻想的な数々の絵画に隠されたヒミツ あの天才画家は実は白内障だった!?

2.緑内障

『先天性緑内障』、ほかの先天的な病気の合併症として発症する『続発先天性緑内障』に遺伝的な要因があることは認められていましたが、最近では、通常の緑内障にも遺伝性があることがわかっています。

ただし、緑内障を引き起こす遺伝子はまだすべて解明されているわけではなく、研究が続けられています。

▼緑内障について詳しくはこちら
それって『緑内障』かも!うっかりミスが伝える危険のシグナル

3.屈折異常

遺伝_04

屈折異常とは、目のピント調節がうまくできないことを指し、近視や遠視、乱視などがこれに当たります。必ず遺伝するわけではありませんが、常染色体優性遺伝によって受け継がれていってしまうので、定期的に視力をチェックしておくのがおすすめです。

▼子どもの近視に関する記事はこちら
減り続ける虫歯、増え続ける近視!子どもの視力低下が止まらない

4.斜視

遺伝が関係するケースはあまり多くありませんが、斜視も遺伝によって引き起こされる可能性がある病気です。可能性として低めではありますが、斜視の中では『間欠性外斜視』が遺伝に関係する疾患なので、留意しておきましょう。

▼斜視について詳しくはこちら
早めの気づきと治療が大切! あらためて知りたい『斜視』について

5.色覚異常

人によって見え方は異なりますが、色の中でも特に、赤や緑が見分けにくい疾患が色覚異常です。X染色体劣性遺伝となるため、男性に多く見られる特徴があります。

視力に影響しないという意味では日常生活で困ることはほとんどないため、気づかずに過ごしてしまうケースもあるようです。

▼色覚異常について詳しくはこちら
色覚異常は治るもの?発症の原因や現在の治療法について知ろう

6.網膜色素変性

暗い場所で物がよく見えなかったり、視力の低下が見られたりする網膜色素変性も、遺伝が原因として考えられている病気です。進行すると失明してしまうことがあるため、異常を感じたら早めに医師の診察を受けるようにしましょう。

▼網膜色素変性について詳しくはこちら
治療困難な遺伝性疾患! 『網膜色素変性症』ってどんな病気?

7.網膜芽細胞腫

目が光って見える網膜芽細胞腫は、遺伝性の目のがんだとされています。最近では、原因遺伝子が『RB遺伝子』と呼ばれるものであることがわかってくるなど、研究が進められている病気で、早期発見ができれば視力も残せる可能性があります。

▼網膜芽細胞腫について詳しくはこちら
写真でわかる悪性腫瘍!?“白く写る目”で早期発見されたガンとは?

定期的に検査を受けて早期に発見しよう!

遺伝_05

どの病気も、早期に発見して適切な対処をすることで、悪化するのを防いだり、克服したりできる可能性が高まります。

目の検査はおろそかにしがちですが、失明してしまうと、これまで通りに日常生活を送るのは難しくなってしまいます。定期的に検査を受けて、早期発見・早期治療を心がけるようにしましょう。

近親者に目の病気や疾患を持つ方がいるからといって、怖がりすぎる必要はありませんが、目の病気にかかるリスクを秘めているのも事実。「目の病気にかかる可能性がほかの人より高いかもしれない」と意識し、普段から目の健康維持を心がけることが大切です。

最低でも年に1回は眼科医にチェックしてもらい異常に早く気がつけるようにして、目の健康を守りましょう!

▼『眼科ドック』で徹底的に目を検査してもらうのもおすすめです!
人間ドックだけでは不十分?!目の健康が気になるなら『眼科ドック』に行こう!

▼気になる目の病気についてはこちらもチェック!
目のトラブルについて~緑内障~(ロート製薬 商品情報サイト)
目のトラブルについて~白内障~(ロート製薬 商品情報サイト)

参考
病気になるのは遺伝?それとも環境?:日経メディカル
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/series/david/201312/533596.html
6.遺伝性の目の病気 | 遺伝性の目の病気 | 目についての健康情報 | 公益社団法人日本眼科医会
http://www.gankaikai.or.jp/health/23/06.html
http://www.nichigan.or.jp/public/disease/momaku_shikiso.jsp

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ