• HOME
  • 目のケア
  • 紫外線から肌を守る強い味方!UVカットガラスの仕組みを知りたい!
UVケア

紫外線から肌を守る強い味方!UVカットガラスの仕組みを知りたい!

紫外線から肌を守る強い味方!UVカットガラスの仕組みを知りたい!

みなさんは、強い日差しから肌を守るために日焼け止めクリームなどの商品を使用していますか?今や、家やオフィスの窓にUVカットガラスを使用するなど、紫外線対策の選択肢も広がっています。

私たちの目や肌を紫外線から守ってくれるUVカットガラス。しかしその構造については、意外と知られていません。そこで今回は、身近にあるUVカットガラスの仕組みや種類について調べてみました。

すでに車のウィンドウに標準装備されている「UVカットガラス」

身近にあるUVカットガラスとして思い浮かぶのは、車のウィンドウに使用されているガラスです。
昔は現在ほどUVカット技術が普及していなかったため、紫外線がそのまま窓を透過してしまう車両も少なくありませんでした。しかし現在はほとんどの車でUVカットガラスが使用されています。

国産車の場合、ガラスの右下隅にUVもしくはuVsという記号が記されていれば、そのガラスはUVカットガラスです。ただし、ほどんどのガラスが90%~99%のUVカット率をもっていますが、その構造上、全ての窓が同じカット率であるというわけではありません。

【紫外線】UVカットガラス・生地の仕組み_02

多くの場合、フロントガラスのUVカット率は99%ですが、ドアガラスには90%のカット率しかありません。これはそれぞれのガラスによって基準値が異なり、ガラスの構造や色の濃さ、光を遮断するスモークの濃さなどを変えて取りつけられているからです。

例えば、フロントガラスは紫外線を遮断する中間膜を挟み込む三層構造の「合わせガラス」を使用することで高いUVカット率を実現していますが、ドアガラスには中間膜のない「強化ガラス」が使用されており、現在のところ90%のカット率が限界とされています。

車内にいることでつい忘れがちになる紫外線対策ですが、UVカットガラスで隔てられていても、紫外線は窓を透過して肌に降りそそいでいます。強烈な夏の日差しから肌を守るためにも、車内でも日焼け止めを使用するなどしっかりとしたケアが必要ですね。

こんなに身近にあるUVカットガラス

最近は、自宅やオフィスの窓にUVカットガラスが使用されていることも多くなってきました。
これはガラスに紫外線を吸収する酸化セリウムや酸化チタンなどの成分を混入することでUVカット率を高めたガラスですが、無機系の紫外線吸収剤をガラスに混入することでガラスが着色されてしまう難点があります。

中には真空の中間層をはさむことで紫外線照射率を弱めているガラスなどもありますが、まだまだ高価な商品という印象はぬぐえません。そのため、より安価な方法としてUVカットフィルムを使用するなどの紫外線対策が取られることが多くなっています。

【紫外線】UVカットガラス・生地の仕組み_03

身近なところでは、ビール瓶やワインの瓶、日本酒の一升瓶に使用されているガラスも、一種のUVカットガラスです。ビールや清酒などのいわゆる醸造酒は、紫外線による変質に弱いため、あえて瓶に色をつけることで紫外線の透過を抑えているのです。

ガラスだけじゃない!繊維にも広がるUVカットの波

近年では、化学繊維にUVカット機能をもたせた製品が数多く発売されています。こうしたUVカット繊維には、酸化チタンや特殊なセラミックの微粒子が練り込まれており、紫外線が肌に届く量を大幅に軽減することができます。

地表に到達する紫外線には「UVA」と「UVB」の2種類がありますが、中でもUVAは窓ガラスや布を透過して肌の真皮層にまで届くという特徴があり、そのことでシワやシミ、いわゆる“肌の老化”の原因をつくるとされています。

そのため、日傘やアームカバーに使用することのできるUVカット繊維の特徴は大きなメリットということができます。
また、UVカット繊維は紫外線だけではなく、赤外線や可視光線をカットする効果もあるため、強い日差しの下でも体感温度を下げる効果も期待されています。

「目」にも影響を与える紫外線。あなたの対策は大丈夫?

紫外線は肌の黒ずみやシミなどの老化を促進させる一方、「目」にも悪影響を与えることが知られています。

炎天下の中、強い紫外線を受け続けるなど、目へのUVダメージが蓄積すると白内障や網膜炎など、さまざまな眼疾患の原因になるといわれています。
日焼けならぬ“目やけ”は肌のメラニン造成にも影響しますから、UVカットのサングラスを使用するなど、紫外線対策を怠らないことが重要です。

そういえば、サングラスも身近にあるUVカットガラスの1つでしたね。紫外線対策としてサングラスを選ぶ際には、「UV400」と明記されたものが最も紫外線カット率が高いので、購入する時の参考にしてください。

▼紫外線対策に、知っておきたいUVケアの記事はこちら!
日焼けならぬ「目やけ」から瞳を守る!夏の紫外線には目薬で“瞳のUVケア”
夏がくる、その前に!子どもの目を守るケア習慣を身につけよう
紫外線から目を守れ!今春のトレンドアイテム『サングラス』の選び方
目から入った紫外線がシミの原因に!紫外線対策の新常識まとめ
夏はすぐそこ!強くなる紫外線に要注意!“目を守る紫外線対策グッズ”まとめ

【参考】
旭硝子のGrass Plaza-PRO – ガラスの豆知識
https://www.asahiglassplaza.net/gp-pro/knowledge/vol18.html
日本化学繊維協会 – よくわかる科学せんい
http://www.jcfa.gr.jp/fiber/topics/vol07.html
あっとすしでほっとして – UVカットガラスの車内の効果と紫外線を防ぐ仕組みとは?
http://atsushino1.com/1520.html

文/キネコ
目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

UVケア

紫外線から目を守れ!今春のトレンドアイテム『サングラス』の選び方

紫外線から目を守れ!今春のトレンドアイテム『サングラス』の選び方

PHOTO/Leo Hidalgo (@yompyz)

近年は肌だけでなく目にも大きな悪影響を与えることがわかっている『紫外線』。4月から徐々に増え始め、5~8月がそのピークです。
そこで今回は、ひと足お先に賢くオシャレに目を守るための『サングラス』の選び方について考えてみました。

サングラスは紫外線から目を守る最強のアイテム

紫外線はシミやしわ、日焼けや皮膚がんなど肌への影響だけでなく、白内障や翼状片の眼疾患の原因になることが明らかになっています。
紫外線は波長によってA波、B波、C波の3つに分類されます。中でも特にB波は細胞毒性も強く、窓ガラスは通過しないものの目の水晶体を濁らせ、白内障を起こすことが動物実験で確認されており、目にとっては一番悪影響を及ぼすものです。
そのため最近では、紫外線から目を保護するためにも、屋外に出るときはサングラス装着の重要性が叫ばれているのです。

しかし、サングラスをかけることに慣れていないため、ちょっと手に取るのにもためらってしまうという方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで、オシャレに見せるサングラスの選び方をご紹介します!

初めてでも失敗しない!サングラスの選び方

サングラスの選び方_02

【その1】レンズ選び

サングラスはレンズのカラーで印象がガラリと変わるだけでなく、使うシーンによってそれぞれカラーの役割が異なります。特徴や印象をまとめてみました。

~ブラウン系~

・まぶしさ防止+コントラスト効果
・アウトドアで活躍する
・顔の彫りを深く見せる人気カラー

~グレー系~

・まぶしさ防止効果が高い
・光を平均的にカットしてくれる
・マリンスポーツにぴったり
・クールで大人っぽい印象

~グリーン系~

・自然な見え方でまぶしさ防止
・アウトドアでのシーンを選ばない
・肌が明るく見えるので目元が優しい印象に

~ブルー系~

・黄色やオレンジ系の光をカット
・夏の定番カラー
・クールな目元を演出する

~イエロー・オレンジ系~

・視界が明るく見える
・曇りや雨の日に向いている
・インドアスポーツにも最適

~パープル系~

・優しく華やかな印象に
・立体感のある目元をつくる

なお、色が濃いレンズのほうが紫外線をカットできる、と考えている人も多いようですが、大切なのはそのサングラスに紫外線カット機能がついているかどうかということ!
紫外線をカットできるサングラスには、「紫外線透過率」というものが数字で表示されています。これは低いほどレンズの性能が高いことを示しており、たとえば「紫外線透過率1.0%以下」というものは、99%紫外線をカットできるということなのです。
逆に「紫外線カット率」を表示しているものは、その数値が高いほうが性能は良いということになります。購入の前には必ずチェックしてくださいね。

また、最近ではクリア系と呼ばれるサングラスも登場しています。

サングラスの選び方_03
出典:zoff-美肌、メガネ。Zoff BB(ゾフ・ビービー)

カラーレンズのサングラスは、なんだか自分に似合わない、視界が慣れない、といった方にはダテメガネのように利用することができるため、とても人気があるようです。こちらのモデルはもちろん、紫外線を99.9%カットしてくれますよ!

【その2】フレーム選び

最近はフレームの大きいサングラスが流行中ですが、目をしっかり紫外線から守るという機能的な意味でも優れています。
とはいえ、サングラス選びで重要なのはなんといっても“バランス”です!フレームの太さやサイズによって与える印象も違うため、以下のポイントに注意してみてください。

眉の見え方

サングラス上辺のラインが眉毛のラインに沿っていて、多少まゆ毛がのぞくくらいがベストバランス。

ブリッジの太さ

レンズの上辺部分のブリッジが丸みを帯びていると女性らしく、直線的になっていると個性的で男らしい印象になります。

テンプル(つる)の太さ

細目で華奢なものは女性らしい横顔を、太めのテンプルは、クールさを演出してくれます。

【その3】形選び

サングラスの形は、顔の輪郭に合わせて選ぶのがおすすめです。それぞれの輪郭にフィットするデザインは以下の通りです。

丸顔さん

・スクエア 
サングラスの選び方_04
出典:JINS

顔だちをスッキリ見せる流行のデザイン。小顔効果も期待できます。

・ブロウ 
サングラスの選び方_05
出典:JINS

フロント上部が“眉”のように見えるデザイン。男性に人気のタイプです。

面長さん

・ティアドロップ 
サングラスの選び方_06
出典:JINS

渋さとほどよいレトロ感が魅力です。オシャレ度満点!

三角顔さん

・フォックス
サングラスの選び方_07

出典:JINS

女性の支持が高いデザインです。釣り上がった形状が特長でデキル女風に見せてくれます。

四角顔さん

・オーバル
サングラスの選び方_08
出典:JINS

楕円型のレンズ形状は、スタンダードなタイプなので、サングラス初心者におすすめです。

・ラウンド
サングラスの選び方_09

出典:JINS

丸形のレンズ形状です。クラシックな印象が演出できるため愛用者も多くいます。

【おまけ】個性的でパンチのあるデザインが今春のトレンド!

サングラスの選び方_10

サングラスの選び方_11

出典:Fashionisers.com- Spring/ Summer 2016 Eyewear Trends

最近のコレクションでは、個性的なサングラスが勢ぞろいしています。猫のつり目のようなキャットアイと呼ばれるタイプや、ひと昔前は「あれ?」と思われていたようなミラーレンズなどが大流行中!オシャレのアクセントとして着こなしに取り入れるのがトレンドのようです。
今春は、思い切ったデザインのサングラスをチョイスして、紫外線対策をするのも楽しいかもしれませんね!

▼サングラス以外の紫外線から目を守るためのアイテムはコチラ!
日焼けならぬ「目やけ」から瞳を守る!夏の紫外線には目薬で“瞳のUVケア”

夏はすぐそこ!強くなる紫外線に要注意!“目を守る紫外線対策グッズ”まとめ

【参考】
最新医療事情 共同通信社‐紫外線から目を守ろう 白内障などを防止
http://www.47news.jp/feature/medical/news/0601uv.html
メガネスーパー‐眼科専門医が教える。紫外線対策にサングラスは必要? 目への影響とその防ぎ方
http://www.meganesuper.co.jp/kodawari/course/int_01/
パリ・ミキ‐サングラスの基礎知識 サングラスレンズの選び方
http://www.paris-miki.co.jp/products/sunglasses/2016/instruction/lens.html
JINS-ご利用ガイド サングラスの基礎知識
http://www.jins-jp.com/guide/03/page08.html

文/よしだみすず
目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ