• HOME
  • 目のケア
  • 小学生の色覚検査、13年ぶり再開~廃止と再実施の背景とは~
子ども

小学生の色覚検査、13年ぶり再開~廃止と再実施の背景とは~

小学生の色覚検査、13年ぶり再開~廃止と再実施の背景とは~

『色覚検査』と聞いてどのような検査が行われるか想像がつきますか?みなさんの中には、「あれだ!」とすぐ思い浮かぶ方もいれば、そうでない方もいるでしょう。

それもそのはず、色覚検査は小学校4年生を対象として行われてきましたが、2003年に一度廃止されています。その後13年の月日を経て、2016年に再度実施が義務づけられることになった経緯があります。

眼科検診同様、自分の目の見え方について知ることは重要にも思えますが、なぜ一度廃止になったのでしょうか。そして、再び実施されるようになったきっかけとはどのようなものだったのでしょうか。今回は、それらの背景についてご紹介します。

色覚検査廃止の理由は「差別につながる」との声

色覚検査_02

色覚検査が廃止になった理由とはどのようなものだったのでしょうか。廃止を支持する主張の前提は、「色覚異常があったとしても、生活に支障はない」というものでした。

人によってさまざまですが、先天色覚異常では、通常と全く同じ見え方ではないものの、状況により色が見分けにくくなっている程度のケースもあります。

そのため、一部の人たちからは、色覚異常があるからといって大きな問題が生じるわけではないにもかかわらず、劣っている点をわざわざ見つけ出して、差別するような試みに受け取られたようです。

こうして、2003年に色覚検査は廃止(希望者のみ実施)となりました。

色覚検査の廃止により、就職を断念したケースも

色覚検査_03

しかし、色覚検査が必須ではなくなったことによって、弊害も生まれました。特に、就職活動において希望する職業につけない学生の存在が明らかになったのです。

子どもの頃から、パイロットや警察官、消防士などの職業を目指してきたにもかかわらず、採用試験の場で初めて色覚異常があることを知らされ、それが原因で希望する職業をあきらめざるを得なくなった、というケースが多くあります。

またその他にも、授業や生活のさまざまな場面において、色覚に異常のある子どもを傷つけてしまうという例があります。色覚異常のある子どもには見分けがつきにくい色があるため、「何色?」と聞かれても、正しい色を答えられないことがあります。

しかし、本人の色の見え方が他と違っていることを周りも理解していないため、違う色を答えてしまった子どもに対して、周りの子どもが笑ったり、からかったりすることがあるのです。

こういった実情は、「色覚異常があっても生活に支障がない」という前提に反しています。そこで、2016年から再度、色覚検査が実施されることとなったのです。

差別を生むことはもちろんあってはならないことですが、自分の色の見え方が他の人とは違っていることを認識し、見分けられない色の種類や色が見分けにくい状況を把握することは、色覚異常を持つ子どもにとって、今後の生活の向上にもつながっていくでしょう。

差別を助長することがないよう子どものプライバシーなどにも配慮しつつ、色覚検査が実施されることが望ましいといえるのではないでしょうか。

▼親御さんなら知っておきたい、子どもの目にまつわる現状について
気づいてる?気づいていない!子どもの目 実態調査(ロート製薬 商品情報サイト)
減り続ける虫歯、増え続ける近視!子どもの視力低下が止まらない
近年、子どもたちにも急増中!? 左右に視力差がある『不同視』とは?

〈参考〉
なぜ?色覚検査の廃止
http://www.kknews.co.jp/kenko/020427_a.html
2.色覚検診について|第20回子どもの眼の健康II|養護教諭のお仕事|特集|学校保健ポータルサイト
http://www.gakkohoken.jp/special/archives/182

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

子ども

視力低下の原因は目の疲れ!子どもの目を守るために親ができる対策

視力低下の原因は目の疲れ!子どもの目を守るために親ができる対策

スマホにゲーム……と、デジタル機器を扱うのが当たり前になっている現代の子どもたち。「子どもの視力が低下している」と言われ、お子さまの視力低下を気にされている方も多いのではないでしょうか。

視力低下の原因のひとつは、目の疲れの蓄積によるもの。テレビやゲームはもちろんのこと、勉強や読書などで長時間近くでものを見続けることで、ピント調節筋は疲れてしまいます。そうすると一時的にものが見えにくい近視状態となります。

これを「仮性近視」といい、目を休めたり、目薬をさすといった適切な対処をすることで視力は元に戻ります。しかし、対処せずに目の疲れがたまり続けると、見えにくい状態を元に戻すことができなくなり、視力低下へとつながるのです。

そこで、今回は子どもの目の状態を把握するために、疲れ目度をチェック! 疲れ目が気になるときは、子どもの目を守るためにできることを生活に取り入れていきましょう。

子どもの「疲れ目度をチェック」する方法

Vロートジュニア_02

目が疲れているかどうかは、大人でもなかなか判断がつかないものです。外から見ただけではわかりづらいので、お父さんお母さんも子どもの目の疲れに気が付きにくいという難点もあります。

そこで、症状をうまく自分で説明できない子どもの目の疲れや異変を把握するために、役立つのが「疲れ目チェック」です。

たとえば、

  • ・テレビやゲームをしているときに目を細めていないか
  • ・テレビを見たりゲームをしたりしているときに目が赤くなっていないか
  • ・勉強しているとき、猫背になって机に顔を近づけていないか
    •  

      といった子どもの様子をチェックして判定します。子どもの疲れ目をチェックするカンタンなツールもあるので、活用してみましょう!

      子どもの疲れ目CHECK!(ロート製薬 商品情報サイト)

      生活習慣を見直して子どもの疲れ目を予防しよう

      Vロートジュニア_03

      子どもの疲れ目は普段の生活習慣に原因があるケースが多く、目を酷使している環境を正すだけで、疲れ目のケアにつながる可能性があります。

      特に注意したい生活習慣は2つです。

      (1)長時間、熱中してものを見続ける

      テレビや勉強など、集中してものを凝視し続けると、まばたきが少なくなり、目は乾いて疲れてしまいます。

      たとえば、1日数時間ゲームをする習慣が身についてしまっているなら、「ゲームは◯時間まで」と時間制限を設けるようにしましょう。ただし、これまで数時間好きなようにゲームをしていた子どもにとって、ある日突然「ゲームは○時間まで」と決めつけられてしまうと、反抗したくなるものです。

      子どもと一緒に目の健康について話したうえで、1日のゲーム時間や休憩のタイミングを決め、自主的に守れる環境を作ってあげるのがおすすめです。

      (2)猫背などの悪い姿勢でものを見ている

      猫背になると、画面と目の距離が近くなってしまいます。勉強するとき、机に目を近づけすぎていないでしょうか。悪い姿勢でゲーム画面やテレビを見続けるのも、目だけでなく身体の健康にもよくありません。

      そこで、正しい姿勢を身につけられるよう、座るイスを工夫するなど自然と悪い姿勢を取らずに済むような環境を整えてあげたいものです。

      どちらの生活習慣を変えるときにも、重要なのは「子どもが自主的におこなうように促すこと」です。子どもと保護者が一緒に考えて、疲れ目にならない方法を探していくようにしましょう。

      目にいい食べ物を取り入れよう

      Vロートジュニア_04

      目にいいとされる成分「ルテイン」「アントシアニン」などが多く含まれる食べ物をなるべく取り入れた食事づくりを意識するのも効果的です。

      “天然のサングラス”と呼ばれる「ルテイン」は、ほうれん草やブロッコリーに多く含まれます。目にいい食べ物として有名なブルーベリーには「アントシアニン」が豊富に含まれているといわれていますが、紫芋にも実はたくさん含有されています。

      これらの食材を普段の食事に取り入れて子どもと一緒に食べれば、子どもの疲れ目だけでなく、家族みんなの目の健康を守ることにつながります。

      ▼目にいい食べ物について、詳しくご紹介している記事はこちらです。
      天然のサングラス!? 有害な光から目を守る注目成分『ルテイン』不足はサプリで解消
      ブルーベリー以外にもたくさんあった!眼科医が教える「目にいい食べもの」まとめ
      まさかの〇〇!? ブルーベリーよりも“アントシアニン”が豊富な食べ物とは!?

      まだまだできる子どもの疲れ目ケア!

      Vロートジュニア_05

      平日はお父さんお母さんも忙しく、子守りをゲームやテレビに頼りがちになってしまうことも。そこで、休日にはゲームや勉強の合間に休む時間を親子で作り、自然と触れる機会を作ってみてはいかがでしょうか。

      遠くを眺めたり、自然のなかで虫取りをしたり遊んだりする経験は、目の健康にも効果的だとされています。テレビやゲーム、勉強などで近くばかり見ている目を癒やすために、休日は、ゲームも勉強道具も置いて外へ出かけてみるのもおすすめです。

      また、子ども用の目薬を活用するのも疲れ目ケアのひとつになります。小中学生などの視る力の回復をサポートしてくれる子ども専用目薬なら、子どもにも安心して使うことができます。

      Vロートジュニア_06
      第3類医薬品
      出典:ロート製薬 Vロートジュニアサイト

      Vロートジュニアは、子どもの目のケアに使う“子ども専用”目薬として、用法が15歳未満のみの「視る力の回復」をサポートしてくれる目薬です。

      受験やゲーム、スマホ……と、目を酷使しがちな現代のジュニア世代のために、目の疲れに効くピント調節機能改善成分の「ビタミンB12」と「ネオスチグミンメチル硫酸塩」をWで配合しています。

      子どもの目が疲れていないかよく見て、ゲームや勉強の合間などに、疲れ目ケアの強い味方Vロートジュニアを使って子どもの目の健康を守りましょう!

      ▼詳しい商品情報はこちら
      『Vロートジュニア』(ロート製薬 商品情報サイト)

      ▼子どもの目を守るために、知っておきたい他の知識はコチラ!
      子どもの装用に医師が警鐘!コンタクトは何歳から使用してもいいの?
      夏がくる、その前に!子どもの目を守るケア習慣を身につけよう
      ゲームにスマホ…疲れている子どもの目は『妖怪ストレッチ動画』でケア
      発達のヒントは遊びにあり? 子どもの目の成長をサポートする遊び
      赤ちゃんの視力は0.01未満!? 子どもの視界を体験して危険を回避しよう

      【参考】
      子どもの疲れ目・仮性近視対策!/ロート製薬 商品情報サイト
      http://jp.rohto.com/kidseye/research03/

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ