• HOME
  • 目のケア
  • 相次ぐ高齢ドライバーの交通事故!目の老化にともなうリスクと予防法
老眼

相次ぐ高齢ドライバーの交通事故!目の老化にともなうリスクと予防法

相次ぐ高齢ドライバーの交通事故!目の老化にともなうリスクと予防法

人間は世の中の情報の80%以上を視覚から得ているといわれています。そのため、加齢による視力低下は、さまざまなトラブルを引き寄せてしまいます。その代表格が、視覚機能の低下によって頻発している高齢ドライバーの交通事故です。

今回は高齢者にスポットを当て、目の老化にともなうリスクと予防法についてご紹介します。

目の老化が交通事故の発生リスクを増大させる

総務省統計局の調査によると、2017年(9月15日現在)の日本における65歳以上の高齢者人口は3,514万人。これは、総人口の27.7%を占める数字であり、過去最多となっています。今後も高齢化は進み、2040年には35.3%にまで達すると推測されています。

そんな中、高齢ドライバーが加害者となる交通事故が大きな社会問題となっています。交通事故の総件数は減少傾向にある一方で、高齢者による交通事故の割合は年々増加し、2016年度は総件数の22.3%(都内)を占めるほど増えてしまったのです。

高齢者の視力_02

高齢ドライバーの主な事故原因は、わき見や考えごとなどをしていたために起こる「不注意」「発見の遅れ」とされていますが、問題はそれだけではありません。「加齢による視覚をはじめとした認知機能全体の低下」によって、対象物の見落としや反応の遅れなども発生しやすくなるのです。

高齢者で特に低下しやすいとされる視覚機能は、次の3つです。

1.運転中に動く対象物を見極めるために必要な「動体視力」
2.暗いトンネルから明るい場所に出たときの明暗差に適応する「明暗順応」
3.両眼をバランスよく使って対象物との車間距離を把握する「深視力」

また、運転歴の長い方ほど、「目は悪くなったけど、何十年も運転しているから大丈夫」と自分の能力を過信しやすいものです。目の機能は年齢とともに必ず衰える、そして、若い頃と同じように見ることはできない、という2点を忘れず、緊張感を持って運転することが大切です。

高齢者の視力低下が認知症のきっかけになることも

高齢者の視力_03

高齢者になると増えるもう1つの事故は、「転倒」です。加齢による筋力の低下や歩行障害もさることながら、それ以上に視力の低下が大きな要因となっています。

目のピント調整機能や動体視力が衰えることで体のバランス感覚が保てず、その情報が脳に伝わるまでにも時間がかかり、倒れやすくなってしまうのです。

高齢者の視力_04

このように視覚と脳は非常に関係が深いことから、高齢者の視力低下が認知症のきっかけになることも近年の研究でわかっています。

アメリカの疫学雑誌に記載された、71歳の高齢者625人を対象とした約10年におよぶ追跡調査の結果によると、視力が「きわめてよい」「とてもよい」と回答したグループは、異なる回答をしたグループよりも認知症のリスクが63%低く、眼科を受診した経験のあるグループは、そうでないグループよりも認知症のリスクが64%低いことがわかっています。

この調査結果により、視力の低下をあきらめて放置した高齢者は、さまざまな活動によって脳が活性化する機会が失われ、認知症を引き起こしやすくなる可能性があることが判明したのです。

若いうちからはじめたい!目の老化対策

加齢による視力の低下は誰にでも起こる老化現象のひとつですが、実年齢よりも若く見える方がいるように、目の老化スピードを遅らせることは可能です。具体的な予防法はこちらです。

●サングラス、帽子、日傘を使って紫外線を避ける

高齢者の視力_05

目の中にある水晶体は紫外線を受けると、フリーラジカルの一種である活性酸素を発生させます。その結果、水晶体が弾力を失って硬くなり、老化スピードが速まります。

年間を通じて紫外線対策をするのがベストですが、紫外線量が多くなる5~7月の3ヶ月間だけでも徹底した対策を行いましょう。

●見たい距離に合わせた老眼鏡を用意する

若い頃から視力がよかった方は、老眼がはじまっても老眼鏡を拒否するケースが多いそうです。しかし、がんばって目の焦点を合わせようとする行為は目の酷使につながり、かえって目の老化を早めてしまいます。

高齢者になる前から目の負担を軽くすることが、老化の抑止力となるのです。目を疲れさせないためにも、デスクワークのときに使う仕事用、車を運転するときに使う運転用という具合に、見たい距離に合わせて複数の老眼鏡を持てれば完璧です。

●緑黄色野菜を積極的に摂る

高齢者の視力_06

目の老化防止には、体を酸化させないことが大切です。そのためには、抗酸化物質として働く栄養素であるβ-カロテン、ビタミンB群、ビタミンC、ルテインなどを積極的に摂るのがおすすめです。ほうれん草、にんじん、かぼちゃ、ブロッコリーなどの緑黄色野菜に豊富に含まれています。

加齢による視力の低下は、生活の質(Quality of Life)の低下に直結します。少しでも見え方に違和感を覚えたら、目の健康を見直すチャンスです。早めに眼科を受診して、目の状態をチェックしてもらいましょう。

▼加齢の影響で起こりやすい目のトラブルはコチラ
年齢とともに起こる目の機能低下とは?(ロート製薬 商品情報サイト)
高齢者に見えにくい色って?知っておきたい“色覚低下”の豆知識
寒い季節はご用心!冬場に増える目のトラブル『眼底出血』とは?
本当のところどうなの! 眼科医がおしえる正しい老眼との付き合い方

〈参考〉
高齢者の転倒の危険性とは?原因を把握して寝たきりになるのを防ごう 知っておきたい介護の知識
https://www.irs.jp/article/?p=509
特集1:眼の老化とその影響 | メガネスーパー 眼鏡(めがね、メガネ),コンタクト,サングラス,補聴器販売
https://www.meganesuper.co.jp/news-letter/1505-feat1/
特集:眼の老化は、交通事故のリスクを増大させる! 高齢運転者の交通事故と眼の老化対策の重要性 | メガネスーパー 眼鏡(めがね、メガネ),コンタクト,サングラス,補聴器販売
https://www.meganesuper.co.jp/news-letter/1612-feat/
防ごう!高齢者の交通事故! 警視庁
http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/kotsu/jikoboshi/koreisha/koreijiko.html
統計トピックスNo.103 統計からみた我が国の高齢者(65歳以上)-「敬老の日」にちなんで- > 1.高齢者の人口
http://www.stat.go.jp/data/topics/topi1031.htm
『眼科医が教える 目の衰え・疲れ目がスッキリする本』吉野健一著/PHP研究所

みんなに質問!目のこと教えて☆
Q1 / 6

(年齢とともに) 最近、目が疲れやすくなったり、本や新聞を読みにくいなど目のかすみを感じることはありますか?

Loading ... Loading ...
Q2 / 6

年齢による目の変化を感じるのはどのような時ですか?(複数回答可)

Loading ... Loading ...
Q3 / 6

年齢とともに、細胞活性力が衰え、涙の分泌量が低下したり、ピント調節筋が凝り固まって機能しなくなることをご存知でしたか?

Loading ... Loading ...
Q4 / 6

年齢による目の機能の衰えからくる疲れやかすみ(目やにの多い時など)には、目の代謝をアップすることが大切なのをご存知でしたか?

Loading ... Loading ...
Q5 / 6

「Vアクティブ」は目(角膜)の代謝を促進し、年齢で衰える瞳の回復力を高めることをご存知でしたか?

Loading ... Loading ...
Q6 / 6

老眼が始まっていると感じていますか?

Loading ... Loading ...
結果
Q1

(年齢とともに) 最近、目が疲れやすくなったり、本や新聞を読みにくいなど目のかすみを感じることはありますか?

  • はい
    91%
  • いいえ
    9%
Loading ... Loading ...
Q2

年齢による目の変化を感じるのはどのような時ですか?(複数回答可)

  • 本や新聞などの文字が読みにくくなった
    23%
  • 景色がぼやけるようになった
    14%
  • 目がすぐ疲れたり、常に疲れていて、なかなか回復しない
    23%
  • 夕方になると、目が乾いてしょぼしょぼする
    16%
  • PCやスマホの文字が読みづらい
    19%
  • 色が微妙に違って見えたり、鮮やかに見えない
    5%
Loading ... Loading ...
Q3

年齢とともに、細胞活性力が衰え、涙の分泌量が低下したり、ピント調節筋が凝り固まって機能しなくなることをご存知でしたか?

  • はい
    64%
  • いいえ
    36%
Loading ... Loading ...
Q4

年齢による目の機能の衰えからくる疲れやかすみ(目やにの多い時など)には、目の代謝をアップすることが大切なのをご存知でしたか?

  • はい
    42%
  • いいえ
    58%
Loading ... Loading ...
Q5

「Vアクティブ」は目(角膜)の代謝を促進し、年齢で衰える瞳の回復力を高めることをご存知でしたか?

  • はい
    12%
  • いいえ
    88%
Loading ... Loading ...
Q6

老眼が始まっていると感じていますか?

  • はい
    71%
  • いいえ
    29%
Loading ... Loading ...

ものが見えづらいのは年齢のせい?加齢による目の疲れが気になったら!

\年齢などによる疲れ目におすすめの目薬/
年齢などによる疲れ目、かすみ目なら『ロートVアクティブ』にお任せ!
年齢などによる疲れ目、かすみ目なら『ロートVアクティブ』にお任せ!
目がかすむ、ものが見えづらい…など加齢等による目の悩みには『ロートVアクティブ』が効果的!ピント調節機能や角膜の代謝促進を高める成分配合で、老後も元気に楽しみたいアクティブシニア世代におすすめの目薬です。

※質問や結果がうまく表示されない場合は、ページを更新してください。

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

診断

中高年になると増える目の病気
『加齢黄斑変性症』セルフチェック

中高年になると増える目の病気<br>『加齢黄斑変性症』セルフチェック

日本ではあまりなじみのなかった目の病気、『加齢黄斑変性症』が年々急増しています。片方の目から症状が起こるために非常に見落としがちなこの病気、実は簡単に自分でチェックする方法があるのです。

▼『加齢黄斑変性』の詳しい記事はコチラ
欧米では失明原因の第1位!日本人にも増殖中の『加齢黄斑変性』ってどんな病気!?

50歳以上の80人に1人が発症!早期発見するにはセルフチェックを

『加齢黄斑変性症』は、アメリカでは成人の失明原因のトップを占める病気です。これまで日本では少ない病気だと考えられていましたが、社会全体の高齢化や食生活の欧米化により年々急増しています。最近では50歳以上の1.2%(80人に1人)が患っているとも言われ、中高年にとっては他人事ではない病気です。

この加齢黄斑変性症を早期に発見するためには、日ごろからのセルフチェックが大切です。あなたの普段の見え方を思い出しながら、次の3項目をチェックしてみましょう。

【加齢黄斑変性症/視界チェックリスト】

その1・・・物がゆがんでみえる

(例)人の顔を正面から見ると、鼻の周辺がゆがんでみえる。

その2・・・視野の中心がぼやける

(例)人の顔を正面から見ると、鼻や目の辺りが判別しにくくなる。

その3・・・視野の中心が黒ずむ

(例)人の顔を正面から見ると、鼻の周辺が暗く、見えにくくなる。

この3つは、加齢黄斑変性症の代表的な症状です。ひとつでも当てはまる項目がある人は、加齢黄斑変性症の可能性があります。

見るだけでわかる!超簡単な『アムスラーチャートテスト』

加齢黄班変性症の3大症状にひとつでも当てはまった人は、次に『アムスラーチャートテスト』をおこなってみましょう。

●アムスラーテストとは?
アムスラーチャートと呼ばれる碁盤の目のような図を使った視野検査の一種。見え方をチェックするだけで、加齢黄斑変性症の早期発見につながります。

amsler_02
出典:Retina Specialists−Screening for eye diseases

① アムスラーチャートを用紙に印刷して、壁に貼り付ける。
  (※またはPC画面に表示する)
② 用紙から約30センチ離れる。
  (※またはPC画面から30センチ離れる)
③ 右目を右手で覆い、左目のみで表の中央にある黒い点を見つめる。
④ 右目も同様におこなう。

※注意点※
・普段、メガネや老眼鏡をかけている人は装着したままおこなう。
・両目同時におこなうのではなく、必ず片目ずつチェックをおこなう。

いかがでしたか?
下記の画像のように、チャートが薄暗く見えたり、ゆがんで見えたり、欠けて見えたりする場合には加齢黄斑変性症の可能性があるので要注意!早めの眼科受診をおすすめします。

amsler_03
出典:Irregular Webcomic!−Eye check

amsler_04
出典:J.L.McAteer−Eye Problems

加齢黄班変性症の治療が遅れると、日常生活すら困難になることも…

加齢黄斑変性症は進行するほど治療が困難になるため、早期発見が何よりも大切です。とはいえ、30~40代の男性にはいまいちピンとこないかもしれません。
そこで『加齢黄斑変性症ドットコム』に寄せられた患者さんの体験談の一部をご紹介します。

【高橋さん(仮名)75歳】
■40歳で左目に、68歳で右目に発症

“昨日まで見えていたところが見えなくなっている。そうやって、毎日だんだん見えなくなっているということが明らかになるので、焦ったわけですね”

出典:加齢黄班変性症ドットコム−患者さんの体験談

“両眼が歪んでぼやけている状態では水平や直線がわからないので、普段は足元にも気をつけていたんですが、家のことでバタバタしているときに、うっかり足を変な角度に下ろして転んでしまい、骨折しました”

出典:加齢黄班変性症ドットコム−患者さんの体験談

“食事も工夫しています。お子さんが給食で使うような、仕切りつきのお皿で出すんです。お皿をいくつも並べると、見えないためにまったく手をつけていないお皿とかが出てくるんです。だから、仕切りつきのお皿におかずを全部乗せるんですが、それでもおかずが乗っているのに気付かないことがあります。いつも同じところを食べるのでね”

出典:加齢黄班変性症ドットコム−患者さんの体験談

このように、加齢黄斑変性症が進行してしまうと、足元がよく見えずに転んでしまったり、テーブルの上のお皿が見えず、うまく食事ができないなど、普通の日常生活が困難になってしまいます。

自分だけは大丈夫と過信せず、50歳を過ぎたら定期的なセルフチェックを習慣にしましょう。あなたの目は、何物にも変えられない一生の“視産”なのですから。

▼目もアンチエイジング!
加齢黄斑変性とは?(ロート製薬 商品情報サイト)

【参考】
加齢黄班ドットコム−自己チェック http://www.kareiouhan.com/selfcheck/
『これで安心!中高年の目の病気~白内障・緑内障・加齢黄斑変性など』湯澤美都子/監修、服部隆幸/監修(高橋書店)
amsler_05

btn_v5'

1分間ですっきり!疲れ目解消のツボ

目頭と鼻の間の『睛明(せいめい)』、眉頭の『攅竹(さんちく)』、眉尻と目尻の間から親指1本分うしろのへこんだところ、こめかみのあたりには『太陽(たいよう)』の3つは目の疲れを軽減してくれるツボです。
「目が疲れたな」と感じたら、指の腹でこれらのツボをゆっくりと、5秒ずつ押してみてください!

tetrachromacy2_02
疲れ目解消のツボについて、詳しくはこちら!

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ