• HOME
  • 目のケア
  • 目にいい成分がたっぷり!魚の目玉をおいしく食べる方法
アイケア

目にいい成分がたっぷり!魚の目玉をおいしく食べる方法

目にいい成分がたっぷり!魚の目玉をおいしく食べる方法

魚の目玉は好き嫌いが分かれる部位かもしれませんが、目にいい成分をたくさん含んでいるので、目を酷使しがちな現代人にはぜひ積極的に食べてほしいところです。

そこで今回は、魚の目玉に含まれる成分と、おいしく食べられる調理法をご紹介!ぜひ毎日の食事にとり入れてみてください。

魚の目玉に含まれる目にいい成分

魚の目玉_02

「食べると頭がよくなる」といわれる魚の目玉。実は、目にいい成分もたくさん含んでいる食べものなのです!

●ビタミンB1

糖質の代謝を促進するビタミンであることから、ダイエットに効果的な成分としても注目を集めているビタミンB1。「糖質の代謝を促進する」とは、言い換えれば「糖質を効率よくエネルギーに変換できる」ということなので、疲労回復のビタミンともいわれています。もちろん、パソコンやスマホで酷使した目の疲れにも効果がありますよ!

●DHA(ドコサヘキサエン酸)

魚の目玉を食べると頭がよくなるといわれる秘密は、目玉に豊富に含まれているDHAにあります。DHAは不飽和脂肪酸の一種で、脳の神経細胞のはたらきを活性化する作用を持ち、記憶力や判断力の向上に大きな効果を発揮します。さらに、脳のはたらきと視力にも密接な関係があるので、同時に、近視の改善や動体視力のアップも期待できます。

また、目の網膜に含まれる脂肪酸のうち、DHAの割合は40%ほどもあるといわれています。網膜は目の部位の中でも視力と深い関わりがあるので、視力低下を防ぐためにも積極的にとりたい成分です。

●EPA(エイコサペンタエン酸)

EPAもDHAと同じく、不飽和脂肪酸の一種。肥満の原因となる中性脂肪やコレステロールを抑制する作用があるため、生活習慣病の予防に効果がある成分として有名です。

ほかにも、血液をサラサラにする、アレルギー症状を抑制する、感染症を防ぐといった効果があり、血行不良による疲れ目の改善や、目の病気予防も期待できます。

●コラーゲン

コラーゲンは、細胞同士や細胞と組織を結合する役割を担っている、タンパク質の一種です。実は、網膜や角膜、水晶体、硝子体(しょうしたい)といった目の部位にもたくさん含まれており、「目はコラーゲンのかたまり」といっても過言ではないのです。目の健康を保つためには欠かせない成分のひとつだといえます。

魚の目玉をおいしく食べる調理法

魚の目玉_03

魚の目玉に豊富な目にいい成分のひとつであるビタミンB1は水溶性なので、効率よく摂取したければ、魚を蒸す、焼くといった水を使わない調理法がおすすめです。しかし、このような調理法では、目玉の部分は特に生臭く感じられ、苦手だという人も多いかもしれません。

そこでおすすめしたいのが、あらの味噌汁です。魚の身をとった後の骨や頭の部分を使うので、魚の出汁がしっかりと出てよりおいしくいただけますし、味噌の風味で生臭い風味も消えます。加えて、スープに溶けだしたビタミンB1も汁ごととれるので、成分の摂取効率も◎。

目にいい成分は少し減ってしまいますが、煮つけにする調理法でも魚の目玉をおいしくいただけます。煮ることでさらにとろみが増した甘辛い味付けの魚の目玉は、ご飯のおかずとしても相性バツグンですよ!

いかがでしたか?ちなみにですが、大きな魚ほど目玉の部分も大きいので、よりたくさんの成分を摂取したければ、キンメダイやマグロ、ハタ、アラなどの魚を選ぶのがおすすめです。魚の目玉をおいしく食べて、目の健康を手に入れましょう!

▼「目にいい食べもの」は魚の目玉のほかにも!
ブルーベリー以外にもたくさんあった!眼科医が教える「目にいい食べもの」まとめ
チョコレートは目にもいい?!バレンタインの季節にマストチェックのスイーツとは
鏡開きはお汁粉で目の健康も促進! “赤いダイヤ・小豆”のパワーとは

▼目の疲れ、正しくケアできていますか?
あなたも注意!デジアイ症候群!(ロート製薬 商品情報サイト)

<参考>
ビタミンB1|成分情報|わかさの秘密
http://www.wakasanohimitsu.jp/seibun/vitamin-b1/
DHA(ドコサヘキサエン酸)|成分情報|わかさの秘密
http://www.wakasanohimitsu.jp/seibun/dha/
EPA(エイコサペンタエン酸)|成分情報|わかさの秘密
http://www.wakasanohimitsu.jp/seibun/epa/
視力が落ちた気がする。原因は?|いしゃまち
https://www.ishamachi.com/?p=8632
魚の目は栄養があるの!?多く含んでる魚って何?
http://up-your-life.com/archives/1625.html
Vol.14 魚の目玉は目にいいの!?|アリナミン
http://alinamin.jp/tired/topics/14.html
コラーゲンと眼|医療法人弘鳳会コラム
http://ogurikinshi.com/column/?p=1631
魚の目玉よ、ありがとう!|レディース鍼灸ことう公式ブログ
http://www.ladies-kotou.com/diary/others/134

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

アイケア

自律神経をシャキッと整える新習慣 ~【食事】&【運動】編~

自律神経をシャキッと整える新習慣 ~【食事】&【運動】編~

自律神経を整えるために、ストレスをなくすことが1番だとはわかっていても、人間関係や仕事の悩みなどはなかなか解消するのは難しいもの。

そこで前回に引き続き、ちょっとした心がけで体質が変わる!自律神経を整える方法をご紹介します。今回は、食事&運動編です。

前回の「呼吸・瞑想」編はこちら!
自律神経をシャキッと整える新習慣 ~【呼吸】&【瞑想】編~

男性は30代、女性は40代からイエローゾーン

自律神経が乱れてしまうと、ドライアイなどの眼疾患をはじめ、体に様々な不調を引き起こすということは、目ディア読者の方であれば「もう耳にタコ!」というくらい聞きなれたフレーズかもしれません。

しかし、この自律神経は年齢を重ねるごとに乱れやすくなり、とくに男性は30代、女性は40代から交感神経の働きが急降下していくということがわかっているのです。

自律神経系の機能不全でドライアイと肩こりが同時に起こる!?2つに共通する対策法とは!

そこで、働き盛りのみなさんが健康で快適な毎日を送ることができるよう、自律神経を整えるために改善しておきたい、食事と運動についてご紹介します。

日常生活で注意したい食事&運動とは?

【食事編】

自律神経・後編_02

①アスタキサンチンを摂取する

運動時や緊張時など、ストレスのかかる状況で優位となってしまった交感神経をいち早くしずめ、副交感神経優位の状態に回復させる作用があることがわかっているのが『アスタキサンチン』です。

これは、にんじんはβカロテン、トマトやスイカの赤い色素はリコピンと呼ばれる天然の赤い色素のことで、サケや海老、カニなどに含まれるカロテノイドの一種です。日頃から紅ジャケやキングサーモン、金目鯛などを積極的に食べるようにするといいかもしれません。

②腸内環境を整える

腸の働きをコントロールしているのが自律神経です。しかしこの自律神経が乱れると、便秘が起こり、血液の循環も悪くなってしまいます。血液と腸、自律神経は互いに影響しあっているため、腸内環境を整えることがとても大切です。

簡単な方法は、朝目覚めたらコップ1杯の水を飲むこと。空っぽの胃が刺激され、交感神経のスイッチが入って自然な便意が促されるようになります。

また、ヨーグルトなどで乳酸菌を摂取し、腸内に善玉菌を増やすのもおすすめです。

【運動編】

自律神経・後編_03

①ウォーキング

ゆっくりとした深い呼吸をすると、副交感神経が刺激され、血流がよくなることで体はリラックスすることができます。ウォーキングは呼吸を意識する時間がたくさんあるため、ゆっくり「1」を数える長さで息を吸い、その倍の時間をかけて吐きながら歩くようにしましょう。

また、ウォーキングは朝ではなく夕食後から寝る1時間前くらいまでの夜がおすすめです。30分~1時間かけてゆっくりと行いましょう。

②ラジオ体操

過度な運動は交感神経を刺激してしまうため、副交感神経を優位にしてくれる適度な運動を心がけることがポイントです。

おすすめは、みなさんおなじみの「ラジオ体操」。全身の筋肉を動かすように考えられているため、たった10分で全身の筋肉を動かすことができます。

【その他】

①体温を上げる

交感神経が優位になっている人は、血管が収縮して血の巡りが悪いため、体温が低いケースが多いものです。38度~40度くらいのお湯にゆったりとつかるようにし、半身浴や足湯なども全身をぽかぽかと温めてくれます。

②よく笑う、泣く

笑ったり泣いたり、感情をあらわにすることで、副交感神経が優位になることがわかっています。週末に思い切り笑える、泣ける映画などを見てデトックスしてみては?

時には男泣き!ドライアイ対策にも!? 週に一度、『涙活』のススメ

いかがでしたか?最近なんだか疲れがとれない、しっかり眠った気がしないといったお悩みを抱えている方は、さっそく試してみてくださいね!

▼年齢による目の老化もチェック!
年齢とともに起こる目の機能低下とは?(ロート製薬 商品情報サイト)

【参考】
富士フィルムヘルスケア未来研究所‐スーパーカロテノイド アスタキサンチン
http://info.fujifilm.co.jp/healthcare/astaxanthin/1-1.html
みつばち健康科学研究所‐腸内環境と自律神経を整えて生活習慣病にならないキレイな血液に!
http://www.bee-lab.jp/app/webroot/health/201303/index.html
AllAbout‐夜のウォーキングで自律神経バランスを整える
http://allabout.co.jp/gm/gc/401098/
自律神経免疫療法の湯島清水坂クリニック‐自分で行う自律神経免疫療法
http://yushima-s-clinic.com/index.php?自分で行う自律神経免疫療法

1分間ですっきり!疲れ目解消のツボ

目頭と鼻の間の『睛明(せいめい)』、眉頭の『攅竹(さんちく)』、眉尻と目尻の間から親指1本分うしろのへこんだところ、こめかみのあたりには『太陽(たいよう)』の3つは目の疲れを軽減してくれるツボです。
「目が疲れたな」と感じたら、指の腹でこれらのツボをゆっくりと、5秒ずつ押してみてください!

tetrachromacy2_02
疲れ目解消のツボについて、詳しくはこちら!

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ