• HOME
  • 目のケア
  • 生えてこないとあきらめないで!毎日のケアに取り入れられる眉毛の育て方
アイケア

生えてこないとあきらめないで!毎日のケアに取り入れられる眉毛の育て方

生えてこないとあきらめないで!毎日のケアに取り入れられる眉毛の育て方

太さや量、目との距離感次第で、目元はもちろん顔全体の印象にも大きく影響を与える眉毛。「加齢が原因なのか、いつの間にか眉毛が薄くなっていた……」「若いころに抜きすぎて眉毛が生えてこない!」と、眉毛にまつわる悩みを抱えている女性も多いかもしれません。

一度薄くなった眉毛も、適切なケアをしてあげればまた生えてくる可能性があります。そこで今回は、毎日実践できる眉毛の育て方をご紹介します。

眉毛も毛根が大事!まずはきちんと洗おう

眉毛の育て方_02

髪の毛やまつ毛もそうですが、毛の成長を促すためにはまず、毛穴をしっかり洗うことが大切です。特に、眉の毛穴は皮脂やメイクなどの汚れがたまりやすいために詰まりやすく、毛も生えにくくなります。

眉を洗うときのポイントは、垂れない程度の固めの泡で、逆毛を立てながら根元までしっかり洗うこと。35~37℃程度のぬるま湯を使うと毛穴が開き、毛穴の奥の汚れも丁寧に落とせます。

眉毛エクステをしている場合は、洗顔しすぎるとエクステのもちが悪くなってしまうので注意が必要です。特に油には弱いので、オイルクレンジングは使わないようにしましょう。

きれいに洗った眉にたっぷりの栄養を!

毛穴の奥までしっかりと汚れを落としたら、洗顔後すぐに眉毛専用の美容液育毛剤をつけて、眉毛に栄養を与えます。毛穴まで浸透させるために、美容液や育毛剤は逆毛を立てるようにつけるのがポイント。また、毛流れに沿って1本1本につけるよう意識すると、眉毛にハリやコシを与えられます。

眉毛専用の美容液を持っていない場合は、まつ毛専用の美容液で代用することも可能です。薄くなった部分だけでなく、眉毛が生えなくなったところにもつけるとよいですよ。

眉の周りをもみほぐして血流UP!

眉毛の育て方_03

眉周りが凝り固まってしまうと、血流が悪くなることで眉毛に栄養が行き届かず、毛が細くなったり眉毛に白髪がまじったりします。

指圧やマッサージで眉周りをほぐし、血流をよくして眉毛に栄養を届ける手助けをしましょう。ゴシゴシと皮膚をこするのではなく、指で眉をつまむようにするのがポイントです。

また、ブラシで軽く眉をなぞるようにブラッシングするのも、地肌へのほどよい刺激になります。さらに、血流UPにつながるため眉周りを温めるのも効果的。温かいアイマスクや蒸しタオルで目を休ませるときは、眉毛の周りまでしっかり覆ってケアしてみてください。

いかがでしたか?肌や髪の毛と同様、眉毛のケアも毎日行うことが肝要です。顔のお手入れのついでにできるので、ぜひ続けてみてください!

▼眉毛にまつわるトリビアはこちらの記事からチェック!
美人やイケメンは自分で作る時代!NO整形で目と眉毛を近づける裏技
見た目の7割は眉毛で決まる!ビジネスマン必見の眉毛の整え方

▼目元のオシャレについてはこちらもおすすめ!
可愛く盛るために何してる?“目もとオシャレ”トーク(ロート製薬 商品情報サイト)

(参考)
美的.com |アイブロウの達人が教える!眉毛の正しい育て方
https://www.biteki.com/skin-care/others/189735/2
日経ウーマンオンライン | まつ毛と眉毛が「伸びる、増える」正しいお手入れ法
http://wol.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/102600156/120100006/?P=3
予防医学のアンファーストア | まゆげ美容液
https://www.angfa-store.jp/brand/br_lp_eyebrow

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

読み物

江戸時代の女性も眉毛を描きわけていた!お江戸のアイメイク物語

江戸時代の女性も眉毛を描きわけていた!お江戸のアイメイク物語

現代女子の目元を盛るのに欠かせないアイメイクですが、実は江戸時代の女性もアイメイクを楽しんでいました。

今のように便利なメイク道具がなかった時代、江戸っ子たちはどのような手段でメイクを行っていたのでしょうか?知られざる江戸流アイメイクに迫ります。

顔のフォルムに合わせて眉毛を描きわけるのが江戸っ子のたしなみ

日本に入ってきた化粧文化が庶民の間で花開いた江戸時代――。それまで一部の上流階級にしか許されなかったメイクに垣根がなくなり、さまざまな身分の女性たちが思い思いにメイクを楽しむようになりました。そして、驚くことに、江戸時代の女性も顔の形に合わせて眉毛を描きわけていたそうです。

現代のようにペンシルやパウダーなどはありませんから、黒く腐った麦の穂をもんで粉にしたものや、行灯(あんどん)からとった油煙を使い、お手製の眉墨で眉を描いていました。

江戸_02

気になる眉毛の描き方ですが、江戸時代に大ベストセラーを記録した美容教本『都風俗化粧伝(みやこふうぞくけわいでん)』によれば、「丸顔の女性は細い三日月型の眉毛に、面長顔や顔が大きい女性は眉毛を太く短くすると格好がよい」と紹介されています。江戸の女性たちも自分に似合う眉毛を日々研究していたというわけです。

ただし、江戸時代の女性は結婚して妊娠がわかると眉を剃り落とすのが風習でした。顔立ちを引き締める役割の眉がなくなると一気に老け込んだ印象になるため、当時の女性たちには子どもを授かったうれしさ半面、複雑な思いもあったのかもしれません。

タレ目、ツリ目は不美人の証!?欠点を補うお江戸の修正メイクとは?

「色白は七難隠す」ということわざもあるように、江戸時代も白い肌が美人の条件でした。当時はまだ肌色という概念がなかったため、水銀や鉛を原料にした白粉を肌に重ね塗りすることで、白く透きとおった真珠のようなつや肌に仕上げるベースメイクが主流だったとか。

そして、ベースメイクの次に行うのがアイメイクだったそうです。江戸時代はタレ目やツリ目は不美人の証とされていたため、それらを修正するアイメイクが人気を集めていました。ここで『都風俗化粧伝』の中で紹介されている2大テクニックをご紹介します。

タレ目修正法【目の垂れ下がりを上げる伝】

1.眉を少し細く、眉尻が上がるように描く
2.まぶたの目尻側に紅をほんのりと塗る

ツリ目修正法【目のつり上がりを下げる伝】

江戸_03

1.下まぶたに紅をさっと塗る
2.眉は太く作ると格好がよい

当時はアイシャドウなどなかった時代です。そのため、白塗りの目元に赤色をさすことでタレ目やツリ目を修正し、眉毛の形を変えることで目元の欠点をたくみにカバーしていたのです。これは、現代のメイク本にも通じる内容だといえるでしょう。

奇しくも江戸時代に「おフェロメイク」が存在した!?

江戸_04

現代のアイメイクが「いかに目を大きく盛るか」がテーマなのに対し、江戸時代は「目はあまり大きすぎたるは見苦し」とあり、目が大きすぎる=不美人だったのです。そこで流行したのが、大きな目を細く見せるアイメイク術です。

そのメイク法は「まぶた全体に白粉を濃く塗り、まぶたからこめかみ、下まぶたにむかって薄く紅をさす」というものです。紅を広範囲に薄くぼかし、少しほろ酔いのような目元に見せることで、大きな瞳を目立たなくさせるのが狙いです。

このアイメイクは数年前に日本の若者の間で流行ったおフェロメイク(血色メイク)に似ているといわれています。

江戸時代のメイクカラーは白粉の白、眉墨の黒、口紅の赤のわずか3色でしたが、女性たちが知恵と工夫に満ちたメイクをしていたことがよくわかります。今も昔も、女性の美に対する探究心は変わらないのです。

▼まだまだあります!読んで役立つアイメイク今昔物語はコチラ
可愛く盛るために何してる?“目もとオシャレ”トーク(ロート製薬 商品情報サイト)
クレオパトラのド派手なアイメイク、その意外すぎる役割とは?
目元の美しさにかける女性の努力の集大成!100年分の流行アイメイクの歴史
楽してかわいいアイメイクの秘密!今さら聞けない?まつげエクステのすべて

〈参考〉
江戸時代にもアイメイクはあった? 二重まぶた・目なら美容外科、美容整形の城本クリニック
https://www.shiromoto.to/ct/eye/column/007.php
化粧文化Q&A Q10|便利なメーク品がない江戸時代、何で眉を描いていたの?
http://www.po-holdings.co.jp/csr/culture/bunken/qa/10.html
化粧文化Q&A Q11|マスカラにつけまつ毛 いったい、いつからしているの?
http://www.po-holdings.co.jp/csr/culture/bunken/qa/11.html
化粧文化Q&A Q20|アイシャドーっていつから使われているんですか?
http://www.po-holdings.co.jp/csr/culture/bunken/qa/20.html
化粧文化Q&A  Q51|江戸時代にも、アイメークってあったのですか?
http://www.po-holdings.co.jp/csr/culture/bunken/qa/51.html
『化粧の日本史 美意識の移りかわり』山村博美著/吉川弘文館
『江戸の化粧』渡辺信一郎著/平凡社新書

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ