• HOME
  • 目のケア
  • 天気の悪い日でも目が焼けるって本当!?梅雨でも油断大敵な紫外線対策ポイント
UVケア

天気の悪い日でも目が焼けるって本当!?梅雨でも油断大敵な紫外線対策ポイント

天気の悪い日でも目が焼けるって本当!?梅雨でも油断大敵な紫外線対策ポイント

曇りや雨の日が続く梅雨の時期は紫外線ケアをおろそかにしがち。でも、天気の悪い日でも紫外線はたくさん降り注いでいるのです!

今回は、梅雨時や悪天候時の紫外線量や目へのダメージの解説と、天気が悪い日の目への紫外線対策法などをまとめました。

曇りでも、晴れの日以上に紫外線が多い日もある!?

曇りの日は、晴れの日よりも紫外線が多いときがあるといわれていますが、実際のところどうなのでしょうか?気象庁によると、快晴の日の紫外線量を100%とした、天気ごとの紫外線量は以下のとおりです(※)。

・ うす曇りの日:約80~90%
・ 曇りの日:約60%
・ 雨が降っている日:約30%

実際に数値を確認してみると、晴れの日のほうが紫外線量は多い結果となっていますね。ただ、雲と雲のすき間から太陽がのぞいているような日は要注意です。

時々太陽が顔を出す曇りの日には、雲の中を通ることで太陽の光が四方に散らばりながら地上に降り注ぐ、“散乱光”が加わります。そのため、雲のない快晴の日よりも紫外線量が多くなることがあるそうです。

曇りの日でも特に、雲のすき間から太陽がのぞくような日は、紫外線対策をしっかりしておきましょう。

気象庁|紫外線に関する質問

おろそかになりがちな目の紫外線ダメージに要注意!

「曇りや雨の日にも、日焼け止めはしっかり塗る」という方でも、目のケアや対策はおろそかになりやすいところです。目への紫外線対策といえば、帽子サングラスでの紫外線カット。でも、曇りや雨の日には帽子やサングラスは着用しにくいですよね。

しかし、快晴の日よりも少ないことが多いとはいえ、曇りの日であっても紫外線は降り注いでいるので、何も対策をしないと目から日焼けしてしまう可能性もあります。

また、目に受ける紫外線ダメージは、『紫外線角膜炎(雪目)』『翼状片(よくじょうへん)』『目やけ』といった目の疾患を引き起こす原因になることも……。曇りの日や雨の日にもしっかり目の紫外線対策はしておきたいところです。

▼紫外線の目への影響についてはこちらの記事で詳しくご紹介しています
目から入った紫外線がシミの原因に!紫外線対策の新常識まとめ
油断大敵!目も日焼けします!UVカットコンタクトレンズで紫外線対策

天気が悪い日の目の紫外線ケアには“目薬”が使える!


画像:ロート製薬

サングラスや帽子といった紫外線対策アイテムを活用しにくい天気の悪い日でも、目の紫外線ケアに役立つのが「硫酸亜鉛水和物」が配合された目薬『UVキュア』です。

硫酸亜鉛水和物とは、紫外線ダメージを抑制してくれることが日本薬学会でも発表されている成分。紫外線によって起こる目の炎症に効果を発揮してくれます。

さらに『UVキュア』には、目やけなどによる目の充血を取り除く「ナファゾリン塩酸塩」や疲れ目ケアに効く「L-アスパラギン酸カリウム」「アミノエチルスルホン酸」「ビタミンB6」のほか、目のピント調節機能の改善に効果のある「ネオスチグミンメチル硫酸塩」も配合。紫外線による目の炎症や充血対策におすすめのアイテムです。

<商品名>ロートUVキュア
<分類>第2類医薬品
<効果・効能>紫外線による目の炎症・充血

▼詳しい商品情報はこちら
ロート製薬『ロートUVキュア』(ロート製薬 商品情報サイト)

▼商品のご購入はこちら
『ロートUVキュア』(第2類医薬品)

天気が悪いとなんとなく「今日は紫外線を気にしなくても大丈夫」という気持ちになってしまいがち。曇りや雨の日でも紫外線が降り注いでいることを忘れないでくださいね。

【参考URL】
気象庁|紫外線に関する質問
http://www.data.jma.go.jp/gmd/env/uvhp/uv_a03.html
気象庁|紫外線の性質
http://www.data.jma.go.jp/gmd/env/uvhp/3-75uvindex_mini.html
環境省|紫外線による健康影響
https://www.env.go.jp/chemi/uv/uv_pdf/02.pdf
目から入った紫外線がシミの原因に!紫外線対策の新常識まとめ
http://eye-media.jp/eyecare/紫外線対策の新常識まとめ/
油断大敵!目も日焼けします!UVカットコンタクトレンズで紫外線対策
http://eye-media.jp/eyecare/uvカットコンタクトで紫外線対策/
ロート製薬『ロートUVキュア』公式サイト
http://jp.rohto.com/uvcua/
日焼けならぬ「目やけ」から瞳を守る!夏の紫外線には目薬で“瞳のUVケア”
http://eye-media.jp/eyecare/uvcare/

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

UVケア

幼少期の紫外線が将来の白内障リスクに!?キッズサングラスのすすめ

幼少期の紫外線が将来の白内障リスクに!?キッズサングラスのすすめ

外遊びをはじめ、体育、プール、部活動など、子どもの目は大量の紫外線にさらされています。実は近年の研究から、子どもの目は大人よりも紫外線のダメージを受けやすく、幼少期に蓄積されたダメージが、将来的に目の病気を引き起こす原因になることがわかってきました。

太陽が大好きな子どもたちを紫外線から守る方法を、一緒に考えてみませんか?

大人よりも紫外線ダメージを受けやすい子どもの目

キッズサングラス_02

「子どもの目の紫外線対策」というと、「そんなに神経質にならなくても……」と思う方が多いのではないでしょうか。

紫外線による肌へのダメージは日焼けというわかりやすい形で現れますが、紫外線による目のダメージはわかりづらいのが特徴です。お子さんの肌に日焼け止めクリームを塗る親御さんが多い反面、目の紫外線対策をわが子に行っている親御さんが少ないのはそのためです。

ところが、紫外線による目のダメージは長い年月をかけて蓄積していきます。

目と紫外線に関する研究の第一人者として知られる、金沢医科大学・眼科学講座主任教授の佐々木洋氏は、「大人よりも注意喚起したいのは、子どもの目の紫外線対策である」と述べています。

子どもの目に紫外線対策が必要な理由は、次の3つです。

●目の水晶体は15歳頃まで紫外線を通しやすい
●子どもは大人よりも屋外で過ごす時間が圧倒的に長く、目が紫外線にさらされる時間も長い
●幼少期から紫外線を多く浴びていると、早期の老眼や白内障、黄班変性症になる可能性が高い

野球部やサッカー部に所属している子どもは屋外で練習する時間が長いため、日常的に相当量の紫外線を目に浴びています。その結果、小学生で『瞼裂班(けんれつはん)』を発症し、目の充血ドライアイに悩まされるケースも珍しくないそうです。

大人が考えている以上に、子どもの目の紫外線対策にはしっかりと取り組む必要があるのです。

キッズサングラスを選ぶときのチェックポイント

キッズサングラス_03

紫外線の怖さがわかったところで、次に紫外線から目を守るアイテムについてです。前出の佐々木洋氏をはじめ、多くの眼科専門医が推奨している紫外線対策グッズはずばり、「UVカット機能つきキッズサングラス」です。

サングラスはファッション性が高く、「子どもにかけさせるのは恥ずかしい」と思われるかもしれませんが、紫外線対策の意識が高い欧米では、幼少期からサングラスをかけることは一般的に行われていることです。

そこで、キッズサングラスを選ぶときに必ずチェックしてほしい「紫外線カット率」「紫外線透過率」「UV400」について解説していきます。

●「紫外線カット率」が表記されている場合、数値が高いものを選ぶ

たとえば、「紫外線カット率90%」という表記は、「紫外線を90%カットできる」サングラスであることを示しています。

●「紫外線透過率」が表記されている場合、数値が低いものを選ぶ

たとえば、「紫外線透過率2.0%以下」という表記は、「紫外線を98%以上カットすることができる」、非常に性能の高いサングラスであることを示しています。

●「UV400」と表記されたサングラスを選ぶ

紫外線にはUVA、UVB、UVCの3種類があり、UV400のサングラスであれば、それらすべてをカットすることがきます。

テンプルが太いキッズサングラスは紫外線カット能力が高い!

「紫外線カット率が同じなら、どのキッズサングラスを選んでも一緒」と思うかもしれませんが、答えはNOです。サングラスの形状やレンズの色によっても、紫外線カット能力は高くなったり低くなったりするものです。

紫外線カット能力が高いと推奨されるキッズサングラスは以下のとおりです。

【ポイント1】テンプルが太いサングラスを選ぶ

キッズサングラス_04

あまり知られてはいませんが、テンプル(ツル)の面積が増えることで、顔の側面から目へ入り込む紫外線を大幅にカットすることができます。

【ポイント2】レンズの色が薄いサングラスを選ぶ

キッズサングラス_05

「レンズの色が濃い=紫外線をカットする能力が高い」というのは間違い。レンズの色が濃いと瞳孔が開き、紫外線が入り込みやすくなるため逆効果です。

まぶしさを軽減するのではなく紫外線をカットすることが主な目的なら、サングラスは“色”ではなく、紫外線のカット率で選びましょう。

【ポイント3】顔のカーブにフィットしたサングラスを選ぶ

キッズサングラス_06

紫外線は前方からだけでなく、上下左右からも差し込んできます。お子さんの顔のカーブにフィットしたサングラスを選ぶことで、あらゆる方向から目に差し込む紫外線をカットできます。

近年は、子どもが落としたり踏んだりすることを想定したゴム製のフレームや、割れても飛び散らないレンズ、疲れにくい超軽量タイプなど、子ども想いのキッズサングラスが増えてきています。ぜひチェックしてみましょう。

5~8月は紫外線量がピークを迎える時期ですが、しっかりと対策をすれば、過度に神経質になる必要はありません。お子さんにキッズサングラスをプレゼントして、毎日のお出かけを一緒に楽しんでくださいね。

▼まだまだあります!目の紫外線対策記事はコチラ
肌だけで大丈夫?!子どもの瞳の紫外線ケアでトラブル予防(ロート製薬 商品情報サイト)
紫外線から目を守れ!今春のトレンドアイテム『サングラス』の選び方
日焼けならぬ「目やけ」から瞳を守る!夏の紫外線には目薬で“瞳のUVケア”
油断大敵!目も日焼けします!UVカットコンタクトレンズで紫外線対策

〈参考〉
紫外線のピーク到来! 子どもにもサングラスは必要? 子供とお出かけ情報「いこーよ」
https://iko-yo.net/articles/350?page=5
眼科専門医が教える。紫外線対策にサングラスは必要? 目への影響とその防ぎ方|メガネスーパー 眼鏡(めがね、メガネ),コンタクト,サングラス,補聴器販売
https://www.meganesuper.co.jp/kodawari/course/int_01/
肌だけで大丈夫!子どもの瞳の紫外線ケアでトラブル予防!! ロート製薬 商品情報サイト
http://jp.rohto.com/kidseye/summer/
子どもの目が危ない! 部活動と紫外線の影響による「瞼裂斑」の意外な関係 マイナビニュース
https://news.mynavi.jp/article/20120425-a057/
金沢医科大学 教えて!ドクター 第21回 – 金沢医科大学病院 – Kanazawa Medical University Hospital –
http://www.kanazawa-med.ac.jp/~hospital/2013/12/21-2.html
子どもの目が危ない!?米国で子どもの瞳を守るために開発された、 子ども向けサングラス『Babiators(ベビエーター)』が日本展開を本格始動!|K2D株式会社のプレスリリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000008253.html
『紫外線から子どもを守る本』双葉社

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ