• HOME
  • 目のケア
  • 噂の真偽はいかに!目がいい人ほど早く老眼になりやすいって本当?
老眼

噂の真偽はいかに!目がいい人ほど早く老眼になりやすいって本当?

噂の真偽はいかに!目がいい人ほど早く老眼になりやすいって本当?

「目がいい人ほど老眼になりやすい」とはよくいわれることですが、本当にそうなのでしょうか?

老眼とはどのような状態をいい、どのようにしてはじまるのか。老眼の症状ウワサの真偽について確認してみましょう!

老眼は加齢とともにピントが合わせづらくなることが原因

老眼とは、『老視』を俗に呼んだものです。加齢とともに目のピント調節機能(水晶体の周辺にある筋肉などのはたらき)が衰えた結果、近くが見えにくくなることを老視といいます。

機能が衰える早さには個人差もありますが、40代半ば頃から、近くを見るときに目が疲れるなどの不快な症状を自覚しはじめます。そして、60歳前後に視力が安定するようになります。

目のピント調節機能が維持できなくなるのは加齢によるものですから、視力のいい人も悪い人も、等しく老眼は進行していきます。つまり、「視力が悪い人、近視の人は老眼にならない」というのは誤りなのです。では、「目がいい人ほど早く老眼になる」といわれることが多いのはなぜでしょうか?

視力が悪い人、近視の人は老眼の進行に気がつきにくい

老眼_02

視力の悪い人は近視ぎみであり、もともと近くにはピントが合いやすい状態です。そのため、通常より老眼に気がつきにくいといえます。

一方、視力1.5をずっと保ってきたような「目がいい」といわれる人は、もともと遠視ぎみ。視力の悪い人と比べ、近くのものを見るときにより目のピント調節機能を酷使します。そのため、近くを見るときに目が疲れやすく、視力の悪い人(近視の人)が自覚しない程度でも、目のピント調節機能の変化に気がつきやすいのです。

このように、「自覚する」ということについていえば、「視力がいい人(遠視ぎみの人)ほど早く」、「視力が悪い人(近視ぎみの人)ほど遅く」老眼を意識しやすいといえます。そのため、相対的な感覚から「目がいい人ほど早く老眼になる」といわれるようになったのでしょう。

いかがでしたか?老眼は、遅かれ早かれ誰もがなってしまうもの。老眼についての正しい知識を持って、上手に付き合っていきたいですね。

▼『老眼』が気になるあなたにオススメの記事はこちら!
目の老化について(ロート製薬 商品情報サイト)
これって老眼のサイン? 自分でできる老眼チェック法
老眼鏡をかける前にお試しあれ!老眼改善トレーニング3選
今日の献立はコレで決まり! 老眼予防・ケアができる理想のレシピ
本当のところどうなの!? 眼科医がおしえる正しい老眼との付き合い方

〈参考〉
日本眼科学会:目の病気 老視
http://www.nichigan.or.jp/public/disease/hoka_roshi.jsp
視力が良い人ほど老眼になるのが早いと聞きますが、本当ですか? | 【公式】神戸神奈川アイクリニック
http://www.kobe-kanagawa.jp/faq/rogan/003640/
沖中眼科 | 遠視と老眼
http://www.okinaka-eye.com/column/enshi.html
その症状、老眼かも 早めの対策で快適に|ヘルスUP|NIKKEI
https://style.nikkei.com/article/DGXNASFK2400C_U3A420C1000000?channel=DF140920160920&style=1

みんなに質問!目のこと教えて☆
Q1 / 5

見る力は年齢とともに衰えていくことをご存知ですか?

Loading ... Loading ...
Q2 / 5

見る力の衰えから来る一つの病気として、加齢性黄斑変性という病名をご存知ですか?

Loading ... Loading ...
Q3 / 5

加齢性黄斑変性の予防として、ルテイン、ゼアキサンチンも有効であることをご存知ですか? ※ルテイン、ゼアキサンチンは、網膜に内側から働きかけ、見る力をサポートすると言われています。

Loading ... Loading ...
Q4 / 5

ルテイン、ゼアキサンチンをサプリメントとして補える商品として、「ロートV5粒」があることをご存じでしたか?

Loading ... Loading ...
Q5 / 5

以下、「ロートV5粒」を購入いただいた方から送られてきたメッセージです。「ロートV5粒」について魅力的に感じたものを教えてください。(複数回答可)

Loading ... Loading ...
結果
Q1

見る力は年齢とともに衰えていくことをご存知ですか?

  • はい
    94%
  • いいえ
    6%
Loading ... Loading ...
Q2

見る力の衰えから来る一つの病気として、加齢性黄斑変性という病名をご存知ですか?

  • はい
    46%
  • いいえ
    54%
Loading ... Loading ...
Q3

加齢性黄斑変性の予防として、ルテイン、ゼアキサンチンも有効であることをご存知ですか? ※ルテイン、ゼアキサンチンは、網膜に内側から働きかけ、見る力をサポートすると言われています。

  • はい
    30%
  • いいえ
    70%
Loading ... Loading ...
Q4

ルテイン、ゼアキサンチンをサプリメントとして補える商品として、「ロートV5粒」があることをご存じでしたか?

  • はい
    12%
  • いいえ
    88%
Loading ... Loading ...
Q5

以下、「ロートV5粒」を購入いただいた方から送られてきたメッセージです。「ロートV5粒」について魅力的に感じたものを教えてください。(複数回答可)

  • ロートV5粒を飲み始めて、視界がくっきりと感じて、たとえば新聞を読む時にあまり苦労なく読めた気がしました。また、スマートフォンの画面がくっきり見やすかったです(60代男性)
    48%
  • ロートV5粒を飲んでいると、見る力の衰えを感じることが少なかったです。気持ちが軽くなりました。小さなカプセルで喉にひっかかることもなく、飲むタイミングも自由なので気軽に続けてみたいと思います。(50代女性)
    21%
  • 1日1粒で、水でさっと飲みほせて良いと思います。パソコンの画面から細かい書類に目を移したり、新聞に目をやったりする時に視界がクリアに感じました。気持ち的にも前向きになりました。(40代男性)
    42%
  • ロートV5粒を飲み始めて視界がくっきりして見えました。見る力の低下を感じなかった気がしました。(50代男性)
    21%
  • 飲み始めて、小さな文字や携帯電話のメール、お琴の譜面などがくっきり見え、負担に感じなくなりました。うんざりしなくなって、気分的に楽しいです。(50代女性)
    25%
  • 飲んでいて、針に糸を通すのに、よく失敗していたのが、1回で通すことができたので驚きました。テレビを見てもぼやけが少し減ってきた気がします。クリアというか、焦点が合っている。くっきりシャープな感じに見え、確かに違うと感じました。(60代女性)
    39%
Loading ... Loading ...

「見る力」をサポートしてくれるサプリメントがあるの☆

\目の健康が気になる方におすすめ/
『ロートV5粒』でクリアな視界を手に入れよう!
『ロートV5粒』でクリアな視界を手に入れよう!
「見る力」は年齢とともに低下します。網膜に働きかけ、目の機能維持に必要なルテインやゼアキサンチンを摂取するにはサプリメントが効果的です。『ロートV5粒』なら1日1粒飲むだけなので、忙しい人でも継続して目のケアができますね。

※質問や結果がうまく表示されない場合は、ページを更新してください。

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

老眼

【30代注目】今から遠近両用メガネを活用すれば、老眼に悩まされない人生を手に入れられる!?

【30代注目】今から遠近両用メガネを活用すれば、老眼に悩まされない人生を手に入れられる!?

突然ですが、あなたは“遠近両用メガネ”に対してどんなイメージを持っていますか?「老眼がはじまった中高年の方が使うもの」と考えている方は多いことでしょう。しかし、その認識は大きな誤り。遠近両用メガネは、老眼がはじまる前に使いはじめるべきアイテムなのです。

「若いうちから遠近両用メガネを使うことで、老眼による症状に悩まされることはなくなりますよ」と語るのは、眼科医の梶田先生。これは一体、どういうことなのでしょうか?

若いうちから遠近両用メガネを使えば、老眼の症状を意識しないで済む

老眼_02

中高年になって初めて遠近両用メガネを使いはじめる方の中には、どうしても違和感を覚えてしまって、使い続けられない方が少なからずいる……梶田先生はそう教えてくれました。

「補助輪のない自転車に乗ることを想像してみてください。誰もがいきなり乗りこなせるものではないですよね。きちんと訓練することで、体が徐々に慣れていき、いつしか自然と使えるようになります。遠近両用メガネも、これと同じ。裸眼と比べるとやはり多少の違和感があるので、慣れる期間が必要です」。

では、この遠近両用メガネに慣れるための期間を、老眼がはじまる前に設定したらどうなるでしょうか?遠近両用メガネをきちんと使えれば、老眼で不自由な思いをすることはありません。つまり、早いうちから訓練しておけば、老眼に悩まされる時期がなくなるのです。

名前に惑わされないで!老眼がはじまるのは35歳頃から

老眼_03

みなさんは、老眼がはじまるのはいつ頃だと思いますか?その答えは、なんと35歳頃なのです。

「“老眼”という名前のせいか、多くの方が50~60代頃にはじまると思っているようですが、実は35歳頃にはすでに症状が現れます。なにしろ、ちょっと前まで人間の寿命はこんなに長くありませんでしたからね。医療の進歩によって80歳まで生きることも珍しくなくなりましたが、決して人間の身体機能が向上したわけではありません」。

つまり、老眼による悩みと無縁の人生を送りたいなら、30代から遠近両用メガネを使いはじめるのがベストということになります。

とはいっても、35歳から急にひどい老眼になるわけではありません。早いに越したことはありませんが、45歳頃までに遠近両用メガネを使いはじめれば、問題なく定着するだろうと梶田先生はいいます。

遠近両用メガネでできるのは将来への備えだけじゃない!

老眼_04

「老眼に悩まされないためとはいえ、問題なく見えている30代から備えるのはちょっと……」と思った方もいるでしょう。しかし梶田先生は、現代は若い人にこそ遠近両用メガネが必要と言い切ります。

なぜなら遠近両用メガネは、目のピント調節機能をアシストできるからです。

「パソコンやスマホを手放せない現代では、想像以上に大きな負荷が目にかかっています。近くにピントを合わせっぱなしにすることで、毛様体筋という部分がガチガチになるんですよ。対象との距離に合わせて度数を変えられる遠近両用メガネなら、この問題を解消できます。ハードなデスクワークに取り組む方なら、20代から使いはじめても早すぎることはありません。最近では加入度数が弱いレンズも多く販売されているので、自分にぴったりのものを作れますよ」。

若いうちから遠近両用メガネを使えば、老眼に悩まされる期間をつくらないだけでなく、まさに今目にかかっている負担を軽減できるのです。

「“見える”と“疲れない”は別物です。自分はまだまだ若いなどと意地を張って、遠近両用メガネを使わず、結果的に目の疲れや肩凝りに悩まされるなんてナンセンス。ぜひ遠近両用メガネで体にラクをさせてあげて、いい仕事をしてくださいね」。

“見る”という行為は、生きていくうえで非常に重要な意味を持っています。目から入ってくる情報が知覚の80%以上を構成していることからも、その重要性がわかるでしょう。

梶田先生によると、老眼のせいで“見ること”が満足にできなくなった人の多くは、急に老け込んでしまうそう。認知症にかかるリスクも向上するのだとか……。

老眼に悩まされないための対策は、すなわち健康に生きるための対策です。ぜひあなたも、遠近両用メガネを上手に活用してください!

▼梶田先生が監修したそのほかの記事はコチラ!
目の疲れに悩むすべての方、必見!35歳からの「疲れ目世代」を救う累進屈折力レンズってどんなもの?
欧米では失明原因の第1位!日本人にも 増殖中の『加齢黄斑変性』ってどんな病気!?
加齢とともに起こる「見る力の衰え」! 機能低下を引き起こす5大原因に迫る
目の疲れは“自律神経の乱れ”! 眼科医がひも解く目と脳の不思議な関係①
見えるも見えないも脳次第!?眼科医がひも解く目と脳の不思議な関係②

▼老眼について、あなたはどのくらい知っていますか?
目の老化について(ロート製薬 商品情報サイト)

文/中島香菜
目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ