• HOME
  • 目のケア
  • 疲れがちな年度末を乗り切るために!免疫力を上げる対策4選
読み物

疲れがちな年度末を乗り切るために!免疫力を上げる対策4選

疲れがちな年度末を乗り切るために!免疫力を上げる対策4選

年末年始の忙しさが落ち着いたかと思えば、3月にはもう年度末がやって来ます。すでに引き継ぎや決算の準備に追われ、疲れがたまっている人も少なくないと思いますが、疲れが引き起こす症状として注意したいのが、「免疫力の低下」です。
免疫力が低下すると風邪を引きやすくなるばかりでなく、『ものもらい』や『結膜炎』といった、目の病気にもかかりやすくなります。
では、どうすれば免疫力をアップさせ、この忙しい時期を健康的に乗り切ることができるのでしょうか?今回は、その方法に迫ります!

目の病にかかってしまうことも!疲労の蓄積が「免疫力低下」に直結

疲れは体のだるさや重さといった倦怠感、筋肉や関節のこわばりや痛み、さらに気分の落ち込みや集中力の低下など、あらゆる形で現れますが、怖いのが「疲れをためてしまうこと」です。

年度末は単に忙しいだけでなく、人間関係にも気をつかうシーンが多いため、心身ともに疲れてしまうことも少なくありません。また残業が多くなることから、疲れをほぐすための余暇の時間や睡眠時間が十分に取れず、疲れがたまりやすい傾向にあります。

そして、疲れがたまった先にあるのが、風邪や目に関する病気を引き起こすこともある「免疫力の低下」です。

脳が疲れを認識すると疲労感が倍増!自律神経にも影響を及ぼす

なかなか疲れが取れずに精神の緊張状態が続くと、体が脳に対して「疲労しているよ」という信号を送り始めます。
脳が疲れを認識するとさらに疲労感が増し、脳内にある「自律神経」という組織に影響を与えます
自律神経は、自分の意志では動かすことのできない心臓や腸の働きなど、体内のあらゆる機能をコントロールする役目を担っていますが、体外から侵入してきた外敵と戦う「免疫機能」もつかさどっているため、疲労の蓄積が免疫力の低下にもつながるのです。

もちろん、忙しい最中にも意識的に休息を取るようにすることが第一ですが、それが難しいのが年度末です。どうすれば短時間で効率よく、免疫力をアップさせることができるのでしょうか?
そこで、今日からでも実践できる、4つの方法をご紹介しましょう!

目はもちろん、体全体の健康のためにも!免疫力を上げる対策4選

対策1.笑う門には福来たる!笑うことで「NK細胞」が活性化

免疫力を上げる_02
出典:Smile Makeovers

外敵から体を守る「免疫機能」において、重要な役目を果たす細胞の一つに「NK細胞」があります。この細胞は体内に悪性な細胞を見つけると、それらを退治する初期防衛機能として働いていますが、なんと“笑うこと”で活性化されるそうです。
よく笑えば笑うほど、外敵を初段階で退治する機能がアップするというワケですから、まさに「笑う門には福来たる」です。

対策2.体温よりやや高めの温度設定がカギ!入浴で免疫力を高める

免疫力を上げる_03

人間の体温は通常、平均36.5〜37度に保たれており、最も免疫力の高い状態と言われています。体温が1度下がると、免疫力が37%も低下してしまうそうです。
そこでオススメしたいのが、しっかりと体を温め、体温がキープできる入浴法です。

【1】お湯の温度は体温よりもやや高め、38〜40度に設定する
【2】首までしっかりと浸かった状態で、続けて20分以上入浴する

20分以上を目安に湯船に浸かり、汗をかくのを感じたら、体の中心部まで体温が上がった合図です。入浴後にはしっかりと体を拭き、水分補給をしましょう。

対策3.頭痛にも効果あり!?手のツボを刺激して免疫力アップ

免疫力を上げる_04

免疫力アップに最も効果があると言われているツボが、親指と人差し指の付け根が交わる部分、手の甲にある「合谷(ごうこく)」です。
やり方は、逆の手の親指を使い、強めに指圧するだけ。免疫力アップのほか、頭痛や鼻水、自律神経失調症や更年期障害対策にも用いられ、“万能ツボ”とも呼ばれています。

万能ツボ「合谷(ごうこく)」についてはこちら

対策4.爪を強めに刺激!副交感神経から免疫力を高める

免疫力を上げる_05

前述した「自律神経」ですが、自律神経には「交感神経」「副交感神経」の2つがあり、免疫力アップを支えているのが後者です。
この副交感神経を働かせるのに有効なのが「爪をもむ」こと。
爪の生え際を、反対の手の親指と人差し指でつまみ、10~20秒ほど、やや痛いくらいに刺激します。ただ薬指に限っては、交感神経を刺激してしまうそうなので、他の4本の指に行うのがポイントです。

いかがでしたか?どれも簡単に実践できることばかりなので、今日からでも始め、忙しい時期を健康に乗り切りましょう!

▼ものもらい、結膜炎については、コチラの生地もオススメ!
瞳にゴロゴロ違和感! 『ものもらい』の正しいセルフケア方法

目元のトラブルを全てリセット! 美容効果もスゴい『万能蒸しタオル』

夏を過ぎてもご用心! 気の緩む季節こそ注意したい「はやり目」

女性にうれしい充血ケアアイテム♪アイメイクが崩れにくい高粘度な目薬が便利!!

海中で目を開けても痛くないのはナゼ!? 夏の瞳にまつわるトリビア&トラブル

ある日突然、白目が真っ赤に!? 『結膜下出血』とは?

目が真っ赤!=疲れのシグナル!? 目はどうして『充血』するのか?

【参考】
タニタの健康応援ネット からだカルテ『疲労が招く免疫低下にご用心』
http://www.karadakarute.jp/tanita/column/columndetail.do?columnId=63
免疫力向上委員会『免疫力向上のカギ「NK細胞」』
http://www.takara-meneki.com/key/
サワイ健康推進課『カラダの豆事典|“笑い”がもたらす 健康効果』
http://www.sawai.co.jp/kenko-suishinka/illness/200908.html
modelpress『キレイな人ほどよく笑う理由4つ』
http://mdpr.jp/beauty/detail/1390379
Grapps『風邪かな?と思ったらすぐに試したい「免疫力を5倍高める入浴法」』
http://w.grapps.me/beauty/風邪かなと思ったらすぐに試したい入浴法/
自律神経免疫寮帆雲の湯島清水坂クリニック『自分でできる手軽な健康法1』
http://yushima-s-clinic.com/index.php?%E7%88%AA%E3%82%82%E3%81%BF
免疫プラザ『免疫力を高める・免疫力を調整するために』
http://www.menekiplaza.com/menekiryoku.html

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

読み物

妖精が見える??『ブルーフィールド内視現象』とは

妖精が見える??『ブルーフィールド内視現象』とは

よく晴れた日に空を見上げると、小さな明るい光の点がすばやくたくさん動いているのが見えることはありませんか?この現象を『ブルーフィールド内視現象』といい、このときに見える光の点は「青空の妖精」とも呼ばれています。

今回はこの不思議な現象について、詳しくご紹介していきます。

どんなときに見えるの?何が見えているの?

『ブルーフィールド内視現象』は、よく晴れた日の青空を見ると、誰でも簡単に観察することができます。

1.青空を見上げた状態で、焦点は目の先20cm程度のところに合わせる
2.そのまましばらく待つと、すばやくジグザグに動く小さな光の点がたくさん見えてくる
3.視野の中心部分にはあまり見えない

このとき私たちに見えている「青空の妖精」の正体は、網膜の層の中を通る毛細血管内の白血球です。

毛細血管の中には、赤血球と白血球があります。赤血球は青い光をよく吸収するため黒い点になりますが、視細胞と脳のはたらきで「編集」されて見えなくなってしまいます。

一方、白血球は赤血球に比べて数が少なく、青い光を吸収しないため、視界に散らばる小さな光点のような形で知覚されるのです。また、目の中心には毛細血管が通っていないため、視野の中心部分で白血球の影は見えません。

病気などでもないため、注意して見ればほとんどすべての人で観察することができますが、かすかに見える程度なので日常生活では気づかない人も多いようです。

似ているようで違う『飛蚊症』に気をつけて!

ブルーフィールド_02
出典:https://commons.wikimedia.org/wiki/File%3AFloaters.png

ブルーフィールド内視現象に似た症状に『飛蚊症(ひぶんしょう)』がありますが、飛蚊症の場合は目の病気が隠れている可能性もあるため、注意が必要です。

飛蚊症とは、糸くずやリングのようなものが視界をゆっくり漂うように見える症状で、視界に漂うものを「ミジンコのよう」と表現する人もいます。これは、眼球内部の硝子体内に浮遊するゴミを知覚しており、網膜剥離硝子体内の出血によって起こることもあります。

飛蚊症があるとき同時に視力に異常を感じたりする場合は、早めに眼科を受診しましょう。

強い光が目に入ったとき、光の通り道にある白血球が見える『ブルーフィールド内視現象』。光などの体の外の条件と、体の中にある目や脳のはたらきが重なって起こっているのですね。

気になった方は秋晴れの日、空を見上げて「青空の妖精」を眺めてみてください。

▼不思議な現象が気になるあなたにオススメの記事はこちら!
目のトラブルについて~飛蚊症~(ロート製薬 商品情報サイト)
気になるけどちょっと怖い!?不思議なオブジェ“新宿の目”の謎に迫った!
目の疲れは“自律神経の乱れ”! 眼科医がひも解く目と脳の不思議な関係①
見えるも見えないも脳次第!?眼科医がひも解く目と脳の不思議な関係②
【閲覧注意】目から牛乳を出す人々 その原理に迫ってみた…!

〈参考〉
ブルーフィールド内視現象 – Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/ブルーフィールド内視現象
清澤眼科医院通信:965 内視現象とは?
http://blog.livedoor.jp/kiyosawaganka/archives/51278648.html
飛蚊症 – Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A3%9B%E8%9A%8A%E7%97%87

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ