• HOME
  • 目のケア
  • 睡眠障害や事故の原因にも?不必要な明かりが及ぼす『光害』の影響を知ろう
睡眠

睡眠障害や事故の原因にも?不必要な明かりが及ぼす『光害』の影響を知ろう

睡眠障害や事故の原因にも?不必要な明かりが及ぼす『光害』の影響を知ろう

夜のお出かけの楽しみといえば、イルミネーションやキレイな夜景。クリスマスやバレンタインデーの時期ともなれば、華やかなイルミネーションが街のあちこちで見られます。また、最近では、工場地帯で夜も明るく光る機械の集合体を鑑賞できるアクティビティ「工場夜景クルーズ」も人気を集めています。

しかし実は、このような夜の明るさが私たちに悪影響を及ぼしていることを知っていますか?睡眠不足を引き起こしたり、身の回りの危険を高めたりする原因となっている不要な明るさは、『光害(ひかりがい)』と呼ばれています。

光害って何?原因は私たちの生活を成り立たせる照明!

環境省の「光害対策ガイドライン」によれば、『光害』とは“良好な「照明環境」の形成が、漏れ光によって阻害されている状況又はそれによる悪影響”と定義されています。漏れ光とは、照明などから目的の範囲外にまで及んでいる光のことです。

たとえば、天体観測をするときは、余分な光がなく空が十分暗ければ星がよく見えます。しかし、市街地が夜でも明るいために星が見えにくく天体観測が難しくなってしまう場合、光害が起こっているといえます。

光害の主な原因としては、会社・住宅・工場の明かりや、街灯などが挙げられます。

【光害が及ぼす悪影響その1】睡眠不足を引き起こす

光害_02

夜通し明るい部屋にいて、生活リズムが崩れてしまった……という経験をしたことはありませんか?

人間は『概日(がいじつ)時計』と呼ばれる、約1日周期で時間を刻む体内時計を持っています。しかし、本来なら暗いはずの夜に目から入った光の情報が脳へ伝わると、概日時計は睡眠を促すホルモン『メラトニン』の分泌を抑制します。

つまり、夜でも明るい場所にいると寝つきが悪くなったり睡眠の質が低下したりし、睡眠不足に陥りやすくなるのです。質の高い睡眠を十分確保できなければ目の疲れも取れにくくなり、目のかすみ・充血、視力低下などのトラブルにつながります。

【光害が及ぼす悪影響その2】身の回りの危険が増える

過剰な照明に目がくらんで暗いところにあるものを感知できず、事故や盗難などの危険を招く場合があります。

運転中、対向車のライトが逆光になって目の前の歩行者が見えず、事故を起こしてしまうのと同じように、防犯対策用のライトや明かりがかえって不審な人やものを見えにくくしている場合があります。

【光害が及ぼす悪影響その3】動植物の生育環境が乱される

実は光害は、私たち人間だけではなく動植物にも悪影響を与えています。夜間に光が当たることによって農作物、特に、イネやほうれん草などの出穂が遅れることが知られています。

また、動物の中でも夜行性の種に関しては、光害が生育環境に及ぼす影響は非常に大きいと考えられるでしょう。野生動物だけでなく家畜・家禽においても、夜間の過剰な光が生産機能の低下や異常行動の引き金になっている可能性があるとされています。

光害_03

夜でも星が見えなくなるほど光があふれているということは、日々それだけ大量の電力を消費しているということ。限りあるエネルギー資源の浪費という意味でも、光害は見過ごされてよい問題ではないといえます。

華やかなイルミネーションや工場の夜景を楽しむのもよいですが、たまには明かりを消して、星空の美しさに心落ち着く瞬間を探してみてはいかがでしょうか。

▼「明るさ」とのかしこい付き合い方を考える、オススメ記事3選
暗いところで本を読むと目に悪い?勉強や読書にぴったりの明かりとは
照明ひとつでこんなに変わる! 仕事や睡眠の質を上げる照明の使い方
太る、老ける、病気になる!? 電気をつけたまま寝る悪影響まとめ

▼PCやスマホの光も、あなたの健康を損なっているかも!
あなたも注意!デジアイ症候群!(ロート製薬 商品情報サイト)

〈参考〉
光害 – Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/光害
光害対策ガイドライン(環境省)
http://www.env.go.jp/air/life/hikari_g/full.pdf
光害とは(一般社団法人 照明学会)
https://www.ieij.or.jp/what/hikarigai.html
夜の光と体内時計 - 明るい夜にあなたの時計は大丈夫?- | 芸術工学研究院 研究紹介 | 研究の取組紹介 | 研究情報 | 研究・産学官民連携 | 九州大学(KYUSHU UNIVERSITY)
https://www.kyushu-u.ac.jp/ja/research/information/approach/design/design15
LED照明が人体に与える影響と健康被害 – 無電極ランプ【エコ光】未来の灯り
http://ecolife-earth.com/blog/led_bluelight.html

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

アイケア

最も強い可視光線『ブルーライト』が目や体に及ぼすさまざまな影響

最も強い可視光線『ブルーライト』が目や体に及ぼすさまざまな影響

「ブルーライトは目に悪い」といわれて久しく、ブルーライトカットメガネなど、ブルーライトによる目のダメージを軽減するグッズが多数開発されています。しかし実は、ブルーライトは目以外にも悪影響を及ぼすことがわかってきています。

今回はそんなブルーライトについて詳しく見ていきましょう。

可視光線の中で最も強いエネルギーを持つブルーライト

ブルーライト_02

可視光線とは、人が“光”として見ることができる、波長およそ400~700nm(ナノメートル)の電磁波のことです。可視光線は、人の目には波長の長さが短いほうから紫、青、緑、黄、橙、赤という色として認識されます。

一方で、400nmより短い波長の光を紫外線、700nmより長い波長の光を赤外線と呼び、これらの電磁波は人の目では認識することができません。

可視光線の中で一番強いエネルギーを持っているのが、波長380~500nmのブルーライトです。ブルーライトは紫外線の次に強いエネルギーを持っているため、人への影響も紫外線と同様に大きくなります。

ブルーライトを浴びることで高まるさまざまなリスク

ブルーライトが人の目や体に及ぼす影響を具体的にご紹介します。

●目の疲れ・痛み、視力低下

ブルーライトは目の網膜や角膜にダメージを与え、目の疲れや痛みを引き起こします。また、ブルーライトのダメージが網膜の中心部にある黄斑にまで達すると、黄斑が物の見え方に大きく関わる部位であることから、視力低下を引き起こす可能性もあります。

さらに、黄斑がブルーライトのダメージを受けることにより、『加齢黄斑変性』という目の病気の原因となることがあります。

●サーカディアンリズムの乱れ

ブルーライトは人体のサーカディアンリズム(体内時計)に大きく影響することがわかっており、ブルーライトにさらされ続けることでサーカディアンリズムが狂うと、睡眠の質の低下精神不安発がんリスクの上昇につながるといわれています。

たとえば、夜勤の多い看護師などの職業において乳がんリスクが非常に高くなるという報告があり、これはサーカディアンリズムの乱れによるものだと考えられています。

●肥満のリスク上昇

マウスによる実験では、夜間に光を浴びたマウスはそうでないマウスに比べ、同じカロリーの食事でも太りやすかったという研究結果があります。

夜にパソコンやスマホなどのブルーライトを発する機器を使用することで、人でも肥満のリスクが高まる可能性が考えられます。

パソコン作業は1時間ごとに10~15分の休憩を

ブルーライト_03

厚生労働省のガイドラインでは、VDT(Visual Display Terminals:ディスプレイとキーボードなどで構成される機器)作業において、次の3つを推奨しています。

①1時間を超えて連続して作業をしないこと
②連続作業ごとに10~15分程度の休止時間を取ること
③連続作業ごとの休憩のほか、1連続作業時間内で1~2回程度の小休止を取ること

パソコンなどの電子機器を使ったデスクワークでは、こまめに休憩を取るほか、パソコン作業の間に書類整理など別の作業を挟むなど、連続した長時間のVDT作業を行わないよう配慮するのがベストです。

また、寝る前にどうしても本を読みたい方は、電子書籍ではなく紙の書籍にすると、ブルーライトによる睡眠への影響を抑えられるでしょう。

デジタル機器の普及により、子どもの視力低下も急増しています。視力が低下すると、勉強で疲れやすくなり、学力の低下につながることもあります。

スマホやタブレットなどでゲームをしていると、子どもたちは疲れを忘れてついつい夢中になってしまいがち。休憩を促すなどして、親が子どもの目を守るという意識を持つことも大切だといえるでしょう。

いかがでしたでしょうか。暑い夏でも紫外線対策はバッチリ!という方は多いでしょうが、オフィスなどのブルーライトには、身近だからこそつい無頓着になってしまいがちです。

現代では避けることが難しいブルーライトですが、できる限り避ける方法を知り、目や体の健康を守って、快適に過ごしたいものですね。

▼ブルーライトや目のダメージが気になる方はこちらもチェック!
あなたも注意!デジアイ症候群!(ロート製薬 商品情報サイト)
昼間なのに異常に眠い! その眠気の原因、『ブルーライト』かも?
欧米では失明原因の第1位!日本人にも増殖中の『加齢黄斑変性』ってどんな病気!?
ブルーベリー以外にもたくさんあった!眼科医が教える「目にいい食べもの」まとめ

〈参考〉
ブルーライトとは | ブルーライト研究会
http://blue-light.biz/about_bluelight/
可視光線 – Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%AF%E8%A6%96%E5%85%89%E7%B7%9A
可視光線 | 生物分子科学科 | 東邦大学
http://www.toho-u.ac.jp/sci/biomol/glossary/chem/visible_light.html
新しい「VDT作業における労働衛生管理のためのガイドライン」の策定について
http://www.mhlw.go.jp/houdou/2002/04/h0405-4.html
日本眼科学会:目の病気 加齢黄斑変性
http://www.nichigan.or.jp/public/disease/momaku_karei.jsp

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ