• HOME
  • 目のケア
  • 目の疲れに悩む“デジアイ症候群”に捧ぐ!現代のデジタル社会を生き抜くケアアイテム
眼精疲労

目の疲れに悩む“デジアイ症候群”に捧ぐ!現代のデジタル社会を生き抜くケアアイテム

目の疲れに悩む“デジアイ症候群”に捧ぐ!現代のデジタル社会を生き抜くケアアイテム

起床のアラームはスマートフォンで、通勤電車ではタブレットで情報収集。さらに会社に着けばパソコンとにらめっこ、帰宅後の娯楽は動画鑑賞なんて人、きっと少なくないはず!
けれど、そんなあなた、目の疲れを感じていませんか?

だとしたらそれ、現代人を悩ませる“デジアイ症候群”かも!
とはいえ、デジタルデバイスのない生活なんて考えられませんから、私たちが抱える目の悩みにフォーカスした、とっておきのケアアイテムを見つけてきました。

調査でも明らかに!パソコン作業は、やっぱり目が疲れる

digitaleye_02

※2013年ロート調べ N=527名
出典:ロート製薬‐『ロート デジアイ』公式ページ

ズバリ今、皆さんはこの記事を、何を使って読んでいますか?
『目ディア』はWebメディアですから、パソコン画面、もしくはスマートフォンという方が圧倒的でしょう。

こうしたメディアの閲覧はもちろん、会社に到着すれば、まずはパソコンでメールチェック。画面と向き合いながら仕事をしたあとは、プライベートでの交友手段もTwitterやFacebookといったSNSと、現代を生きる私たちは、まさにデジタル漬けです。

しかし現代を生きる私たちにとって、パソコンやスマートフォンを始めとしたデジタルデバイスは、なくてはならない存在。その結果と言っても過言ではないでしょう、100年以上にわたって目薬の開発を続けるロート製薬の調査によれば、「パソコン仕事によって目に疲労感を感じる」と回答した人は全体の半数以上に上ったそう。

さらに仕事を問わず、パソコン・スマホユーザーの90%近くが、「目の疲れを感じている」と回答したそうです。

噂の“ブルーライト”による影響は、かなり身近な問題!

digieye_03

半日以上、パソコンとにらめっこという方も少なくないでしょうから、目が疲れるのは当然と言えば当然。しかしその一因にあるのが、パソコンやスマートフォンの画面から発される“ブルーライト”です。

このブルーライト、人間が目で見ることができる光のうち、もっとも波長が短く、もっとも強いエネルギーを放っているんだとか。エネルギーが強ければ目への影響も強く、長時間のパソコン作業によるドライアイや、眼精疲労による目の痛みを引き起こしうることも知られています。

さらに、長時間ブルーライトを見続けることで深刻な睡眠障害を引き起こすこともあるようです。詳しくはこちら

昨今のブームで一気に浸透したPCメガネも、ブルーライトから受ける影響を軽減するためのもの。「これをかけたおかげで、目がラクになった気がする」という声も聞かれますから、ブルーライトが目に与える影響は、やはり身近な問題のようです。

“濃い黄色”がブルーライトダメージ※1に効く!その名も『ロート デジアイ』

digitaleye_04
出典:ロート製薬‐『ロート デジアイ』公式ページ

PCメガネによって目にカバーをすることも有効ですが、ブルーライトを完全除去できるわけではありません。そこで、すでに蓄積してしまった目の疲れを癒やすのにオススメなのが、ロート製薬が開発した『ロート デジアイ』。
ボカロ好きの方ならご存じかも知れませんね。そう!初音ミクとのコラボパッケージで話題になった、あの目薬です。

しかしパッケージ以上に注目してもらいたいのが、“濃い黄色の薬液”!
目とデジタルデバイスとの関係を追求したところ見えてきたのが、角膜のエネルギー代謝を促進し、さらに修復を促す「FAD※2(活性型ビタミンB2)」という成分の重要性。FADは目の中にも存在しますが,減少すると角膜が炎症を起こしてしまいます。

『ロート デジアイ』では、パソコンやスマホが発するブルーライトによってダメージを受けた瞳のために、このFADを最大濃度まで配合※3。その結果が、この“濃い黄色”なんだそうです。

さらに画面を見つめることで酷使されるピント調節筋に作用し、凝り固まった疲れをほぐす「ネオスチグミンメチル硫酸塩」も配合。
筋肉の疲れが眼精疲労につながるといいますから、『ロート デジアイ』を愛用するのと併せて、瞳をくるくると回したり、目をパチパチと閉じたり開いたり、目の疲れをほぐす体操をするのが効果的だそうですよ!

※1 画面を長時間見ることでの目の疲れ
※2 フラビンアデニンジヌクレオチドナトリウム
※3 一般用眼科用薬製造承認基準の最大濃度配合

“初音ミク”起用につながった、デジタル時代を生き抜く現代人への思い

digitaleye_05
出典:ロート製薬‐『ロート デジアイ』公式ページ

ロート製薬では、デジタルデバイスと切っても切れない生活環境にある現代人に向け、“今、求められる一滴”を追求したそう。デジタルを遠ざけるのではなく、上手に付き合う方法のひとつとしての目薬ですから、デジタル界の歌姫・初音ミクとコラボしたのにも納得です。

パッケージデザインを担当されたアートディレクター・土井宏明さんによれば、最終的なデザインに至るまで、なんと50〜60ものパターンを考案したといいます。
そしてできあがったのが、グリーンの瞳が印象的なパッケージ。

ブルーライトの青と、『ロート デジアイ』の黄色。この2色を混ぜ合わせてできるのが緑です。
そう、「目に悪いからといってデジタルを避けるのではなく、疲れをケアしながら、上手に付き合っていきましょう」という想いが、ブルーとイエローが溶け合った、グリーンの瞳に込められているというわけです。

<商品名>ロート デジアイ
<分類>第2類医薬品
<効能・効果>目の疲れ、紫外線その他の光線による眼炎(雪目など)、結膜充血、眼瞼炎(まぶたのただれ)、目のかすみ(目やにの多いときなど)、ハードコンタクトレンズを装着しているときの不快感、眼病予防(水泳のあと、ほこりや汗が目に入ったときなど)、目のかゆみ

▼商品の購入はこちら
『ロート デジアイ』(第2類医薬品)

▼詳しい商品情報はこちら
ロート製薬『ロート デジアイ』公式ページ

▼その他のブルーライト対策はこちらをチェック
モニターばかり見ているあなたに捧げる ブルーライト対策グッズ&アプリ5選

【参考】
ブルーライト研究会‐『ブルーライトとは』
http://blue-light.biz/about_bluelight/

ロート製薬‐『ロート デジアイ|デジアイ症候群』
http://jp.rohto.com/digieye/syndrome/

『加齢黄斑変性症』セルフチェック

欧米では成人の失明原因第一位となっており、日本でも中高年に増加中の「加齢黄斑変性症」という病気をご存じでしょうか?
下の画像は『アムスラーチャートテスト』という「加齢黄斑変性症」の発見に使われるものです。
どのように見えていますか?見え方をチェックしてみましょう。

アムスラーチャートテスト"
診断結果はこちらへ

セルフチェックの結果、「加齢黄斑変性症」の可能性が疑われた方は、眼科の受診をおすすめします。

若い世代に急増中の「デジアイ症候群」とは?

デジアイ
日中はパソコンやスマホ、夜はテレビやゲーム…1日中デジタル機器に囲まれる私たちは、画面から放出される「ブルーライト」によって目に疲労が蓄積しています。そんな「デジアイ症候群」対策の目薬を試してみませんか?

詳しくはこちら

みんなに質問!目のこと教えて☆
Q1 / 5

平日、パソコンを利用している時間はどれくらいですか?

Loading ... Loading ...
Q2 / 5

デジタル時代、デスクワークで一番疲労を感じる部位は「目」だということをご存知でしたか?

Loading ... Loading ...
Q3 / 5

ブルーライトを発するデジタル機器(スマホ、PC、ゲーム、テレビなど)で、目が疲れたり、炎症を起こしたりする「デジアイ症候群」をご存知ですか?

Loading ... Loading ...
Q4 / 5

(デジタル機器(スマホ、PC、ゲーム、テレビなど)を使うことによる疲れ目)「デジアイ症候群」の原因の1つであるブルーライトは、目の中の四方八方へ飛び散ることで、目のピント調節筋を疲れさせてしまうことをご存知でしたか?

Loading ... Loading ...
Q5 / 5

デジタル機器から発せられるブルーライトの性質を徹底的に研究して生まれた、PC・スマホのブルーライトなどによる目の疲れ、炎症に効く目薬として「ロートデジアイ」があることをご存知でしたか?

Loading ... Loading ...
結果
Q1

平日、パソコンを利用している時間はどれくらいですか?

  • 1時間未満
    3%
  • 1~2時間未満
    3%
  • 2~4時間未満
    9%
  • 4~6時間未満
    14%
  • 6~8時間未満
    25%
  • 8時間以上
    45%
  • 平日は利用しない
    2%
Loading ... Loading ...
Q2

デジタル時代、デスクワークで一番疲労を感じる部位は「目」だということをご存知でしたか?

  • はい
    82%
  • いいえ
    18%
Loading ... Loading ...
Q3

ブルーライトを発するデジタル機器(スマホ、PC、ゲーム、テレビなど)で、目が疲れたり、炎症を起こしたりする「デジアイ症候群」をご存知ですか?

  • はい
    41%
  • いいえ
    59%
Loading ... Loading ...
Q4

(デジタル機器(スマホ、PC、ゲーム、テレビなど)を使うことによる疲れ目)「デジアイ症候群」の原因の1つであるブルーライトは、目の中の四方八方へ飛び散ることで、目のピント調節筋を疲れさせてしまうことをご存知でしたか?

  • はい
    26%
  • いいえ
    74%
Loading ... Loading ...
Q5

デジタル機器から発せられるブルーライトの性質を徹底的に研究して生まれた、PC・スマホのブルーライトなどによる目の疲れ、炎症に効く目薬として「ロートデジアイ」があることをご存知でしたか?

  • はい
    22%
  • いいえ
    78%
Loading ... Loading ...

パソコンやスマホからのブルーライトダメージにはこれ!

\パソコン仕事の疲れ目におすすめの目薬/
デジタル時代の瞳を癒す黄色い一滴、『ロート デジアイ』
デジタル時代の瞳を癒す黄色い一滴、『ロート デジアイ』
日中はパソコンやスマホ、夜はテレビやゲーム…1日中デジタル機器に囲まれる私たちは、画面から放出される「ブルーライト」によって目に疲労が蓄積しています。そんな「デジアイ症候群」対策の目薬を試してみませんか?

※質問や結果がうまく表示されない場合は、ページを更新してください。

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

眼精疲労

目の疲れに悩むすべての方、必見!35歳からの「疲れ目世代」を救う累進屈折力レンズってどんなもの?

目の疲れに悩むすべての方、必見!35歳からの「疲れ目世代」を救う累進屈折力レンズってどんなもの?

仕事でもプライベートでも、常にパソコンやスマートフォンと向き合う毎日を送っている私たち。朝出勤するとパソコンを開き、そのまま夜遅くまで画面とにらめっこ。通勤や休み時間はスマートフォンでネットサーフィン……そんな生活を送っている方は少なくないことでしょう。

そんなに目を酷使していては、どんどん疲れがたまってしまいます。

とはいっても、パソコンやスマートフォンを使わないわけにはいかないもの。そんな悩める現代人の救世主ともいうべき存在が、累進屈折力レンズです。これを使用することで、目の疲れを格段に軽減できるのだとか……。

今回は、そんな累進屈折力レンズについて、眼科医の梶田先生に詳しく教えていただきました。疲れ目に悩まされている方は、ぜひチェックしてみてください!

老眼がはじまるのは働き盛りの35歳頃から!累進屈折力レンズで目をサポートしてあげよう

累進屈折力レンズ_02

「老眼は50代頃からはじまるもの」と思っている方は多いことでしょう。名前に「老」とつくだけあって、若い世代はまだまだ先の話と考えがちです。しかし、老眼の特徴であるピント調節機能の衰えが顕著に表れるのは、なんと35歳頃。まさに働き盛りの年齢なのです。

「目のピント調節機能は、10代後半から徐々に衰えていきます。そして、ちょうどパソコンを見る距離にピントを合わせづらくなるのが、35歳前後。この頃にピント調節機能がガクッと衰えるんですよ。そんなときにぜひ使ってほしいのが、累進屈折力レンズです」

そう語る梶田先生自身も、累進屈折力レンズ愛用者の1人なのだとか。30歳を過ぎた頃から使用するようになり、今日まで手離せないでいると話してくれました。

「私は昔、肩こりやそこからくる頭痛、冷え性にひどく悩まされていました。なんとかならないものかとさまざまな方法を試しましたが、どれもダメ。しかし、累進屈折力レンズのメガネを使うようになったら、嘘のように治ってしまったんですよ」

梶田先生を苦しめていた問題の元凶は、ピント調節機能の衰えが原因で起こる眼精疲労にあったのです。累進屈折力レンズのメガネを使うようになってからは、これまで目が疲れるからと避けていた読書に没頭するようになり、人生が豊かになったそう。

「それから、寝つきの悪さも改善しました。目を酷使すると、副交感神経系が疲弊してしまい、なかなか寝つけなくなってしまうんですよ。旅先で枕が変わると寝られないという話はよく聞きますが、あれも実は眼精疲労が原因であることが多いんです」

慢性的な肩こりや頭痛、冷え性、寝つきの悪さ……老眼による目の疲れは、さまざまなトラブルにつながっています。体に不調が出る前に、累進屈折力レンズでサポートしてあげましょう。

疲れ目に悩む現代人を救う「累進屈折力レンズ」とはどんなもの?

累進屈折力レンズ_03

梶田先生が絶賛する累進屈折力レンズとは、一体どのようなものなのでしょうか?梶田先生は、次のように教えてくれました。

「累進屈折力レンズとは、位置によって累進的に度数を変化させているレンズのことです。わかりやすくいうと、レンズの上部は遠くにピントが合う度数になっていて、下部にいくにしたがって、徐々に近くにピントが合う度数になっていきます。度数の変化が段階的なので、レンズの下部を使ってスマートフォンを見ている状態から上へ目線を動かしても、違和感を覚えることはありません」

つまり、累進屈折力レンズとは、段階的に度数が変化する遠近両用レンズのことなのです。

遠近両用レンズというと、お年寄りが使うものというイメージが強いかもしれません。しかし、老眼が35歳ではじまることを考えれば、決してそんなことはないのです。

「ピント調節機能が衰える35歳前後は、よく疲れ目世代と呼ばれます。まだまだ若く、働き盛りですから、目を酷使する毎日を送っているでしょう。累進屈折力レンズは、そんな疲れ目世代の方にぜひ使ってほしいアイテム。実際に、今後どんどん一般的になると思いますよ」

なお、疲れ目対策としてブルーライトをカットするレンズを使っている方が多く見られますが、それだけで眼精疲労を改善するのは難しいとのこと。

「目が疲れる原因は、まぶしさではなくピント調節による負荷にあります。眼精疲労対策として使うなら、累進屈折力レンズを選んでください」

自分に合った累進屈折力レンズを選ぶポイントとは?

累進屈折力レンズ_04

累進屈折力レンズと一口にいっても、実はいくつかの種類があります。事前に使用するシーンを明確にして、自分に合うタイプを選ぶことがポイントです。

●遠近タイプ

遠くにも手元にも、その中間にもピントを合わせられるタイプ。屋内外を問わず、一日中使用したい方におすすめです。

●中近タイプ

手元だけでなく、3~4mほど離れた中距離にもピントを合わせられます。部屋の中にいるときは常に使用したい方に最適です。

●近近タイプ

手元にのみピントを合わせるタイプ。近くしか見られない分、視野が広がります。近くを見る作業(パソコンなど)をするときだけ使用したい方に相性がいいレンズです。

なお、累進屈折力レンズのメガネは、ピント調節機能と眼位の検査ができる病院なら基本的にどこでも作成できます。多くの場合、1回の通院で処方してもらえるので、忙しい方でも安心です。

目のピント調節をサポートし、負担を軽減してくれる累進屈折力レンズ。パソコンやスマートフォンを長時間使用する方、手元を見る作業が多い方は、作ってみてはいかがでしょうか?まずは検診がてら、レンズの作成に対応している病院へ相談してみてください。

▼眼精疲労に関するその他の記事はこちらをチェック!
目のトラブルについて~眼精疲労/疲れ目~(ロート製薬 商品情報サイト)
目の疲れは“肝”の不調のせい?陰陽五行説からみる眼精疲労の原因と対策
眼精疲労にも効果的?!今大注目の成分「イミダゾールジペプチド」に迫る!
眼科医も認める、注目の“赤い”成分!『アスタキサンチン』が眼精疲労に効果アリ
ちょっと勇気がいる? 眼精疲労に効果がある鍼治療ってどんなもの?【1】
鍼灸に関してよくある6つの質問 眼精疲労に効果がある鍼治療ってどんなもの?【2】

〈参考〉
メガネ・ポータル メガネの総合情報サイト|目とレンズのはなし
http://www.jmoia.jp/glasses/meganeportal/lens/eyesandlens7.html

文/中島香菜
目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ