• HOME
  • 目のケア
  • 被災地や海外でも大活躍!眼科医療支援車両『ビジョンバン』とは?
アイケア

被災地や海外でも大活躍!眼科医療支援車両『ビジョンバン』とは?

被災地や海外でも大活躍!眼科医療支援車両『ビジョンバン』とは?

『Vision Van』は、2011年、東日本大震災の際に米国フロリダ州のマイアミ大学から空輸された、眼科医療を専門とする支援車両です。

被災地での救援活動に大きく貢献し、その後、国内でもVision Vanに倣った日本製ビジョンバンが作られました。ビジョンバンは、国内の被災地や眼科過疎地での医療支援のほか、フィリピンやパラオなど海外へも支援に赴いています。

今回はこのビジョンバンについて、その活動内容などを詳しくご紹介します。

ハリケーン「カトリーナ」に襲われた被災地での救援活動がはじまり

ビジョンバン_02

2005年8月末、米国南部をハリケーン・カトリーナが襲い、1,800人以上が死亡、約120万人が避難を強いられました。この災害の際、眼科医療支援のために作られた診療車が『Vision Van』です。

車両内には眼科の診療に必要な暗室や医療機器が搭載されており、緑内障や白内障、糖尿病性網膜症など、さまざまな眼疾患に対応することができます。

その後、2011年3月に日本で東日本大震災が起きました。このとき、慶應義塾大学医学部の坪田一男教授は、米マイアミ大学医学部のバスコム・パルマー眼科学研究所からVision Vanを借り受け、3ヶ月間にわたり被災地で移動診療を行う『“Mission Vision Van(ミッション・ビジョンバン)”プロジェクト』を立ち上げます。

Vision Vanは被災した各地を回り、宮城県などで3,700人を超える被災者の方に診療サービスを提供しました。このような大規模の眼科医療支援活動は、Vision Vanなしには行えなかったと考えられます。

災害時には命を救うための医療が最優先ですが、災害が起こってから時間が経つにつれ、「目が見えない・見えにくい」ことによる生活の不自由さが実感されてきます。

たとえば、メガネ、コンタクトレンズなどが手元になくなってしまったことから、テレビが見られない、新聞が読めないなど情報を得る手段が制限されてしまう人が出てきます。Vision Vanがあれば、こうした人たちへメガネやコンタクトを提供することが可能です。

また、緑内障などの眼疾患を抱える人は、目薬がないまま過ごしているうちに視力障害が進行するおそれもあります。しかし、暗室や専門の診療器具がない環境では打てる手は少なく、Vision Vanのような眼科医療を提供できる支援車両があることには、非常に大きな意味があるのです。

ビジョンバンの具体的な活動内容は?

東日本大震災におけるVision Vanの活躍が国内で高い評価を受け、日本でも有事の際に備えて、日本製ビジョンバンが誕生します。現在ビジョンバンは、大災害が起こったときのような有事の際のみでなく、眼科医過疎地域の医療支援などでも活躍しています。具体的には、次の5つのような活動を行っています。

1.眼科の総合健診や目の健康相談(仮設住宅団地、住民が多く集まる場所)
2.眼疾患について知ってもらうための啓発活動
3.眼疾患の疫学的調査
4.休日当番医のような役割(応急処置や地域医療機関への紹介)
5.日本全国で災害が起きたときの救援活動

平時の活動では保険診療を行わないため薬をもらうことはできませんが、ビジョンバンには眼科医のほか、眼科において臨床経験のある看護師、視能訓練士も同行し、精度の高い検査を受けることができます。

ビジョンバンでの検査で異常が指摘されたら、確定診断のために最寄りの医療機関でさらに詳しく検査を受け、必要な治療を受けることになります。

海外での医療支援活動も

“Mission Vision Van”プロジェクトは開始当初からアジアへの医療支援も視野に入れており、ビジョンバンは2014年にフィリピンの災害支援のため、2016年にはパラオ共和国へ“パシフィック・パートナーシップ”の医療支援のために派遣されています。

フィリピンは前年の2013年秋に超大型台風「ヨランダ(ハイエン)」によって大きな被害を受けました。ビジョンバンはレイテ島にて、10日間で約2,000人の診療を行いました。

パラオ共和国へは眼科医3名、看護師2名、視能訓練士2名、技師1名が派遣され、583名がビジョンバンで外来診療を受けることができました。

このように、ビジョンバンは国内外で多くの人々の目の健康を守っています。

いかがでしたか。今回は、東日本大震災の際にアメリカから運ばれてきた『Vision Van』の活動をご紹介しました。日本の眼科医が自分たちのビジョンバンを作り、また別の国の人々を支援する。このように支援の輪が広がっていくことは、とても素敵なことですね。

ビジョンバンの活動は、いつか日本が助けた地域からさらに広がっていくのかもしれません。

▼もしものときの災害に備えたい!というあなたにオススメの記事はこちら
9月1日は防災の日! 災害から目を守る防災グッズまとめ
【防災の日】もしもの時のために“メガネ”の備えはしていますか?

▼気になる目のトラブルはこちらをチェック!
目のトラブルについて~緑内障~(ロート製薬 商品情報サイト)
目のトラブルについて~白内障~(ロート製薬 商品情報サイト)

〈参考〉
ビジョンバン
http://www.visionvan.jp/
Vision Van(ビジョン・バン)がやってきた : SENDA MEDICAL CLINIC BLOG
http://ccrnet.exblog.jp/15294780/
ビジョンバンを、ヨランダ台風の被災地へ! 〜日本の眼科医療支援車両が、アジアでも活動開始なるか!?〜|経済界
http://net.keizaikai.co.jp/archives/4031
日本眼科学会:フィリピンでのビジョンバン活動報告(118巻10号)
http://www.nichigan.or.jp/member/rijikai/11810.jsp

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

読み物

海外で突然「目」の不調!そんな時に使えるトラベル英会話

海外で突然「目」の不調!そんな時に使えるトラベル英会話

海外旅行に出かけて、突然、目の不調に襲われた時、あなたはどのようにして相手に伝えますか?目に何らかの疾患を持っている人にとって、見知らぬ土地での突然の不調はパニックを引き起こすかもしれません。
そこで今回は、目のトラブルを伝えるための簡単な英会話表現をまとめてみました。

一般的な目の不調を伝えるには?

読者の皆さんは、日常的にどんな目の不調を感じることが多いでしょうか?
筆者の場合、緑内障と眼球振盪(眼振)という症状を持っています。いずれもパニックになるような症状ではありませんが、もし急性の緑内障発作が起こったとしたら、一時的に目が見えなくなることだってありえます。
もしそんなことが海外旅行中に起こったら、恐怖ですよね。そこでまずは、軽易な眼科系統の諸症状を英語でどう表現するのかについてまとめてみます。

目やに:eye mucus, eye discharge
例文:I have mucus coming out of my eyes.(目やにが出ます)

ものもらい:sty(e)
例文:I have a sty in my eye.(目にものもらいができました)

充血:bloodshot, inflamed
例文:My eyes are bloodshot.(目が充血しました)

かゆみ:itch, itching
例文:I have an itch on my eyes.(目がかゆいです)

まぶしい:sensitive to light
例文:My eyes are very sensitive to the light.(光にとても敏感です)

めまい:dizziness
例文:I feel dizzy.(めまいがします)

花粉症:allergy to pollen
例文:I have an allergy to pollen.(花粉症です)

上の例はごく一部に過ぎませんが、症状ごとに個別の対応を覚えるのは実践的ではないですよね。
基本的に、相手に眼の病であることを伝えるには「eye trouble(アイ トラボゥ)」、または「diseased eye(ディズィースト アイ)」をもちいれば伝わります。両目の不調の場合は、複数形の「eyes trouble」、または「diseased eyes」を使用します。それに加えて、現在の症状を伝えればいいわけです。

また個別の眼科疾患では、「結膜炎:conjunctivitis」、「白内障:cataract」などいくつもありますが、目に何かの疾患を持っている方の場合、個別の単語や例文をプリントアウトしたものを携行するなど、いざという時のために備えておいた方がいいかもしれません

これだけは覚えておきたい!必須のトラブル英会話

海外での目のトラブルの時にも、まずは医師に診てもらうことが先決です。目の不調に限らず、海外旅行でのトラブルには必ず必要となる言葉ですから、ぜひ覚えてください。

Please take me to the hospital.(病院へ連れていってください)
Excuse me. Can I see a doctor? (すみません、医者に診てほしいのですが)
Are there any Japanese doctors? (日本人の医師はいますか?)
Are there any Japanese speaking doctors? (日本語を話せる医師はいますか?)

英語圏では、特に眼科医のことを「ophthalmologist(オプタモゥジィスト)」と呼びますが、海外での体調不良にはプライマリケア・ドクターという幅広い知識を持つ医師のお世話になることも多いので、眼科医の受診ができない時には素直に「have sore eyes(目が痛いんです)」などのように症状を伝える方が早道かもしれません。

▼海外の眼医者さん事情についてなら、この記事もオススメ!
アメリカには“眼医者さん”が2種類!? 『眼科医』と『検眼医』の違いってどんなもの?

目に関する英会話_02

最後に、海外旅行に行かれる際には、海外旅行保険やクレジットカード付帯の旅行保険に必ず加入するようにしてください。サービスセンターで日本語の通じる病院を紹介してくれたり、支払いの手配を代行してくれたりと、なにかと頼りになりますよ!

▼日本とは異なる海外事情なら、このコラム!
目に関する“ことわざ”【2】 【外国語編】韓国語や英語にも“目”が一杯!?

“C”だけじゃなかった!?世界の『視力検査表』にまつわるトリビア

ただの“おしゃれ”や“かっこつけ”では なかった!? 欧米人の『サングラス事情』

【参考】
All About – 海外で病気になったとき………
http://allabout.co.jp/gm/gc/50377/?FM=compi_linkitem-4
All About – 病気のときに使える英語 英会話の例文つき表現一覧
http://allabout.co.jp/matome/cl000000006529/
エース保険の海外旅行保険 – 病気・怪我の英会話
http://www.acehoken.jp/english/#e010
ジェイアイ傷害保険 – 旅行医学
https://www.jihoken.co.jp/data/study/da_st_index.html

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ