• HOME
  • 目のケア
  • たった1分で目がスッキリ! 疲れ目に効く『眼ヨガ』を試してみた!
眼精疲労

たった1分で目がスッキリ! 疲れ目に効く『眼ヨガ』を試してみた!

たった1分で目がスッキリ! 疲れ目に効く『眼ヨガ』を試してみた!

一日の大半をパソコンやスマホと向き合う現代人の目は筋肉がこわばり、疲れきっています。そのこわばった眼筋を本来の状態に戻すのが、今話題の『眼ヨガ』。ヨガ経験がなくてもできるのでしょうか?ヨガ初心者である筆者が試してみました。

まずは目の緊張を緩める!目のリラックス法に挑戦

一日中働きっぱなしの目は、常に緊張している状態です。自分自身で目の緊張を自覚したうえで緩める『目のリラックス法』から始めてみました。

meyoga_02

①:左右の手のひらをこすり合わせて温める。

②:手のひらをお椀のような形にして、両眼を覆う。
※このとき、手のひらの中心が眼球の上にくるように。

③:ゆっくりと鼻から息を吸い、口から息を吐く。
手のひらから目に“気”を吸い込み、口から“疲れ”を吐き出すようなイメージで。
これを10回くり返す。

拍子抜けするほど簡単な呼吸法ですが、深呼吸をくり返すうちに目の周りがじんわりと温かくなってきました。終わって目を開けると、重かったまぶたも軽くなったような気がします。イスに座ったままできるので、仕事の合間のリフレッシュにオススメです。

目に光をとり入れて視界クリアに!ひざ立て起き上がりのポーズ

お次は全身を使ったメソッドです。疲れ目に効くふたつのツボを刺激しながら上半身を上げ下げするヨガポーズを試してみました。

meyoga_03

【ツボの説明】
●こめかみ…目に光をとり入れやすくするツボ。
●耳たぶのすぐ下…目の神経を覚醒させて視界をクリアにするツボ。

①:ひざを立てて両足を床につけ、仰向けになる。両手の親指で耳たぶのすぐ下のツボを、両手の中指でこめかみに圧をかける。

②:ツボへの圧をかけたまま鼻から息を吸い、口から吐きながら上半身を起こす。

③:再び鼻から息を吸い、口から吐きながら上半身を床に下ろす。これを数回くり返す。

腹筋が得意な人は余裕だと思いますが、慢性的な運動不足の筆者にはキツいポーズでした。
たったの3回で額に汗がにじんだほどです。しかし、つらい反面、視界はクッキリと明るくなりました。目が疲れてくる夕方以降におこなえば、クリアな視界で残業にのぞめるでしょう。

頸椎の歪みを整え眼精疲労を解消!コブラのポーズ

背筋と目は遠く離れていますが、背筋が弱ると頸椎(けいつい)が歪みやすくなり、その影響から目が非常に疲れやすくなるそうです。最後は、眼精疲労に効果的なコブラのポーズに挑戦しました。

meyoga_04

①:肩甲骨を寄せ、ひじを曲げた状態でうつぶせになる。つま先を立てて、アキレス腱をしっかり伸ばすのがポイント。

②:鼻から息を吸って口から吐きながら、上半身を反らせる。このときの目はできるだけ上を見ること。

③:再び鼻から息を吸って口から吐きながら、上半身をゆっくり左に曲げる。顔と目を可能な限り、左に向けること。この③の動きを左右交互に数回くり返す。

長時間パソコンの前に座っていると、知らず知らずのうちに猫背になっていませんか?そんなときこそ、このポーズ。背筋がビリビリとしびれるほど血流がよくなり、目に新鮮な血液が送り込まれるため、目の疲れがやわらぎます。実際に試した筆者は、疲れ目と肩こりから解放されて気分爽快でした!

数ある眼ヨガのメソッドの中から、簡単かつ即効性のあるヨガポーズをご紹介しました。
仕事が山積みで目を休めるヒマがない…。そんなときこそお試しを!

【参考】
『眼ヨガ』龍村 修/著(日貿出版社) amazon

みんなに質問!目のこと教えて☆
Q1 / 6

(年齢とともに) 最近、目が疲れやすくなったり、本や新聞を読みにくいなど目のかすみを感じることはありますか?

Loading ... Loading ...
Q2 / 6

年齢による目の変化を感じるのはどのような時ですか?(複数回答可)

Loading ... Loading ...
Q3 / 6

年齢とともに、細胞活性力が衰え、涙の分泌量が低下したり、ピント調節筋が凝り固まって機能しなくなることをご存知でしたか?

Loading ... Loading ...
Q4 / 6

年齢による目の機能の衰えからくる疲れやかすみ(目やにの多い時など)には、目の代謝をアップすることが大切なのをご存知でしたか?

Loading ... Loading ...
Q5 / 6

「Vアクティブ」は目(角膜)の代謝を促進し、年齢で衰える瞳の回復力を高めることをご存知でしたか?

Loading ... Loading ...
Q6 / 6

老眼が始まっていると感じていますか?

Loading ... Loading ...
結果
Q1

(年齢とともに) 最近、目が疲れやすくなったり、本や新聞を読みにくいなど目のかすみを感じることはありますか?

  • はい
    91%
  • いいえ
    9%
Loading ... Loading ...
Q2

年齢による目の変化を感じるのはどのような時ですか?(複数回答可)

  • 本や新聞などの文字が読みにくくなった
    68%
  • 景色がぼやけるようになった
    38%
  • 目がすぐ疲れたり、常に疲れていて、なかなか回復しない
    59%
  • 夕方になると、目が乾いてしょぼしょぼする
    45%
  • PCやスマホの文字が読みづらい
    60%
  • 色が微妙に違って見えたり、鮮やかに見えない
    14%
Loading ... Loading ...
Q3

年齢とともに、細胞活性力が衰え、涙の分泌量が低下したり、ピント調節筋が凝り固まって機能しなくなることをご存知でしたか?

  • はい
    63%
  • いいえ
    37%
Loading ... Loading ...
Q4

年齢による目の機能の衰えからくる疲れやかすみ(目やにの多い時など)には、目の代謝をアップすることが大切なのをご存知でしたか?

  • はい
    35%
  • いいえ
    65%
Loading ... Loading ...
Q5

「Vアクティブ」は目(角膜)の代謝を促進し、年齢で衰える瞳の回復力を高めることをご存知でしたか?

  • はい
    18%
  • いいえ
    82%
Loading ... Loading ...
Q6

老眼が始まっていると感じていますか?

  • はい
    74%
  • いいえ
    26%
Loading ... Loading ...

ものが見えづらいのは年齢のせい?加齢による目の疲れが気になったら!

\年齢などによる疲れ目におすすめの目薬/
年齢などによる疲れ目、かすみ目なら『ロートVアクティブ』にお任せ!
年齢などによる疲れ目、かすみ目なら『ロートVアクティブ』にお任せ!
目がかすむ、ものが見えづらい…など加齢等による目の悩みには『ロートVアクティブ』が効果的!ピント調節機能や角膜の代謝促進を高める成分配合で、老後も元気に楽しみたいアクティブシニア世代におすすめの目薬です。

※質問や結果がうまく表示されない場合は、ページを更新してください。

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

眼精疲労

目の疲れに悩むすべての方、必見!35歳からの「疲れ目世代」を救う累進屈折力レンズってどんなもの?

目の疲れに悩むすべての方、必見!35歳からの「疲れ目世代」を救う累進屈折力レンズってどんなもの?

仕事でもプライベートでも、常にパソコンやスマートフォンと向き合う毎日を送っている私たち。朝出勤するとパソコンを開き、そのまま夜遅くまで画面とにらめっこ。通勤や休み時間はスマートフォンでネットサーフィン……そんな生活を送っている方は少なくないことでしょう。

そんなに目を酷使していては、どんどん疲れがたまってしまいます。

とはいっても、パソコンやスマートフォンを使わないわけにはいかないもの。そんな悩める現代人の救世主ともいうべき存在が、累進屈折力レンズです。これを使用することで、目の疲れを格段に軽減できるのだとか……。

今回は、そんな累進屈折力レンズについて、眼科医の梶田先生に詳しく教えていただきました。疲れ目に悩まされている方は、ぜひチェックしてみてください!

老眼がはじまるのは働き盛りの35歳頃から!累進屈折力レンズで目をサポートしてあげよう

累進屈折力レンズ_02

「老眼は50代頃からはじまるもの」と思っている方は多いことでしょう。名前に「老」とつくだけあって、若い世代はまだまだ先の話と考えがちです。しかし、老眼の特徴であるピント調節機能の衰えが顕著に表れるのは、なんと35歳頃。まさに働き盛りの年齢なのです。

「目のピント調節機能は、10代後半から徐々に衰えていきます。そして、ちょうどパソコンを見る距離にピントを合わせづらくなるのが、35歳前後。この頃にピント調節機能がガクッと衰えるんですよ。そんなときにぜひ使ってほしいのが、累進屈折力レンズです」

そう語る梶田先生自身も、累進屈折力レンズ愛用者の1人なのだとか。30歳を過ぎた頃から使用するようになり、今日まで手離せないでいると話してくれました。

「私は昔、肩こりやそこからくる頭痛、冷え性にひどく悩まされていました。なんとかならないものかとさまざまな方法を試しましたが、どれもダメ。しかし、累進屈折力レンズのメガネを使うようになったら、嘘のように治ってしまったんですよ」

梶田先生を苦しめていた問題の元凶は、ピント調節機能の衰えが原因で起こる眼精疲労にあったのです。累進屈折力レンズのメガネを使うようになってからは、これまで目が疲れるからと避けていた読書に没頭するようになり、人生が豊かになったそう。

「それから、寝つきの悪さも改善しました。目を酷使すると、副交感神経系が疲弊してしまい、なかなか寝つけなくなってしまうんですよ。旅先で枕が変わると寝られないという話はよく聞きますが、あれも実は眼精疲労が原因であることが多いんです」

慢性的な肩こりや頭痛、冷え性、寝つきの悪さ……老眼による目の疲れは、さまざまなトラブルにつながっています。体に不調が出る前に、累進屈折力レンズでサポートしてあげましょう。

疲れ目に悩む現代人を救う「累進屈折力レンズ」とはどんなもの?

累進屈折力レンズ_03

梶田先生が絶賛する累進屈折力レンズとは、一体どのようなものなのでしょうか?梶田先生は、次のように教えてくれました。

「累進屈折力レンズとは、位置によって累進的に度数を変化させているレンズのことです。わかりやすくいうと、レンズの上部は遠くにピントが合う度数になっていて、下部にいくにしたがって、徐々に近くにピントが合う度数になっていきます。度数の変化が段階的なので、レンズの下部を使ってスマートフォンを見ている状態から上へ目線を動かしても、違和感を覚えることはありません」

つまり、累進屈折力レンズとは、段階的に度数が変化する遠近両用レンズのことなのです。

遠近両用レンズというと、お年寄りが使うものというイメージが強いかもしれません。しかし、老眼が35歳ではじまることを考えれば、決してそんなことはないのです。

「ピント調節機能が衰える35歳前後は、よく疲れ目世代と呼ばれます。まだまだ若く、働き盛りですから、目を酷使する毎日を送っているでしょう。累進屈折力レンズは、そんな疲れ目世代の方にぜひ使ってほしいアイテム。実際に、今後どんどん一般的になると思いますよ」

なお、疲れ目対策としてブルーライトをカットするレンズを使っている方が多く見られますが、それだけで眼精疲労を改善するのは難しいとのこと。

「目が疲れる原因は、まぶしさではなくピント調節による負荷にあります。眼精疲労対策として使うなら、累進屈折力レンズを選んでください」

自分に合った累進屈折力レンズを選ぶポイントとは?

累進屈折力レンズ_04

累進屈折力レンズと一口にいっても、実はいくつかの種類があります。事前に使用するシーンを明確にして、自分に合うタイプを選ぶことがポイントです。

●遠近タイプ

遠くにも手元にも、その中間にもピントを合わせられるタイプ。屋内外を問わず、一日中使用したい方におすすめです。

●中近タイプ

手元だけでなく、3~4mほど離れた中距離にもピントを合わせられます。部屋の中にいるときは常に使用したい方に最適です。

●近近タイプ

手元にのみピントを合わせるタイプ。近くしか見られない分、視野が広がります。近くを見る作業(パソコンなど)をするときだけ使用したい方に相性がいいレンズです。

なお、累進屈折力レンズのメガネは、ピント調節機能と眼位の検査ができる病院なら基本的にどこでも作成できます。多くの場合、1回の通院で処方してもらえるので、忙しい方でも安心です。

目のピント調節をサポートし、負担を軽減してくれる累進屈折力レンズ。パソコンやスマートフォンを長時間使用する方、手元を見る作業が多い方は、作ってみてはいかがでしょうか?まずは検診がてら、レンズの作成に対応している病院へ相談してみてください。

▼眼精疲労に関するその他の記事はこちらをチェック!
目のトラブルについて~眼精疲労/疲れ目~(ロート製薬 商品情報サイト)
目の疲れは“肝”の不調のせい?陰陽五行説からみる眼精疲労の原因と対策
眼精疲労にも効果的?!今大注目の成分「イミダゾールジペプチド」に迫る!
眼科医も認める、注目の“赤い”成分!『アスタキサンチン』が眼精疲労に効果アリ
ちょっと勇気がいる? 眼精疲労に効果がある鍼治療ってどんなもの?【1】
鍼灸に関してよくある6つの質問 眼精疲労に効果がある鍼治療ってどんなもの?【2】

〈参考〉
メガネ・ポータル メガネの総合情報サイト|目とレンズのはなし
http://www.jmoia.jp/glasses/meganeportal/lens/eyesandlens7.html

文/中島香菜
目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ