• HOME
  • 目のケア
  • デスクワークの強い味方!眼精疲労に効く耳ほぐし・耳ツボ押しケア
眼精疲労

デスクワークの強い味方!眼精疲労に効く耳ほぐし・耳ツボ押しケア

デスクワークの強い味方!眼精疲労に効く耳ほぐし・耳ツボ押しケア

目が疲れているなと感じたとき、何気なく耳を触ると、硬くなっていた経験はありませんか?眼精疲労や頭痛、肩こりなどの症状が出ている方は、耳が硬いことが多いのだそうです。

耳には全身につながる約110のツボがあるといわれ、耳を刺激してほぐすことで、目の疲れや肩の痛みを和らげる効果が期待できます。耳をマッサージするだけなら、仕事の合間にもさり気なくできますよね。

そこで今回は、耳のツボ押しケアをテーマに、耳にあるツボやケアの方法などについて解説します。デスクワーク続きで目に疲労がたまっている方は必見です!

耳が硬くなる原因は脳脊髄液の滞りにあり

耳のツボ押し_02

目が疲れていると耳が硬いことが多いといいますが、まずはそのメカニズムから説明していきます。

頭蓋骨と背骨を行ききしながら脳と脊髄を守る体液を『脳脊髄液』といい、脳脊髄液は顔周りの神経や筋肉にも影響を与えています。

目が疲れるほどデスクワークなどにのめり込んでいる方は、体がゆがんだり、姿勢が悪くなったりしがちです。すると、脳脊髄液の流れが滞ってしまうため耳をはじめとする顔周りの筋肉が凝り固まってしまい、耳が硬くなるのです。

脳脊髄液が滞ると脳の血行も悪くなるので、頭痛の原因になることも。自律神経の働きも弱まってしまうため、慢性的なだるさや眠気、むくみなどの不調を引き起こすこともあります。

耳を触ってみて硬くなっているようなら、体に疲れがたまっているサイン。丁寧にマッサージをして、凝り固まった耳や周辺の筋肉をほぐしてあげましょう。

脳脊髄液の流れがよくなり、脳の血行不良も解消されるため、さまざまな不調の緩和につながります。眼精疲労や、疲れ目により低下した視力の回復にも効果的です。

耳をほぐしてリフレッシュ!

耳のツボ押し_03

眼精疲労などの改善に効果がある耳ほぐしの基本的なやり方をご紹介します。

1.全体的に耳をもみます。痛気持ちいいくらいの力でもむのがポイントです。
2.中指と人差し指で耳をつまみ、指を上下に動かしながら耳全体をこすります。
3.耳を広げるようなイメージで、上・横・下へ引っ張ります。

マッサージを続けているうちに、次第に耳がポカポカと温かくなってきます。耳周りの血行がよくなっていることを体感できるはずです。

耳の上部を引っ張り上げるときは同時に、目を上下に動かしたり、眼球をくるくる回すような動きをしたりしてみましょう。目元のシワを改善する効果も期待できます。

顔のむくみが気になる方は、耳の下部を下に向かって引っ張ってみてください。一緒に口元を動かすことで、フェイスラインがスッキリしてきます。

耳にある目のツボを刺激するのも効果的

耳のツボ押し_04

耳には全身のツボが集まっており、目につながるツボもあります。その名も『眼(がん)』というツボで、耳たぶの中心から少し下の部分にあり、疲れ目に効くツボとして知られています。

刺激する方法は、まず親指と中指でツボを挟み、3秒間押します。その後、耳たぶと耳全体をもみほぐします。パソコン作業が続いたりやこまかい文字を見続けたりしたときなど、目を使いすぎたなと思ったら、ぜひ『眼』を刺激してみてください。

「ツボ」と聞くと、目的の部分をピンポイントで押すイメージがありますが、耳にはたくさんのツボが集まっているので、さすったりほぐしたりするだけでも十分に効果が得られます。

正確にツボの位置を覚えていなくても手軽にマッサージできるので、すき間時間を活用しながらぜひ毎日行ってみてください。

▼目の不調はツボ押しで改善できる!
《鍼灸師監修》ドライアイ改善には「自分でできるツボ押し」が効果的!すきま時間で賢くケアして、乾き知らずの目を目指そう
《鍼灸師監修》仕事や家事で忙しい現代人必見!ものもらいは『ツボ押し』で改善できる

▼目の疲れ、たまっていませんか?
目のトラブルについて~眼精疲労/疲れ目~(ロート製薬 商品情報サイト)

〈参考〉
Grapps|疲れ眼を改善する耳ツボ【眼(め/がん)】でスッキリしよう!
https://w.grapps.me/entertainment/疲れ眼を改善する耳ツボ【眼めがん】でスッキ/
女性の美学|驚きの耳ヨガ効果!引っ張るだけでたるみ改善・視界もクリアに!
http://josei-bigaku.jp/mimiyogakouka1579/
英国式リフレクソロジーのクイーンズウェイ|目の疲れやドライアイにオススメ!眼精疲労に効果的なハンドリフレ
https://www.queensway-group.jp/yoikotolabo/2017/08/09/147
ダ・ヴィンチニュース|目を悪くする一番の原因は酸素不足! 7つのトレーニングで「ドライアイ」や「疲れ目」を改善!
https://ddnavi.com/news/338611/a/
ライフハッカー|簡単「耳ストレッチ」がデスクワーカーを救う
https://www.lifehacker.jp/2014/02/140210ear_stretching.html

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

眼精疲労

《鍼灸師監修》あなたにもきっと心当たりがあるはず!スマートフォン症候群の特徴と自分でできるツボ押しケア

《鍼灸師監修》あなたにもきっと心当たりがあるはず!スマートフォン症候群の特徴と自分でできるツボ押しケア

電話やメールなどの連絡やSNSのチェック、調べものからゲームまで、何でもスマホでできるようになった現代。家でも外出先でも、ずっとスマホにかじりついている方は少なくないことでしょう。

しかし、スマホの長時間利用は、眼精疲労肩こりなどさまざまな体の不調の原因に。これらの不調は総称して、“スマートフォン症候群”と呼ばれています。

「そうはいっても、スマホの使用時間を減らすなんて無理」という方のために、ツボ押しでこれらの症状を緩和する方法をご紹介!今回も、鍼灸師の高田先生に教えていただきました。

目の疲れも肩こりも……新現代病ともいうべき“スマートフォン症候群”とは?

スマホ症候群_02

スマートフォン症候群とは、スマホの使いすぎが原因の体の不調全般を指します。眼精疲労肩こり頭痛はもちろん、猫背ひじの痛み腱鞘炎なども含まれます。

また、姿勢が悪くなることで自律神経に異常をきたし、倦怠感や不眠症につながることも。こうなると、うつ病にも発展しかねません。つまり、考え方によっては、うつ病もスマートフォン症候群に分類されるのです。

「ちょっと目が疲れるくらいなら大したことない」「頭痛は痛み止めを飲めば治まるから大丈夫」などと侮っていると、日常生活を送れないくらいに体調を崩してしまうかもしれません。

スマートフォン症候群の症状を和らげるツボ5つ

スマートフォン症候群の対策としては、やはりスマホをいじる時間を減らすのがもっとも効果的。仕事などで時間の削減が難しい場合も、意識的に休憩をとり、長時間使い続けることのないようにしましょう。

また、症状に合わせてツボを刺激し、体にかかる負担を軽減してあげるのもおすすめ。今回は、スマートフォン症候群の中でも代表的な4つの症状について、刺激したいツボをご紹介します。

●眼精疲労

眼精疲労は、スマートフォン症候群の中でももっともポピュラーといえる症状でしょう。この対策として刺激したいツボは、『睛明(せいめい)』です。

スマホ症候群_03

睛明は目頭と鼻の中間地点にあるツボで、人差し指と親指で鼻をつまむようにして刺激します。眼球を傷つける危険があるため決して爪を立てず、また力をかけすぎないように注意してください。

●ドライアイ

これまた多くの方が悩まされている症状、ドライアイ。これには『四白(しはく)』という、瞳孔から指1本分くらい下にあるツボを刺激するのが効果的です。

スマホ症候群_04

写真のように人差し指を当てて、骨に向かってまっすぐ押します。このとき、指が滑って眼球を傷つけることがないように気をつけましょう。

●肩こり

眼精疲労の延長や、姿勢の問題で起こる肩こりには、『天柱(てんちゅう)』というツボを押してあげるのがよいでしょう。

スマホ症候群_05

天柱は、首の後ろの中央にある骨のくぼみから、指2本分ほど外側のところにあります。写真のように手で頭をかかえるようにし、親指で刺激するとよいでしょう。親指1本ではうまく力をかけられない方は、親指を当てたまま頭を後ろに倒してもOKです。

●スマホひじ

スマホを手に持った体勢を長く続けることで神経に負担がかかり、ひじがしびれたり痛んだりするのがスマホひじ。症状を緩和するためのツボは2つあります。

スマホ症候群_06

まず、手のひらを上にしてひじを伸ばしたときに内側(小指側)が痛む場合は、『少海(しょうかい)』というツボを刺激しましょう。少海は、ひじを曲げたときにできる横じわの小指側の端にあります。反対の手の親指を使い、痛気持ちいいと感じるくらいの強さで刺激しましょう。

また、手のひらを上にしてひじを伸ばしたときに外側(親指側)が痛む場合は、『曲池(きょくち)』というツボを押すのが効果的です。

スマホ症候群_07

曲池は少海の反対側、ひじを曲げたときにできる横じわの親指側で、ちょうど骨がくぼんでいるところにあります。押し方は少海と同じです。

現代人の多くは、毎日何時間もスマホを使用します。スマートフォン症候群は、決して“自分には関係のない話”ではないのです。体調を崩す前に、適度な休憩とツボ押しのセルフケアを実践してみてくださいね。

▼高田先生が監修しているそのほかの記事はコチラ!
美人鍼灸師に聞いてみた!モデルやタレントもハマる『美容鍼』のあれこれ
通勤中などのすきま時間に実践したい!疲れ目による視力の低下に効くツボ4選
高画質の大画面テレビや3D映画などで起こる「映像酔い」症状を緩和する3つのツボを鍼灸師が伝授!
偏頭痛の前兆『閃輝暗点(せんきあんてん)』が起きたら…3つのツボを刺激して症状&偏頭痛の負担を緩和しよう!
涙でアイメイクが落ちる女性必見!鍼灸師直伝の涙目を改善できるツボ

▼スマホの見すぎに要注意!
あなたも注意!デジアイ症候群!(ロート製薬 商品情報サイト)

<参考>
スマホの使いすぎで肩こり、頭痛、吐き気まで!?急増する「スマートフォン症候群」
http://eonet.jp/health/healthcare/health84.html

文/中島香菜
目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ