• HOME
  • 目のケア
  • 我慢しないで!治ります!放置すると危ない「逆さまつげ」
アイケア

我慢しないで!治ります!放置すると危ない「逆さまつげ」

我慢しないで!治ります!放置すると危ない「逆さまつげ」

本来ならば外側を向いているはずのまつげが、目の中に入ることで不快感をもたらす「逆さまつげ」。そのまま放置しておくと目の充血や結膜炎を引き起こしたり、角膜を傷つけて視力低下を招いたりする危険性があります。

今回は逆さまつげの正しい対処法をお届けします。

生まれつきだけじゃない!?加齢によって発症する逆さまつげも!

逆さまつげは、まつげが眼球に触れてしまっている状態のことを指します。その症状には個人差がありますが、代表的なものは「目がゴロゴロする」「まぶしく感じる」「涙が出る」「目が充血する」「目ヤニが出る」の5つです。

逆さまつげになる原因には、主に以下の3つが挙げられます。

【睫毛乱生(しょうもうらんせい)】

まつげの生え方がふぞろいで、まつげが眼球に触れている状態。1本のみの場合もあれば、多数のまつげが眼球に触れている場合もあります。

【睫毛内反症(しょうもうないはんしょう)】

逆さまつ毛_02

まぶたの皮下脂肪が多いためにまつげが内側に押されて眼球に触れている状態。乳幼児に多く見られる症状で、大半は成長する過程で改善されます。

【眼瞼内反症(がんけんないはんしょう)】

加齢の影響からまぶたの筋力が衰えることによってまぶたが裏返り、眼球にまつげが触れている状態。70代の約3%、80代の約5%が眼瞼内反症だといわれています。

まつげの生え方の乱れ、皮下脂肪、筋力低下の3つが引き金となり、逆さまつげは発症するというわけです。生まれて間もない赤ちゃんや小さな子どもは自ら症状を訴えることができませんから、親御さんが、まつげが眼球に当たっていないかをチェックしてあげることが大切です。

定期的に抜く?毛根を切り取る?逆さまつげの治療法

逆さまつげの3大原因がわかったところで、それぞれに有効な治療法をご紹介します。

●生まれつきまつげの生え方がふぞろいな『睫毛乱生』の治療法

逆さまつ毛_03

・ ビューラーやまつげパーマでまつげを上向きにする
・ 眼球に向かって生えているまつげのみ、眼科で定期的に抜く
・ 眼球に向かって生えているまつげの毛根を切除、あるいは電流を流して生えづらくする

●乳幼児特有の『睫毛内反症』の治療法

先天性の場合、1歳前後で自然治癒するケースが多いことから治療は行わず、目の炎症をおさえる抗生剤の目薬を使って様子を見る。成長しても治らない場合、局部麻酔ができる10歳前後で手術を行う。

●加齢にともなう『眼瞼内反症』の治療法

定期的にまつげを抜いて様子を見る。症状が改善されない場合は、まぶたを支える筋肉のゆるみを補強する手術を行う。

逆さまつげの手術におけるメリットとデメリット

逆さまつ毛_04

逆さまつげを根本から治療するには手術がもっとも有効です。その手術法は次の2つです。

【埋没法】

まぶたに二重のラインを作って縫い合わせ、角膜にまつげが触れないようにする方法。手術の特性上、上まぶたの逆さまつげのみに有効です。

メリット:皮膚を切開しないため、傷跡が目立ちにくく、術後の腫れが少ない。
デメリット:切開法に比べるとまつげが上がりにくい。ごくまれに縫った糸がゆるみ、二重ラインが弱まった結果、逆さまつげに戻ることもある。

【切開法】

まぶたのたるんだ皮膚や皮下脂肪を切り取ったあと縫い合わせ、内向きになっているまつげを正常な位置に戻す方法。上まぶたはもちろん、下まぶたの逆さまつげにも効果の高い手術法です。

メリット:まつげがしっかりと上がる。皮膚を切開しているため、元に戻る可能性が極めて低い。二重ラインがはっきりと作られるため、美容効果も期待できる。
デメリット:皮膚を切開するため、完全に腫れが引くまで2週間から1ヵ月かかるのが一般的。

逆さまつげの手術は、眼科もしくは整形外科のほか、美容形成外科や美容整形クリニックでも受けることができます。

眼科や整形外科での手術は保険診療扱いとなり、費用は1~2万円程度です。一方、美容形成外科や美容整形クリニックでは自由診療扱いとなるため、10万円前後はかかると思ってよいでしょう。

二重の幅や形には関心がなく、純粋に逆さまつげを治したいのであれば、費用を安くおさえることができる眼科や整形外科がおすすめです。

「逆さまつげを治すのと同時に、理想の二重ラインを作りたい」といった見た目の美しさにもこだわりたいのであれば、美容形成外科や美容整形クリニックをおすすめします。

逆さまつげは自覚症状が軽いケースでも、眼球に傷がついていることがあります。「これくらいなら病院に行かなくても大丈夫」という自己判断は危険です。逆さまつげの兆候があったら、早めに医療機関を受診しましょう。

▼逆さまつげと深~い関係にある、まぶたの特集記事はコチラ
一重まぶたは進化の証!東洋人に一重まぶたが多い理由
やっぱり整形は怖いから…自力で二重まぶたにする方法
こんなに種類があるなんて! 目元の美容整形まとめ

▼逆さまつ毛も原因のひとつ、結膜炎についてはこちらをチェック!
目のトラブルについて~結膜炎~(ロート製薬 商品情報サイト)

〈参考〉
【医師監修】逆さまつげの手術法にはどのようなものがあるの? ヘルスケア大学
http://www.skincare-univ.com/article/016349/
もう逆さまつ毛で悩まない!逆さまつ毛自己解消法&治療法 予防医学のアンファーストア
http://www.angfa-store.jp/brand/br_lp_eyelash_premium_9
逆まつ毛の治療法とは。手術は必要? いしゃまち
https://www.ishamachi.com/?p=11415
【医師監修】逆さまつげの治療法にはどんなものがあるの? ヘルスケア大学
http://www.skincare-univ.com/article/016348/
逆さまつ毛治療・手術について|大塚美容形成外科・歯科
https://www.otsuka-biyo.co.jp/lineup/eye/ope/sakasa.html
逆さまつ毛 横浜桜木町眼科【日ノ出町駅 桜木町駅 眼科専門医】
http://sakuragicho-eye.com/medical/upside_down_eyelashes/
眼科などの健康保険で行う上まぶたの逆さまつ毛を治す手術と二重まぶた埋没法や切開法は同じなのか? : Dr.高須幹弥の美容整形講座 : 美容整形の高須クリニック
http://www.takasu.co.jp/topics/column/face/158.html

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

目の病気

眼瞼下垂の手術を受けると二重まぶたになるって本当?

眼瞼下垂の手術を受けると二重まぶたになるって本当?

「まぶたのたるみは年齢のせいだし、しかたない…」とあきらめムードのみなさん。もしもまぶたのたるみが原因で体に不調が起こっているのなら、『眼瞼下垂(がんけんかすい)』という病気かもしれません。

眼瞼下垂は保険適用で手術が受けられるだけでなく、二重まぶたが手に入るメリットもあります。今回は、あまり知られていない眼瞼下垂の最新知識をお届けします。

多くの人が病気だと認識していない眼瞼下垂

眼瞼下垂_02

『眼瞼下垂』とは、まぶたがたるんで目が開けづらくなる目の病気です。先天性と後天性があり、後天性でもっとも多いのは加齢によるものです。

老化によって、まぶたを引き上げるときに働く『眼瞼挙筋(がんけんきょきん)』という筋肉と周辺組織との結合がゆるむと、まぶたが黒目にかぶさったようになります。そのため、眠そうでぼんやりとした目元に見えるのが特徴です。

また、まぶたが瞳孔にかぶさることで視野が狭くなるので、無意識のうちに眉を持ち上げて目を開こうとしたり、あごを引き上げることで視野を確保しようとしたりします。その結果、額や眉間に深いしわが現れ、頭痛や肩こり、腰痛といったさまざまな不調が生じてしまうのです。

自分では気づきにくい眼瞼下垂の兆しをセルフチェック!

眼瞼下垂は自己判断が難しい病気といわれていますが、次のようなタイプの方に多く見られます。

【眼瞼下垂になりやすいタイプ】

眼瞼下垂_03

・ハードタイプのコンタクトレンズを10年以上使用している
・パソコンやスマホを長時間使用している
・花粉症やアトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患を持ち、目元をこするクセがある
・アイプチ、カラコン、まつエクなどで目元に負担をかけている

また、実際に眼瞼下垂になった方は、このような症状が複合的に現れます。

【眼瞼下垂に見られる自覚症状】

眼瞼下垂_04

・ 目が開けづらい
・ まぶたがうっとうしく感じる
・ 上方の視野が見えづらい
・ 額や眉間に深いしわができた
・ 以前と比べてアイラインが上手く引けない
・ 肩や首のこり、頭痛、腰痛がある
・ 慢性的な疲労感、不眠、めまいがある

思い当たる項目が多いほど、眼瞼下垂を発症している可能性が高いといえます。気になる方は早めに医療機関を受診しましょう。

眼瞼下垂の治療法~手術内容から二重まぶたになる理由まで~

眼瞼下垂_05

眼瞼下垂の治療法は外科手術が主体であり、眼科、形成外科、美容外科で受けることができます。代表的な手術法はこちらです。

【挙筋短縮術】

まぶたを持ち上げる筋肉である挙筋腱膜(きょきんけんまく)の一部を切り取って、短く縫い縮める手術。

【挙筋前転法】

瞼板(けんばん)から挙筋腱膜をはがし、前転させた挙筋腱膜を再び瞼板に固定する手術。

【前頭筋吊り上げ術】

眉を上げる働きをする前頭筋とまぶたをつなぎ、眉の動きを使ってまぶたが上がるようにする手術。重度の眼瞼下垂の治療法として行われています。

【埋没式挙筋短縮法】

まぶたを切開せず、ゆるんでしまった挙筋腱膜を糸で結ぶことによって正常な状態に戻す手術。一部の美容外科で実施されています。

眼瞼下垂手術にまつわる疑問点はこちらです。

Q 眼瞼下垂手術を受けるとなぜ二重まぶたになるの?

挙筋腱膜を縫うことによって目を開けるたびにまぶたが折りたたまれ、副産物的に二重まぶたになります。まぶたの開きがスムーズになると同時に、大きくパッチリとした目元が手に入ります。

Q 好みの二重ラインにしてもらえるの?

眼瞼下垂手術は下がったまぶたを持ち上げるのが一番の目的です。自然な仕上がりの二重にはしてもらえますが、「幅広の平行二重になりたい」といった細かな要望は通りにくいと思ってください。

ただし、自由診療による美容外科で眼瞼下垂手術を受ける場合は例外です。費用は高額になりますが、理想的な二重を叶えてくれるでしょう。

Q 保険適用になるケースとならないケースの違いは?

担当医が眼瞼下垂という病気として診断すれば、保険適用で手術が受けられます。「視野が欠けている」「正面から見て瞳孔が100%見えていない」といった場合は、保険適用の可能性が高いと思ってよいでしょう。病気としての診断がつかない、または、美容目的の手術は保険適用外です。

Q 手術費用の相場は?

眼科や形成外科で両眼の手術を受ける場合、3割負担で5万円前後が相場です。美容外科で手術を受ける場合は自由診療になることが多く、20万円以上はかかるといわれています。

眼瞼下垂手術によって二重まぶたが手に入るのは事実ですが、治療を目的とした手術である以上、「100%納得のいく目元になれる」とは言い切れないのも事実です。

どんな手術にもメリットとデメリットが存在します。眼瞼下垂の症状があり、手術を考えている方は、まずは信頼できるクリニックを探すところからはじめましょう。

▼眼瞼下垂に関するそのほかの記事はコチラ!
まぶたがたるんできたら要注意! 肩こりや頭痛も起こる眼瞼下垂
ハードコンタクトレンズ使用者に警鐘!人相にまで影響する『眼瞼下垂』って!
まぶたが下がってしまう疾患 『眼瞼下垂』に有効な鍼灸治療とは?

▼目の疲れが気になる方はコチラもチェック!
目のトラブルについて~眼精疲労/疲れ目~(ロート製薬 商品情報サイト)

〈参考〉
眼瞼下垂は保険で治ります その治療法と種類 四谷見附クリニック
http://www.ym-clinic.jp/medicalmenu/plastic_surgery/blepharoptosis.php
眼瞼下垂(がんけんかすい)症例写真追加1 – ドクターブログ
http://www.ym-clinic.jp/doctor_blog/2011/07/post-6.php
眼瞼下垂(がんけんかすい) : 二重まぶた(二重瞼)・目もと(目元) : 美容整形の高須クリニック
http://www.takasu.co.jp/operation/eye/ganken.html
眼瞼下垂手術の効果と二重まぶた手術の違いとは?【神戸発!二重まぶた専門クリニックのデザインラボプレミアム】
http://dual-clinic.jp/futae/useful/眼瞼下垂手術の効果と二重まぶた手術の違いとは/
眼瞼下垂手術の術式と手術例 横浜桜木町眼科【日ノ出町駅 桜木町駅 眼科専門医】
http://sakuragicho-eye.com/medical/surgery/
【医師監修】眼瞼下垂手術で保険は適用になるの? ヘルスケア大学
http://www.skincare-univ.com/article/015959/
【医師監修】眼瞼下垂の治療法 ヘルスケア大学
http://www.skincare-univ.com/article/015955/
眼瞼下垂(腱膜縫縮法) 目のくま・たるみ取り 美容整形、美容外科、美容皮膚科なら聖心美容クリニック
https://www.biyougeka.com/contents/around_eyes/ptosis_surgery2/
『NHKためしてガッテン 「目の老化」を防ぐ新常識』主婦と生活社

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ