• HOME
  • 目のケア
  • 3歳児健診が早期発見のカギ!見逃さないで!子どもの「片目だけの弱視」
子ども

3歳児健診が早期発見のカギ!見逃さないで!子どもの「片目だけの弱視」

3歳児健診が早期発見のカギ!見逃さないで!子どもの「片目だけの弱視」

子どもの成長過程で目に問題があると「弱視」になる可能性が高く、その中でも特に注意したいのが「片目だけの弱視」です。

片目が見えていることから子ども自身が訴えることはなく、外見からもわかりづらいため、治療が遅れてしまうことが大きな問題となっています。

今回は、子どもの弱視の実態と、片目だけの弱視にスポットを当ててご紹介します。

子どもの視力は8歳までにほぼ決まる

弱視_02

生まれたばかりの赤ちゃんの視力はわずかしかありません。生後1ヵ月でようやくものの形がわかるようになり、生後2ヵ月でものを立体的に認識するようになります。

その後も視力は急速に成長を続け、3歳で0.5以上5歳で1.0程度の視力を獲得し、視力がほぼ完成するのは8歳頃だといわれています。

弱視_03

ところが、視力の発達期である8歳頃までに目の病気をはじめ、強い遠視や乱視、斜視などがあると、「ものを見る」ことが妨げられてしまい、子どもの視力は育ちにくくなります。「ものをきちんと見て網膜から脳へ信号を送り、信号をもとに映像化する」という視覚刺激をくり返し行うことで、子どもの視力は育っていくからです。

そして、視力が十分に育たないと「弱視」になってしまい、後から治療を行っても視力の回復は難しいとされています。

弱視に対して誤った認識をされている方も少なくありませんが、そもそも弱視とは、メガネやコンタクトレンズで視力を矯正しているのにも関わらず、視力が出ない状態のことをいいます。

裸眼視力が0.1以下でも、メガネなどで矯正したとき、視力が1.0以上ある場合は弱視とはいいません。「弱視=視力が低い」ではないことを覚えておきましょう。

「片目だけの弱視」が見過ごされやすい理由

弱視_04

視力の発達期に「ものを見る」経験が妨げられてしまうと、その子どもは弱視になります。弱視にはいくつかの種類がありますが、特に注意したいのが「片目だけの弱視」です。

子ども自身は片目がよく見えているので不自由を感じることはなく、親に訴えることもありません。外見上わかりやすい斜視とは違い、弱視は外からわかりづらいのが特徴です。そのため親御さんも子どもの弱視に気づかず、発見が遅れてしまうのです。

前項でもお伝えしたとおり、視力が正常に発達するには、遅くとも8歳頃までにピントの合った像を網膜に投影する必要があります。その時期を逃すと、その後どんなに治療を施しても視力の回復は難しいのです。

特に、0~3歳までの目は視力に対する感受性が非常に高く、適切な視覚刺激によって、網膜から視神経、視力をつかさどる脳が急成長する大切な時期です。

日本眼科医会が「3歳頃までに弱視を発見できれば、視力はかなり回復する」とHP上で発表しており、弱視においては早期発見が重要なのです。

3歳児健診の受診率は年々増えていますが、残念ながら100%ではありません。「うちの子は大丈夫」と過信せず、お子さんが3歳を過ぎたら3歳児健診を必ず受けるようにしましょう。

「片目を隠したときだけ嫌がる」は片目だけの弱視の可能性あり!

弱視_05

子どもの弱視を発見するためには、普段から子どもの目の様子を観察することも大切です。簡単なチェックリストを用意したので、早速チェックしてみましょう。

【子どもの弱視 チェックリスト】

□ 片目を隠したときだけ嫌がる
□ いつも決まった方向に首を曲げてものを見る
□ よく片方の目をつぶる、または細める
□ 目が揺れていることがある
□ 極端にまぶしがることがある
□ 視線が合わない
□ 動くものを目で追わない
□ 目が白く見えたり、光って見えたりすることがある
□ 目の大きさや形がおかしいと感じたことがある
*生後3ヵ月頃から行うことができます。

ひとつでも当てはまる項目があると、目になんらかのトラブルを抱えている可能性があります。また、「片目を隠したときだけ嫌がる」「いつも決まった方向に首を曲げてものを見る」の2つは、「片目だけの弱視」のお子さんによく見られる行動です。早急な眼科受診をおすすめします。

「片目だけの弱視」のまま成人すると、片方の目は正常に見えているものの両眼視機能が育っていないため、ものの立体感や奥行きをうまく捉えることができません。また、将来的に両眼の視覚障害になるリスクが、正常な視力の人の2倍になることも報告されています。

弱視の子どもは「見える」という経験がありませんから、自ら「見えない」とは訴えません。そのため、弱視の早期発見と早期治療は親が主役です。子どもの将来のためにも、3歳児健診は必ず受けましょう。

▼子どもの視力低下や弱視に関する特集記事はコチラ
子ども達の視力低下が増えています!(ロート製薬 商品情報サイト)
子どもの弱視がわかったら……早期にはじめたい『アイパッチ』治療
お子さんが視力検査で引っかかったら……眼科医に学ぶ初めてメガネをつくるときのポイント
視力の発達スピードは意外にもはやい!赤ちゃんの見え方と目の異常のチェックポイント

〈参考〉
「見る力」は8歳までに決まる 異常は早期発見が鍵 子どもの視力と眼がね 特集 日経DUAL
http://dual.nikkei.co.jp/article/090/45/
3歳児健診で必ずチェックを早期発見したい子どもの弱視|医療ニュース ピックアップ|時事メディカル
https://medical.jiji.com/topics/163?page=1
1.はじめに 子どもの弱視・斜視 目についての健康情報 公益社団法人日本眼科医会
http://www.gankaikai.or.jp/health/betsu-003/01.html
子どもの弱視について | メガネスーパー 眼鏡(めがね、メガネ),コンタクト,サングラス,補聴器販売
https://www.meganesuper.co.jp/lowvision/children/
子どもの弱視 見逃さないで 3歳児健診がカギ|ヘルスUP|NIKKEI STYLE
https://style.nikkei.com/article/DGXKZO23282850Z01C17A1NZBP01?channel=DF140920160921
子どもの視力を守るために 眼の病気・治療 医療法人社団 海仁
http://www.kaiya-eyes.com/disease/child/protect/
『眼科医が教える 目の衰え・疲れ目がスッキリする本』吉野健一著/PHP研究所

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

子ども

赤ちゃんの「視覚」の不思議 どうやって人の顔を見分けているの?

赤ちゃんの「視覚」の不思議 どうやって人の顔を見分けているの?

生まれて間もない赤ちゃんにとって、お母さんは特別な存在です。お乳を与えてくれ、いつもそばにいて守ってくれる――。そんなお母さんを見分ける上で、重要な役割を持っているのが「視覚」です。
中でも、人の顔を見分ける能力は、赤ちゃんにとって大切です。今回は、赤ちゃんの顔認知能力がどのように発達するのかについて調べてみました。

赤ちゃんは人の顔を認識できない?

人の顔を見分ける能力や、表情から感情の起伏を判断する能力は、社会生活を送る上で極めて重要な能力です。しかし生まれて間もない赤ちゃんには、大人のように表情から感情を読み取る能力が備わっているわけではありません。

赤ちゃんの顔認識_02
出典:Ideaz – Do you have Prosopagnosia or Prosopamnesia or Super-recognition ? Face-blindness vs Face-forgetfullness

それどころか、新生児の視力は0.01~0.02ほどだといわれており、立体視をおこなうこともできない極めて乏しいものです。また、色も黒・白・グレーの認識しかできず、視野も狭いため、視力による識別能力はまだまだ未熟な状態です。
では、そんな赤ちゃんが、どのようにして人の顔を判断することができるのでしょうか?

赤ちゃんの視力は脳の発達とともに進化する

人の脳は、3つの点が逆三角形の形に配された図形「」を“顔”として認識します。
これは「シミュラクラ現象(類像現象)」と呼ばれる現象で、人や動物の顔には目と口が同様に配置されていることから、脳がその図形を顔として錯覚してしまうのです。

生後間もない赤ちゃんは、このようにして、ぼんやりとした視覚の中で“顔らしきもの”を判別しているにすぎません。しかも、新生児が顔を顔として認識できているかの判断は難しく、もちろん、顔の違いから個体差や喜怒哀楽などの感情を読み取る「顔認知」の能力が備わっているわけでもありません。

赤ちゃんの顔認識_03

しかし、就巣性(しゅうそうせい)動物である人間の赤ちゃんにとって、顔認知は生存のためにも不可欠な能力です。そのため赤ちゃんは著しいスピードで、視覚とそれに関連した脳の働きを発達させていきます。
(※就巣性動物……親の庇護がなければ生存できない状態で生まれてくる動物)

▼就巣性と赤ちゃんの関係について、合わせてお読みください!
「口で形を見ている」ってどういうこと? 赤ちゃんの見る世界とは

赤ちゃんがお母さんの顔を見分けられるのはいつ?

赤ちゃんの顔認識_04
出典:BBeesz – Van ‘ah’ naar ‘bah’ tot ‘mama’

赤ちゃんが視覚能力を高め始めるのは、生後3~6ヶ月頃。この頃になると徐々に色の識別が始まり、ママの顔や動くものを目で追う「追視」を頻繁におこなうようになります。さらに個別の顔を判別できるようになるのは、生後8ヶ月頃だと考えられています。
この頃には横顔を含めた角度のある顔を認識できるようになり、立体視とともに、人の顔を識別できるようになります。実は人間の脳には“顔領域”と呼ばれる顔認識専門の領域が存在しており、赤ちゃんの脳の中では、目覚ましい速度で顔認識処理のネットワーク化がおこなわれているのです。

つまり、赤ちゃんは身近な人たちの顔認識を通じて、動くものへの興味や好奇心をはぐくみ、視野を外界の全てへと広げていくと考えることができるのです。キラキラと宝石のように輝く赤ちゃんの瞳ですが、その無垢な瞳の奥では大変な速度での脳の進化と、社会への適応が進められているのですね。

▼知っておきたい、赤ちゃんの目に関する豆知識
まぶしいくらい!キラキラ輝く子どもの目 曇りなき眼に近づくための方法とは?

赤ちゃんの“瞳ウルウル”に要注意 『先天性鼻涙管閉塞症』の疑いアリ!

【参考】
教育×ChuoOnline – 赤ちゃんは顔がわかるの
http://www.yomiuri.co.jp/adv/chuo/research/20120216.html
教育×ChuoOnline – 顔を見ること・見られること
http://www.yomiuri.co.jp/adv/chuo/opinion/20140120.html
日経サイエンス – 顔認識専門の脳領域〜日経サイエンス2009年2月号より
http://www.nikkei-science.com/?p=17158
マイナビニュース – 赤ちゃんのヒトの顔認識能力は生後5-6カ月ころに発達する – NIPSと中央大
http://news.mynavi.jp/news/2013/11/29/216/
こそだてハック – 赤ちゃんの目が見える時期はいつから?新生児の視力は?
http://192abc.com/36971

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ