• HOME
  • 目のケア
  • 市販の目薬と病院で処方される目薬の違いってなに?目薬の正しい選び方
アイケア

市販の目薬と病院で処方される目薬の違いってなに?目薬の正しい選び方

市販の目薬と病院で処方される目薬の違いってなに?目薬の正しい選び方

日常的な目のケアとして代表的なことといえば、目薬をさすことではないでしょうか。しかし、目薬があまりに身近な存在であるがゆえに、たとえば内服薬のように、市販の目薬と病院で処方される目薬の違いについて、改めて考えてみる機会は少ないかもしれません。

そこで今回は、市販の目薬と病院で処方される目薬との違いをまとめてみました。それぞれの特徴を踏まえた上で、どのような目薬を選ぶべきか、そして、目薬との正しい付き合い方を学びましょう。

目薬における処方薬と市販薬の違いとは

目薬の違い_02

病院で処方される目薬の特徴は、配合されている有効成分が1つか、複数含まれる場合でも数が少なく、症状に対してピンポイントに効果が得られることです。また、市販薬に比べると含まれる有効成分の濃度が高く、効果を実感しやすい反面、副作用が強く現れるケースもあります。

一方で、市販の目薬には有効成分が複数配合されているものが多く、さまざまな目の症状に対して一定の効果を発揮するのが特徴です。処方薬に比べると有効成分は低濃度で、副作用の出にくいものを使っているケースが多く、比較的安全性が高いこともポイントでしょう。

ただし、市販薬には、塩化ベンザルコニウムなどの防腐剤をはじめとした添加物が比較的高濃度で含まれているケースが多く、有効成分による副作用は少ないものの、含まれる添加物による副作用が起こるリスクはあります。

病院で処方される目薬と市販の目薬の違いをまとめると、以下のようになります。

【病院で処方された目薬の特徴】

・有効成分は1種類のものが多い
・有効成分の濃度が高く、症状に対する効果が出やすい
・市販薬に比べると、副作用が出やすい
・防腐剤などの添加物が比較的少ない(開封した目薬の使用期限の目安は、個々の目薬にもよるがおよそ1ヶ月)

【薬局などで購入できる市販の目薬の特徴】

・有効成分は複数含まれていることが多い
・有効成分の濃度が低く、処方薬に比べると副作用が出にくい
・防腐剤などの添加物が比較的多い(開封した目薬の使用期限の目安は、個々の目薬にもよるがおよそ2~3ヶ月)

メントール入り目薬は市販薬だけ

目薬の違い_03

病院で処方される目薬と市販の目薬との大きな違いとしてもうひとつ、メントールが含まれているかどうかが挙げられます。

メントールとは、ハッカなどに含まれる清涼感のある成分です。メントール入りの目薬をさすとスーッとした爽快感がありますが、メントール自体に医学的な効果はないため、処方薬にメントールが含まれることはありません。そのため基本的には、メントールが含まれている目薬は市販のものだけとなります。

メントールに薬効はありませんが、メントールが眼球に何らかの悪影響を及ぼす可能性も極めて低いとされています。そのため、爽快感が心地よく感じられるのであれば、メントール入りの目薬を使用しても問題ありません。

しかし、心地いいからと短い間隔で何度もさすのは禁物。用法・用量を守って正しく使用することを心がけてください。

また、メントール入りの目薬をさした際、異常にしみるような感覚があったり強い刺激や痛みを感じたりする場合は、目の表面に傷がある可能性があります。その際はいったん目薬の使用を中断し、すみやかに眼科医の診察を受けてください。

市販の目薬を選ぶ際に注意すべきこと

目薬の違い_04

病院では、目の症状や病態に合った目薬を医師が処方してくれます。それと同じで、市販薬を選ぶ際も、現在の目の症状・状態に合った目薬を選ぶことが重要です。薬局などで市販の目薬を購入する場合は、薬剤師に症状をこまかく説明し、適切な商品を選んでもらうのがおすすめです。

また、市販の目薬には防腐剤を代表とする添加物が多く含まれていることが多いのですが、目薬に含まれる防腐剤は、必ずしも悪いものではありません。防腐剤が適度に含まれているからこそ、開封後も雑菌が繁殖することなく、目薬を長く清潔に使うことができるためです。

とはいえ、防腐剤が眼球に大きな影響をもたらすことも事実です。特に、『塩化ベンザルコニウム』は目への刺激が強い成分なので、防腐剤として使われているものは避けたほうがいいでしょう。

市販の目薬にも、防腐剤の含まれていない使い切りタイプがあります。ただし、防腐剤の含まれていないものは使用期限が非常に短いので、正しい使用方法も含め、薬剤師に確認してから購入することをおすすめします。

「症状が比較的軽い」「忙しくて病院にいけないから一時しのぎ」という場合に、市販の目薬は重宝します。しかし、目薬も“薬”である以上、効き方や副作用の有無には個人差があります。

ベストなのはやはり、眼科へ行って自分に合った目薬を処方してもらうこと。市販の目薬を使用してもなかなか症状が改善されない場合は、早めに眼科を受診してください。

▼意外と知らない?目薬の正しい使い方をチェック!
防腐剤について(ロート製薬 商品情報サイト)
1回1滴で十分!2滴以上は逆効果!目薬の正しいさし方教えます
これはOK?あれって本当?!目薬にまつわる疑問まとめ
これって副作用だったの!?意外と知らない目薬の副作用と対処法

参考
やさしい医学解説|茨城県厚生連
http://www.ib-ja.or.jp/kouseiren/ibs/255.html
目薬について|大阪梅田のワタナベ眼科
http://www.jpncl.com/c25.htm
【薬剤師が教える】ドライアイに目薬は効果がある?効果的な目薬の選び方|くすりの相談室
https://kusuri-soudan.com/dryeye-eyelotion-4164/#3-2
眼科医から見た目薬のお話。「目薬ってなんでしょう?」
https://sapporo-medicalpage.net/report/archives/361

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

アイケア

併用は…?飲み薬との相性は…?眼科医が教える!目薬にまつわる豆知識

併用は…?飲み薬との相性は…?眼科医が教える!目薬にまつわる豆知識

出典:Reader’s Digest「6 Health Products That May Be a Waste of Your Money」

乾き目に疲れ目にと、特別な目の疾患がなくても、目薬が手放せない人も少なくないのではないでしょうか?最近では、一部のコンビニでも購入できるようになりました。

しかし目薬は、あくまでも医薬品。万が一間違った使い方をしてしまうと、トラブルを招く可能性も否定できません。

そこで今回は、知って得する目薬の豆知識について、眼科医・岡野先生に聞いてきました!

注目すべきは「成分の重複」!2種類以上の目薬の併用はアリ?

目薬あれこれ_02
出典:Joel Hunter MD Blog「Two Things You Should Know About Artificial Tears」

デスクワークによる目の疲れと、花粉症による目のかゆみ……。

6月に入ると花粉症のピークは過ぎますが、普段からこの2つに同時に悩まされているという方も多いのではないでしょうか?

こんなとき、症状を緩和してくれる強い味方が「目薬」です。

しかし実は、用途別に2種類以上の目薬を同時に使用するのはオススメできません

併用してはいけない大きな理由は、「成分の重複」にあります。市販されている目薬の多くに配合されているのが「防腐剤」ですが、防腐剤は目薬を安心して使うための配慮である一方、角膜を傷付けてしまうおそれがあります。

2種類の目薬を使用すれば、自ずと点眼される防腐剤の量も2倍となるため、角膜へのリスクが高まってしまうのです。

また、スーッとする成分「メントール」についても同様です。その清涼感により、目の違和感だけでなく気分もリフレッシュさせてくれる「メントール」。しかしこちらは添加物のため、併用しようとする目薬の2つに配合されていた場合、目に悪影響となる可能性があります。

ただし医師から処方された目薬であれば、2種類以上の併用も問題ありません。

この場合、薬液が流れてしまわないようトロッと粘度の高い目薬を後に使用し、1つの目薬を点眼するごとに5分ほど間を置くようにしましょう。

「お薬手帳」がモノをいう!目薬と飲み薬の併用で注意すべきポイントは?

目薬あれこれ_03

では、目薬と飲み薬(内服薬)の併用については、どうなのでしょうか?

取り立てて気にする必要はないといいますが、『緑内障』の治療をしている方を例に挙げてみましょう。

緑内障の治療に用いられる目薬の1つに、眼圧を下げる「βブロッカー」という薬があります。これは呼吸系、心血管系の治療にも使用される内服薬です。

そのため目に作用するとともに、呼吸器官や心臓、血管にも作用してしまうケースがあるのです。

ただ岡野先生によると、「目薬と内服薬の併用については、医師が心配すること」であるそうです。

そこで私たちにできることは、現在、服用している薬が明確に分かるよう、眼科を受診する際には「お薬手帳」を持参することです。

服用しているお薬がなくても、過去の病気や気になることがあれば、躊躇せずに眼科の先生に相談するようにしましょう。

お腹の赤ちゃんに影響はないの?「妊娠中」の目薬の使用について

目薬あれこれ_04

さて、お次は妊娠中の目薬の使用についてです。

飲み薬との併用同様、基本的にはあまり気にする必要はありません。一般的には、お腹の中の赤ちゃんの器官が形成される4〜11週目くらいまでは、医師の処方のない目薬については避けたほうが安心といえるようです。

しかし、あくまで「医師の処方のない目薬」の使用を避けたほうがいいのであって、目薬の使用を無理に我慢する必要はありません。

例えば春や秋など、花粉症に悩まされる方は多いと思います。しかし岡野先生によれば、妊娠中でも経験上安心して使用出来る点眼薬もありますし、問題が出ないように使用する方法があるそうです。「妊娠中なのですが……」と、遠慮せずに眼科医に相談するようにしましょう。

またコンタクトを使用している方の多くが目の乾きに悩まされ、コンタクト用の目薬を使用していると思います。そのうえ妊娠中だとつわりから不眠となり、より目に負担がかかるケースもあるそうです。

さらに出産後は視力が変わったり、生活環境そのものが変化し、出産前より近くのモノを見る頻度が多くなったりすることから、コンタクトの度数変更が必要となります。

そのため岡野先生は「妊娠中の目薬の使用が気になるなら、出産後の度数変更のことも考え、コンタクトの使用を必要なときだけ一日使い捨てレンズに変更するか、産後半年程度までお休みするのもいいでしょう」とアドバイスしています。

以上、目薬に関する豆知識のご紹介でした。いかがでしたか?

基本的には、目薬を使用する際にあまり細かいことを気にする必要はないようです。しかし、緑内障の方や妊娠中の方でなくとも、目における2つの症状に同時に悩まされるようなら、眼科を受診して適切な処方を受けることが大切です。

▼「目薬との上手な付き合い方」については、コチラの記事もオススメ!
コンタクト装着時NGの目薬!眼科医が教える“知って納得”のワケ
目薬で痛みを感じたら!痛み別に見る「隠れた目のトラブル」
目をパチパチさせるのはNG!?目薬の正しいさし方をマスターしよう

▼「緑内障」については、コチラの記事もオススメ!
目のトラブルについて~緑内障~(ロート製薬 商品情報サイト)
糖尿病が緑内障のリスクを高める?米眼科学会が公開したリスク要因とは
眼圧を下げるインプラント。緑内障の最新治療『チューブシャント手術』ってどんなもの?
それって『緑内障』かも!うっかりミスが伝える危険のシグナル

取材・文/大谷享子
目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ