• HOME
  • 目のケア
  • 犬の目やにが臭い!目元が赤茶色になってしまう“涙やけ”情報まとめ
読み物

犬の目やにが臭い!目元が赤茶色になってしまう“涙やけ”情報まとめ

犬の目やにが臭い!目元が赤茶色になってしまう“涙やけ”情報まとめ

愛らしい表情で、ペットとして人気のトイプードルやマルチーズ。街中でも散歩している姿を見かけますが、よく見ると目の周りが赤茶色になっているのに気づいたことはありませんか?その赤茶色の正体は“涙やけ”です。

今回は、ペットの目やにの臭いが気になっている方にもチェックしてほしい、犬の涙やけについてまとめました!

涙やけってどんなもの?病気なの?

涙やけ_02

涙やけは、目からこぼれた涙が化学変化を起こしたり、紫外線などによって変色したりすることで起こるもので、それ自体は病気ではありません。ただ、涙やけを起こすほど涙が目からこぼれているのには、病気が隠れている可能性があります。

涙やけはどうして臭いの?

涙やけ_03

涙やけが臭う原因は、赤色に染める色素をもつ菌にある可能性が高いです。目元が赤茶色になってくると同時に臭いがキツくなっているようなら、菌が繁殖しているのが原因かもしれません。

ただし、涙やけが臭っているのか、顔のほかの部分が臭っているのか判断がつかないときもあります。まずは、涙やけを取り除きキレイにしてあげてから、臭いがなくなるかを確かめてみましょう。

涙がたくさん出る原因は?

涙やけ_04

犬は人間のように、感情によって涙がポロポロとこぼれ落ちるようなことはないとされています。涙やけを起こすほど涙が出ているのは、目の表面が刺激を受けているか、涙をためておけない何らかの異常が起こっているかのどちらかが原因です。

特に、生まれつき涙をためておけない場合は、内眼角形成異常の可能性も考えられるため、獣医師に相談することをおすすめします。

涙やけになってしまったときに取りたい対処法

涙やけ_05

涙やけは、ちょっとした目への刺激があったときにも起こります。サッと拭いても取れなかったり、何度拭いても涙やけを起こしたりするようなときには、動物病院で治療を受けましょう。

医療機関で使用する専用の製品で涙やけをキレイにしたり、温めたタオルを巻いた状態でまばたきをさせる『温庵法(おんあんぽう)』を受けたりすることができます。

ペットショップなどで手軽に購入できる涙やけを拭き取る薬剤には、漂白剤などが含まれている可能性があり、目によくないケースも見られます。自宅で対処する場合は、使用するアイテムは成分までしっかり確認してから使うようにしましょう。

大切な家族の一員であるペットの目元が赤茶色になってしまっているようなら、涙やけ対策が必要です。「目元が濡れているときはこまめに拭いてあげているけど、なかなか治まらない」「どんどん涙があふれてくる」というようなときには、動物病院に連れて行ってあげましょう!

▼犬に関連した記事はこちらもおすすめです!
【涙活】タオルのご準備を! 犬がテーマの泣ける動画5選
うちのコは大丈夫…? 犬やネコも『ドライアイ』になる!!

▼涙がぼろぼろ…ヒトも気になる涙目についてはこちらをチェック!
目のトラブルについて~なみだ目~(ロート製薬 商品情報サイト)

参考
涙やけについて|よくある健康相談(犬・猫編)|プリモ動物病院 練馬・動物アレルギー医療センター|一般診療 皮膚アレルギー トリミング ペットサロン
http://nerima.jprpet.com/practice-info/consultation/08/

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

読み物

盲導犬になれる犬種は決まっている!?盲導犬に向く犬種と向かない犬種の違いとは

盲導犬になれる犬種は決まっている!?盲導犬に向く犬種と向かない犬種の違いとは

駅や街中で盲導犬に出会う機会はあまりないかもしれませんが、盲導犬の写真などを見てみると、日本では必ずといっていいほど、ラブラドール・レトリバーやゴールデン・レトリバーなどの中型の犬種です。

実は、盲導犬には、向いている犬種と向いていない犬種があり、盲導犬になれる犬種はある程度決まってくるのです。そこで今回は、盲導犬に向く犬種・向かない犬種の違いについてご紹介します。

盲導犬に求められる条件

最初に、盲導犬に求められる条件を見てみましょう。

①むやみやたらに吠えない(周囲の人や他の犬・動物に威圧感を与えない)
②初めての場所でも落ち着いていられる(環境への順応力が高い)
③盲導犬としての生活を楽しめる(好奇心旺盛で訓練に積極的)

これらの条件をクリアするため、盲導犬の候補犬は、1歳を過ぎた頃から訓練を開始します。

訓練ではまず、「GOOD」という言葉の意味を教えることからスタート。街中で目の不自由な人を安全に誘導するための基本的な訓練や、障害物を回避したり角や段差の存在を教えたりする誘導訓練を通し、「教えたことができたら『GOOD』と褒める→褒められることが楽しい!」ということを犬に学習させます。

犬は訓練士とコミュニケーションを図りながら信頼関係を築き、楽しみながらひとつひとつの作業を覚えていくのです。

レトリバー種は性格面だけでなく、体格でも盲導犬に向いている

盲導犬に向く犬種・向かない犬種_02

しかしながら、訓練をしたからといってどの犬種でも盲導犬になれるのかといえば、そうではありません。盲導犬に向いている犬種は、主に3種類あります。

①ラブラドール・レトリバー
②ゴールデン・レトリバー
③ラブラドール・レトリバーとゴールデン・レトリバーのミックス犬(F1)

これらの犬種が盲導犬に向いている最大の理由は、「人や環境に適応する能力が高い」ことが挙げられます。もともとレトリバーの犬種は狩猟犬として昔から人とともに暮らしてきたという歴史があり、一緒に働くことが大好きな犬という点で、盲導犬に向いているといえます。

また、レトリバー種は体の大きさから見ても、人を安全に誘導するのにちょうどよいサイズです。さらに、やさしい目と顔立ちが特徴的な犬種なので、周りに威圧感を与えないという点もポイントになります。

盲導犬に向かない犬種は『小型犬』と『和犬』

盲導犬に向く犬種・向かない犬種_03

盲導犬に向く犬種がある一方で、盲導犬に向かない犬種もあります。主に小型犬と、柴犬や秋田犬などの和犬です。

小型犬の場合は、人を安全な方向へ誘導するには体のサイズが小さすぎます。さらに、小型犬の成犬はほかの犬に向かって吠えることもあるので、性格的にも盲導犬向きではありません。

和犬も、もともとは番犬として野外で育てられることが多かったため、人と生活していくうえでの適応力などの面で、盲導犬には向かない性格だといえそうです。

今回は盲導犬に向いている犬種についてご紹介しましたが、いかがでしたか?

盲導犬に向いている犬種であっても、訓練を経て晴れて盲導犬となれるのは、実は全体の3~4割ほど。盲導犬に適した犬種であることももちろん重要ですが、盲導犬になるための条件をクリアするためには、性格の面も非常に大きいといえるのです。

▼盲導犬に関する記事ならこちらもオススメ!
誕生から引退までの10年に密着 もっと盲導犬を知ろう!
もしも盲導犬に出会ったら…知っておきたいマナーとルール
日本でも活躍する日は近い!?世界が注目する盲導犬ならぬ『盲導馬』

▼失明を引き起こす病気についてはこちらをチェック!
加齢黄斑変性とは?(ロート製薬 商品情報サイト)

〈参考〉
盲導犬誕生から100年~世界の盲導犬育成の歴史~|公益財団法人日本盲導犬協会
https://www.moudouken.net/special/history/
盲導犬の一生|公益財団法人 日本盲導犬協会
https://www.moudouken.net/knowledge/dogs-life.php
盲導犬について|公益財団法人 東日本盲導犬協会
http://www.guide-dog.jp/guidedog/suitable-kind-of-dogs/
盲導犬に適した犬種や不向きな犬種とその理由を解説!|mofmo
https://mofmo.jp/article/4761

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ