• HOME
  • 目のケア
  • 目は寝ている間にダメージを修復!就寝中のケアを後押しする4つの新習慣
アイケア

目は寝ている間にダメージを修復!就寝中のケアを後押しする4つの新習慣

目は寝ている間にダメージを修復!就寝中のケアを後押しする4つの新習慣

目だって立派な体の一部!
睡眠不足で体の疲れが取れないように、寝不足では、目の疲れも取れません。
そこで今回は、目の疲労回復に睡眠が欠かせないワケにフォーカス!
瞳の構造を知ればこそ実践したくなる、就寝直前のアイケアもご紹介します。

睡眠時に細胞の修復が行われている!だから寝不足では疲れが取れない

youjunsui_02

すっきりと目覚めた朝、昨日の疲れが癒えているのは、睡眠中に日中の活動で傷ついた細胞を修復・再生する機能が働いているから。
寝不足によって疲れが取れないのは、単に横たわる時間が足りないだけはなく、睡眠時間が短いことにより、体に備わった修復機能が、十分に働ききっていない証拠です。

そして日中に受けたダメージを睡眠中に修復するのは、目も一緒。
特に外界から取り入れた光の情報を屈折させる、レンズの役目を担う角膜に注目すると、睡眠の必要性がよく分かります。

角膜を守る「角膜上皮」に注目!目を閉じた状況下で細胞が復活する

角膜は上皮、実質、内皮と3つの層で成り立っていますが、いちばん外側にあるのが「角膜上皮」。
最も表面に位置しているとあって、角膜の中心部が傷つかないようバリアの役目を担っていますが、その反面、紫外線ダメージを受けたり、ゴミや細菌の侵入を受けたりと、非常にダメージを受けやすい組織です。

youjunsui_03
出典:ROHTO商品情報サイト−『ロート養潤水』

角膜上皮は細胞の集まりによって成り立っていますが、ロート製薬が角膜上皮に光を当てた場合と遮断した場合に、どれだけ細胞の増殖に差が生まれるか調査したところ、光を遮断した場合のほうが、約1.5倍も増殖率が高かったそう。
つまり「光を遮断=瞳を閉じて眠っている状態」のほうが、「細胞の増殖率が高い=外的ダメージによって失われた細胞が修復されている」ということです。

今夜からでも実践できる!目を守るために就寝前の新習慣を

角膜の防御役である角膜上皮を健康に保つには、睡眠時間をしっかり確保することが欠かせませんが、同時に、パソコンや書類とのにらめっこで引き起こされるドライアイや、目の筋肉の疲れも取り去りたいもの。
そこでオススメするのが、今夜からでもすぐ実践できる、就寝前の5つの新習慣です。

1.スマートフォンの使用は就寝の2時間前まで

『目ディア』でも多く取り上げているブルーライトですが、手のひらサイズのパソコンであるスマートフォンからも発せされています。
このブルーライト、角膜にダメージを与えるだけでなく、人間が規則正しい睡眠と覚醒を行うのに欠かせない「メラトニン」という成分の分泌を抑制するそう。
つまり、スマートフォンの見過ぎは、良質な睡眠を妨げるということです。

2.ベッドにいながら!疲れ目解消マッサージ

まばたきをするにもピント調節をするにも、筋肉の動作が欠かせませんが、手足同様、酷使すれば、目の筋肉も疲弊します。
これを少しでも癒やすため、伸びをする感覚で目のストレッチ!
筋肉の流れに沿うように、下まぶたは目尻から目頭へ。上まぶたは目頭から目尻へと、指の腹で優しくマッサージしてください。

3.部屋の明かりは忘れずOFF

スマートフォンの項目で挙げた「メラトニン」。
光としてのエネルギーが強いブルーライトだけでなく、人工の光、つまり蛍光灯の光からも少なからず影響を受けるそうです。
そのため最も理想的なのは、部屋の明かりはすべて消すこと。
真っ暗だと眠れない方は、あまり目につかないフットライトを設置するのがオススメです。

4.眠る前に目薬をさす

目薬=目が疲れたときのためのもの、というイメージがありますが、一日の疲れを癒やす、就寝前のアイケアに適した目薬も発売されています。
角膜上皮に注目したロート製薬では、この修復機能をフォローする『ロート養潤水α』をラインアップ。角膜上皮についての研究を続けた末に明らかになった、角膜修復をサポートする「コンドロイチン硫酸エステルナトリウム」という成分が配合されています。
また、高い保湿性を持ち、瞳にもともと備わっているヒアルロン酸ナトリウムを配合していることから、目にしっとりとなじみ、おやすみ前にもぴったりのやわらかいさし心地です。

youjunsui_04
出典:ROHTO商品情報サイト−『ロート養潤水』

▼ご購入はこちら
『ロート養潤水アルファ 1本(13ml)』

お休み前に一滴!目に優しい新習慣

養潤水
コンタクトレンズにPCのブルーライト、スマートフォン…現代の私たちの生活は目へのストレスがいっぱい!唯一、目を酷使しない睡眠時に目をしっかり休め、ケアしてあげたいですね。寝ている間に瞳の修復をサポートする目薬を試してみませんか?

詳しくはこちら


【参考】
日経ビジネス「本当は危ない、睡眠不足」
http://special.nikkeibp.co.jp/ts/article/ac0c/140962/
公益財団法人 日本アイバンク協会「角膜移植とアイバンク」
http://www.j-eyebank.or.jp/trans.htm
目と健康シリーズ「特集:角膜の病気」
http://www.skk-health.net/me/18/#chap2sec1
マイナビニュース「疲れ目や眼精疲労は生活習慣が原因? – 眼科医お勧めの簡単な治し方を知る」
http://news.mynavi.jp/news/2015/06/17/079/
「メンズスキンケア大学「血行不良が原因で出る目の下くま」
http://mens-skincare-univ.com/article/007919/
CNET Japan「寝る前の飲酒はNG!? 睡眠の質を下げる生活習慣に要注意!」
http://japan.cnet.com/release/30110333/
TEPORE「寝る時、明かりは消す派? 消さない派?」
https://www.tepore.com/user/life/column/tokutoku/backnumber/tokutoku_vol358.html

ロート製薬 商品サイト「ロート養潤水」
http://jp.rohto.com/youjun/

『加齢黄斑変性症』セルフチェック

欧米では成人の失明原因第一位となっており、日本でも中高年に増加中の「加齢黄斑変性症」という病気をご存じでしょうか?
下の画像は『アムスラーチャートテスト』という「加齢黄斑変性症」の発見に使われるものです。
どのように見えていますか?見え方をチェックしてみましょう。

アムスラーチャートテスト"
診断結果はこちらへ

セルフチェックの結果、「加齢黄斑変性症」の可能性が疑われた方は、眼科の受診をおすすめします。

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

睡眠

気持ちよ~く眠りたい! 快眠・安眠に導くツボを教えます

気持ちよ~く眠りたい! 快眠・安眠に導くツボを教えます

Photo by JerryLai0208

しっかり眠ったはずなのに、なんだか寝足りない、朝起きてもスッキリしない、などといった不快な症状に悩まされている方はいませんか?

今回は、眠りの質を高め安眠を得るための予防法や、自分でできるツボ押しのコツを、鍼灸師の高田香菜子先生に教えていただきました!

現代人はなぜ不眠になってしまうのか?

眠れない原因としては、主にストレスや体の不調、体内時計のズレなどが挙げられます。とくに目をよく使う環境にいる人は、眼精疲労になりやすく、それが原因でストレスにつながっていることも……。

また、自律神経が乱れることによって起こる頭痛などの症状も、現代人が不眠に悩む要因のひとつと考えられます。

日常生活で気を付けたい、安眠を得るための習慣とは?

快眠・安眠のツボ
Photo by @spreadshirt

安眠を得るために必要なことは、大きく分けて2つあります。

まず1つは、自律神経の乱れを整えること。寝る前こそ、リラックス状態でもある副交感神経を優位にする必要があるのです。そこで注意しておきたいポイントとしては、下記の3つが挙げられます。

1)ストレスを溜めない

ストレスによって交感神経優位になってしまいます。適度に発散する習慣を身に付けましょう。

2)深夜や寝る前のPCやスマートフォンの使用を控える

視神経が刺激されて交感神経が優位になるため、就寝の1~2時間前から利用を控えることをおすすめします。

3)寝る前にはカフェインの摂取を控える

カフェインには、興奮、覚醒、利尿作用があります。紅茶やコーヒー、お茶などは寝る前は避けておきましょう。

そして、安眠のため2つ目に重要なことは、体内時計の乱れを改善することです。

私たち人間は、「日中活動し、夜間眠る」という1日のリズムが体内に刻まれています。そのリズム(体内時計)が乱れると、睡眠覚醒サイクルもバラバラになり、安眠できなくなるのです。注意するべきポイントとして、こちらも下記の3つが挙げられます。

1)起床後すぐに、日の光を浴びる

まず電気をつけるより先に、カーテンを開けて部屋に太陽の光を入れましょう。またはベランダに出るなどして、外の空気に触れることでスッキリ目覚めることができます。

2)夜は照明を暗くする

間接照明などを利用して、徐々に室内を暗くしていく方法がおすすめです。

3)夜は PC、スマートフォンのモニターの明るさを暗くする

明るい状況では、睡眠ホルモンと呼ばれるメラトニンの分泌が低下します。このメラトニンとは、体温を下げ、呼吸や血圧を低下させて、眠る準備ができたと体に認識させる作用があります。

不眠に効果てきめん!快眠・安眠のツボ

以上の生活習慣を心がけることを前提に、さらに快眠・安眠へと導き、不眠に効くツボをご紹介します。

1)安眠(あんみん)

その名のとおり、安眠のためのツボとも呼ばれ、ストレスをコントロールする効果があります。睡眠不足の場合、ここが硬くなっていることもあるので、セルフチェックしてみてください。

快眠・安眠のツボ

▲耳の後ろの尖っている骨から指1本分下に位置します

2)失眠(しつみん)

眠りを失ったときに効果があるツボと言われています。とくに考えすぎて眠れないときなどにおすすめ。また、温めるとより効果的です。

快眠・安眠のツボ

▲かかとの中央に位置します。硬い部分なので、やや強めに押す、またはゴルフボールなどを利用するのも手です

3)百会(ひゃくえ)

万能なツボですが、中でもストレスをコントロールし、リラックスさせてくれる効果があります。

快眠・安眠のツボ

▲頭のてっぺん、左右の耳の先を結んで正中線と交わるところに位置します

4)労宮(ろうきゅう)

自律神経に働きかけるツボで、疲労を減少させる効果があります。

快眠・安眠のツボ

▲手をグーに握り、中指と薬指の先が手のひらに当たるところに位置します

5)神門(しんもん)

疲労やストレスに効果的なツボです。疲れを感じて眠れないときなどにおすすめです。

快眠・安眠のツボ

▲手首にあるシワの小指側に位置します。反対の手の親指を神門に当て、残りの指で手首を掴みながら刺激しましょう

6)内関(ないかん)

自律神経のバランスを整えてくれるツボです。こちらも疲労やストレスに効果的です。

快眠・安眠のツボ

▲手首のしわの中央から、肘の方へ向かって指3本分下のところに位置します。反対の手の親指で刺激しましょう

いずれのツボも、気持ちいいと感じるくらいの強さで(痛いと感じると交感神経が優位になるため、逆効果!)、ゆっくりじっくり、リラックスしながら呼吸を整え、10秒ほどかけながら押していきましょう。

▼目の疲れにはこちらも!
みんな知ってる?目のストレッチ(ロート製薬 商品情報サイト)

取材・文/まるよしみすず
目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ