• HOME
  • 目のケア
  • 放っておくと若年性老眼リスクも!PCやスマホの疲れ目・かすみ目には“ピント調節筋ほぐし“が重要!
眼精疲労

放っておくと若年性老眼リスクも!PCやスマホの疲れ目・かすみ目には“ピント調節筋ほぐし“が重要!

放っておくと若年性老眼リスクも!PCやスマホの疲れ目・かすみ目には“ピント調節筋ほぐし“が重要!

「夕方になると目がかすむ」「夜、スマホの画面が見えにくい」といった症状、身に覚えはありませんか?

パソコンをはじめとするデジタル機器は身の回りにあふれています。そんなデジタル機器による疲れ目やかすみ目をそのまま放っておくと、『若年性老眼』になるリスクが上がってしまうのです。

デジタル機器による疲れ目、かすみ目などのトラブルを改善するには、“ピント調節筋”をほぐすのがポイントとなります。今回は、デジタル機器と若年性老眼リスクとの関係性、そして、若年性老眼を回避するための対策についてご紹介します。

ブルーライトが目のピント調節筋を疲れさせる!

ピント調節筋とは、目のピントを合わせる筋肉のこと。近くを見るときや遠くを見るときには、目の水晶体と呼ばれる部分を厚くしたり薄くしたりして、見え方=ピントを調節します。そして、水晶体の厚さを調整する役割を担っているのがピント調節筋です。

デジタル機器の画面から放出されるブルーライトは、目のピントを調節してくれているピント調節筋を疲れさせます。

ブルーライトは、目によくないといわれている紫外線の次に波長が短く、目に見える光の中ではもっともエネルギーが強い光です。しかも、拡散しやすい色=青い色をしているため、目の中で乱反射します。

そのため、ブルーライトを浴び続けていると、目に入った光の乱反射に対応し続けたピント調節筋が、どんどん疲弊してしまうのです。

放っておくと若年性老眼に!?

スマホやPCを多用する20~30代を中心に、若年性老眼が急増しています。その原因といわれているのが、デジタル機器の使用状況によるさまざまな目への影響です。

●長時間至近距離で画面を見続けることで目が疲れる
●ブルーライトにより目が疲れる
●まばたきの回数が減ることでドライアイが起こる
●スマホやタブレットを見るときにうつむき加減になることで眼球が下を向き続けるため、眼圧が上がって毛様体筋や視神経が圧迫される

若年性老眼を引き起こす原因として、上記の4つが主に挙げられています。ピント調節筋の筋肉疲労が若年性老眼の引き金にもなるんですね。

▼若年性老眼について詳しく知りたい方はこちらもチェック!
《医師監修》小学生なのに老眼になっちゃう!?デジタル機器がもたらす現代病「スマホ老眼」とは
スマホのヘビーユーザーは要注意!迫り来る『若年性老眼』の危機

「ピント調節筋ほぐし」で対策を!

デジタル機器が目にあまりよい影響を与えないということがわかっていても、使うのをやめることは難しいですよね。そこで、筋肉疲労を起こしたピント調節筋の緊張を和らげる方法を取り入れて、日頃からしっかりケアすることで、若年性老眼になるのを防いでいきましょう。

<ピント調節筋の緊張を和らげる方法>

●画面との距離を空ける

スマホをいじっていると、ついつい顔の目の前に画面を持ってきてしまいがち。画面が近くなればなるほど、目の疲労度もアップします。

普段から意識して画面との距離を空けるようにしましょう。パソコンの場合は50cm以上、スマホの場合は30cm以上離すのが理想です。

●適度に休憩をとる

目への影響を減らすためには、適度に休憩をとるのも効果的です。5分に1回長めのまばたきをして、50分に1回は5m以上遠くのものを見つめる時間をとりましょう。

●目の体操をする

1.攅竹(さんちく)と呼ばれる眉間の少し下のツボを、両手の親指を使って軽く押さえます。
2.次に、睛明(せいめい)という目頭のツボを、人差し指と親指を使って鼻をつまむようなイメージで押さえましょう。
3.最後に人差し指を使って、目の周りを軽く押してマッサージしていきます。

休憩中や目の疲れを感じてきたときに、目の体操をしてリフレッシュするようにしましょう。

●ピント調節筋をほぐす目薬を利用する

市販の目薬の中には、ピント調節筋をほぐしてくれる成分が含まれたものもあります。目薬を購入するときに、ピント調節筋への効果も考えながら選んでみましょう。

デジタル疲れの目には『デジアイ』!


http://jp.rohto.com/digieye/product/

ピント調節筋をほぐす目薬の中でも、デジタル疲れの目におすすめなのがロート製薬の『デジアイ』です。

デジアイは、“今”を生きる人の瞳の悩みを見つめてきたロート製薬が、デジタル機器から放出されているブルーライトの性質を徹底的に研究。デジタル機器による目の疲れの原因を詳しく分析した結果生み出された目薬です。

デジアイは、『ネオスチグミンメチル硫酸塩』というピント調節筋に作用する成分を配合しています。この成分によって、目を酷使することにより凝り固まってしまったピント調節筋をほぐし、目の疲れに効果を発揮します。

また、角膜のエネルギー代謝をサポートして、傷ついた角膜を元の状態に戻す手助けをする成分『FAD(活性型ビタミンB2)』も配合。不安定な成分であるフラビンアデニンジヌクレオチドナトリウム(FAD)ですが、ロート製薬がこれまでに培ってきた技術によって、一般用眼科用薬承認基準(※)内「最大濃度」まで配合できるようになっています。

※基準とは厚生労働省が承認事務の効率化を図るために定めた医薬品の範囲

▼詳しい商品情報はこちら
ロート製薬『ロート デジアイ』(ロート製薬 商品情報サイト)

▼商品のご購入はこちら
『ロート デジアイ』(第2類医薬品)

さまざまな想いの込められた、デジタル時代に対応する今の瞳にピッタリの目薬『デジアイ』。特徴的な濃い黄色の薬液で、毎日頑張ってくれている瞳をケアしてあげてくださいね。

<参考>
デジアイ新聞
http://jp.rohto.com/digieye/
ツライ疲れ目をセルフチェック!現代の疲れた目にピッタリのケアアイテムとは?
http://eye-media.jp/eyecare/vロートプレミアム/
《医師監修》小学生なのに老眼になっちゃう!?デジタル機器がもたらす現代病「スマホ老眼」とは
http://eye-media.jp/expert/子どももなるスマホ老眼/
スマホのヘビーユーザーは要注意!迫り来る『若年性老眼』の危機
http://eye-media.jp/eyecare/若年性老眼の危機/

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

眼精疲労

目が疲れるのはよく見えるメガネのせい?パソコン用メガネの正しい選び方

目が疲れるのはよく見えるメガネのせい?パソコン用メガネの正しい選び方

ネットが発達した現代では、パソコンで作業する機会はもちろん、スマホやタブレットに触れる時間も増えています。最近ではブルーライトカット仕様のパソコン用メガネも販売されており、目の負担を減らすために購入している方もいるでしょう。

しかし、パソコン用メガネで対策し、しっかりと見えているにもかかわらず、目の疲れ眼精疲労からくる頭痛・肩こりなどの症状に悩まされている方もいるでしょう。もしかするとその原因は、「よく見えるメガネ」にあるのかもしれません!

見えにくいメガネはもちろんですが、実は、見えすぎてしまうのも目に負担をかける可能性があるのです。今回は、目を疲れさせないためのパソコン用メガネの正しい選び方について解説します。

目の疲れを引き起こす原因は?

デスクワークなどで目が疲れる主な原因は、次の2つです。

PC用メガネ_02

●毛様体筋を酷使し、疲労が蓄積している

目には、水晶体という、カメラでいえばレンズのような働きをする組織があります。

人の目は、遠くから近くのものを見るとき、毛様体筋と呼ばれる目の筋肉を緊張させて水晶体を厚くし、対象物にピントが合うようにしています。つまり、毛様体筋は、遠くを見るときはリラックス状態になり、近くを見るときは緊張状態になるのです。

このため、パソコンやスマホなどのモニターに目を近づけたまま長時間作業をすると、毛様体筋が常に緊張し続けることになり、疲れ目を引き起こしてしまいます。

目に疲れを感じているのに我慢したまま酷使し続けると、疲労は一向に解消されないままどんどん蓄積し、ひいては視力低下ドライアイなどを引き起こす原因にもなります。

目にかかる負担を軽減するには、毛様体筋を酷使しなくても近くを無理なく見続けられる、毛様体筋の働きをサポートしてくれるメガネが必要なのです。

●度が強すぎるメガネによる過矯正状態である

PC用メガネ_03

見づらさをなくし、目の疲れを軽減するためにメガネを購入したものの、さらに視力が落ちる、肩こりや頭痛が改善しないなどの症状が見られる場合は、「過矯正」である可能性があります。

過矯正とは、適正以上にメガネやコンタクトレンズの度数が強すぎてしまうことです。過矯正になると遠視が強くなり、遠くのものまで見える=遠くのものにピントが合っている状態になります。

この状態で近くを見ようとすると、近くのものへピントを合わせるために必要以上に毛様体筋を使うので、かえって目に負担がかかってしまうのです。

結果として、目に疲れがたまって眼精疲労や視力低下を引き起こし、頭痛や吐き気などの症状が現れることもあります。このように、疲れ目対策のために作ったメガネにより、目の不調を招いてしまうケースもあるのです。

パソコン用にぴったりのメガネとは?

PC用メガネ_04

過矯正にならないためには、自分の目に合ったメガネを作ることはもちろんですが、メガネを使用するシーンを考えて作ることも重要なポイントのひとつです。

パソコン作業をする際は、遠くのものが見えづらくても、近くのものが見えていれば特に不便は感じません。つまり、“近視の状態”でも問題ないのです。パソコン用にメガネを購入するときは、近くのものにピントを合わせた近距離用のメガネを選ぶのがおすすめです。

近くにピントを合わせられるメガネなら、多少度数が低くても手元がはっきりと見えるので、無理にピント合わせをする必要がありません。毛様体筋の緊張状態が緩和されるため、長時間パソコンやスマホのモニターを見ていても、目への負担が少なくなります。

パソコン用メガネの度数の目安としては、両目の視力が1.0出ていれば問題ないといえます。

ただし、運転など遠くまではっきり見えないと不便な状況もあるため、デスクワーク中や手元を見る作業中は近距離にピントがあったもの、日常生活では遠距離にピントが合ったものと、状況に応じてメガネを使い分けるのがおすすめです。

シーンに合わせて適切なメガネを使い分ければ、目への負担を最小限に抑えることができます。目の状態は年齢とともに悪化していくものですから、目の健康寿命を延ばすためにも、上手にメガネと付き合っていきましょう。

▼意外と知らない?メガネに関するうんちく記事を読みたい方はコチラ
お手入れの仕方がメガネの寿命に影響する!?知っておきたいメガネレンズの性質とメガネを長持ちさせるコツ
そのメガネ、似合ってる??メガネで顔のコンプレックスを解消する方法を伝授!

〈参考〉
眼鏡市場|「眼精疲労」とは?正しいメガネの選び方
https://www.meganeichiba.jp/special/feature/article02.html
疲れ目サポート! – メガネ工房タケウチ|■ 早速チェック!
http://m-takeuchi.thanksblog.jp/article/14570470.html
ヘルスプレス|長時間パソコンを使い続けた後の目の疲れは「過矯正」が原因?よく見えるメガネが良いとは限らない
http://healthpress.jp/2015/04/post-1722.html
メガネレンズの専門店 れんず屋|パソコンレンズのススメ 3章 単焦点レンズ
http://パソコン.lensya.com/パソコン/パソコン3/index03.html

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ