• HOME
  • 目のケア
  • 大人だけじゃない!すぐに対策を!知っておきたい子どもの白内障
子ども

大人だけじゃない!すぐに対策を!知っておきたい子どもの白内障

大人だけじゃない!すぐに対策を!知っておきたい子どもの白内障

白内障といえば“高齢者がかかる目の病気”というイメージがありますが、生まれつき白内障の赤ちゃんや、成長途中で白内障を発症するお子さんがいることをご存知でしょうか?今回はあまり知られてはいない、子どもの白内障についてお届けします。

1万人に3人の確率で白内障の赤ちゃんが誕生している

子どもの白内障_02

白内障はみなさんもご存知のとおり、目でレンズの役割を果たしている水晶体がにごる病気です。その大半は加齢の影響から起こる老人性白内障であり、白内障患者の7割以上を占めるといわれています。

その一方で、水晶体が白くにごった状態で生まれてきたり、生後数ヶ月で水晶体の混濁が見られたりする赤ちゃんも存在します。およそ1万人に3人の確率で起こるといわれる、『先天白内障』という病気です。

子どもの白内障は、生まれたときにはすでに水晶体の混濁が見られるケースが多いですが、成長とともに水晶体のにごりが現れ、次第に進行していく『発達白内障』の場合もあります。

赤ちゃんや小さな子どもは大人とは異なり、目の異常を自ら訴えることはありません。そのため、周囲の大人が気づかずにいると、重大な病気を見過ごしてしまうことがあります。その代表的疾患のひとつが、今回ご紹介する子どもの白内障です。

私たち大人が子どもの白内障とどのように向き合い、どのように付き合っていけばいいのか。一緒に考えていきましょう。

妊婦が風疹にかかると、胎児の白内障発症率が高まる

赤ちゃんや子どもの白内障に関しては、遺伝的素因によるものと胎内感染によるものの2つが原因として考えられます。

子どもの白内障_03

【遺伝的素因(常染色体優性遺伝や染色体異常によるもの)】

両親のうち、片方の親に先天白内障の罹患歴があった場合、その子どもには50%の確率で先天白内障が遺伝する、というのが常染色体優性遺伝によるものです。また、染色体に異常がある状態で生まれてきたことで、先天白内障を発症するケースもあります。

【胎内感染(妊娠中の風疹による先天性風疹症候群、トキソプラズマ、サイトメガロウイルスなど)】

妊娠中の女性が風疹ウイルスに感染することで胎児も感染し、これが原因で先天白内障などの障害が起こるケースを先天性風疹症候群といいます。先天性風疹症候群による先天白内障は「妊娠期間のどのタイミングで風疹ウイルスに感染したのか」によって、発症率が大きく変わります。

【妊婦が風疹にかかった場合、胎児が先天白内障を含む先天異常で生まれてくる確率】

妊娠4週目まで…約50%以上
妊娠5週目から8週目…約35%
妊娠9週目から12週目…約15%
妊娠13週目から16週目…約8%

横浜衛生研究所より

子どもの白内障_04

横浜衛生研究所によると、妊娠後期(妊娠8ヶ月・28週目以降)で風疹にかかった場合、先天白内障を含む先天異常はほぼ見られないそうです。

世界では、毎年10万人以上も先天性風疹症候群の赤ちゃんが生まれています。子どものときに風疹ワクチンを打った記憶がない、または記憶があいまいな方は、風疹ワクチンの再接種を強くおすすめします。

また、妊娠中は風疹ウイルスへの感染のほか、トキソプラズマという原虫への感染やサイトメガロウイルスへの感染によっても、赤ちゃんが先天白内障を発症する可能性があります。

子どもの白内障治療が1日でも早いほうがいい理由

子どもの白内障_05

先天白内障の原因がわかったところで、最後は治療法です。子どもの白内障は成人以降に起こる白内障とは違い、1日でも早い治療の開始が望まれます。なぜなら、網膜に十分な刺激が入らなければ、子どもの視力はある時期を境に発達しなくなるからです。

この状態を形態覚遮断弱視(視性刺激遮断性弱視)といい、先天白内障において大きな問題といわれています。

特に乳児期の赤ちゃんは視性刺激遮断への感受性が極めて高く、早期手術とメガネやコンタクトレンズによる矯正、弱視訓練が不可欠です。両眼の先天白内障ならば生後10~12週以内に、片眼では生後6週までに手術を受ける必要があります。

気になる手術内容ですが、生後12ヶ月以内の赤ちゃんは混濁した水晶体と硝子体前部を切除する手術法が一般的です。1~2歳以降に白内障が進行した場合(発達白内障)は、大人と同じように眼内レンズ挿入術を行います。

しかし、子どもの目は成長にともなって変化していくため、いずれは挿入したレンズの度数が合わなくなり、高頻度で再手術が必要です。また、合併症のリスクもあり、眼内レンズを移植する先天白内障の治療法に関しては、長期的な安全性がいまだ確立していないのが現状です。

子どもの視力は6歳くらいまでにほぼ完成し、8歳頃以降に治療や訓練を行っても、視力の回復は見込めないといわれています。子どもの視力を守れるのは親しかいません。わが子の目ににごりなどの異変を感じたら、すぐに眼科を受診しましょう。

また、近い親族に先天白内障の方がいる場合は念のため、生まれてすぐに眼科を受診することをおすすめします。

▼合わせて読みたい!白内障に関するお役立ち記事はコチラ
目のトラブルについて~白内障~(ロート製薬 商品情報サイト)
白内障や緑内障も!遺伝が原因のひとつとして考えられる目の病気まとめ
白内障の手術でメガネいらずの目になれる?白内障治療のホントを徹底解説
白内障手術の新たな選択肢 『多焦点眼内レンズ』ってどんなもの?

〈参考〉
先天白内障 子どもの病気 国立成育医療研究センター
https://www.ncchd.go.jp/hospital/sickness/children/029.html
一般の皆様へ – 日本小児眼科学会 子どもの眼の疾患に関する医療と学問の発展を目的とする日本小児眼科学会
http://www.japo-web.jp/info_ippan_page.php?id=page09
赤ちゃんの目の病気 目についての健康情報 公益社団法人日本眼科医会
http://www.gankaikai.or.jp/health/13/
横浜市衛生研究所:先天性風しん症候群について
http://www.city.yokohama.lg.jp/kenko/eiken/idsc/disease/crs1.html
白内障|東海光学株式会社
http://www.eyelifemegane.jp/v2/sick_cataract.php
子どもの視力の発達について|札幌かとう眼科
http://www.katoganka.jp/treat07.html

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

子ども

視力の発達スピードは意外にもはやい!赤ちゃんの見え方と目の異常のチェックポイント

視力の発達スピードは意外にもはやい!赤ちゃんの見え方と目の異常のチェックポイント

こちらをじっと見つめる赤ちゃんの表情といったら……ただただ愛らしく、なんともいえないものですね。その赤ちゃんの視力、どのように発達していくのでしょうか?体の発達に比べると、かなり早く発達していくようですよ。

赤ちゃんの視力の変遷

誕生直後から生後2ヵ月くらいにかけて、赤ちゃんはものを見つめるような仕草を見せます。「私を見つめてくれているんだ!」と見る人の心をキュンとさせますが、自分に興味があるのかどうかはともかくとして、実際にはそれほどはっきり見えているわけではありません。

目や神経はまだまだ未完成の状態で、毎日ものを見ることで、訓練を積み重ねるようにだんだん見えていくようになります。その後、視力は比較的早期に発達していきます。

・生後3ヵ月…0.02~0.03
・生後6ヵ月…0.04~0.08
・1歳…0.2前後
・3歳…0.7~1.0

個人差はかなりありますが5歳頃には8割以上の子どもが1.0以上となり、8歳頃まで視機能の発達は続いていきます。

乳幼児期に気をつけたい目の異常

赤ちゃんの視力_02

乳幼児期は目の発達にとって重要な時期で、この時期に目の異常があると視力が正常に発達していかない可能性があります。乳幼児期には、たとえばこんな目の異常が起こり得ます。

●斜視

ものを見ようとして片目が正面を向いているとき、もう片方の目は別の方向を向いている状態を『斜視』といいます。片目が本来の位置にあるときにもう片方の目が内側に向いていれば内斜視、外側に向いていれば外斜視、上であれば上斜視、下であれば下斜視と呼びます。

赤ちゃんの場合は鼻の根元が広く低いので内斜視のように見えることがありますが、これは偽斜視といい、見かけ上のものです。顔立ちがはっきりしてくると目立たなくなります。

ただし、素人では偽斜視か治らない斜視かを正しく判断することはできません。自己判断せず、気になる場合は眼科を受診しましょう。

●弱視

視力が低い状態で発達が止まってしまうことを『弱視』といいます。弱視が起こる原因は、斜視不同視(左右に著しい視力差が見られる状態)、遠視などのピント調節機能の異常、出生時から水晶体のにごりが見られる先天性の白内障などさまざまです。

早期治療がカギ!自宅でできる赤ちゃんの目の異常チェック項目

赤ちゃんの視力_03

乳幼児期の目の異常は、治療が早ければ早いほど効果を発揮します。しかし、小さな子どもは自分の目が異常な状態かどうかわからず、特に赤ちゃんの頃は伝えることもできません。そこで、保護者の観察眼が一番の頼りとなります。

ときどき、以下のようなことに注意してみてください。

・目やにや涙がたくさん出る
・白目が充血している
・常にまぶしそうにしている
・目が寄っている
・瞳が白くにごって見えたり、黄色く光って見えたりする
・動くものを目で追わない、まばたきしない
・目を細めたり、近づいてものを見たりする
・頭を傾けたり、横目で見たりする

上記の中で気になることがあったら、お子さんを連れて早めに眼科を受診しましょう。

視機能の異常の早期発見・早期治療に大いに役立つのが、3歳児眼科健診です。赤ちゃんが生まれてから初めて視力検査を行う機会ですので、忘れずに必ず受けるようにしましょう。3歳以前でも心配なことがあれば、専門家に相談してみてください。

▼赤ちゃんの目にまつわる記事ならこちらもオススメ!
これって大丈夫?気をつけるべき赤ちゃんの目やにとその対処法
赤ちゃんの視力は0.01未満!? 子どもの視界を体験して危険を回避しよう

▼子どもの目についてはコチラもオススメ
気づいてる?気づいていない!子どもの目 実態調査(ロート製薬 商品情報サイト)

(参考)
公益社団法人 日本視能訓練士協会|ま目知識04乳幼児の視力発達について
http://www.jaco.or.jp/mame/index/4
公益社団法人 日本眼科医会|赤ちゃんの目の病気
http://www.gankaikai.or.jp/health/13/
日本眼科学会|目の病気 子供の斜視
http://www.nichigan.or.jp/public/disease/hoka_kodomo.jsp
さこう眼科|3歳児眼科健診のすすめ-お子様を弱視から守りましょう-
http://www.sakoh-ganka.com/n1100.php

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ